teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


明治天皇は聖、?ではなかった。というのは、天皇ではなかった、何者?女真人は、天皇ではなかった

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年12月25日(金)17時45分20秒
返信・引用
  ペルシャから太陽信仰の性格を持つミトラス教という宗教が伝わってきました。そして、このミトラス教には「光の祭り」という信仰上の大切な行事がありました。「光の祭り」が行われるのは、一年で最も昼間が短くなる冬至。この日を境に再び昼間が長くなっていく、すなわち太陽の力が強まっていくことを祝います。この冬至が、12月25日にあたっていました。
ここから解説
これはメソポタミアの神とケルト人によって、ヨーロッパで、神が始まった事が判ります。、2020/12-25

そして国が、前五世紀ケルト人によって、起こります。神は中国浙江省から、ビン越ウシオウ(児島宮)にて、日本にもたらされた。
神はローマによって、キリスト信仰になり、キリストが神と、なっていったのが、12/25日になった訳です。
ここでローマの帝王がキリスト信仰で、人間なのに、神になって、いるのは、前漢帝王武帝のように、?天皇も神にされているが、ローマの人間帝王と何等違いはないでしょう。聖なるものでは、なかった。太陽信仰と聖は、星と融合しているのです。宇宙では、空の紫宮が、正しい星になって、光が聖の由縁という。
明治天皇は聖、?ではなかった。というのは、天皇ではなかった、何者?女真人は、天皇ではなかった。それは、聖なるものが何?、知らなかったから、これからのてんのうとは、継承されていなかったのです。世の中が光のように、明るいとは、言えませんね。つまり聖なるものでは、なかった。世界が暗いのは、何かを、暗示しているのです。卑弥呼の物語は、暗黒の世と、光が洞穴にさしてきた、のを、この時代は、語っていた。だったのです。
朝倉夜須の児島宮が、聖なる宮に、なっているのは、橋に刻んだ星と菊紋が、聖なるものを、現しているのです。
今の世の汚い者が何か、お解りになると、世界は星のように、見えてくるでしょう。
 
 

後押しおかげは、同じ

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年12月12日(土)13時12分7秒
返信・引用 編集済
  後押ししていたのは、神天神祖の名は平山、中国へいざん、平山に同じ、。

黒田長興が父の菩提を弔うために秋月陣屋の陣下に建立、開基。開山は江月宗玩。

京都柴野大徳寺高東院は天皇墓  江月宗玩。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%BF%83%E5%AF%BA

 

後押しおかげは、同じ

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年12月12日(土)13時01分32秒
返信・引用
  後押ししていたのは、神天神祖の名は平山、中国へいざん、平山に同じ、。  

間違った神社仏閣? の昨今、それが神への大罪になる、もののあり方、に、逆走している

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年12月 2日(水)13時02分51秒
返信・引用
  師走になり新年を控えて慌ただしい月、何の為の行事なのか.早ばっている、先に始まる、のを、昨今、後にして、初心に戻れない様、は「かえる」すなわち立ち戻るということ の方が、大切である。

新年よりも、今の現状を、元にするのは、難しい、来年の参拝は神を迎えるその前に、知っておかなくては、ならない。神とは?、疎かにしている。

「正しい神の迎え方」

間違った神社仏閣? の昨今、それが神への大罪になる、もののあり方、に、逆走している、神仏の対し方が、間違っていては、初心に戻れない様、は「かえる」

 

コロナウイルスから抜け出す方法は、税金を返せと、叫んで、おります

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年11月29日(日)15時02分15秒
返信・引用
  児島宮はみなさんに、コロナウイルスで、生活が、止まっていると、、何か対策は、ないのかの、声が聞こえています。

コロナから抜け出す方法は、政府の無策に、ほとほとあきれて、いるという。

ここで反省して、見るから、昭和、平成、令和でこのうち、昭和は、貧しい世の中でした、
今の人達は、平成の世を、絶頂期と、なり、このうちで、一番俗福な世の中と、思っていたようです、どんな家庭でも、車に乗るようになり、、
ここで、翌々、考えて、見た意と思います。

令和になり、人々は、人間の尊厳を、無きものに、しています、これほど、何人も、生活が、出来なくなって、いるようです。
これは神が与えた、人間の尊厳を、政府や憲法にのめり込んで、いたせい、だとは、全然思っていません。

そうです、自分たちが、歴史は、私、俺には、誰にも、必要ないと、していたのです。

こんな時、ワクチンが、コロナウイルスには、回復?直るには、と、勘違いしていませんか?

コロナから抜け出す方法は、政府の無策に、ほとほとあきれて、いるという、声が広まっています、どなたか助けてください。

ところで、皆さんは、日本の古代は、人間の尊厳を、神が、人間を、形度り、息を、ふきかけて、人間が始まったと、いう、事を、忘れてしまっているようです。

今は贅沢に、おぼれて、この事を、失って、しまった、ようです。
昔話のなかに、金持ちが、一瞬にして、裸の王様になった、話?
そうです、これが、今の最悪の時?

国民は、政府に、税金を、取りあ上げた、今生活ができないのは、みんな、このせいで、コロナウイルスから抜け出す方法は、税金を返せと、叫んで、おります。アカぬきとは、コロナウイルスから抜け出す方法は。
 

名跡(みょうせき)は、家制度と密接に結びつき、代々継承される個人名

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年11月26日(木)08時35分23秒
返信・引用
  日本は神の国と、言われたのが、天皇でさえ、逆点している?

名跡(みょうせき)は、家制度と密接に結びつき、代々継承される個人名。
 

名跡(みょうせき)は、密接に結びつき、代々継承される

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年11月20日(金)08時19分1秒
返信・引用 編集済
  名跡(みょうせき)は、密接に結びつき、代々継承される。

邪馬とは、名跡(みょうせき)は、密接に結びつき、代々継承される。

伝統も、明治以降から、現代まで、解明されない、出来ないのは、名跡(みょうせき)は、密接に結びつき、代々継承されて、いない、から、不可解?

児島宮考古学研究室が、日本の前身を解読できたのは、名跡(みょうせき)は、密接に結びつき、代々継承される伝統から、紐解いた。
 

日本の歴史は児島宮歴研会によって、明らかにされている

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年11月15日(日)15時16分56秒
返信・引用 編集済
  現段階では、想像の歴史しか、なかったが、ネットウエーブで、日本の歴史は児島宮歴研会によって、明らかにされている。
立証されない、戦国時代の、教科書は、事実は、闇の中になっていた、信長にしても、何氏から、出ていたのか、も、ここに、出版されていたのは、事実ではなく、捻じ曲げられた、歴史上の人物ばかり、
日本人の先祖は、朝鮮から、渡来、と、大学高校でも、教わっていた、それは、ほとんどが、事実では、有りません。
政治もその通り、嘘ばかりの現代と、いえる。

信長にしても、何氏から、出ていたのか?
知っていたと、思う方は、
ここの掲示板に、お答えいただきたい。

今までは嘘の、歴史感ばかり、例えば、明智光秀の麒麟も、事実から、掛け離れているだけ、かも?
面白いだけでは、昔物語、のようには、いかなく、それは、共有していないのは、意味が、まったく、ないでしょう。

可哀想なのは、生徒の、期末テスト、にも、書いても、日本人の先祖は、朝鮮から、渡来、と、大学高校でも、教わっていた、それは、ほとんどが、事実では、有りません。
それは、共有していないのは、意味が、まったく、ないでしょう。何も書かないほうが、正解と、同じで、嘘は、ただの、捻じ曲げに、過ぎないのですから。

すべて、共有しないのは、嘘となるのですから?

有名な大学の名誉教授でも、嘘には、気が付かなくて、テストに於いても、不正解です?

有名な大学の名誉教授は、嘘を、教えているとは、気が付かない、現代の有様は、正解の、自然感と、共有しているでしょうか?


日常の自然感と、共有しているのは、パソコンの検索で、見つける事が、できる?


夜が、あけて、太陽が、出てくる、時間は、時計の時間と、共有している、これが、自然感。

日本人の先祖を、検索するのに、何百年も、過ぎているのに、見つけてくれる、パソコンの、全てと、共有している、これが、自然感。










 

鳥巣窯から出土のケル?文字は、ビン越と、共有している

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年11月13日(金)17時25分46秒
返信・引用 編集済
  鳥巣窯から出土のケル?文字は、ビン越と、共有している事が、児島宮歴研会が解明した。
漢の武帝の記録は、夜須で、確認できる。
八並の遺跡には、役所が建っている事が、遺跡調査で、確認している。

https://kouhoka.exblog.jp/i8/

これら須恵器と松延遺蹟出土の角杯や爵は用途が中国ビンと認められる。

発掘調査により、中国江南、福建省の川辺族(夏王朝)灰色瓦質磁器の ... 城の所在地の中でまた(まだ)たくさんの文字の瓦当と古陶器にしるされた銘文に出土。

松延出土の、角杯は夜須だけ。メソポタミアと共有


安吉県の竜山107号古墓の主墓から出土したトルコ石の装飾品と玉の装飾品(2019年10月31日撮影

https://www.afpbb.com/articles/-/3253205?pno=7&pid=3253205008
「八畝墩」大型墓は2011年と2014年に2回盗掘に遭った

2019/11/16 ? 107号墓は八畝墩大墓という異名からも明らかなように、現在でも海抜42メートル近くの高さを持つ大規模な土墩墓で、向かい合う九畝墩大墓と並んで、268基が確認されている竜山越国貴族墓群のなかの「主冢」と目される

竜山越国貴族墓群107号墓の発掘によせてhttps://note.com/moegi_hira/n/n279d12d82725

八畝墩外觀107號古墓葬是安吉龍山越國貴族墓群中規模最大、等級最高的一座大墓。

八畝(ヨウネ)はどこ?
八畝(ようね)

夜須 越語



越語竹枝(筑紫)越族がなづけた地名 - 古代史辞典

中国江南地方の浙江省にある〔越州窯〕で焼かれた〔古越磁〕は夜須の鳥巣窯と同じである。夜須では須恵器と呼ば . ... 越語竹枝(筑紫)越族がなづけた地名.

2000/11/26 ? 華南語に関してですが、越語、というのがあって「揚雄の『方言』などに呉越の単語がたくさんのっている」ということですが(『日本語の形成』崎山理 ... 天の安の河原」の「ヤス」というのは福岡県朝倉郡夜須であろう。


 

これらが、ケルト文字、と、わかりますか?

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年11月 2日(月)17時40分32秒
返信・引用 編集済
  これらが、ケルト文字、と、わかりますか?

奈良の田原は、夜須から、神武が東征した、標だと、四十年前から、ネットで、取り上げていましたが、如何ですか?
トルコのアナトリア遺跡は、ケルトの正体が、越王勾践の軍の、足跡です。

日本人先祖はこの、ケルトと同じ、共有した、中国ビン越から、渡来してきたと、なっています。

この灰色硬質土器が、中国ビン越と共有していた。
信じられないのも、この児島宮に、見に来ていただくと、ケルトが、わかります。



 

哲学とは何か、人間が迷う、迷っている、哲学の骨子

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年10月15日(木)16時31分7秒
返信・引用
  、「哲学とは何か」
世界の謎

哲学の骨子を支えるもの
現代の世の中は、全て間違ってている。
つまり自然主義?ではなくなっています?

児島宮教学部は常に基本中の基本にして、パソコンで、検索しています?

政治も、学問も、憲法も、十年前~、ネットで、発表しています。

人間が迷う、迷っているとは、昔は、うだつが上がらないと、いっています。

それでは、哲学、で
、自然主義゛で参りましょう、
古事記や書記で、おなじみの、哲学。

つまりり骨子です。

骨子とは、人間に骨のない、魔物、
おばけ、の現わし方、は、骨や何もないですね? これを、骨子が無い。

越王勾践は、越の踊りに、見えています。
これは自然主義、では、ありません、今の世の中と、同じなのです?

季節や、周期を説明していました。

http://www.phenomenology-japan.com/suginokou.htm


 

全国に、耶麻大国が、立証され他のは、喜ばしい事になる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年10月10日(土)20時25分11秒
返信・引用
  十月九日のテレビ報道ニュースで、北九州行橋の弥生遺跡から、慶応義塾大学の柳田康雄氏は、 朝倉郡筑前町は、三例の、古代硯が、出土しており、邪馬台国の地である事が、立証された、のは確実な、根拠になったという事。
全国に、耶麻大国が、立証され他のは、喜ばしい事になる。

これで、世界中に、知れを渡る事ににも、なる。

紀元前二百年前とは?

漢の、劉邦が、越の無渚に、助けられ、帝王と、なる、以降に、城が、建設され、硯が、鏡と、同時に、ヨーロッパから、製造が、はじまった、時である。

考古学会が、進歩していなかった、という、結果である。
も、驚く
邪馬台国を、公家行列を、ヒントで、教えて、いたのが、一致したとき、は、研究者も、驚く事になるだろう。ヒントの答えは、一致が、歴史の、読み解きであります。

https://mainichi.jp/articles/20190219/k00/00m/040/244000c

ここで、邪馬台国の始まりは、夜須の、名前が、ヒントを、一致する?

武者行列とは、全てが、一致しないと、いう、訳。?
 

ありりし日の祭りから2

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年10月 2日(金)15時44分25秒
返信・引用 編集済
  夜須内の参加は記念、  

ありりし日の祭りから

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年10月 2日(金)15時26分18秒
返信・引用
  武者行列と七五三、  

ここで長年、児島宮歴研は、逐一、報告調査を、解説して、参りましたが、日本の発展は、伴なわず、児島宮ホームページで報告

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 9月20日(日)16時08分53秒
返信・引用
  日本の歴史は、政治の無力さで、何もわからなく、なっています。

今を解明するなら、ここに、公開している、ヘージをリンク開き、確かめてください。


http://kankoyasu.web.fc2.com/

中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり
https://www.cinemart.co.jp/article/news/20160401000567.html

https://www.cinemart.co.jp/article/news/20160401000567.html


ここで長年、児島宮歴研は、逐一、報告調査を、解説して、参りましたが、日本の発展は、伴なわず、児島宮ホームページで、ご覧くだいませ、 報告
 

夜須 の三並鳥巣窯の近くから出土壷にケルト表形文字

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 8月 2日(日)08時20分19秒
返信・引用 編集済
  夜須の壷にケルト表形文字 三並 柳原遺跡から出土

ひとつは、ヨーロッパのケルト表形文字

もう一つは、夜須の鳥巣窯の中から、ケルト表形文字が出土。




 

ケルトは、日本人、夜須の古代紀元前百十一年前の土器にケルト文字が多数出土していた

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 8月 2日(日)07時54分3秒
返信・引用 編集済
  ケルトは、日本人、夜須の古代紀元前百十一年前の土器にケルト文字が多数出土していた、事で、児島宮歴研会が、五年前、中国屏山治城から、出土した、軒丸瓦から、ケルトが、一致し、児島宮歴研会が解明した。
皆さんはケルト、文字を見た事は、ありませんか、これは、中国の春秋戦国時代の墓の中から、発見された土器に、ケルト文字、が、時代と、照合した結果、表形文字、で、ケルト文字という、事が、解りました。

 

大切なものは世の中を 構成していたのは、国会ではない

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 7月27日(月)09時08分19秒
返信・引用
  のあとを継ぐものがあれば、たとえ百代さきでも分かる
夏礼のあとを継ぐものがあれば、たとい百代さきでも分かる

今の日本はすべて、神を建ててはおりません、神を上にたてるというを事がしていません。これによって、大きな損失がでています。
損失とは、家庭の崩壊、家族の崩壊、少子化高齢化、等々、みのまわりには、神の恩恵という、ものが、あって、人生が豊になっていなければ、ならないのが、誰も気が付きません。
コロナウイルスで、世界が、あっかしているのも、誰も気が付いていません、
これがなにを意味するか?

大切なものは世の中を 構成していたのは、国会ではない、
神が構成している、これはメソポタミアの情事詞の中に、書かれています。
みんなが終ろうとしている、神に逆らっているのが、解りませんか。
 

佐久間不干斎とはイルマンと、なり日本語をルイスフロイスに指導もしていたという人

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 7月25日(土)07時01分32秒
返信・引用 編集済
  桃山~江戸初期の人物。本名佐久間信盛と母、前田種利、宗家女ジョアンナの子で、禅僧を経てイエズス会の門をたたき、修道士(イルマン)として活動した。
京都柴野大徳寺高東院、に入れられ15歳で、初陣し家康隊の先陣を飾った。
寛永系譜帳を、家光に指導していた、佐久間信栄(ハビアン)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3である。

柴野大徳寺高東院は、南北朝児島高徳の菩提寺として、建つ、一休さんは、遠戚関係の人。
又、児島高徳(大徳大僧正)は、日蓮宗で、名があり、この人は平山家の先祖に当たる人。

佐久間不干斎を、知るには、東京浅草寺、に、江戸から、菩提寺があり、佐久間佐久間不干斎の人物像が、読みとれ、児島宮歴研会が、解明。
平山家は、天神七十八世であり、児島宮を建て、天神を守っている。

信栄妹は、狩野孝信に嫁いだ、養秀院、は狩野探幽の母、佐々清蔵に嫁いだ号は岳星院。ガクセイインもいる。

織田信長の小姓。天正(てんしょう)10年6月2日明智光秀が京都本能寺で信長を襲撃した際,槍(やり)をもって奮戦し,討ち死にした。
佐々政次(さっさ-まさつぐ)は、1522年頃に生まれたと考えられる戦国時代の武将です。通称は佐々隼人正です。父は佐々成宗(佐久間盛政)ともされ、弟に佐々政次、佐々孫介、佐々成政、佐々長穐?、佐々信宗などがあります。佐々政次 (佐々隼人正) 佐々清蔵 佐々家の嫡流 -戦国武将列伝

岡部長盛も →佐々政次 (佐々隼人正) 佐々清蔵 佐々家の嫡流
はじめ従兄弟の佐々清蔵に嫁ぎ、五郎四郎を儲けるも、本能寺の変で清蔵と死別し、前田玄以の斡旋で、遠戚の鷹司家に再婚。

宣教師フロイスが書き遺したhttps://www.gentosha.jp/article/9558/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%B9



当主の名前の「利」の位置の推移・消長などから、元々は加賀藩の前田家の本家格または主筋であったのではないかと推測されることもあるが明確ではない。種利の子の前田長種は前田利家の長女を娶り、前田利常の後見人となっている。その後は加賀八家の ...

家祖?: ?前田季基

著名な人物?: ?前田玄以
出身地?: ?美濃国?; 尾張国海東郡前田村
本姓?: ?藤原北家利仁流斎藤氏庶流










 

不干斎は知っていたから、エソボ、物語と題名していた

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 6月 3日(水)09時43分9秒
返信・引用 編集済
  貢賦(こうふ)とは夏(か)の禹王や舜帝などの聖人の動作をまねる事を、エソボという

禹王や舜帝などの聖人の動作をまねる事を、エソボという。

エソボとは、神の教本として、世界の、教科書として、書き上げた、ものがたり。
禹王や舜帝などの聖人の動作をまねる事を、エソボという

ルイスフロイスも、この神の真意は、日本の朝廷の、トップしか、エソボの意味も、不可解であった。
不干斎は要衝頃より、大徳寺で、教え込まれた、事は、帝王學、であった、なかでも、有職故実は、帝王しか、伝授され無かった事が判る。

これか゛エソボであった事が、見えている。

正に、祭典は、禹王の末裔だけの、儀式というのは、秦の始皇帝が、泰山で行った、とき、越国から、呼び寄せて、行った祭典だった、のが、
熊本の、吉田司家でも、相撲祭典開催、にあたり、夜須の児島宮、から、座主を、招いて、行っていた事が、判る。
今の、夜須篠隈の、天孫降臨地、が、それを、現している。共に、日の丸国旗を、制作したのは、中津屋の田代紺屋だった、事が、わかる。
今のようなな、神を、粗末にしている、相撲協会は、心が、最低である、NHKテレビ局も、同じく、心が、最低である。ここに、神を、粗末に、扱うものを、挙げた。

人道も、感じ無い、テレビ、局は、国営では、なかったという事である。

人間の心得は、エソボや、フカンサイのハデウスや、妙貞問答で、参考書として、製作している。

今人間の心得が、乱れて、しまった、時に、人間の心得は、エソボや、フカンサイのハデウスや、妙貞問答を、呼んで、いただければ、教えてくれる。
人間の必読書が、神を、粗末に、している、人間の心得書。










 

禹は黄帝(五帝の一人)の玄孫この時代から貢賦の制度 が整ったとされる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 5月 3日(日)15時24分31秒
返信・引用 編集済
  エソボ 伊曽保物語 『エソボのハブラス』 (ー593年刊) 発音が「イソボ」「エソボ」と聞こえた。 貢賦(こうふ)の制度を定めた事跡貢賦(こうふ)とは夏(か)の禹王や舜帝などの聖人の動作をまねる事。教本 夏, 禹(う)を始祖とする王朝、禹は黄帝(五帝の一人)の玄孫この時代から貢賦の制度 が整ったとされる。

事跡貢賦(こうふ)とは夏(か)の禹王や舜帝などの聖人の動作をまねる事を、エソボという。教本

貢賦の制度
伝説上の聖王禹が、全国を九つの州に分け、各地の山脈・水系・地理・物産を調査し、貢賦 (こうふ) の制度を定めた事跡を記したもの。

從前天子對於貢賦。

貢賦(こうふ)の制度を定めた事跡貢賦(こうふ)とは夏(か)の禹王や舜帝などの聖人の動作をまねる事。教本 夏, 禹(う)を始祖とする王朝、禹は黄帝(五帝の一人)の玄孫、この時代から貢賦の制度 が整ったとされる。 という目的で作られた本に伊曾保物語が収録

政府がしている、のは、みかじめ料、税金と、けんほうは、悪 は白熊鷲  強奪という。

天神は、天に納めるこれが天子という。從前天子對於貢賦。

貢賦の用語解説

「貢」は下のものが上にみつぐこと

「賦」は上のものが下からとりたてること) みつぎものと税金。貢物と賦税。

‐永承五年(1050)七月二一日・太政官符案「在限貢賦誰以勤行乎」

?「從前周天子確定進貢物品的次序、輕重根據地位決定,地位尊貴,貢賦就 ...
從前天子制定貢賦,

所以伯禹趁勢規定貢賦之法

日本書紀 仁徳訓」. ②. 大和政権に服属する集団が,服属儀礼としてさし出すもの。繊維製品を中心とする。海山の収穫物を主とする贄(にえ)と対をなすが,のち,その多くを吸収し律令制の調(ちよう)として体系化 ...

從前所定貢賦之法頒發於諸侯。大禹這種辦法 ... 洪範九疇”,即天子的九項責任,也就是九條治世良策。









 

夜須に見えたケルト文字の七不思議

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 4月20日(月)09時03分56秒
返信・引用 編集済
  児島宮歴研会が、夜須の古代を、解明して、十七年目に、なりました。
ケルト文字は、日本では、児島宮歴研会だけ、しか、解明しては、いない。
ケルトとは、何か?から、はじめよう。

ケルトとは、ヨーロッパの古代、今から、二千五百年前、に、ヨーロッパに、国を、造った、よそもの、の事を、ケルト人と、呼んでいる。

ここでは夜須、という、のは、始まったのか?について、児島宮歴研会が、世界に、発表してから、数年たちました、これは、中国の福建省屏山の地鉄工事、平山駅、地下から、越人、閔越、の治城が、発見された、のに、始る。

ここから出土、した、灰色硬質土器、の中から、城の軒、屋根瓦が、中国最古の、軒丸瓦とされ、
秦時期には、屋根瓦は半軒、屋根瓦との、区別が、ついていた。


児島宮歴研会が、調査していた、夜須の、農地整備事業の、最中から、古代遺跡が街の広域から、発見され、当時、町では、「郷土史会」が、文化財課石井女史から、説明、を、して、いただいたので、発掘にも、現場検証する事も、度々あり、、
文化財報告書の、説明も、、「郷土史会」では、受けていた。

この最中、出土品の須恵器から、三並区の、鳥巣窯の、埋葬されていた、須恵器壷を、所持されていた、方の、須恵器壷に、刻印されていた、形象文字、に、児島宮文教課は、調査していた、時、
NHKテレビ局取材班に、連絡、撮影、に至る。
しかし、形象文字の学者の、方と、訪ねられ、誰もいないと、申したら、結局勃、になった。

ケルト文字、と、判ったのは、須恵器壷を、所持されていた、方、の、形象文字が、丁度、数年後、に、、中国の福建省屏山の地鉄工事、平山駅、地下から、越人、閔越、の治城が、発見された、時期が、児島宮文教課調査の、最中で、越人の、治城である事は、偶然の一致だった。

夜須には、別府大学の、遺跡発掘調査、が、行われていて、この周辺には、四三嶋もあり、城山という遺跡が、別府大学の、遺跡発掘調査であった。
この調査は、工藤教授によって、おこなわれていた。
こうした、中、児島宮文教課は、猿投窯の、文化財課や奈良の文化財課にも、須恵器と、形象文字に、ついて違憲交換を、している。だが、形象文字解明には、進展していない。

しかし、児島宮文教課は、先祖にも、解明していて、越の、祖が、越王勾践の先、天神七代無予で、ある事、を、知る。
ここに、日本の先、が、天神七代無予である事に、着目した。
越王勾践が、中国の覇者に、なってから、前、五百年前に、ヨーロッパに、渡った、軍が、神と、国を、起こした、ケルト人で、あることを、
中国の福建省屏山の地鉄工事、平山駅、地下から、越人、閔越、の治城が、発見し、奈良野神武の搭の屋根の、瓦の模様が、ケルトの神「雲巻き模様」、と、一致、している事を、解明した。

ここに、見えてきたのは、先祖に、関わる、七代、の意味を、「世界の七不思議」と、してある事、は、神と、国起こしと、神の七不思議であった。








 

日本の学者は、基本が、神が、何から、はじまっているのか神の、はじまりも、知る事は出来ません、

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 4月19日(日)19時26分6秒
返信・引用 編集済
  伊勢神宮にも、神が、いなくなっていた、神とは、何なの?

ものがたりの、世界に、神と人間の、ありかたが、導いて、いた。
天神秘話に、児島宮の先祖の、事が、然し、菅原道真公縁起とは、違い、天神七代、耶麻台、の中に、不思議な、国とは、神とは、人間とは、生き方の、道しるべが、感じさせている・

日本人は、国の起こりを、「記紀」で、つづっている、ように、童謡にも、割ら゛歌として、習ったのを、覚えて、いるであろう。
七つの子という、カラスを、テーマ―にした、童謡や、外国にも、白鳥神話が、白雪姫、桃太郎、一寸法師、にも、国の大切さを、四方に、広まるように、物語として、思い起こせている。

国とは何か、神が、ひもとく、人間の生き方を、表している。

この中に、ひとたび、人間の生き方を、間違うと、ひとたび間違えば、逆に幻滅されてしまうことにもなりかねません。

今世界が、ウイルス肺炎に、何万人も、無くなっていられ、大変な、幻滅に、おびやかされ、ている。
だが、伝染病と同じ、病気で、回復するには、お金や、ふれあいが、注意すれば、直ると、思っているのは、ひとたび、人間の生き方を、間違うと、ひとたび間違えば、逆に幻滅されてしまうことにもなりかねません。


 

皇室や、宮内庁は、あろうことが、伊勢神宮や、出雲大社に、通じる、これは、化物が、神までも、欺いている

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 3月22日(日)19時15分43秒
返信・引用 編集済
  池上彰の実は知らない日本 天皇や皇族・神社のこと.? まだ何も、池上彰氏は、判っていない、神とは、何かさえ、解説は、、児島宮歴研会とは、別名、論説が、ある?
神も知らなかった、日本の学者は、基本が、神が、何から、はじまっているのか?

日本のルーツとは、学者の、これまでの、朝鮮半島、五世紀渡来説、など、判らずに、書物を、もって、頭の中に、入れていた、説を、論説、していた、のでしょう、だが、有り得なかった、事が、三年前、の暮れに、
児島宮歴研会に、寄って、発表。
これを、マスコミは、とりあげず、インターネットでしか、見る事が、出来なかったのも、学者さえ、今も、神の、はじまりも、知る事は出来ませんでした。

神の家、児島宮歴研会、は、無料で、日本の、始まりから、今日まで、発表しています。
令和天皇、も、神でも、無く、てんのうでも、ありません、こんな、事を、取り上げる、児島宮歴研会、は、神の家、だからこそ、事実を、取り上げる、事が、末裔だからこそ、出来るのです。

これにより、歴史は、大きく、訂正しなければ、ならなく、なっているのです。

天孫降臨地、が、鹿児島とか、無宮崎霧島、に、あると、されていたのが、三年前の暮れに、中国の浙江省閉山平山地鉄工事に、越王無渚の治城が、地下から、出土して、神の全体像が、見えて、います。https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B6%E5%9F%8E
福岡県朝倉市一木の下原遺跡で弥生時代中期中頃の最古級のすずりが出土していたことが、柳田康雄・国学院大客員教授(考古学)の調査で分かった。同時期のすずりは同県糸島市や佐賀県唐津市で確認されているが内陸部は初めて。日本独自の形状が普及していた可能性も強まり注目される。柳田氏は7日に糸島市で開く講演会で公表する。

 1981年の調査で住居跡から見つかり、当時は砥石(といし)とされていた。長さ14・6センチ、幅6・7センチ、厚さ2センチ。黒色顔料が全面に付着している。時期は同時に出土していた土器から判断した。これまで大分県日田市や熊本県阿蘇市などでも見つかっているが、時期が分からなかったり、弥生時代終末期だったりしていた。今回内陸部でも最古級と判断できるすずりが確認されたことで、柳田氏は「朝倉周辺では中国の青銅器をまねたと考えられる土器も早くから出土しており、背景を考えなければならない」と言う。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/524741/









 

人間であれ、嘘つきは、化物が、人間姿になっている

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 2月 5日(水)19時24分27秒
返信・引用
  現代の、化物、怪物、の正体が、人間には、見えなかったが、神は、判っていた。
化け物とは、交渉、取引は、出来ない、然るに、全滅しかないと、なる。

化物とは、事実、では、無い事を、しっておかねば、ならない。
化物とは嘘付=朝鮮、韓国、シナ、の、女真族

人間であれ、嘘つきは、化物が、人間姿になっている。

明治以降のテンノウは、やはり、化物だった。
世界が、知らなかった、天皇は、事実、では、無かった事が、今見えてきた、世界の神は、共通するが、宗教の神は、事実、では、なかった。

明治天皇とは、事実と、とらえていたが、ばけの皮は、剥がれた。
令和だって、化物が、天皇となっていた、事実では、ないのに、女真人は、やはり、日本人には、なれず、それは、化物ゆえ。
日本の中には、女真人は、やはり、日本人とは、馴染めなかった。
マスコミや、新聞社は、女真人が、日本日本と、嘘で、、とおして、いるが、ここまで、
で、日本は、事実の、国である、真実でなければ、日本では、悪事しているだけか。

皇室や、宮内庁は、あろうことが、伊勢神宮や、出雲大社に、通じる、これは、化物が、神までも、欺いている、こんな事は、あっては、ならない。


ここに、日本から、女真人は、立ち去らねば、人間とは、ならず、化物、になる。
シナも韓国の漢民族は、神と、恭順していれば、日本と、同じ人間である。

老人に、女真人、免許の講習を、受けないと、、車に、のられないと、真実の、免許ではなかったと、しているのは、免許制度にも、関わる、事実、では、なかった、憲法の実態で、憲法は、真実とは、ならなかった。
日本で、事実、以外は、しては、ならないと、古代聖徳太子が、他国の父、であった、から、天皇には、なれなかった。

神に、逆らうと、どうなるか? 警察が、化物になった。
税務署も、化物、だった、真実で無いモノは、神は、受け入れ無い。
 

神への逆らいは、すべて、神へ、返上へと、変わる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 1月27日(月)19時36分23秒
返信・引用
  今、人間たちは、神に尽くさず、私利私欲に、走り、掠め取り、神に導かれて、最善を、尽くす事は、していない、奉仕のふりを、しているだけで、『易経』に「書は言を尽くさず,言は意を尽くさず」という一文がある。人の物を奪い取るのこと、不誠実。悪巧《わるだくみ》をする、

警察と、憲法は、人を、だまし、掠め取っている。それは、神以外の事が、憲法、だからです。道ではなかった、憲法や、古代史が嘘ばかり、だった、教科書に、道はなかった、三位一体では、なかった、今の日本。

人間の神から預かった、御心の反逆には、罪という罪は、受けたモノ、すべ、て神に、御返上しなければ、ならない、、まことの神が人間の罪に対してどのような対処法を用意されていたのかを知る必要があります。まず日本語で「罪」という言葉が持つ印象の定義、「基準を満たさない」、または「非難に価する行動を取る」善悪の概念は、ことを指すために使われます。神の期待を満たさなかったことだけではなく、それによって与えられる責任を強調します。神の期待を満たさなかったことだけではなく、それによって与えられる責任を強調します。神の言葉を無視した者がそのままの状態で神の前に立つのは相応しくないからです。その罪に対する責任が問われます。罪とは人に犯すよりも神に対して犯すものだと考えられていたからです。「天神宗家」
神への逆らいは、すべて、神へ、返上へと、変わる。

児島宮は、日本一の天神さまです、ここから日本全国に、神社が広がっています神様は天神七代の越国を、開化した、無予さまが、神として、世界に、ケルトが、知らしめした  日本発の神は、この児島宮に、鎮座され、丑王の子神武が、天皇と号しています
平山地名が、天皇の名が、日本の原点となっていた。


 

天神より賜わった御魂は、死生存亡の隔てなく、不幸不忠を、為した人間は、生きて死んでも、天地無窮の間、その罪から逃れない

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 1月11日(土)19時54分53秒
返信・引用
  伊達氏の出自が藤原北家と知っての、事か。天皇天神に、不忠。
足利家、紀良子、天皇家への、不忠である。
石清水八幡宮検校善法寺通清の娘。良子に、姉妹に後円融天皇生母の
紀仲子と、伊達政宗 (大膳大夫)正室の輪王寺の遠戚、佐久間家に対する不忠。

紀仲子  (足利義満の母:紀良子とは姉妹)

石清水八幡宮 善法寺通清の娘は児島範長の妻の、父である。
天皇天神の胤、東寺長者道乗の子頼宴僧正の子孫、佐久間信栄の墓処に、黒柳徹子の墓が、
無断で、建てている。天神宗家に、対して、不忠。

順得天皇之やしゃご、だった、紀良子と、紀仲子
「面誉不忠」(めんよふちゅう)

ては不忠となる、天神地祇もさぞや憎まれ、世間の人々からは笑われて侮辱され、死んだ後まで
汚名を曝すことになるだろう〉

忠孝を尽した人間の場合と、不忠不孝の人間の場厶 0 とである。
まず基本的な主張として 1 天神より賜わった御魂は、死生存亡の隔てなく、
永遠である。
不幸不忠を、為した人間は、生きて死んでも、天地無窮の間、その罪から、逃れない。
http://zan35441.on.coocan.jp/sub22.html
 

和光市朝霞警察、本部は、相談係に、つながり、緊急事件には、対応せず、 児島宮祭主に、対して、とりあわ、なかった

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 1月 8日(水)17時03分32秒
返信・引用 編集済
  和光市朝霞警察、本部は、相談係に、つながり、緊急事件には、対応せず、 児島宮祭主に、対して、とりあわなかった。
被害者は、電話で、訴えた和光市朝霞警察の、生活安全課は、何も、しないと伝えた、、被害者は、電話で、訴えた、何もしない警察と。
これで、いよいよ、天神宗家は、国会の、対応まで、信用しないで、であろう。
日本神社仏閣の、総本社の祭主は、児島宮に、あたるが、まだ、一般には、知られていない、だろうが、緊急の時、国民の方に、も、申しあげたき、事実、を、報告に、至りました。
今、日本の警察は、関東東京の警察、本部が、この、有様で、は、国会から、防衛庁本部、にも、和光市朝霞警察と、同じ、神、伝言に、も、何も、しない事、が、露見した。

和光市朝霞警察本部、に、天神宗家ゆかりの、、の和光市、在住が、被害者に、なって、狙われていた?何者か、は、警察が、動かないので、児島宮関係に、逆らう者の、事件と、見える。
このページの、視聴者以外は、事件の内容は、判断、できない、であろう。
埋もれていた、日本形成、の、天神宗家への、攻撃と、なった、面当(つらあて)ては、世界が、同時に、ゆらいで、いると、見える。

今から、数分前に、和光市朝霞警察本部、に、児島宮祭主は、電話。、連絡、児島宮関係、和光市在の被害者から、電話で、報告が、あり、和光市朝霞警察本部に、被害の報告を、行ったが、やはり、何もして、もらえないと、いい、ところが、相談係、男性は、被害者からの、報告は、こちらには、何にも、届いていないと、いい、そちら様は、和光市朝霞警察本部ですねに、はい、と、事件の内容を、伝え、では、和光市朝霞警察担当に、連絡を、とりますと。

令和天皇の正体が、現れるか?  いよいよ、来たか。
 

明治以降の天皇は、名ばかり、の天皇、上皇と、なっているのは、神では無く、中国での、神と、同じ系統では、無かった

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2020年 1月 4日(土)20時01分54秒
返信・引用 編集済
  明治以降の天皇は、名ばかり、の天皇、上皇と、なっているのは、神では無く、系統でも、なかった。中国での、神と、同じ系統では、無かった事は、明治でも、偽天皇と、ネットを、検索すれば、女真人、が、今の、天皇まで、偽者、であった、これは、女真人は、天皇では、無い事は、確実である。
これは、日本にとって、一大事、他国(朝鮮人」女真人が、天皇に、化けていた事は、明治から、伝わっていたが、その根拠が、見つかって、いなかったので、決定的では、かったのが、今まで、
うやむやに、されていた。
中国の、越という、国が、存在していたが、忽然と、中国から、ビン越と、共に、十万人が、越から、いなくなったと、漢の武帝は、記録している。
それが、筑紫、の北部九州に、移って、いた事が、児島宮歴研会によって、二十年前に、ネットで、発表している。
だが、夏王朝や、華夏、秦族が、北部九州に、移って、いた、のは、全国に、知られていなかった。
この華夏、秦族が、天皇の血統だった、事が、判ったのは、今から三年と数日、児島宮歴研会が、解明していた。児島宮は、天皇血統、を、引き継ぐ、一系であり、女真人は、天皇では、無い事は、確実である。

明治以降の天皇は、名ばかり、の天皇、上皇と、なっているのは、神では無く、女真人は、天皇では、無く、神でも、無い。神即ち、神では、無い、女真人は、天皇でも無い。嘘つきの、女真人、でしかない。
時代は、空白に、なっていた、と、なる。

警察は、何故、嘘つきの、女真人、を、逮捕しないのか? それは、長い年間、だまされ、政府が、女真人と、入れ替わって、不明確に、なり、昭和中頃、警察と女真人政府、か、権力が、強くなり、内政は、汚染され、たのが、今の現状である。

国とは何なのか、さえ、判らなくなった、今、汚染された、日本は、日本とは、呼ばれない、時代に、なっている。女真人政府と警察権力は、実際は、他国人が、権力を、(ふる)振るっては、ならないと、憲法に、定められて、いる。

あろうことか、憲法を、改正していたのは?誰
憲法が、定められていたのは、「日本の基本」だったはず・ 政府が、神に、勝手に、改正しては、ならなかったのは、偽、女真人天皇が、混じっていた、事であろう。今、安倍総理が?、皇室や天皇を、支配し、天皇まで、見下げ、操っている。
憲法は、神なしで、政府女真人が、法律を、作って、権力で、国までも、汚染させていた、これはあっては、ならなかった。
警察や、政府は、女真人、即ち、スパイ罪で、権力、効力は、何も、なかったのである。
警察は、すでに、権力、効力は、スパイ罪で、無効である。
警察は国民に、力、効力は、無効である。 天神宗家、より、これに、反するべからず。
スパイは、、女真人で、例え日本族ても、天神宗家、反するべからず。












 

伊予の河野通清事、岩清水八幡宮の別当善法寺通清か

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月28日(土)16時42分22秒
返信・引用 編集済
  岩清水通清とは、伊予の河野通清事、岩清水八幡宮の別当善法寺通清か、

京都府八幡市にある神社。旧称は「男山八幡宮」。二十二社(上七社)の1つで、石清水八幡宮祠官 - 紀氏のルーツ
、岩清水八幡宮社務法印紀通清)。
通清」の部分一致の例文検索結果 ... 母は、左大臣広橋兼綱の養女、崇賢門院・藤原仲子(実父は、岩清水八幡宮社務法印紀通清)。
西暦859年に宇佐八幡宮を勧請した男山(岩清水)の地は、もともと紀貫之(866~945年)などを排出した名門紀氏の領地でした ... 室町時代には、善法寺通清の娘、紀(きの)良子(1336~1413年)が将軍足利義詮(1330~67年)の側室となる。石清水八幡宮神宮寺となる善法寺は、石清水八幡宮検校だった善法寺宮清が正嘉年間(13世紀半ば)、東大寺から実相上人を招いて開山しているので、750年以上も前からこの地にあることになります。田中家の支流の善法寺通清(1296~1341)が足利(北朝)支持にまわり、後には娘の良子が3代将軍・義満の生母。伊達は姉妹か。
天皇の崇敬は、石清水八幡宮の別当の官位を次々と昇進させる事になった。
鳥羽天皇の皇后宮に女房として皇子を誕生させたのは、石清水別当光清の女であった。
この光清のころから、石清水八幡宮は荘園領主としれ各地の宮・寺が本家職を寄進したので全国的荘園領主となったという。
社家は田中、善法寺などの諸坊に分かれたが、各坊にも所領があった。
なかでも田中坊は、1131年(天承1)以来、筑前(ちくぜん)国(福岡県)筥崎宮検校(はこざきぐうけんぎょう)を兼ねて同宮領を支配した。また善法寺は、104か所の寺領をもつ豊前(ぶぜん)国(大分県)宇佐八幡宮弥勒寺、その末寺を支配した。また、筑前の古社である竃門神社、香椎廟まで支配した。
石清水別当元命の子の清成の時には、肥前国千栗、筑前国大分、筑前国宇美八幡宮を始め、豊前国香春神社までも兼帯した。
石清水祠官家嫡流であった田中家は南朝寄りだったそうですが、田中家の支流の善法寺通清(1296~1341)が足利(北朝)支持にまわり、後には娘の良子が3代将軍・義満の生母となった。そういった事情も、同宮と将軍家が緊密な関係になっていった。https://ameblo.jp/taishi6764/entry-12164321537.html
義満は、石清水八幡宮には15回も社参しており、第4代将軍義持に至っては、その数は37回にも及んだ。
http://zan35441.on.coocan.jp/sub26-2.html


                 ※8
                 宮清=花山院法眼良宗の娘は後嵯峨天皇
             善法寺氏│  の子尚清を身ごもり宮清の室に
              家田氏│検校
                 │別當
                 │法印
                 │大僧都
                 │1276寂
  ┌────┬─────┬───┬───┬─────────┐
  牛玉姫  承清    女子  栄清  尚清(父:後嵯峨  長清
四辻宮    │柳氏   │一  │駿河 │善法寺氏 天皇) │家田氏
冷泉局    │科手氏  │代少 │少路氏│検校       │別當
       │別當   │御将 │   │社務       │法印
       │法印   │前局 │検校 │1320寂      │1303
       │1217寂      │別當 │         │寂
   ┌───┘         │大納言│        ┌──┐
┌─┬─┬─┐          │1335寂│        明  能
女 名 成 公1353寂  ┌────┘   │1360寂     清  清
子 清 祐 清  ┌─┬─┬─┐ ┌─┬─┬─┬─┬─┐  │權 │權
  │   │改 孝 応 用 重 女 康※曩※通※祐 郎  │別 │別
康 │禅師 │興 清 清 清 清 子 清1清2清3勝 清  │当 │当
清 │法眼 │清1388寂        │善│平│入│權│權 │  │
室 │   │  法 法 法 權 後 │法│等│江│少│別 紹  │權
  玄清  │權 印 印 印 別 深 │寺│王│弥│僧│当 清權 │少
      │別 検 權 別 当 草 │ │院│勒│都│   別 │僧
      │当 校 大 当   院 │法│社│寺│ │法  当 │都
   ┌──┐  │ 僧   權 女 │印│務│検│西│印    │
   当  増  │ 都   少 房 │大│検│校│谷      汲
   清  清修 │     僧   │僧│校│別│法      清
       理 │     都   │都│權│当│院
       別 │         │13 大│法
       当 │    ┌────┘46│僧│院
         │    永清    寂│都│大
         │    │      │ │僧
 ┌──┬──┬─┐   權│新     │ │都
 総清 庁清 妙 業清  別│善1381寂  │ └───────┐
 權  權  清 │法印 当│法     │1403 1401 ┌─┬──┐
 別  別    │權  法│寺┌──┬──┬──┐ 良 昇  匡
 当  当    │別当 眼│ 尚  真  登  曽 子 清  清
         │1388寂 │ 助号 助  清  清   │山 │検
     ┌───┘    │  報 │大 │検   足 │井 │校
   ┌──┐    ┌──┐  恩 │納 │校 牟 利 │  │別
   栄  杲   空助  乗清 寺 │言 香  礼 儀 │検 │当
   助  清別 報恩寺 永│法   │  清    詮 │校 │法
      │当 東谷  清│印 ┌───∥   法 室 │別 │印
      │検 新勝院 弟│權 曩   臘   印 義 │当 │大
      │校 權大   │別 助号  清   検 満 │1364│僧
      │法 僧都   │当 法東 実│法  校 母 │寂 │都
      │印      │14 印谷 登│印      │  当
      │       │18寂 殿 清│       │  清
      │       │     男│       │   權
      │       要清     │       │   別
      │       │權別當   │       │   当
      │       │法印    │       │
      │       │      │   權 ┌──┐
      雍   ┌──┬──┐    │   大 義  了 平山
      清   宥清 空円 晨清   │   僧 範  清
      │検 別當社務 權 │權   立   都   社│善
      │校 法印1473 大 │別   清     赤 務│法
      │       僧 │当  別│平    松 検│寺
      │       都 │法  当│等   養入 校│1329
      奝       法 │印  社│王   子道  │大隅国へ
      清検      印 │1460 務│院   三世  │
       校        │寂   │1498寂 郎舜  │
      1549寂       │    │        宋
                厭清  法│        清
                │權  印│       法│善
                │別   │       印│法検
                │    │        │寺校
  ※1康清          │当  ┌──┐      │1452寂
     善法寺氏       │   衆  勇     ┌──┐
     新善法寺氏      │   清  清     重  孝
     報恩寺氏       昌清  │別  別    清  清
     南氏         │検  │当  当    │検
                │校  │  1471寂   │校
  ※2曩清          │別  │        │
     平等王院氏      │当  亨     ┌──┬──┐
     牟礼氏        │   清     亨  晃  透
                照清   別    清  清  清
  ※3通清          ∥社   当    │検  權 │權
     菊大路氏       ∥務        │校  別 │別
     山井氏        ∥         │法  当 │当
     弥勒寺氏       重清        │印  法 │社
     入江氏        │         │1499 印 │務
     善法法氏       │   ┌──┬──┐寂    │
                │   女  女  興     多
                常清  子  子  清     々
                                         │     丸
                                     飛鳥井 昌清  │検校
                   雅俊妾 室     │別當
                   雅網母     │法印
                          │大僧都
                          │1532寂
                    ┌──┬──┐
                    掌清 尭清 充清
                  社務検校 ∥   検校
                       ∥社  權少僧都
                       ∥務  1543寂
                       ∥検
                       ∥校
                       舜清
                       │
                       │実
                       │檀栄清男
                       │
                  ┌────┬──┐
                  長清   了尊 幸清
                  │入江   法 │善法寺
                  │法印   印 │検校
                  │1427寂  大 │法印
                  │     僧 │權大僧都
                  宏清      │
                  │入江     │
                  │權少僧都   有清
                  │       │
                  鳳清      │
                  │法印     │
                  │社務     央清
                  │1463寂    │
                  │       │
                  養清      │
                   流浪     香清
                  1467寂     │
                  応仁の乱    │
                          │
                          統清
                          │
                          │
                          │
                          立清
                          │
                          │
                          │
                          郢清
                          │
                          │
                          │
                          瑛清
                          │
                          │
                          │
                          亮清
                          │
                          │
                          │
                          業清
                          │
                          │
                          │
                          纓清


輪王寺跡は土塁と堀に囲まれた方形の城郭寺院跡で、いざ合戦ともなれば館として機能しました。いま北側の土塁と堀が少し残っていますが、境内部分はすっかり住宅地となっています。発掘調査の結果、掘立柱の建物跡等が検出されています。伊達11代持宗が祖母(蘭庭明玉禅尼)のために建立した寺です。禅尼は岩清水八幡宮の別当善法寺通清の娘で、姉妹は将軍足利義詮および後光厳院の室となっています。
http://www.date-shi.jp/945

児島満盛は、伊達政宗の妹が、室で、芦名氏に、猶子となり、政宗とは義兄弟にあたる。
正光の子、満盛は藤原、芦名として、見え、高徳の後胤が、徳子(脇屋)宇喜多、児島、三宅「天海僧正」、(坂本龍馬)、(、愛媛(佐久間助安http://www.i-manabi.jp/system/regionals/regionals/ecode:3/35/view/10116)、得能(河野)にも、名が残っている。



 

廃藩置県は、何故行ったのか? ここに、秘密が、隠されていた事が、秘められている?

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月25日(水)09時02分4秒
返信・引用 編集済
  国家政府が、ひっくり返るほどの、秘密が、児島宮(児島屋敷)にはあった、隠されていた、日本の歴史が、明らかに

黒田長政が児島宮の関係は、篠隈、大善街松の、名が、ある事で、知れるが、何処を、通って児島宮に、来ていたが、知られていなかった?児島宮の弟が、秋月の、初代助九郎長興で、あったので、朝倉の秋月街道というのが、あります、松延池を、二百メートル過ぎると、篠隈に、其処に、火の身視やぐら、が、あり、この前に、御前道、が、児島屋敷のへ向かう通りが、今も、苔けむし、ていますが、一メートル五十の幅の、児島屋敷直線通路を、駕篭で、来ていたという。大善街松の由来に、なっていたのは、栗山大膳や家来が松の木の下で、殿の帰りを、待っていたから、名が、残っていた、事で真実が、伺えよう。児島屋敷には、この時の、黒田藩御用絵師、尾形幽玄の、掛け軸が、福岡大の小林法子教授、に、作成され、中央公論社発行に、見る事が、できる。
児島宮(児島屋敷)と、黒田家とは、どのような、関係があったのか、夜須町の時も、役場は、公開も、しなかったのは、児島屋敷を、隠蔽し、知られたくない、何かの事情が、あった? 今も、児島屋敷が世間に、地元さえ、、知られていいない、のは、大きな秘密が、隠されていた。国家に及ぶ、児島宮秘密ある。(児島屋敷)天孫降臨地が、篠隈に、存在しているからで、ある。天孫とは、神様、天神の事を、いいます。
ここが、国さえも、隠す、秘密である。国家が、ひっくり返るほどの、秘密が、児島宮(児島屋敷)には、ある。
児島宮(児島屋敷)には、明治政府が、隠した? 重大な、日本史が、正確には、書かれて、いなかった?
廃藩置県は、何故行ったのか? ここに、秘密が、隠されていた事が、秘められている?
明らかにしても、二百年の月日は、日本史が、消えた時であった? 偽造の明治~現在までの、隠された、秘密が、児島宮(児島屋敷)である。

「夜須町の時も、役場は、公開も、しなかったのは、児島屋敷を、隠蔽し、知られたくない、何かの事情が、あった?」


公開も、しなかったのは、児島屋敷は、日本の神さまで、ある、又は天神さまとも、いう。
天神さまは、古、中国の夏王朝の、七代、無予が、越国(安吉、現在の浙江省)を、開いた、のは、ネットで、公開してきたので、その天神さまが、今の児島宮に裔が、座している。
児島宮は、元祖、後鳥羽上皇の子、頼任親王が、備後の児島に、承久の乱で、送られたので、児島宮とされた。
後鳥羽上皇に、まつわる、天皇と、いわれる、日本の、初代、ウガヤ(丑王」の四男が、神武天皇となる。ここが、児島宮、即ち、日本の天皇の明かし、になる。
後鳥羽上皇の子、と、裔は、仙台伊達九代、政宗の妹と、藤原満盛妻と、あり、桃山期伊達政宗の娘が、福岡県柳川、お花に、室となっていた、児島宮にも、お花の当主が、遠戚と、訪ねられ、この時は、お花の、祭りにも、出席している。ここで、仙台伊達九代と、児島宮の関り、を、お話ししましょう。仙台伊達九代の、室に、始まる、土御門家は、後鳥羽上皇の子、順徳天皇に、始る、家系で、児島宮の関り、遠戚にあたる。桃山期の佐久間不干斎と、伊達政宗公に、添えた書状が、残っている。これは、児島宮の関り、遠戚にあたる。岡山の宇喜多氏も、不干斎が、岡山に、入って、それが今の、甚九郎稲荷神社が、建てられた、由来が、児島高徳の裔に、なっている、事が判る。
これは、児島宮と、世界、全国の神様の、総本社に、なっている、事が、筑前町も、隠している、神を、隠蔽、している、秘密である。
これを、日本人が、知れれば、日本が、政府が、ひっくり、変えるだろう? 捏造で、包まれていた、明治以降~現代まで、国民は、知らなかった、日本の弧史である。
 

吉備津宮、社家、兼信の子ー氏信ー猶子?養子か満盛、満重。元盛、教元などの宮氏一族

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月24日(火)12時40分56秒
返信・引用 編集済
  「宮入道」が備前の松田氏らとともに功をたてている。宮氏はその後備中守護に任じられている。とは高徳であろう、
兼信の子と思われる盛重が亀寿山城主として活躍、その弟と思われる氏信が康安二年、足利直冬と 富田直貞軍と戦ってこれを撃退している。そのほか、猶子?満盛、満重。元盛、教元などの宮氏一族の名が文書にみえるが、 その関係は詳らかではない。猶子?満盛以降は幕府奉公衆として活動したらしく、さきに上げた宮氏一族以外にも盛長、 賢盛、宗元、盛秀らが幕府奉公衆、将軍の走衆としてみえている。

吉備津宮、社家、の兼信の子ー氏信とみゆる。

室町中期に成立した『見聞諸家紋』をみると、宮氏の家紋は「吉字に木瓜」として記載され、浄久寺に伝わる宮盛重の肖像画にも「木瓜」紋が描かれている。また、備後国一宮吉備津神社の神紋も「木瓜」であり、宮氏は吉備津神社社家の一族ではないかとする説もある。


『西備名区』に記された亀寿山城主の系譜は、小野宮下野守盛重を初代として、式部大輔師盛→越前守満盛→下野守満重→下野守元盛→駿河守教元→下野守政盛→親忠が記され、将軍からの偏諱を受けたと思われる名乗りがみえている。

亀寿山城は南北朝時代において兼信・氏信父子が居城としていたことが知られ、いつ、盛重系が亀寿山城主となったのかは不明である。いずれにしろ、宮氏の場合、氏信系と盛重系の二系が双璧であったようだ。

小野宮下野守盛重を初代として、式部大輔師盛→越前守満盛→下野守満重→下野守元盛→が見える。



左近 種祐(傍系). 38 代 美作守 氏祐(信祐)(蘆名満盛の庶子)


蘆名満盛(詮盛の子);
興国7年/貞和2年(1346年)、第7代当主・蘆名直盛の子として誕生。
生年から判断して、元服時には足利義詮が将軍であったと思われ、「詮」の字も義詮から偏諱の授与を受けたものと考えられる。猶子、次男の満盛(みつもり)も義詮の子・義満から偏諱の授与を受けている。
『蘆名家由緒孝證』では応永5年(1398年)11月4日に73歳で死去とする。

氏族
桓武平氏良文流蘆名氏  「藤原系」

父母
父:蘆名直盛


盛政、満盛、最上満直室

宗家
義連 -
盛連 -
光盛(称蘆名) -
泰盛 -
盛宗 -
盛員 -
直盛 -
詮盛 -
盛政 -
盛久 -
盛信 -
盛詮 -
盛高 -
盛滋 -
盛舜 -
盛氏 -
盛興 -
盛隆 -
亀王丸 -
氏族
桓武平氏良文流蘆名氏
に移動


この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2010年7月)



蘆名氏

家紋
丸に三引両


本姓
桓武平氏良文流三浦氏流?

種別
武家

出身地
相模国蘆名

主な根拠地
相模国蘆名、陸奥国
会津 ほか

著名な人物
蘆名盛氏

支流、分家
猪苗代氏(武家)
金上氏(武家)
栗村氏(武家)
新宮氏(武家)
針生氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族


蘆名氏(あしなし)は、桓武平氏系統の三浦氏から興った氏族。相模国蘆名(現在横須賀市芦名、芦名城)の地名に由来する。「芦名氏」「葦名氏」「三浦芦名家」と表記される事もある。
相模蘆名氏と会津蘆名氏の二つの系統が存在する。通し字は前者は「為」、後者は「盛」。
三浦義明の弟為清が所持している蘆名の地にちなんで蘆名姓を名乗ったことに始まる。その息子為景の子為久は相模国大住郡石田郷(現神奈川県伊勢原市石田)を領していたが、木曾義仲を討ち取り、褒章としてさらに近江国石田村を与えられ、一族は同地に移住した。

蘆名満盛と伊達政宗が反抗したとされるが、蘆名満盛の名は系図には無く、猶子?か、児島、宮氏、正光の子が、正しい。
それは、満盛の子とあり、次が、孫九郎助安と裔、西広瀬の、桃山時期の佐久間不干斎が、伊達政宗と、遠戚にあり、手紙も、残っている。

宗遠の子伊達政宗の時代に鎌倉公方足利満兼が領土の割譲を求めると、満兼や会津の蘆名満盛(蘆名詮盛の猶子)と争った。政宗は応永9年(1402年)までに3度にわたり鎌倉府に反旗を翻している(伊達政宗の乱)。 初め奥羽は鎌倉府の管轄ではあった。

ここで、児島高徳の、母は、児島範長の妻の女で、坊門家の、女で、義詮の妻で、伊達政宗の妻と、姉妹であった。児島高徳の裔、正光の子、満盛とは、遠戚に、なっている事が、佐久間不干斎の母の、、出目が、越州とある、事から、孫九郎助安と、関係が、伺える。

寛政系譜帳に、佐久間信晴が、系図を、語らずとあるのは、秘密が、何だったのか、であろう。




 

正光生光義生定綱生定宗とは何家

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月24日(火)08時40分51秒
返信・引用 編集済
  児島正光生光義生定綱生定宗の流れ。

児島正綱正光を生む。正光、光義を生む。光義、定義を生む。定義、定綱を生む。定綱、定宗を生む。定宗、定直を生む。定直、定信を生む。蓋し、光義より定信に至るまで、江州(近江)に在り、六角氏に属す。
https://kazenoshin.exblog.jp/238266048/
熊坂覇陵氏の父である兒島定悠氏が伊達の熊阪氏となるまでの経緯について記されている。
伊達の熊阪氏となった。
覇陵熊阪君之墓(篆額)

君、諱は定昭、字は君行、卯右衛門と称し、覇陵山人と称す、考(亡くなった父)は孫右衛門、諱は定悠、姓は兒島氏。故有りて鮒子田氏を冒す(鮒子田の姓を名乗る)。譜(家譜)を按ずるに、蓋し、宇多天皇(887~897)の苗裔(子孫)、兒島三郎備後の守高德より出づ。
高德、元弘建武の間(1331~1336)に当りて、勤王の勲、史籍(歴史の書籍)に詳かなり、不復た贅(ぜい)せず(余計な事は記さない)高德、高光を生む。高光、正綱を生む。正綱、新田義宗(新田義貞の子)に従いて、豫州(伊予)に徙(うつ)る。正綱正光を生む。正光、光義を生む。光義、定義を生む。定義、定綱を生む。定綱、定宗を生む。定宗、定直を生む。定直、定信を生む。蓋し、光義より定信に至るまで、江州(近江)に在り、六角氏に属す。定信、定德を生む。定德、定次を生む。定次、定政を生む。定德より定政に及ぶまで、世々宮津侯(丹後の国、宮津、今の京都府)京極氏に仕う。寛文丙午(ひのえうま=6年侯(時の城主、京極高国)、罪有りて国除かる(父高広の訴えにより、徳川家綱にとりつぶされる)。https://kazenoshin.exblog.jp/238266048/

徙豫州、正綱生正光、正光生光義、光義生定義、定義生定綱、定綱生定宗、定宗生定直、定直生定信、蓋自光義至

正綱─正光(弟正之)─光義(弟正明【小島氏】、弟義信)─定義─定綱(弟定宗)─定直─定国─定信三宅高貞─良覚、弟元貞─貞次─貞宜─清宣、弟貞次、弟清貞(周防守)─師行─行貞─正貞─〔三河拳母一万石〕康貞(弟広勝、弟勝清)─康信─康盛─ ...

寛政系譜帳に、佐久間系譜を、語らずの意味が、あった。佐久間朝次して、家系を語らずと載せている。


 

孫五郎助安の母は、政宗(九代)妹

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月23日(月)21時31分31秒
返信・引用 編集済
  異聞 政宗記(いぶん まさむねき)
芦名満盛の正室は政宗の妹であり合戦の出来次第では加勢も期待できる。
田村清包の娘が宗遠の妻であり政宗の母にあたる。http://cgi.bookstudio.com/novel/user/gart4869/6b2ejh/10.html

政宗は義満より二つ上で、氏満からは三つ年上であった。


(政宗)(九代)妹、 芦名満盛 ( あしな みつもり )妻
1400(応永7)24歳になった芦名満盛は、48歳の伊達政宗(会津に侵攻した政宗の九代前の祖)と鎌倉府に反逆を企てたのである。


北朝~室町時代の武将。伊達家9代当主。伊達政宗との区別のため大膳大夫(だいぜんだいぶ)政宗とも称される

長男の常陸冠者為宗は本領常陸国伊佐荘に戻り、伊佐氏を継いだが、
念西と常陸次郎為重(宗村)は戦功によって得た伊達郡にとどまり、伊達氏を称した。
朝宗の嫡子(朝村、有宗)が早世したので宗村が襲封したと書いてある。


南北朝時代の武将。兵部少輔、大膳大夫、五位下。入道円孝。
伊達氏第9代当主。伊達宗遠の嫡男。
室は善法寺通清の女(紀氏の女)。伊達氏中興ノ主とされている。
政宗室の善法寺通清女は足利義満の生母の妹。

南北朝時代の武将。兵部少輔、大膳大夫、五位下。入道円孝。
伊達氏第9代当主。伊達宗遠の嫡男。
室は善法寺通清の女(紀氏の女)。伊達氏中興ノ主とされている。
政宗室の善法寺通清女は足利義満の生母の妹。
奥州探題大崎氏衰退を理由に関東公方足利満兼が二人の弟を奥州の抑えとして下らせた。
1399年、足利満兼は、足利満貞を岩瀬郡稲村に、足利満直を安積郡篠川に下向させる際に
伊達、白川両氏に所領の一部を割譲するよう命じた
これを不服とした政宗は芦名満盛、大崎詮持らと連合して鎌倉に向けて進軍した。
白河まで攻め上ったものの鎌倉方の白川満朝に阻まれ出羽に逃亡している。
1402年、政宗は一族の長倉入道とともに篠川満貞への反旗を翻し、
鎌倉府が派遣した上杉禅秀(氏憲)の軍勢と激戦を展開し上杉軍に大打撃を与えている。
この二度の合戦は伊達政宗の乱と言われている。
この背景としてあったのは、室町幕府と鎌倉府の対立であり、幕府側が政宗の後ろ盾であった。
こう言う風に書くと戦ばかりしていた人に見えるが、平素には和歌を好む文化人でもあったと伝わる。
弟の孫三郎宗行は大條氏(大枝氏との説もあり)の始祖となっている。
妹は最上右京大夫直家の室。




陸奥国伊達郡を賜った。朝宗の息子為宗、はじめて伊達と称す。

稲村公方足利満貞、伊達政宗・芦名満盛の追討を白川満朝に命ずる (第二次伊達政宗の乱) 1401 伊達 ... 稙宗の妹が義定に嫁ぐ。 備中伊達遠 ... 稙宗は娘を義顕の嫡子・隆顕の妻に送り込み、田村氏をもその影響下に置く。

1397 伊達政宗、上洛し将軍足利義満に謁する。
1399 伊達政宗、芦名満盛、大崎詮持らと連合して鎌倉に向けて進軍、
     白河まで攻め上るも鎌倉方の白川満朝に阻まれ伊達政宗、芦名満盛出羽に逃亡。
     大崎詮持は田村荘大越で自害
(第一次伊達政宗の乱)

1400 斯波詮持、奥州探題就任
     伊達政宗、芦名満盛、鎌倉に向け進軍も敗退。
     稲村公方足利満貞、伊達政宗・芦名満盛の追討を白川満朝に命ずる
伊達政宗、一族の長倉入道とともに足利満貞(篠川御所)への反旗を翻し、
     鎌倉府が派遣した上杉禅秀(氏憲)の軍勢と激戦を展開し上杉軍に大打撃を与えるも敗北。
     (第三次伊達政宗の乱)
1407 駿河伊達範宗、今川法世と領地をめぐり争論。今川泰範の裁決で勝訴。
1413 伊達持宗、脇屋義治を迎えて将とし、懸田定勝らを従え稲村・篠川両御所を襲撃。
1427 伊達持宗、亀岡八幡宮を伊達郡岡部梁川に御遷座す。
1460 足利義政、伊達・白河、蘆名、相馬、岩城の諸氏に古河公方足利成氏の討伐を命ずる。
1462 伊達持宗、上洛し将軍足利義政に謁する。(~1463)

1505 芦名盛高、蘆名盛滋と戦う。盛滋、敗れて伊達尚宗をたよる。
1569 山名郡伊達山城守景忠、徳川家康に降る。
1573 伊達輝宗、最上義光と争う。亘理重宗等が出陣
     伊達輝宗、織田信長と誼を通じる
1579 伊達輝宗、三河の徳川家康と誼を通ず
     伊達輝宗の子政宗と田村清顕の娘愛姫と結婚し、両家連合す
        政宗の娘、柳川立花に、嫁ぐ。
富田氏及び佐瀬氏は会津守護芦名氏の四天宿老(侍大将)として戦国時代を生き抜いてゆきますが、天正17年(1589)芦名氏が伊達正宗に滅ぼされる。

政宗の乱
http://cgi.bookstudio.com/novel/user/gart4869/6b2ejh/11.html




http://

 

児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー孫五郎助安

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月23日(月)18時31分3秒
返信・引用 編集済
  宮修理亮藤原満盛は造宮職の業務を独立させ、令外官として新設された
明徳3(1392)年8月28日「相国寺供養参仕人」要旨抜粋(『相国寺供養記』:『国史大系』35「後鏡」所収)
相国寺供養に「帯刀」として参列した。



造宮職とは、宮修理亮

これらは明治の廃物希釈によって取り壊されていた。奈良十津川武蔵にある、佐久間信盛の墓は、祖が、宮修理亮藤原満盛である事すら、忘れ去られている。

高光、高光生正綱、正綱從新田義宗、徙豫州、正綱生正光、正光生光義、光義生定義、定義生定綱、定綱生定宗、定宗生定直、定直生定信、蓋自光義至定信、在江州屬六角氏

児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー孫五郎助安

https://6102.teacup.com/sankaku/bbs/737

宮修理亮藤原満盛の子息も、官職,を受けていたようで、
父は越前守満盛、子、として生まれた。 天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安となった。
そして引き継がれた、佐久間甚九郎朝次ー信晴ー信盛ーと続く。

明徳3(1392)帯刀宮修理亮藤原満盛、足利義満時
1410 応永17 (庚寅)足利義持.後鳥羽院御影堂領三木郡氷上郷・香西郡中間郷の下地を雑掌に打渡すよう,守護細川満元に命じる(水無瀬宮文書)

伊達政宗は、政宗(九代)夫人が、将軍足利義満の生母の妹にあたり、将軍家との血縁関係もあったことで、関東府対決も幕府の後ろ盾があったからと推測される。

1400年(応永七年)に、葛西氏も、「葛西家譜」には、一切記されてはいないが、大崎氏同様幕府側についた。
鎌倉の滞在先である瀬ヶ崎にて、大崎詮持は盟友である、伊達 大膳大夫   だいぜんだいぶ   政宗と連絡を取り、挙兵の機をうかがった。


五月二十一日には、伊達政宗(九代)は、又、足利満兼あしかがみつかね(関東公方)に叛旗を翻した。
1402年(応永九年)9月には、政宗が和議を申し入れ事態が収拾した。
1441年(嘉吉元年)には、幕府では、赤松満祐あかまつみちすけが、将軍足利義教あしかがよしのりを白昼群臣の面前で斬殺してしまい、満祐(69歳)も自刃。

1402年応永9年には、伊達政宗は、芦名満盛とはかり、また、大崎満詮を誘い、篠川御所満直に叛旗を翻した。
芦名満盛の正室は政宗の妹であり合戦の出来次第では加勢も期待できる。 また田村清包の娘が宗遠の妻であり政宗の母にあたる。

1398(応永5)3月、芦名満盛は侍女(金田右馬允頼元の娘)との間に一子・芦名氏祐をもうける。妾腹の子であったため、芦名氏祐は富田氏に預けられ養育料として500貫が与えられる。氏祐は富田氏祐と名乗り、その子の頼祐が8代淡路守 ...
この大崎-伊達盟約には、 芦名満盛 ( あしな みつもり ) も加わっていたが、. 鎌倉府と正面から戦える兵力ではなかった。そこで出陣の触れに. 応える形で集結地へ赴き、そこで奇襲をかけることとなった。

名満盛もこれに同心し、満兼が上野国の岩松満純に命じて攻めさせた時か、応永九 九年(1402)二月再び政宗が赤館(伊達郡桑折町西山)に挙兵し、満兼が五月二十一日関東管領上杉氏憲(後入道して禅秀)を大将に討伐軍を派遣した時のことを言っていると思われます。

早く伊達大膳と一緒に現地に赴き、国詮の代官に現地の支配権を引き渡せ。その結果について報告せよとの仰せなので執達する。」
という文書が残されている。宛名は、葛西陸奥守で、署名は、幕府管領の細川頼元ほそかわよりもとであった。この文書は、将軍足利義満の意向を受けて管領が発した命令文書で、御教書みきょうじょと呼ばれている。 この文書の内容は、この時の陸奥国左京大夫といえば、大崎詮持と思われる。葛西陸奥守と伊達大膳大夫に、畠山国詮の分郡などを押領した大崎左京大夫から取り戻せとの命令であった。


宮氏は南北朝の一時期、備中国の守護職に補任将軍より御料所の知行を受け、勢力を伸ばしていったものと思れる。
兼信の子ー氏信ー養子か満盛、満重。元盛、教元などの宮氏一族。

(1333)頃、備後において挙兵したものである。が、建武二年(1335)の末には、尊氏方の諸国の勢のなかにその名がみえる。 宮下野守兼信は、康永元年(1342)の伊予国の土肥昌義攻め、観応二年(1351)の石見攻めの高師泰の軍勢のなかにおいて奮闘している。義詮の京都奪回の合戦に「宮入道」が備前の松田氏らとともに功をたてている。宮氏はその後備中守護に任じられている。
宮氏は、備後国の有力国人として、また室町幕府奉公衆として、南北朝期から戦国期にかけて、その名を史上にみせる。宮氏に関するまとまった史料や系図類は残っておらず、

満盛以降は幕府奉公衆として活動したらしく、さきに上げた宮氏一族以外にも盛長、賢盛、宗元、盛秀らが幕府奉公衆、将軍の走衆としてみえている。 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)

伊達大膳大夫御退治之時」というのは、応永七年(1400)春伊達郡西根の長倉館(伊達郡伊達町)で政宗が挙兵して鎌倉公方足利満兼に反旗を翻し、さらに会津の芦名満盛もこれに同心し、満兼が上野国の岩松満純に命じて攻めさせた時か、応永九年(1402)二月再び政宗が赤館(伊達郡桑折町西山)に挙兵し、満兼が五月二十一日関東管領上杉氏憲(後入道して禅秀)を大将に討伐軍を派遣した。

応永6年には早くも伊達政宗が鎌倉府からの所領要求に怒り、翌7年(1400年)に大崎詮持と呼応して反乱を起こした。これに対し結城満朝が迎え撃ったため詮持は自殺、政宗は反抗を続けたが、鎌倉府が応永9年(1402年)に犬懸上杉家の上杉禅秀を討伐軍の大将に派遣、政宗が降伏したため反乱は鎮静化した。応永20年(1413年)4月に政宗の孫持宗も所領問題から両御所に反乱を起こし籠城、12月に兵糧欠乏を理由に降伏したが、この戦いで両御所や結城満朝は討伐に動かなかったため、満直の甥である鎌倉公方足利持氏が政宗の時と同じく直接軍勢を派遣したり、出陣しない満朝に催促状を宛てている。不穏な情勢は持宗の降伏後も収まらず、応永22年(1415年)に持氏が長沼義秀に催促状を下している。下総結城氏の結城氏朝・持朝父子が持氏の遺児を擁立して永享12年(1440年)3月、結城合戦が勃発した。乱は嘉吉元年(1441年)4月に鎮圧される。上杉氏憲を将として ... 年応永9年には、伊達政宗は、 芦名満盛 あしなみつもり とはかり、さらに、 大崎満詮 おおさきみつあき を誘い、篠川御所満直に ...... これは、富沢氏の領地が狭められたことで、富沢氏の宗家である葛西氏に再び叛旗を翻した。

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』
小川乾坤院(知多郡東浦町)蔵の「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」とみえる。






 

貴重な書類、不復贅焉高德生高光、高光生正綱、正綱從新田義宗、徙豫州

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月23日(月)08時18分20秒
返信・引用 編集済
  不復贅焉高德生高光、高光生正綱、正綱從新田義宗、徙豫州、正綱生正光、正光生光義、光義生定義、定義生定綱、定綱生定宗、定宗生定直、定直生定信、蓋自光義至定信、在江州屬六角氏、定信生定德、定德生定次、定次生定政、自定德及定政、世仕宮津侯京極氏、寛文丙午、侯有罪國除、定敢與同志士五十餘人、堅守其城、

「覇陵熊阪君之墓」

君諱定昭字君行稱卯右衛門號覇陵山人考孫右衛門諱定悠姓兒島氏有
故冒鮒子田氏按譜蓋出自
宇多天皇之苗裔兒島三郎備後守高德高德當元弘建武之間勤王之勲詳
于史籍不復贅焉高德生高光高光生正綱正綱從新田義宗徙豫州正綱生
正光正光生光義光義生定義定義生定綱定綱生定宗定宗生定直定直生
定信蓋自光義至定信在江州屬六角氏定信生定德定德生定次定次生定
政自定德及定政世仕宮津侯京極氏寛文丙午侯有罪國除定敢與同志士
五十餘人堅守其城待侯手書至而後致諸官使而去乃客平安寛文己酉
生定悠亡何買田宅於一乘寺村而隱焉定悠以季子出嗣鮒子田氏故稱鮒
子田氏少東遊奥州伊達望族熊阪土佐之裔助利遇諸東都器之結爲親姻
遂藉伊達冒熊阪氏配片平氏生君助利姉之子同郡秦豐重養助利之女爲
子以妻君以爲己嗣既豐重亦冒熊阪氏君承家服農又善廢著修業而息之
産日益殖少有志功名以策于東諸侯厚禮遇之遂傾橐給焉盡破其産家人
憂之君曰富無經業貨無當主散千金致千金是在我乃復治産比及十年果
致千金鄰里待君而擧火者數十人年飢推産損息貧者爲折券所全活甚多
君疾惡若仇恒言不如郷人之善者好之其不善者惡之是我志也吾耻爲郷
原矣未強喪秦氏遂不復娶旁絶妾甑曰楊叔節我師也幼強記能象棋洞蕭
長渉群書好爲詩中喜禪及讀物先生之書爽然自失醜平生所爲盡焚其稿
晩自放丘壑爲園種牡丹郵致洛種數十品顔其居曰白雲舘樓曰明月樓析
子彦日嘯歌其中有二十景詩命子彦和之父子之間自爲知己疾病作詩自
題筆翰如流恬然臨終明和甲申十一月十五日也距生寶永己丑十一月二
十八日得年五十六葬伊達高子村西門外蓋執紵者三百人君生二男二女
男曰定邦即子彦先娶某氏繼娶寺島氏女適信夫宍戸某其二夭孫男二人
並幼子彦善文章有奇才與余善親状君行千里乞銘銘日戒之在色守志不
惑死生亦大悠然自得宜乎富好行其德有子能文維其攸燕翼
明和五年六月壬戌龜山松崎惟時撰東都大田覃書并篆額孝子定邦立

「徂徠学派として重きをなしていた」方のよう
この碑の揮毫は大田南畝氏だが、案内では、具体名を挙げずに「当時一級の文人」として紹介されている。https://kazenoshin.exblog.jp/m2018-01-01/
「熊坂家墓碑」を挙げ、「高名な書道家によって熊阪氏の業績が刻まれている」と紹介される。
大田南畝氏は蜀山人の別名と共に、有名な江戸時代後期の狂歌師と紹介されている。 「ウィキペディア」では、「天明期を代表する文人・狂歌師であり、御家人」とある。

 

室町時期の近衛中将助安父多功満盛

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月22日(日)19時41分22秒
返信・引用 編集済
  多功宗朝祖父の二条為明ー宗朝ー(多功満盛)-甚九郎助安

児島高徳ー高光─正綱─正光ー多功満盛ー孫五郎助安ー甚九郎朝次ー甚九郎佐久間信盛 ー甚九郎正勝不干斎ー甚九郎正成

児島高徳ー高光ー正綱ー正光ー多功満盛ー甚九郎助安ー

多功 宗朝(たこう むねとも)は鎌倉時代中期の鎌倉幕府の御家人。宇都宮頼綱の七男。多功氏を名乗る。宝治2年(1248年)に多功城を築いて居城とし、多功氏を創始する。西上條旗頭職を主宰。吾妻鏡にも度々登場

北条時政の娘を母とする説もあり。加地信美の妻の子東寺道乗、多功城か、宇都宮頼綱。
家長の娘を、妻とした。頼宴を、生む、-高徳ー 高光ー、正綱─正光ー多功満盛ー孫五郎助安

西 暦. できごと」. 1220 承久2|多功宗朝、生まれる。 1248|宝治 2|多功城が落成する。多功宗朝、城主となる。

|1221 承久3 | 承久の乱。 代 1248|宝治2 | 多功城築城。 ※このころ児山城築城。多功朝定城主となる。

栃木県河内郡上三川町多功の民家敷地の北側に土塁、空堀が残っている。 多功城は鎌倉時代後期にあたる宝治二年(1248年)に、宇都宮頼綱の四男多功宗朝によって築かれたとされる。

多功宗朝は,(二条為明 にじょうためあきら 永仁三~貞治三(1295-1364) に預けられたとなっており,祖父の二条為明であろうか?母里が養育する習わし通婚が受継がれていたのだろうか? 多功宗朝の父は宇都宮頼綱の四男で多功城を築く .

多功城主の墓所(見性寺) 見性寺. ○多功城主 多功家累代の墓 見性寺多功城は宝治(ほうじ)2年(1284)多功石見守宗朝(たこういわみのかみむねとも)によって築城されました。
https://tochigi-burg.com/takou-kaminokawa.htm

栃木県河内郡上三川町の多功城(宇都宮頼綱4何宗朝築城)と下野市の児山城(宇都宮宗朝か2男または3男の宇都宮

1257(正嘉元)年、石見守に任ぜられ多功氏を名乗る。従五位下。五郎左衛門尉。1259(正元元)年、長子の家朝に家督を譲った
多功城は1248(宝治2)年、宇都宮頼綱の四男多功氏の祖・宗朝…

三浦氏の武将達は頼朝の前で死のうと法華堂で散りました。 頼業と宗朝の母は梶原景時の娘。 頼業は横田氏の祖となり、 宗朝は多功氏の祖となります。https://kuki-blog.com/yorituna-son/

百人一首=藤原定家+宇都宮頼綱なんです。https://kuki-blog.com/yorituna-daughter/

朝廷の長老である二条良基の ..... 寵愛していた次男、義嗣を天皇にして自らは天皇の父親として天皇家を吸収するというものである。 .... は御供衆); 畠山満安(満熈・満基の弟); 畠山満純(畠山義清の子).

二条 良基(にじょう よしもと)は、の公卿、歌人であり連歌の大成者である。従一位。摂政、関白、太政大臣。 最初の関白は在任13年間の長期にわたり、死の間際まで通算5度(数え方によっては4度)にわたって北朝4代の天皇の摂政・関白を務めた。生誕?: ?元応2年(1320年) 時代?: ?南北朝時代。
(1388)南北朝時代の歌人,連歌作者。関白,太政大臣,摂政などを歴任。初め後醍醐天皇に仕えたが,のち北朝に仕えた。歌道に通じ,博学多識。
「二条良基」の意味は南北朝時代の歌人・連歌作者のこと。

これらの系図は、複雑で、解読は、不可解。


佐久間助安(近衛中将助安) の時従三位になり、天皇側近となり、宮家と呼ばれていた。

宮家とは、、高徳ー西広瀬城、高光ー正綱ー正光ー(近衛中将助安)を、告ぐ。
一方東、広瀬城は、三宅を、名乗る。

二条関白家の藤原良美の子とされた、東寺長者道乗の後裔児島高徳ー高光─正 綱─正光ー甚九郎満盛であった。 https://6102.teacup.com/sankaku/bbs/735
宮修理亮藤原満盛は造宮職の業務を独立させ、令外官として新設された
亮(従五位下相当)…1人
主に内裏の修理造営を掌る。

『修理職』より : 修理職(しゅりしき)は内裏の修理造営を掌る職 (律令制) 職である。
修理とは『修理職』より : 修理職(しゅりしき)は内裏の修理造営を掌る職 (律令制) 職である。
修理職 [すりしき・しゅりしき] 内裏の修理造営をつかさどる役所。

修理職 [すりしき・しゅりしき]

内裏の修理造営をつかさどる役所。
http://www.komachi-web.com/salon/the_tale_of_genji/glossary/yougo03.html

修理の大夫, しゅりのたいふ, 官職, 内裏の修理・造営を司る役所の長官

宮修理亮藤原満盛の子息も、官職,を受けていたようで、
父は越前守満盛甚九郎満盛で、岡山に生まれた。 天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安となった。
そして引き継がれた佐久間甚九郎朝次弥平次と名乗る。佐久間甚九郎朝次

児島高徳ー高光─正 綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎朝明助安

「佐久間孫五郎助安」

児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎朝明助安(近衛中将助安)

佐久間為明子宗朝は甚九郎満盛

佐久間宗朝子朝明は甚九郎盛保?総五郎 孫五郎助安(近衛中将助安)

佐久間朝明子甚九郎朝次は弥平次

佐久間信晴====1542盛通子朝次子 甚九郎九郎左衛門朝信重行?全孝?山崎城主討松平広忠?


佐久間信盛15271581信晴子半羽介?出羽右衛門夢斎定盛宗祐山崎永原刈谷城主天王寺城番

佐久間信栄15561632信盛子甚九郎駿河信勝基栄定栄正勝不干斎 信勝信栄嗣柴田勝重子勝政孫佐久間盛次曾孫

佐久間信実15731620信盛子信栄嗣新十郎兵庫 信由信実子

佐久間正成 児島宮 信栄子助九郎長興(秋月祖)


宮修理亮藤原満盛は造宮職の業務を独立させ、令外官として新設された
亮(従五位下相当)…1人
主に内裏の修理造営を掌る。

『修理職』より : 修理職(しゅりしき)は内裏の修理造営を掌る職 (律令制) 職である。
修理とは『修理職』より : 修理職(しゅりしき)は内裏の修理造営を掌る職 (律令制) 職である。
修理職 [すりしき・しゅりしき] 内裏の修理造営をつかさどる役所。

修理職 [すりしき・しゅりしき]

内裏の修理造営をつかさどる役所。
http://www.komachi-web.com/salon/the_tale_of_genji/glossary/yougo03.html

修理の大夫, しゅりのたいふ, 官職, 内裏の修理・造営を司る役所の長官

宮修理亮藤原満盛の子息も、官職,を受けていたようで、
父は越前守満盛甚九郎満盛で、岡山に生まれた。 天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安となった。
そして引き継がれた佐久間甚九郎朝次弥平次と名乗る。佐久間甚九郎朝次

児島高徳ー高光─正 綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎朝明助安

宮修理亮藤原満盛は何故藤原となったのか? 藤原満盛の祖は児島高徳であるが、その四代前が、二条関白家の藤原良美の子とされた、東寺長者道乗の後裔児島高徳ー高光─正 綱─正光ー甚九郎満盛であった。二条関白家は坊門家から、始まっている。

http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/562

明徳三年 1392年 相国寺供養参仕人 帯刀 宮修理亮藤原満盛と海老名八郎左エ門源満秀

139?年は応永元年  紀良子女中 日枝社参詣供奉人

別に児島高徳ー三宅高光─三宅正綱─三宅正光とあり

三宅姓は、宇多天皇の後胤佐々木児島藤原盛宗・盛綱より出づhttp://www.k2.dion.ne.jp/~tokiwa/keifu/keifu-kojima.html
盛綱承久の変で、後鳥羽院の流鏑馬とした、城南宮に馳せ参じている。以降つながりが深い。息子は加地信実で、北条時政の娘が室に入り、頼任親王(児島宮)の室となり、東寺長者道乗が生まれる。

大覚寺統

藤原二条良実ー東寺長者道乗


和田範長家弘嗣家勝孫季房曾孫三宅定心玄孫家長耳孫季家昆孫今木範俊子備後

   ∴三宅
(46)郷守(  -  )
   |
   |
   |三宅
(47)重範(  -  )
   |
   +――――――――+――――――――+――――――――+
   |児嶋      |児嶋      |今木      |児嶋
(48)範守(  -  )  範勝(  -  )  範光(  -  )  範常(  -  )
            |
            |
            |児嶋
           範長(1275-  )
(49)          |養子實加地綱秀男
            |児嶋
           女子(  -  )
            |
(50)          |児嶋
           高徳(  -  )
            |
   +――――――――+――――――――+――――――――+
   |児嶋      |三宅      |三宅      |脇屋義治室
(52)高秀(  -  )  高光(  -  )  高貞(  -  )  女子(  -  )
   |        |
   |        |
   |児嶋      |児嶋
(53)高家(  -  )  正綱(  -  )
   |
   +――――――――+――――――――+
   |児嶋      |宇喜田     |宇喜田久家室
(54)信徳(  -  )  久家(  -  )  女子(  -  )
            |婿養子實藤原三条実家
            |
            |宇喜田和泉守
(55)         能家(  -  )
            |婿養子實藤原三条実家
   +――――――――+――――――――+
   |宇喜田     |宇喜田     |宇喜田
(56)興家(  -  )  義家(  -  )  定安(  -  )


近衛中将助安の屋敷の瓦紋 十六葉菊紋

出自
宇多天皇之苗裔、兒島三郎備後守高德
https://kazenoshin.exblog.jp/m2018-01-01/

不復贅焉高德生高光、高光生正綱、正綱從新田義宗、徙豫州、正綱生正光、正光生光義、光義生定義、定義生定綱、定綱生定宗、定宗生定直、定直生定信、蓋自光義至定信、在江州屬六角氏、定信生定德、定德生定次、定次生定政、自定德及定政、世仕宮津侯京極氏、寛文丙午、侯有罪國除、定敢與同志士五十餘人、堅守其城、


 

室町時期の近衛中将助安(名)(佐久間孫九郎)の宮家の鬼瓦発見

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月14日(土)22時06分41秒
返信・引用 編集済
  前近衛中将助安と言う公家出身の人の位牌が鹿島山法寿院にある
室町時期の近衛中将助安(名)(佐久間孫九郎)の宮家の鬼瓦発見伊予市前近衛中将助安 前右大臣とか使いますね。藤原助安は左近衛中将 南北朝期から、戦国時代には前近衛中将助安と言う公家出身の人の位牌が鹿島山法寿院にある。

鹿島城の城主・左近衛中将藤原盛保を弔う白木づくりの位牌が安置されてるそうです。
藤原盛保は、『御替地古今集』には左近衛中将藤原“助安"と記されています。
、左近衛中将"という役職は、禁門の警衛、天皇の侍衛を担当し、平安時代は藤原一族のみがなれるような職種だった、よう .http://angelcymeeke.web.fc2.com/iyo_yamasaki/a_2.html
「法寿院殿保養元盛大居士尊儀」
「當鹿島山之城主前周頭・左近衛中将藤原盛保墓」
左近衛中将藤原盛保
鹿島山【伊予市中村 台山】
・「東西北に横四間(約7m)余、深さ三間(約5.4m)ばかりの堀有り」(大洲秘録)
・城主の墓石には「当鹿島山之城主前周頭左近衛中将藤原盛保墓」と記されている。
 

宮家は、頼任親王の、家しか、宮家とは、言わない? 兄弟は、仏門に、寄与しているのは、万世一系が、守られて、いるからである

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年12月12日(木)15時48分31秒
返信・引用
  遺址

閩越王城遺址 ?  冶城 ?  城村
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%91_(%E7%B9%87%E7%8E%8B)

到搜索




閩越王無諸  冶城  https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B6%E5%9F%8E

閩越國第7代帝王
在位期間:?-前192年
前任:閩越王睦
繼任:閩越王獏

姓名
騶無諸

封號
閩越王

逝世
前192年

陵墓
王墓山

子女
騶郢、騶餘善

無諸,又作亡諸(閩東語:Ù-c??;閩南語:Bû-chu;閩北語:Ǔ-c??;?-前192年),全名騶無諸,第七世閩越王[1],為越王勾踐的後代[a],於戰國末期至西漢初期在位,使一度亡國的閩越再度中興茁壯,並成為漢朝立國之初第一位越人的異姓諸侯王。由於無諸是福建?史上第一位有文獻記載的君主統治者,並且是帶領閩越人登上?史舞台的卓越人物,因此被後世的閩民系頌揚並尊奉為開閩始祖[

閩越國第7代帝王  閩越王無諸  https://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A0%E8%AF%B8 无?

閩越國第9代帝王  騶丑  日本名  ウガヤ
玉依姫は、楚国の王女  古燕国に、後の新羅姐女
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%91_(%E7%B9%87%E7%8E%8B)

漢朝改封丑為繇王、余善為東越王,閩越王之名從此廢除,但實際上為東越王所代替。 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%97%BD%E8%B6%8A%E7%8E%8B

城村  https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E6%9D%91

帝王

無諸 ?  郢 ?  丑 ?  餘善 ?  居股

福建省武夷山市,福州  https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E6%9D%91%E6%B1%89%E5%9F%8E%E9%81%97%E5%9D%80

城村?城?址
天帝の存在すら知らず、天子のみ拝することのできる一方、天帝を祀ることは天子にしか出来ない天子の天権でもあった。
ここで、日本の天子とは、明らかでは、なかった、
付け込んで、いるのは、明治以降の天皇を、仮想しているに、過ぎず、天王でも、なかった。
天皇を、名乗ったのは、ウガヤの子、磐余である。

ここに、ウガヤに、ついて、閩越王
の系譜だけ、が、アマの下のには、、座する、が、一人しか、なれず、これが、万世一系である。
ここに、天皇を、号するには、母系が、ウガヤの血を、引き継いで、いないと、天皇とは、言えないと、なっていた。
ここが、藤原家の、重用と、なって、女系が、、共に、揃わなくては、天の兎には、なれない。

今これが、守られず、他家から、天皇に、嫁いで、いても、子は、天の兎では、なかった。

宮家が、使われいているが、宮家は、頼任親王の、家しか、宮家とは、言わない? 兄弟は、仏門に、寄与しているのは、万世一系が、守られて、いるからである。として、存続している。
兄弟は、一族から、嫁して入る家が、妃に、選ばれるのが、皇家として、存続する。
兄弟が、妻を、皇家以外から、選ぶと、公家に、落ちる、これにより、今の宮家は、皇家では、無くなってしまう。
皇室とは、皇家には、属せず、皇家部下?に、とどまり、武士階級に、下がる。
これを、将軍といった。

これが、日本の、中国の、天皇天神てある。

万世一系とは、越王の、血を、守っていてこそ、天神となる。

全国各地の、神社仏閣、に、於いても、越王の、血を、守っていてこそ、天神社となる。
神集いは、天神社と、繋がる事で、神社と、呼ぶ?
神神神と、いえども、天神と、一緒に、ならなければ、ただの、家である。

夜須野天孫降臨地は、神集いは、天神社と、繋がる事で、神社と、呼ぶ?
 

五器所八幡宮、愛知県名古屋市昭和区御器所、五所八幡宮<古賀市青柳は、同じ神社だった、事が、由来に出ていた

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年10月15日(火)06時47分22秒
返信・引用 編集済
  神様の原型が、ウガヤフキアエズ、一体化していたのだ。同じとなっていた、事が、児島宮歴研会が解明した。神様とは、古代中国、夏王朝の、七代、無予が、越国、といい、天神七代、とも、いい、越王勾践は、ヨーロッパに、神と、王室を、始めた、事で、知られる。 、ケルトの、トルドイが、広めたとも、伝わっている。
紀元前二百年前に、越国に、戻り、ビン越と、なった。この事が、児島宮歴研会によって、福建省、屏山平山駅、の、地鉄、工事の、時、越王無紹渚の時、の治城が、発見され、児島宮歴研会が、神とは、越王無紹渚の、事と、同時に、城の軒丸瓦から、雲巻き模様、が、越の神で、ある事を、確認に、至る。さらに、当時の、越州窯の、壷に、年号が、書いてあり、位一致に、至る。


五器所八幡宮は、同じ神社だった、事が、由来に出ていた、事が、歴史に、伝わっていた、佐久間家との、関係や、崇拝していた、黒田家との、まつわりに、それに、伴う、名古屋の、熱田神宮との、関わりに、ある、藤原家の、菅家てにも、表されていた。
福岡県の青柳にある、御、器所八幡宮の、いわれを、調べているうちに、解ったのが、祭神の、神が、同系に、なっていた、事に、読み解いた。
これは、八幡宮には、宇佐と、関連が、あるようだが、
実際には、神とされる、のは、
神とは
ここに、神の、全てが、、古来から、中国では、天神の、事である。
宇佐の、八幡宮も、全て、ひとつに、神が、なって、いた、事が、これで、わかった。https://www.koga-style.com/%E9%9D%92%E6%9F%B3%E3%83%BB%E4%BA%94%E6%89%80%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE%E3%81%AE%E6%94%BE%E7%94%9F%E4%BC%9A%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%90%E6%9C%88%EF%BC%95%E6%97%A5%EF%BC%89/
これで、神のすべてが、
一体化していたのだ。同じとなっていた、事が、児島宮歴研会が解明した。


五所八幡宮
福岡県古賀市青柳1687
https://nobyama.com/gosyohachimangu.html
・應神天皇 (おうじんてんのう)
・神功皇后 (じんぐうこうごう)
・玉依姫命 (たまよりひめのみこと)
・保食神 (うけもちのかみ)
・墨江三前神 (すみのえのみまえのかみ)
  住吉三神(・底筒男命・中筒男命・表筒男命)の別名

https://itp.ne.jp/info/404775917184430660/
、五器所八幡宮


愛知県名古屋市昭和区御器所鎮
愛知県名古屋市昭和区御器所鎮座。座。
八所明神御器所八幡宮
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%99%A8%E6%89%80%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE

1441年(嘉吉元年)に佐久間美作守家勝らによって医王山神宮寺の西側にあった八所大明神が修造された際の棟札が残る。佐久間氏は御器所西城(現・尾陽神社)を築いて周辺を治めていたが、神社は御器所荘の総鎮守として祀られ、以降も佐久間氏による営繕の記録がある。また、徳川家康が関ヶ原の戦いの直後に神護に感謝して寄進をする旨を記して送った棟札も残されているという。

後代、織田信長公の家臣団に加わる佐久間家一門が、居城としていた御器所西城鎮護の社として、また、領内守護の社として尊崇された事は、嘉吉の棟札をもって知る事が出来ます。

奈良時代、八幡神は、聖武天皇の詔みことのりによって進められた東大寺の大仏建立を助けるため上洛し、東大寺の守護神として鎮座(現・手向山神社)、次第に仏教との習合しゅうごうを深めていったため、仏法守護の神として崇められ、「八幡大菩薩はちまんだいぼさつ」の称号が奉られました。
主祭神 八幡大神(品陀和気命)応神天皇、
当宮は熱田神宮鬼門除の神と尊崇され、八幡の神様は強運の信仰があり、 諸事万端願望成就したことから厄除開運必勝の神といわれている。


日本とは何か? 国とは、何か? 神とは何か?
これで、神のすべてが、
一体化していたのだ。同じとなっていた、事が、児島宮歴研会が解明した。
天皇、なるものは、平山と、一致していた。
今、これを、知らない為、不敬罪を、重ねている。
現代の、日本人は、神を、うとんじている、近年、天災が、起きているが、昔の人達は、神を、おそれ、神に、不敬罪となる事を、恐れ、心の柱に、していたという。

わが身の、事を、先決する、ばかりで、天神を、疎んじて、いる。神の、たたりを知らない、現代人ばんかり。










 

宇佐は、八幡宮の、走り、であると、されていたのに、児島宮歴研会は、隋の時代に、皇帝の使いが、記して、いる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年10月 6日(日)13時19分9秒
返信・引用 編集済
  宇佐は、八幡宮の、走り、であると、されていたのに、児島宮歴研会は、隋の時代に、皇帝の使いが、記して、いる事を、宇佐は、秦(はた)民族、の土地トある事は、秦氏、が
中国から、移ってきた、事と、解読し、ここから、「記紀」編纂の、
奈良時代に編纂された日本神話や古代の歴史を伝えている重要な歴史書である。

「秦氏」、とは、|個人情報の取り扱いについて |リンク・著作権・免責事項
で、みかけるのが、

始めに、皇后が、北部九州
神宮皇后と、武内宿祢、という、人物が、三韓征伐を、した、絵馬が、夜須の神社で、みかける、のは、伝来したていた事の、証しである。



三韓征伐 - Wikipedia 三韓征伐(さんかんせいばつ)は、神功皇后が新羅出兵を行い、朝鮮半島の広い地域を服属下においたとされる戦争を指す。神功皇后は、仲哀天皇の后で応神天皇の母である。経緯は『古事記』『日本書紀』に記載されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%9F%93%E5%BE%81%E4%BC%90
この、三韓とは馬韓(後の百済)・弁韓(後の任那・加羅)・辰韓(後の新羅)を示し高句麗を含まない朝鮮半島南部のみの征服とも考えられる。

第5代新羅王の婆娑尼師今の時代(在位80年-112年) 倭国に服属した新羅王(波沙寐錦、はさむきむ)のことを指すともいわれる[19]。また、414年に建てられた広開土王碑の第三面二行に「新羅寐錦」とあり、中原高句麗碑では、高句麗を「大王」、新羅王を「東夷之寐錦」としていることから、「寐錦」は、新羅の固有の君主号ともいう[20]。法興王11年(524年)の建立とされる蔚珍鳳坪碑に法興王は「寐錦王」として現れている。また、同時に連なっている高官に「葛文王」の表記が見られることから、6世紀初頭当時の新羅が絶対的な「王」による一元的な王権の支配下にあったわけではなく、寐錦王と葛文王という二つの権力の並存であったとする説もある[21]。なお、法興王の前代の智証麻立干(500-514年)の時代に国号を新羅、君主号を王に定めた

173年5月、倭の女王卑彌乎が新羅に使者を送る[14]。しかしこれは、『三国志』東夷伝倭人条からの造作で、かつ干支を一運遡らせたとする説もある。
200年(仲哀天皇9年)天皇崩御後、応神天皇を身籠っていた神功皇后は対馬より半島に至り、新羅王都に到る。新羅王の波沙寐綿は抵抗することなく降伏し、微叱己知波珍干岐を人質に出し、「馬飼部」となることを宣言し、毎年の男女を貢ぐと誓約した。

249年(神功皇后摂政49年)、荒田別・鹿我別を派遣し、百済の木羅斤資らと共に新羅を破る。

262年(神功皇后摂政62年)、新羅が朝貢しなかったので葛城襲津彦を派遣して討たせた。


児島宮歴研会は、隋の時代に、皇帝の使いが、記して、いる事を、宇佐は、秦(はた)民族、の土地トある。
ここに、宇佐、は、倭人が、移って、きていた事を、表し、秦氏とは、何時代の民族、人物か、という事になる。宇佐神社では、三女人が、神に、例えられて、おり、台湾の、馬神も、三女人、と、なっていて、
三女人神は、越国の、神とも、同体に、なっている。それを、浙江省の白馬寺、に、重点を、おき、白馬三郎の、同体で、ある事を、表している。 これが、天皇の、王朝である。

紀元前50年、倭人が侵攻してくるが、赫居世王の説得に応じて倭軍は撤退する。また重臣に、もとは倭人の瓠公がいた。

2代王南解次次雄の時代(在位:4年 - 24年)


武内宿祢の、先祖とは、、秦氏の、総称
この秦氏の租は、誰、かは、中国では、戦国七雄の和人、倭人、七国の、名称である。
ここで、注目するのは、五世紀に、住んでた、民族は、誰? 武内宿祢の後裔、となり、夜須と、同体になって、いる。皇后夫婦とは、




南北朝末期の『太平記』巻三十九「神功皇后攻新羅給事(しらぎをせめたまうこと)」では、『八幡愚童訓』と同じように神の加護で新羅征討をなしとげたとあるが「三韓の夷(えびす)」という語が新たに登場し、その三韓は同時代の高麗と理解されている。



それを、物語るのが、京都の東寺に、見える、皇后と、武内宿祢と、玉依り姫である。

玉依り姫は、越の神の総称で、
隋の時代に、皇帝の使いが、記して、いる、夜須は、華夏人(越人)が、住んでいるとした。
この、墳墓が、夜須に、残っていて、この墳墓から、とりだされた、王冠を、児島宮歴研会の作成した、梓書院から、発行の、豊葦原の国ゆずりから、邪馬台国、夜須へ、と、題した、本をに、写真で取り上げていた。










 

御器所八幡宮と天神稲荷について、八幡宮の前身は、東方の太陽と、鳳凰に、神関係が、あった

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 9月26日(木)09時10分58秒
返信・引用 編集済
  越族禹后裔越族起源于中原少康之世。
春秋戦国時代に「百粤」と呼ばれていた東越王墓古百越"(古百粤) 今の浙江省

古代に“木氏”という有力者がこの一帯を支配
蛇鈕の金印「テン王之印(おうのいん) が有名前漢の武帝が紀元前109年にテン族の王に与えた蛇 鈕の金印「テン王之印(おうのいん)
日本人先祖の歴史   児島宮歴研会   投稿日:2007年 8月15日(水)21時00分35秒 書き込み

個異種である炎帝と黄帝の100の広東省民族始祖
越族禹后裔越族起源于中原少康之世。
春秋戦国時代に「百粤」と呼ばれていた南越王墓古百越"(古百粤)https://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs?page=7&

ここでは児島宮に、まつわる、名古屋の佐久間氏の神社にかかわる遠祖 甚九郎について、御器所八幡宮と天神稲荷について、八幡宮の前身は、東方の太陽と、鳳凰に、神関係が、あった。
八所明神 御器所八幡宮
仁明天皇にんみょうてんのう(在位天長10年(833年)より 嘉祥3年(850年))勅願社とされ、熱田神宮鬼門きもん方位の守護として鎮座されたとも伝えられています。
嘉吉かきつ元年(西暦1441年)の棟札むなふだによれば八所大明神はっしょだいみょうじんとして尊称され、現在の名古屋市昭和区の東部に位置した御器所荘ごきそのしょう一帯の総鎮守そうちんじゅとして鎮斎されていた社やしろです。

後代、織田信長公の家臣団に加わる佐久間家一門が、居城としていた御器所西城鎮護の社として、また、領内守護の社として尊崇された事は、嘉吉の棟札をもって知る事が出来ます。http://www.gokiso.info/yuisyo.php

鳳凰は雄 牝に分かれる龍は女性エネルギーがメインです鳳凰と 稲荷
お稲荷さんは宇宙根源神「龍神」宇賀神様9尾が現れました8尾は女性の姿です龍から鳳凰へと変化鳳凰は雄 牝に分かれる

京都柴野大徳寺の高東院の、児島家の中には、歌舞伎で、有名な、墓の支援者の出雲亀山在、のお国と一座の墓所が、語る、支援者と、なって、守ったという、後が、ある。いわば、援護者である。細川家も、援護者であるあった事が、みえる。
それ程大徳寺は、著名な僧が、天に、奉仕を、願っていた。
佐久間不干斎は、それほど、歌舞伎に、援護して居た事が、見える。細川家が、支援者となっていた事も、ここに、見えている。高東院は、細川家の、菩提寺では、なかった、それは、細川氏も、尾国のように、援護者に、一族の、僧、細川家の傍流、和泉上守護家→肥後細川家初代。 父・藤孝の弟玉甫紹琮が、援護している。


1546-1613 織豊-江戸時代前期の僧。高東院の援護者に、応募して、僧となっている。
天文(てんぶん)15年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都の人。京都大徳寺の古渓宗陳の法をつぎ,天正(てんしょう)14年同寺住持となる。16年豊臣秀吉の命で,師のあとをうけて総見院2世。慶長7年高桐(こうとう)院をひらいた。慶長18年6月18日死去。68歳。俗姓は三淵。諡号(しごう)は大悲広通禅師。別号に半泥子。





 

檀越 とは、天神、越王の「墓所」塔頭也

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 9月17日(火)20時05分23秒
返信・引用 編集済
  新 たな外護者も塔頭 と直結し て経済的支援 をなし、塔頭住僧の生活 の基礎 はそれによ つて確立保障 されるのである 。


檀越 とは、越王の「墓所」塔頭也。今宮神社は、連携していた。
大徳寺
僧 と檀越は、 塔頭に内設する 「墓所」を紐帯に固く師檀関係を結ん でいる
檀越の外護者が、周りに、塔頭 と直結し て経済的支援 をなし、塔頭住僧の生活 の基礎 はそれによ つて確立保障された。とある。
桃山時代に、あっては、外護者とは、出雲のお国と歌舞伎役者が、見える。

文亀元年 (一五○ 一)八月二十 一日付 の大徳 寺 役 者 塔 主等連署規式がある。「居成之事、 官銭百伍十貫文 可被、 納 但為方丈造営 ・限 三人者也、 伍衆 評如斯 」(同二四六六号)と なし、大 用庵球 ・真珠庵宗歓 ・徳禅寺宗真以下十名 の衆評 が「但為方 丈造営」を 「為寺家用」 の条件にあたるも のとし て三人 の居成を認 可し ているのである。
つまり、 大徳寺は方丈造営 の経費を獲得するために三人 の居成を出し、 四百五十貫文を拮出した のである。
ここに大徳寺に おける居 成が同寺 の
経済事情 と密接な関係を有し ていたも のと推 測され、大徳寺教団 の財 源獲得 のため の 一策 とし て使用され ていた事を看取し得 る のである。
かかる事態を招くに至 つた原因 はいく つか考 えられるが、 そ の 一つに、 大徳寺に おける塔頭 の成立を上げる事 ができる。
同寺 に於ける塔頭は、 康永年 間から元録年間 に至 る三百 五十年余間に漸次創建 をみ ているが、 竜宝山大徳寺誌 に依 ると、 その間に 「二十 四塔頭 ・四十 一寮 舎 ・十九子庵」 の塔頭及 びそれに付随す る寮舎 子庵が成 立している。
ことに永正年間 から慶 安年 間に至 る中世 未近世初頭 の百四十年間 にそ の七割弱が成 立して いる のである。
以上 の如く、大 徳寺 の住持制度、 こと居成 は同寺 の経済事情と密接な関係を有 し、 そ の背景 に塔頭 の存在 のあ つた事を見逃してはならな いのである。

林 下 における住持制度 と教団経営 に ついて特に大徳寺 の場合を中心として  竹 貫 元 勝 より

(大徳寺文書 一七九九号)金銭 で住持職を買得する居成 の住持制度 が採用されいる。
室町幕府 の財政 と密接 な関連を有し、 そ の官銭 の収益 が幕府 の財源とし て極めて重要な位置を占め ていた のである。 (今枝愛真著中世禅宗史の研究)、林下大徳寺にあ つても、金銭 で住持職を買 得する居成 の住持制度 が採用され ている。


足利義満の死後に朝廷から大徳寺の住持にならないかという話が出ております。この当時、大徳寺も十刹の一つとして十方住持の制度の適用された。

住持制度は、大徳寺 の場合を中心として檀越、を、塔頭としていた。金銭 で住持職を買得する居成 の住持制度 が採用されいる。
大徳寺は無条件 に是認 し て いる の で はない。
永 正三年 (一五〇六)七月(二十六 日付 の 「大徳寺一塔主等連署壁書 」第三項 に 「居成事、如前 々停 止之畢」(同二四六八号)とし ており、 また享禄元年 (一五二八)十 二 月五 日付 の 「大徳寺塔 主等連署規式」 で 「当山居成之前住者再住停止、並 不可掛其影於法堂 上者也 伍衆評如 斯」(同二四七五号)と規 定し居成及 び居成再住 の停止 の規制を 「衆評」 の合議により出している のである。

檀越 の墓所を内設し、 檀越家菩提寺 とし ての機能を果し得る事を目して創建されている。

檀越 は、そ の菩提寺H塔頭 に寺産を附与し て経済的支援 を加え、総見院 ・天瑞寺 の二百石、三玄院 の九十三石をはじめ、 正受院 ・高東院等 の六十石、 少ない部類 の竜源院 ・興臨 院等 でも二十右 余 の高を所有している。




 

頼政の子孫たち

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 9月14日(土)15時23分36秒
返信・引用 編集済
  頼政の子孫たち
源 宗綱 【みなもと-の-むねつな】〔?~1180年(治承四年)〕

源仲綱の嫡男、源頼政の嫡孫です。『尊卑分脉』によれば、官位は従五位下、官職は肥後守を歴任し、宇治平等院の戦いで祖父・父とともに自害したとあります。
 

東寺長者道乗が初代門跡となる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 9月14日(土)13時03分51秒
返信・引用 編集済
  東寺長者であった仁海の注進文の説が有名である。然し日本 .... (二十六)広清聖人、(二十七)慶日聖人、(二十八)僧浄尊、(二十九)道乗上人、中巻の(一)大法師浄蔵、. (二)比丘講 ... 相続し、東寺長者・金剛峰寺座主となった真言宗僧でもある。

頼仁親王の王子。上乗院門跡住職。東寺長者。蓮華光院門跡。1215年(建保3年)生。1251年(建長3年)5月30日、東寺長者。1258年(正嘉2年)2月2日、東寺長者退任。1273年(文永10年)12月11日死去。

1273年(文永10年)12月11日死去。
文永(ぶんえい)は、日本の元号の一つ。弘長の後、建治の前。1264年から1274年までの期間を指す。この時代の天皇は亀山天皇、後宇多天皇。鎌倉幕府将軍は宗尊親王、惟康親王、執権は北条長時、北条政村、北条時宗。

11年 モンゴル(蒙古)・高麗の連合軍が対馬、博多湾に上陸(文永の役)。

文永11年(1274年)10月20日、モンゴル帝国は高麗王国を連合して大船団で九州博多湾を襲い、日本軍を苦

1266年, 文永3年, 惟康親王. 1267年, 文永4年. 1268年, 文永5年. 1269年, 文永6年. 1270年, 文永7年. 1271年, 文永8年. 1272年, 文永9年. 1273年, 文永10年. 1274年, 文永11年, 後宇多天皇, ・文永の役(元寇1回目/蒙古襲来). しめるが、翌日には撤退する。
 

二条(二條)家(摂家)藤原関白二条家良実の子として、頼任親王の子、が東寺長者道乗が初代門跡となる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 9月14日(土)11時08分14秒
返信・引用 編集済
  東寺長者とは? 東寺長者(とうじちょうじゃ)は、東寺(教王護国寺)の管理者・長官である僧
侶の呼称。真言宗の最高位としての権威を兼ね備えた。
https://www.weblio.jp/content/%E6%9D%B1%E5%AF%BA%E9%95%B7%E8%80%85

https://reichsarchiv.jp/%E5%AE%B6%E7%B3%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88/%E4%BA%8C%E6%9D%A1%EF%BC%88%E4%BA%8C%E6%A2%9D%EF%BC%89%E5%AE%B6%EF%BC%88%E6%91%82%E5%AE%B6%EF%BC%89
門跡
もんぜき
https://kotobank.jp/word/%E9%96%80%E8%B7%A1-143194
後深草天皇の建長四年(一二五二)二月、長者道乗(どうじょう・1215-1274* 鎌倉時代の僧。 ... 宮大僧正 仁和寺上乗院門跡)の上奏(大臣・議院・官庁等が天皇に意見を申し述べること)によって、さきの延応二年の五口の供僧(ぐそう・寺院で本尊に奉仕する僧)に

東寺  門跡祖 長者道乗
真言宗,僧侶,大僧正,大覚寺,門跡,東寺,長者,務める
児島宮頼任親王の息が、東寺長者道乗で高野山も、大僧正を兼ねて、おられました。

今の上皇は、大覚寺も、兼ねては、おらず、児島宮座主が、大覚寺を、参内したおり、親戚でもない、のに、無断で、明治女真人の、位牌と大正、昭和の、俗称、てんのうの、位牌の、撤去を、京都市役所に、依頼して、このままでは、赤の他人の、位牌は、国民を、欺いていると、して、撤去を、文教課に、求めていたが、それだけは、ごめんなさいと、してので、ご自身で、お願いしまし、との、事。
これが、現実である。

女真人は、中国漢人ではなく、多種民、朝鮮人、韓国人、の名称で、天皇等とは、縁もゆかりも、ないのである。
国民が、何も、知らないで、てんのうと、している、のは、国さえも、脅かしている。

信長以降の、天皇家は、天神では、なかった為、真の、天皇=天神では、なかった、と、いう。
先祖の、役職、が、重複して、いないのが、テンノウとは、呼ばれない。
マスコミや、国会が、国とか、偽り、テレビ報道で、繰り返すのも、背後には、全て、女真人か、フリーメイソン、が、隠れている。










 

上乗院道乗 後鳥羽院皇子頼仁親王の子

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 9月14日(土)08時26分59秒
返信・引用 編集済
  大日本史料第五編

上乗院道乗 後鳥羽院皇子頼仁親王の子

○天台【山】

 青蓮院道覚入道親王 俗名朝仁 西山宮 後鳥羽院皇子 80代座主

           道覚と浄土宗西山派との関係を示す論文に

    ●中西随功氏「道覚法親王雑考」(『西山学報』35,1987)があります。

    道覚は承久の乱の後、西山に籠居し、そこで証空と関係をもったそうです。

 梶井尊覚法親王 中山宮 順徳院皇子 81代座主

 青蓮院最尋、のち道玄 十楽院 二条良実の子

    ●上川通夫氏「中世の即位儀礼と仏教」(『天皇代替り儀式の歴史的展開』所収)

    によると、道玄こそは後に、具体的にいうと伏見天皇即位時に弟の二条師忠と組ん

    で、「即位灌頂」をはじめた人物です。なるほどー。

 最守 松殿基房の子

 慈源 九条道家の子

 慈実 後妙香院 真木野とも 九条道家の子

○天台【寺】

 円満院仁助法親王 土御門院皇子 54代長吏

 覚仁法親王 桜井宮 後鳥羽院皇子

○真言

 御室道深法親王 金剛定院御室 後高倉院皇子

 上乗院良恵 九条兼実息

 上乗院道乗 後鳥羽院皇子頼仁親王の子

https://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/kazuto/5-00.html

東寺長者道乗大僧正の妻は、上沢女とあり、姓に、よる、ところから ...
https://kouhoka.exblog.jp/26723078/

「東_」に関連 治天の君である院 道乗(東寺。僧正。地乗院). https://kouhoka.exblog.jp/26638997/
61, 道乗, 1215-1273, 1251-1258, 頼仁親王の王子。上乗院門跡住職。東寺長者。

児島宮は、門跡祖、の東寺長者道乗の末裔にあたり、父は後鳥羽上皇の息、頼任親王が児島宮と称されたのに、ゆかります   http://siryositu.web.fc2.com/kj8-6.html

後深草天皇の建長四年(一二五二)二月、長者道乗(どうじょう・1215-1274* 鎌倉時代の僧。http://kousin242.sakura.ne.jp/wordpress016/%E7%BE%8E%E8%A1%93/%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8F%B2/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E8%A1%93/%E5%A5%88%E8%89%AF%E6%99%82%E4%BB%A3/%E6%9D%B1%E5%AF%BA%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2/



太平記/巻第二十四 - Wikisource
206 朝儀年中行事事

暦応改元の比より兵革且く静り、

https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E8%A8%98/%E5%B7%BB%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B



二条(二條)家(摂家) - Reichsarchiv ~世界帝王事典

 

本姓藤原氏を称して中条藤次家長を名乗った娘が、藤原関白家、東寺長者道乗室となる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 7月 1日(月)20時50分44秒
返信・引用 編集済
  藤原季範の祖父実範↓
藤原 実範(ふじわら の さねのり、生没年不詳)は、平安時代中期の廷臣・漢詩人。藤原南家貞嗣流、左兵衛佐・藤原能通の長男。官位は従四位上・文章博士。


父:藤原能通
母:藤原元尹の娘
妻:小野資通の娘 ?男子:藤原成季筑前秋月祖。三並祠に子孫の位牌有?男子:藤原季重
男子:藤原季兼(1044-1101)薩摩地頭、基兼也。
妻:高階業敏の娘 ?男子:藤原季綱(?-?)

子の成季、季綱らも父と同様に文章道によって名をなし、その子孫からも文章博士を輩出したため、実範は後世、南家の家学の祖として一門の尊崇を受けることとなった。また三男の季兼の子孫は熱田神宮の大宮司職を世襲する家柄となった。


横山資孝(資隆)  小野義孝の子。
           1004年、朝廷より小野牧の別当に任ぜられる。

横山経兼     資孝(資隆)の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。
           前9年の役に参戦し、安倍定任(さだとう)の首をとる軍功を上げる。

横山隆兼     経兼の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。

横山時重     隆兼の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。

横山時広     時重の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。
           淡路国守護。  丹波国守護。

横山時兼     時広の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。
           淡路国守護。
           頼朝に御護刀を献上した有力御家人七名に名を連ねる。(吾妻鏡)
           和田合戦で敗れ、横山一族は衰退した。

成田成任  小野資隆(横山資隆)の子
          埼玉県北埼玉郡成田を領した為成田と名乗る。
         地名平山在、子孫夜須朝日村在

成田成綱  小野成任の子。 成尋とは兄弟。 吾妻鏡に記述あり。
          1156年、保元の乱で義朝に従い軍功を上げる。
          義朝の子頼朝により尾張の守護に任ぜられる。
          1193年頼朝と北条政子との間に男児(のちの3代将軍実朝)が
          誕生した際には、小野成綱が御護刀を献上した。
          1194年頼朝の上洛に従う。

成田義成  小野成綱の子(兄)。 山城国守。 後に後鳥羽上皇に使える。
成田盛綱  小野成綱の子(弟)。 尾張守護。 後に後鳥羽上皇に使える。
      佐々木姓盛綱の事也。

成田成尋  小野成任の子。 成綱の弟。

中条家長  小野成尋の子。 尾張国守護大名となる。
          評定衆の一人となり「御成敗式目」の制定にかかわる。
          埼玉県北埼玉郡中条(ちゅうじょう)を領した為中条と名乗る。
          南北朝時代のはじめまで小野(中条)氏が長らく守護職を世襲した。
      中条家長の娘。児島宮頼任親王の子、藤原関白家の東寺長者道乗室となる。
      頼任僧正の母

大串重親  小野経兼の曾孫。 名門畠山重忠は重親の烏帽子親。
         重親は畠山重忠と共に「平家物語」「吾妻鏡」にも記述される
         有名な武将。
         頼朝の奥州藤原氏討伐の際には、藤原国衡の首をとる武功を上げる。

横山季兼  小野義孝の曾孫。 村上天皇の皇子・為平親王の子から数えて
        四代目の源有兼(1113年相模国守)の養子となる。
        横山季兼も相模守となる。 季兼は「吾妻鏡」「曾我物語」にも
        記述される有名な武将。



小野義孝(義隆)  孝泰(隆泰)の子。 武蔵介。
      939年武蔵介に任命される。
      勅旨牧・小野牧の別当となる(いつなったかは不明)。
      赴任が終わっても京へは帰らず。
      現在の八王子に住み、在名(ざいみょう)を横山と名乗る。
      八幡八雲神社の境内 八王子市元横山町二丁目十五番地二十七号には横山神社      がある。
      この横山神社は大江広元が義孝の御霊を鎮めるために建立したものです。

      また義孝(義隆)が孝泰(隆泰)の子であることは東京都教育委員会の
      調査によっても確認されいる。



横山義孝の孫成任は北埼玉郡成田を領有して成田大夫を称し、嫡男の成田太郎成綱は保元元年(1156)の保元の乱に際しては源義朝に従って ... 家長は父成尋が僧であったことから八田知家の猶子となり、本姓藤原氏を称して中条藤次家長を名乗った。
https://blog.goo.ne.jp/kunorikunori/e/5a3414526192addc8d1ad144d6411657

中条家長  小野成尋の子。 尾張国守護大名となる。
          評定衆の一人となり「御成敗式目」の制定にかかわる。
          埼玉県北埼玉郡中条(ちゅうじょう)を領した為中条と名乗る。
          南北朝時代のはじめまで小野(中条)氏が長らく守護職を世襲した。
      中条家長の娘。児島宮頼任親王の子、藤原関白家の東寺長者道乗室となる。




 

越州窯の壷に文字が、新発見

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 6月19日(水)13時03分54秒
返信・引用 編集済
  夜須の上林、官営遺跡は、未調査であるが、日本最古の越州窯の天目茶碗が、見られ、お茶が、栄西上人よりも、早かった、事が、判ったと、児島宮歴研会が、大宰府線のバ゜イハス工事に、際して、県の文化財が、調査していたが、竜泉窯天目だけで、磁器との、関係まで、不可解になっていた。
最近の、中国の屏山平山の、治城が、発見され、これと、児島宮との関連が、繋がっていた、事で、今回の、天目、茶椀の、筑前町の上林、官営遺跡が、文徳天皇記に、書いてあった事で、奏言郡が、夜須だと、児島御癒歴研会で、解明、し、調査が、今も続けられていた。

 提供
福岡県報103集『砥上上林遺跡?』1993巻頭図版  九州歴史資料館提供




 

越州窯の壷に文字が

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2019年 6月19日(水)12時29分51秒
返信・引用
  十二月と、書いてある。  

レンタル掲示板
/8