地域の国際化

地域で生活する、外国人の方々、子どもたちについて語り合います。 http://noshi-niho.jimdo.com/



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


新着順:23/853


[846] 学校の理解・・・②

投稿者: 北川 投稿日:2021年 4月 1日(木)17時21分59秒 p3230010-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

3月16日はN小学校の卒業式でした。
支援に入っていた中国・韓国・ロシアの男子3人も無事卒業、4月からは中学生です。
ハラハラさせられることもありましたが「いろいろお世話になりました。ありがとうございました」と、元気に巣立っていきました。
(中学でつまずくことがあったら、いつでも助っ人に入れるように教育委員会と打ち合わせ済みです)

19日は在校生の修了式・・・N小学校の校長は校報に日本語支援について書いてくれた校長です。
その校長が今年初めて「校長賞」と言う名前の賞を設けました。
みんなのために努力した人を担任と校長が話しあって各クラスから一人選ぶというユニークな賞です

体育館には1年生から5年生まで2クラスずつ10クラス・・・誰が選ばれるのかとどのクラスもドキドキドキドキ・・。
合計10名が選ばれ、その中に3男子{ロシア)と5年女子(フィリピン)の二人が入っていました
二人とも「えー!」と驚いていましたが、一番驚いたのは日本語支援の私たち・・
子供たちは大喜び・・・もらっちゃった・・やった!!満面の笑顔・・

お礼を言うために二人の担任と校長に会いに行きました。
先生達との会話の中で思いがけない話を聴く事ができました。

「どちらも、とても素直で、困っている人がいたら率先して助けてあげます。他の人が嫌がってやらないような掃除なども進んでやってくれ、「みんなが喜んでくれるから・・・」と言います。
勉強はもちろん頑張らなくてはいけませんが、人のために頑張れる優しい子供たちです。
今はそういう子供は少なくなりました。二人が賞をもらったことに文句を言う人はいないと思います。
日本語教室の皆さんが子供たちをどう育てようとしているのかよく分かります

皆さんが学校に入るようになり、教師はとても助かっています。
異文化のお母さんにお知らせなど伝えてもらい、家庭のことや子供たちの悩みも共有できます
教科の遅れている部分の取り出し指導はとてもありがたいです。
子ども達も分かりやすく説明してくれるのは嬉しいはずです。
コロナで色々大変なので皆さんの支援はありがたいです。これからも宜しくお願いします。」

学校に入り30年・・校長や教師から直接こういうお話しを頂くのは初めてでした。

学校に日本語指導者が入ることにどんな意味があるのか・・
学校は日本語指導者を雑用係としか思っていない・・
取り出し指導をさせて欲しいというと学校教師は嫌な顔をする・・・・
日本語支援関係者が集まると・・ほとんどそういう話になります

真摯に向き合いキチンと答えを出していけば教師に理解して貰える・・改めてそう思いました
N小学校のような学校は・・あまりない・・のかも知れません・・
しかし、確実に子供は成長していきます

どうしたらN小学校のような学校や教師を増やすことができるのか・・
子供たち頑張れ!!・・能代教室の生徒であることに誇りを持て!
いつだって応援するからね・・・・嬉しいお知らせでした。


新着順:23/853


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.