teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


今でも、天皇てんのうと、国民の前で、しているのは、日本の国益迄、脅かしている? 天皇が国益を、脅かしているとは?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年10月19日(金)19時48分48秒
返信・引用 編集済
  天皇というのは、何か、さえ、しかし、天皇は、昔から続いていると、こく民は、思い込んでいる。ここが、危ない、信じ込まされていた、丁度催眠燮法のように、見せかけられていた。
そうとは知らずに、何もなかったように、しているのは、神はお見通しであろう。

知らない国民は年代が変わるごとに、損失している事も、気が付かない。
国益を、脅かしというのは、
守ら無い、から、悪事が行われている事すら、国民は解らない、これが、損失である。

天皇とは、何を、人間に、与えているのか? 考古学は生かされているのか? 答えは、まったく、間違っているのに、ここにも損失が、出ているのに、何も気が付いては、いない。それは人間の知能が低下している事を表われて、いる事になる。

万葉集の中に、天皇は神にあらせば、という下りがあり、神とすれば、人間に与えている事とは、平穏に生きる事である。歌はこうして、読みとれるようになっていた。

これは読みとれる?神の、みこころの事であろうか。
これに、つまり天皇が与えたとは?
天皇は神にあらせば、
現実を見たがらない人たちがまだ多いのです。
ここには嘘でかたまった国民と、古代からの越神とは、大きく異なっています。
越神では無いのに、天皇いや神は、まったく別モノでしかないのです。
神ではないのに、天皇とは、いえるわけは、無いでしょう。

どうして越神と、結びつくのだろうか? 象徴でも、ないでしょう。

https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=ELLJW4G6LJnqwQPc9LGwDA&q=%E3%83%93%E3%83%B3%E8%B6%8A&oq=%E3%83%93%E3%83%B3%E8%B6%8A&gs_l=psy-ab.13..0i30k1.3196.3196.0.4929.3.2.0.0.0.0.137.137.0j1.2.0....0...1c..64.psy-ab..1.2.281.6..35i39k1.145.46zC259uQAY

春秋 越 国

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%98%A5%E7%A7%8B+%E8%B6%8A+%E5%9B%BD&sa=X&ved=0ahUKEwim47qNppLeAhWDBIgKHQqOA1UQ1QIIeCgC&biw=1473&bih=963&dpr=1
ここにケルト、がヨーロッパに、神を、与えていたという。神とはこのような、与えを、行っていた事が、読みとれます。

越国 中国
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%B6%8A%E5%9B%BD+%E4%B8%AD%E5%9B%BD&sa=X&ved=0ahUKEwis_JD7s5LeAhURH3AKHXOYAfQQ1QIIeygB&biw=1473&bih=963
ここが神の始まりと、なっています。ともに天皇の始まりです。

考古学協会の日本は朝鮮半島から神が移って,来たなど、ありもしない話なのです。




 
 

数多くの立証は、これまでの考古学を、書き換えなければ、ならなくなっている

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 9月11日(火)13時43分45秒
返信・引用 編集済
  数多くの立証は、これまでの考古学を、書き換えなければ、ならなくなっている。

「日本の古代史五世紀以前は虚構にまみれていた」
これはありもしない事、須恵器? 弥生、古権時代は、明治以降革命派により、取り上げられた、すべて偽の、ストーリでしか、無かった事が、辻褄が合わない、事にあった。

日本人先祖の歴史 があまりにも、事実と食い違っている唐突、天皇であれ、全てが、事実が捻じ曲げられ、国民はそれに、乗せられたに過ぎない。
天皇?が韓国に、行った折、先祖は、共有する、としたのが、誰の頃かも解らないのに?失言し、平気でいられる、はずは、なかろうとて。 天皇まで偽っている。
となれば、今の天皇は、天皇では、無い。

今でも、天皇てんのうと、国民の前で、しているのは、日本の国益迄、脅かしている? 天皇が国益を、脅かしているとは? 天皇が果たして、国の依存すら、台無しに、しているとは?
先ず、食い違うのが明治以降の天皇が、食い違う?
明らかに、日本を台無しにしている?
古く痛んで、形を無さ無い事の意味。
台座がなければ、仏像の威厳がなくなる、ので台無しとは面目を失うことや形を成さない事の意味。

天皇は威厳が無いという事は、事実、本物の天皇では無い。

今の憲法は威厳が無いで、国民に憲法とは罪悪也

今の時代にはすべて威厳が無い? 家庭もバラバラで核家族であるのはやはり、威厳が無い。
つまり今の時代は威厳がまったくない。
 

夏王朝六代の、天神七代の、越祖の無予、以降の越王名

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 8月 4日(土)11時49分48秒
返信・引用 編集済
  1.夏后氏 帝禹 姒禹(紀元前2070年 - 紀元前2061年) 益

2.帝啓
3.帝太康
4.帝中康
5.帝相
6.帝少康
7.帝予
8.帝槐
9.帝芒
10.帝洩
11.帝不降
12.帝扃
13.帝廑
14.帝孔甲
15.帝皐
16.帝発
17.帝桀



越侯無壬(在位紀元前621年 - 紀元前591年)
越侯無?(在位紀元前591年 - 紀元前565年)
越侯夫譚(在位紀元前565年 - 紀元前538年)
越侯允常(在位紀元前538年 - 紀元前496年)
越王勾践(在位紀元前496年 - 紀元前494年) 呉の支配による空位:紀元前494年 - 紀元前491年

越王勾践(在位紀元前491年 - 紀元前464年)(復位)
越王鹿郢(鼫與)(在位紀元前463年 - 紀元前458年)
越王不寿(在位紀元前457年 - 紀元前448年)
越王翁(州勾、朱勾)(在位紀元前447年 - 紀元前411年)
越王翳(在位紀元前410年 - 紀元前375年)
越王錯枝(在位紀元前374年 - 紀元前373年)
越王無余之(在位紀元前372年 - 紀元前361年)
越王無顓(在位紀元前360年 - 紀元前343年)
越王無彊(在位紀元前342年 - 紀元前306年)

紀元前334年に勾践7世の孫無彊が楚との戦いに敗れて殺害され、ここに越は滅亡した。

越王無彊の七代後の騶無諸と騶搖は、秦の始皇帝時代、王号を取り上げられ、閩中郡の君長とされていたのですが、越人を率いて諸侯と共に秦を滅ぼしました。しかし、秦に代って実権を握った楚の項羽は、無諸や搖を王としなかったため、楚には恨み

びん越王すう郢
すう無諸(劉邦を助けた初代びん越王)の孫のよう君・すう丑



神武天皇の生誕地は、筑紫の国、夜須の、平山宮(筑紫宮)で四男に生まれられた。
日本のウガヤ越王が平山とてんのう系図に記録。
神武は平山天皇の初代となった。
五世紀の平山敏達てんのうと記す。
舒明も平山と記録がある。
てんのうとは、このように、天皇の語源は福建省平山県の屏山の越王無渚の治城から続いている。
香港の客家はてんのうの(平山県)、国の出身としている。
アジア民(台湾、タイ、ベトナム、中華、)も、てんのうの(平山県)、国の出身としている。

この雲巻き瓦が、てんのうの標、見せれば、解る、本物のてんのおー

武夷城村の武夷越王丑がウガヤと号した。武夷城村遺跡の博物館にも、雲巻き瓦が展示してある。

天皇が平山なのは、てんのうとは、このように、天皇の語源は福建省平山県の屏山の越王無渚の治城から続いている。
天皇は日本で始まって、いたのではありませんでした。
それは、神武イワレ彦の宮殿の形が、夜須から東征して、神武天皇と名乗られたのです。
この神武イワレ彦の宮殿が奈良の田原町にあり、ここから、土器に描かれた線刻画の宮殿に、屋根に、天皇標雲巻き模様が見えていたと、児島宮考古学研究室が発表していました。それは我輩の先祖でもあるからでした。昨年にも天皇標雲巻き模様が、夜須下高場田屋の民家から、発見されています。
又現在小隈窯の発掘から、小隈窯の上付近の墳丘墓から、小隈窯の華夏人の装飾品、首飾りが、ペルシャ石(イラン石)を彫刻した、勾玉、やガラス首飾りの、原形である事が、判っています。

白馬尊王,又稱白馬三郎,為中國福建的?土神祇,尤以福州人最為崇信。白馬尊王,為三位神祇之名,即「異神同名」
前135年),閩越國?史上的一位國王,無諸之子,騶氏。無諸死後,郢與其餘子孫爭鬥並奪下王位。
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A2_(%E9%96%A9%E8%B6%8A%E5%9C%8B%E7%8E%8B)
八尾王として列聖されました。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=https://zh.wikipedia.org/wiki/%25E9%2583%25A2_(%25E9%2596%25A9%25E8%25B6%258A%25E5%259C%258B%25E7%258E%258B)&prev=search
閩越の国都は武夷山脈のなかにあった) 北への ... 王の三男であった彼のことを、いつともなく閩越の民は「白馬三郎」と呼びならわした。 ... 白馬三郎」は神格化され、百越の末裔たちの守護神となる。
全名騶無諸,第七世閩越王
為越王勾踐的後代[a],於戰國末期至西漢初期在位,使一度亡國的閩越再度中興?壯,並成為漢朝立國之初第一位百越族的異姓諸侯王。由於無諸是福建?史上第一位有文獻記載的君主統治者,並且是帶領閩越族登上?史舞台的卓越人物,因此被後世的福建族群頌揚並尊奉為開閩始祖[2]。
先後以臣屬於秦、漢二朝來換取閩越國的延續與發展。有鑒於中原文化與科技的興盛,無諸積極引進華夏文化,並與閩越族原本在地的百越文化做融合,發展出獨特且輝煌一時的閩越文化。在科技方面也引入中原先進的冶鐵技術,使閩越國在農業生?、百姓生活與軍事武裝上都有進一?的發展。
無諸生於戰國?期的武夷山一帶,是閩越王室成員,後來繼位統治閩越國。公元前221年,秦始皇消滅六國統一中原。次年,展開入侵百越的軍事行動,閩越國亦在此次征服行動中遭到消滅。然而,閩越距離中原太過遙遠以致難以實質統治,因此秦始皇僅將無諸廢為君長,並降閩越國為閩中郡,由無諸繼續統治。
公元前209年,陳勝、?廣於大澤??竿起義後,原六國的貴族再度武裝反抗秦朝,無諸與另一位君長騶搖率領閩越人跟從鄱陽令?芮北上幫助中原諸侯消滅秦朝。秦朝滅亡後,楚王項羽並沒有冊封無諸和搖為王,因此無諸與搖皆未臣屬於項羽。後來,無諸、搖率領閩越人輔佐漢王劉邦打敗項羽。公元前202年,登上皇位的劉邦重新冊立無諸為閩越王,統治閩越故土,都城設在東冶,並開始在武夷山城村建造當時越地最雄偉的閩越王城。
公元前192年,無諸逝世,閩越國陷入?亂,無諸諸子為了王位進行長期的爭奪。關於無諸墓葬,有一?是在福州城隍山西面的小山丘,俗呼王墓山。另一?,無諸墓在南台(今台江區)嘉崇里(即大廟山)閩越祖廟後。

?閩越王 騶郢
?東越王 騶餘善


?越繇王 騶(すう)丑
?白馬王 騶三郎
http://kyusai.jugem.jp/?eid=112

越王勾践は「覇王」と呼ばれたことがある。
治城の越王無渚、の子、が、福建省武夷山の城村の越王丑王の別名が、日本開祖のウガヤ、となっています。この城から出土 ... 児島宮の神はウガヤ尊であり、天皇系図に、平山御陵とあります、又児島高徳の江戸時代の絵馬も、相関関係を、表しています。
越王勾践から七世の子孫 不悍ふかんは、国学の老師より両国の建国の歴史を聞かされている。
前四九六年に二十五歳で即位した越王勾践は、在位三十二年におよんだ。ただし呉が滅亡する前四七三年までの二十四年間は、対呉国敗戦の屈辱をそそぎ、復仇をとげるための雌伏忍耐した。
江淮こうわい間(長江・淮水間)で意表をつく仁政を施したのち、越は会盟の盟主となり、諸侯に号令した。覇者となった。

死の直前、勾践は太子 與夷よいを枕頭に呼び、後事を託した。
病情は篤い。もはやこれまでと、覚悟のうえである。
「申し聞かすことがある。わしがいまわのことばとして、心に留めおくがよい。わが越国は、開祖大禹より二十余代、中原の東南端にあって、国土の開拓と国威の伸張に力をつくしてまいった。わしは先君 允常いんじょうのあとを受け、天佑神助のご加護により、楚国の後塵を拝しながらも、ついには強大な仇敵呉国を討ち亡ぼした。その後も、大江(長江)下流域の辺鄙な古越の地から江淮をわたり、斉・晋などの国々に伍し、中原に覇を称えることができた。
與夷はそんな父王勾践の重い負託を、しっかりと受けとめた。「不肖未熟ながら、しかと心に刻みおきます」

そののち越の覇業は、勾践六世の孫 無彊むきょうの代まで百三十余年間維持された。朱勾しゅこう・翳えい・無彊の三代が比較的長期に安定した王位を保ち、越の国力を内外に増勢し、健在振りを誇示したからである。
朱勾は在位三十八年で亡くなり、子の翳が越王を継いだ。
琅琊遷都から九十年目、翳は都を姑蘇へ還した。隣国楚との外交関係が悪化したためである。楚は南方の大国となり、北と西に向かって拡張をめざす越の南部を露骨に侵犯し、牽制した。
越の王室内に内乱が発生した。骨肉の殺戮が頻出し、国力は一気に失墜した。

越王無彊の七代後の騶無諸と騶搖は、秦の始皇帝時代、王号を取り上げられ、閩中郡の君長とされていたのですが、越人を率いて諸侯と共に秦を滅ぼしました。しかし、秦に代って実権を握った楚の項羽は、無諸や搖を王としなかったため、楚には恨みを抱いて距離を置いていたようです。そのため、漢の劉邦が兵を起こし項羽と戦うに至るや、無諸と搖は一、二もなく漢にくみしました。
「閩越王、無諸と越東海王、搖は、皆、越王勾踐の後で、姓は騶氏である。……漢が項籍(項羽)を攻撃すると、無諸と搖は越人を率いて漢を助けた。漢の五年(B.C202)、無諸を復活して立たせ、閩越王と為した。
もし、聞き届けてくれなければ、力の限り戦い、勝てなかったら海へ入って逃れるまでのことだ。」彼らは戦いに敗れたなら、海に逃れればいいという思考回路を持っていた




 

夏王朝六代の、天神七代の、越祖の無予、が神ことば、として、伝わって、いた、言語とは、文字だった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 7月 5日(木)06時52分19秒
返信・引用 編集済
  日本人とは、言葉には言語から、成り立っていて、
その言語とは、誰も知らなかった、ことばの語り、口頭なる、通じ合う、標(しるし)が、紀元前六百年前の、標(しるし)が、文字の原型となっていた、これはヨーロッパの、メソポタミアに、発する、スメルという、ウル王により、始ったと、していて、それを、引き継いだのが、紀元前、六百年前の、越王勾践が覇者になの、馬で引いて、いた鉄の戦車で知られる、ケルト人、によって、英文にも改訳されたのが、イギリスに、代表される、ケルト文字の原型が、中国の春秋時代、戦国七雄といわれる、夏王朝六代の、天神七代の、越祖の無予、が神ことば、として、伝わって、いた。
ここで、その神とは、神ことば、として、伝わって、いた。

児島宮歴史研究室 が、突き止めた、原型が、夏王朝六代の、天神七代の、越祖の無予、が神ことば、であった、代々越祖の無予、が神ことば、であったが、ことばの原型が、越王勾践によって、欧羅巴に、ケルト人と、呼ばれた、跡がアイルランドのイギリス、が帝国となった、原型でもある。
帝国とは、果たして、どういう意味なのか?に尽きる。
一番古い時期は、これしか、有りません、禹帝の事でした。

神とは? 朝鮮半島では、無かったのが、明らかになり、神の国とは、日本の原型でも、あった、神の国は日の国とも、されていた。 あまてらすは、世界広くても、日本しか、伝わら、なかった。

解書しなければ、日本の真実が、出てこないのは? 日本人は、五世紀後半に、始まったと、する、須恵器の大嘘、では、日本文字さえ、一致していない。
ここに、出てきた、ように、文字の一致は、魏志倭人伝でも、読み取れる、のが、文字の一致、しかありません。

写真一は、ヨーロッパのケルトオガム文字

写真二は伊勢神宮の古代祝詞文字

写真三は、春秋越ケルトオガム文字
 

佐久間甚九郎画像の作者が岩佐又兵衛筆の水野勝成像と、筆致が似ている事から、この二人の関係を、調査

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 6月 4日(月)20時47分43秒
返信・引用 編集済
  佐久間甚九郎画像の作者が岩佐又兵衛筆の水野水野勝成像と、筆致が似ている事から、この二人の関係を、調査、岩佐又兵衛と佐久間甚九郎の関係も又、黒田長政や織田貞置と、水野勝成の関係が、ある事で、岩佐又兵衛筆による、佐久間甚九郎画像と水野水野勝成像の一致、から、岩佐又兵衛筆による画と、見られる。

岩佐又兵衛印は障子に勝以とある。

佐久間甚九郎夫婦の画の特徴が伺え、共に、賀の中に、年代が描きこまれている事や、手を顔に当てる様子や、家紋を、入れているしぐさ、に特徴が見てとれる。

徳川家康のイトコ(家康の母・於大の方が忠重の姉)宗家は徳川家康の母・伝通院の実家にあたり、江戸時代には徳川氏の外戚家として遇された。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは織田信雄の与力である忠重に従い徳川軍の石川数正と共に岡田善同の籠もる星崎城を攻略する。勝成はここでも自ら先頭を切って城に突入するが、善同は夜陰に紛れて逃げ延びたため、城を占拠した。

天正13年(1585年)3月27日、織田信雄の肝煎りで秀吉の陣営に入った勝成は、紀州雑賀攻めに参加した。
勝成の伯母にして、家康の母・於大の方が亡くなる。


天正15年(1587年)には肥後領主・佐々成政に1,000石で召し抱えられる。
成政の要請に応じた立花宗茂が反乱側に包囲されていた平山城を後詰めした際には、立花家の十時連貞、安田国継と共に働き城を救っている。

豊臣秀吉に拝謁するため海路大坂に向かう孝高の嫡男・黒田長政に随伴したが備後国鞆の浦で下船し出奔した。長政に操船の手伝いを命じられ憤慨したためとも、過去に秀吉の怒りを買っており大阪行きを嫌ったためともいわれる。


貞置以降 ... 正室は佐久間正勝の娘。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E8%B2%9E%E7%BD%AE

慶安4年3月15日、水野勝成が没しました。 ... 水野勝成は永禄7年(1564)、水野忠重の長男に生まれました。
武蔵は福山城に客人としてきた時に(現在のニューキャッスルの位置に家老「中山将監」屋敷の庭園に宮本武蔵腰掛石が存在しています。

武蔵の ... 衆 宮本武蔵』に出ている系図(31頁)によると,武蔵は赤松持貞の血筋につながる。嘉. 吉の変の後,赤松家は没落し, .... 夏の陣では,徳川方の水野勝成の配下として出陣した。


大矢野島に本拠をもつ天草四郎時貞(あまくさしろうときさだ)とその一味で、合戦など作戦の指揮者は四郎 .... 攻めに転じ,九州全域の藩主自身と備後福山の水野勝成が参戦し,総勢十数万,中国,四国の諸藩にも出動準備が命ぜられた。

元和5年(1619年)、福島正則の改易に伴い勝成は秀忠から郡山に替わって備中西南部と備後南部の福山10万石を与えられる。備後国は勝成が放浪時代を過ごした場所であったため地の利に詳しく、受領に当たっては幕府に尾道と笠岡との交換を要求し認めさせたといわれる。

菱川師宣と交流があり、勝成が注文した家康の母・於大の方美人画がある。

 

宗家前田種利の娘は、佐久間信盛に嫁いで、娘は狩野孝信の妻となった、次女は 佐々清蔵の妻となる

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 5月 7日(月)18時44分27秒
返信・引用 編集済
  探幽の母の里は、父佐々成政としているが、それは違う。
佐久間系図には、信盛の娘として、 佐々清蔵に嫁ぐとあり、疑いは、ないはず、それに探幽幼少の折り、徳川家康に父孝信が、面会させたとある、普通絵師が徳川家康に面会できる事は、ないだろう。
この探幽三歳とあり、これには、誰かの推薦なくしては、面会できないでありましょう。

児島宮歴研会は、推薦した時期から、徳川家康の御伽集であった、信盛の子で母とは兄妹になる、佐久間不干斎によるものとしている。

探幽の母は佐々成政としたのは錯誤であり、それは佐々清蔵に嫁いだが本能寺で戦死とあり、弟の佐々成政に、前田玄以が預けた事は、事実である。
確かに義理の佐々成政は義父と誤錯覚したのだろう。
信盛の妻は前田種利とは縁がある。

また、右大臣三条西実条の妻が玄以の長女であった縁から、実条の曽孫が公家出身ながら江戸幕府に旗本として取り立てられ前田玄長と名乗り、以降高家旗本として「前田」姓を名乗っている。

利仁流の系統で、叙用(利仁の七男、斎藤氏の祖)の子・吉信の三男・為時(伊博)を祖とする。為時の末裔の季基の代に、美濃国守護代斉藤氏庶家として、同国前田村に居住し前田氏を名乗ったとされる。

その子孫には前田玄以がいる。玄以は豊臣秀吉に仕え五奉行の一人となり、丹波において大名となったが、子茂勝の代に江戸幕府により改易された。

前田玄以と前田種利の関係は、
歴代菅原氏の人物の中で特に有名なのは是善の子道真である。彼は阿衡事件で藤原基経を諌めたことをきっかけに宇多天皇の抜擢を受け、次の醍醐天皇の治世に従二位・右大臣に至るが、901年(延喜元年)、藤原時平の讒言(ざんげん)により大宰員外帥に左遷され、903年(延喜3年)、大宰府にて薨去(こうきょ)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E5%8E%9F%E6%B0%8F
前田 玄以(まえだ げんい)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての僧侶・武将・大名。豊臣政権の五奉行の1人。
天文8年(1539年)、美濃国に生まれる。『寛政重修諸家譜』によると前田氏は、加賀藩主前田氏と同じく菅原氏の一族として収録されているが、藤原利仁の末裔にして斎藤氏支流の季基が美濃国安八郡前田に住んで前田氏を称したという。
後に織田信長に招聘されて臣下に加わり、後に信長の命令でその嫡男・織田信忠付の家臣となる[4][註 2]。天正10年(1582年)の本能寺の変に際しては、信忠と共に二条御所にあったが、信忠の命で逃れ、嫡男の三法師を美濃岐阜城から尾張清洲城に移した[5]。

天正11年(1583年)から信長の次男・信雄に仕え、信雄から京都所司代に任じられたが[6]、天正12年(1584年)に羽柴秀吉の勢力が京都に伸張すると、秀吉の家臣として仕えるようになる。文禄4年(1595年)に秀吉より5万石を与えられて丹波亀山城主となった。

豊臣政権においては京都所司代として朝廷との交渉役を務め、天正16年(1588年)の後陽成天皇の聚楽第行幸では奉行として活躍している。また寺社の管理や洛中洛外の民政も任され、キリシタンを弾圧したが、後年にはキリスト教に理解を示し融和政策も採っている。慶長3年(1598年)、秀吉の命令で豊臣政権下の五奉行の1人に任じられた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E7%94%B0%E7%8E%84%E4%BB%A5

当時の公家の日記に、等伯が、秀吉側近の前田玄以を動かして内裏の仕事に割り込もうとした-とある。一門を率いて御所の仕事を仕切っていた永徳は驚き、宮中に働きかけ事なきを得る。

尾張の一族であり、代々の当主は与十郎を称した。上記の美濃の前田家との関係については系図上は同族とされるが確証はない。戦国期には織田氏に仕えていたが、安土桃山時代以降に加賀藩に仕えた。当主の名前の「利」の位置の推移・消長などから、元々は加賀藩の前田家の本家格または主筋であったのではないかと推測されることもあるが明確ではない。種利の子の前田長種は前田利家の長女を娶り、前田利常の後見人となっている。

尾張荒子前田家[編集]

代々の当主は蔵人を称したことから前田蔵人家ともいわれる。上記の前田与十郎家から前田利隆が尾張荒子に分家しておこしたとされることもあるが、前田利昌以前の系譜ははっきりしない。利昌の跡は嫡男の前田利久が継承したが、主君の織田信長の命令で利久は隠居し、信長の寵臣で弟の前田利家が家督を継いだ。利久の養子である前田利益は利家に仕えたがのち出奔し上杉氏に仕えた。利益の嫡男正虎を含む家族は前田家に残留し、以降も加賀藩主家に仕えた。

先祖の道真からの系図が前田家にきちんと備わって ... 居住の前田一族の女婿となって前田を号したとされ、さらに利家の祖父蔵人利隆(利成ともいい、海東郡前田城主与十郎種利の弟)の時に分家して荒子に移ったという。なお、美濃の前田氏は藤原利仁将軍の末流、斎藤一族の出といい、秀吉五奉行の一、三位法眼徳善院前田玄以はこの流れである。

宗家前田種利の娘は、佐久間信盛に嫁いで、
の娘は、佐久間信盛にとついで、佐久間正勝と狩野孝信妻

「寛永諸家系図伝」には名がない。これについて .... 前田種利 (?~?) 前田一族。尾張下之一色城主。与十郎。前田長種の父。前田玄以も前田利家と同族である。

前田玄以 まえだげんい 前田基光の子 生没年:天文8年(1539年) - 慶長7年5月20日(1602年7月9日) 没歳:63歳。

前田季基 斎藤玄基の子
前田利世 前田季基の子
前田利男 斎藤基康の子 前田利世の養子
前田利倫 前田利男の子
前田仲利 前田利倫の子
前田種利 前田仲利の子
前田種定 前田種利の子

前田玄以 まえだげんい 前田基光の子 生没年:天文8年(1539年) - 慶長7年5月20日(1602年7月9日) 没歳:63歳

前田秀以 まえだひでもち 前田玄以の長男 母:村井春長の娘 生没年:天正4年(1576年) - 慶長6年閏11月6日(1601年12月30日) 没歳:26歳

前田正勝 まえだまさかつ 前田玄以の次男 母:村井貞勝の娘 生没年:天正9年(1581年) - 慶長18年11月21日(1613年12月22日) 没歳:33歳

前田茂勝 まえだしげかつ 前田玄以の三男 生没年:1582年(天正10年) - 1621年(元和7年)

前田宗家 種利の娘は、佐久間信盛にとついで、佐久間正勝と狩野孝信妻、を生んでいる。

斎藤とは斎宮頭の藤原氏より採った組織名の斎藤
済(わたり)の神は海洋民の守護神であり、神武東征以前の渡来人の奉祭神である。
(藤原利仁後裔)【斎藤】頼基──基康──基重──基成──基高──基永──玄基─忠親─忠章─忠光─仲光─仲利─【前田】種利─女

「太平記」岩松経家を史箪を栓て無理購文壇講の務咽を始め、無種離を形容して、花山院・師賢・四保隆資・調院賞世・日野俊基・僧跡
雅・玄基等・土岐多治見足助の諸武士と〔烏帽子を脱て替を放ち、法師は衣をきず白衣になり〕と云までにては
事足らぬ故に、〔年十七八なる女の、時かたち優い、庸ことに滑らかなるを、二十能人偏の単計をきせて酌を取
せけれは、雪の膚すき遊りて、太液の芙蓉新に水を出たるに異ならず〕とはさながら偽固巴里の淫簡に、レース
を衣て庖に聯なる娼児の如く、裸恒婦人を辿ねたる狼醜い一一樹し巻を掩はしむ、

斎藤玄基とは
『太平記』巻第九には設楽五郎左衛門尉と斎藤玄基翁の馬上組討が記されている。

前田系 前田季基斎藤玄基子彦五郎左兵衛彦九郎?左衛門?入道
道永仕新田義貞評定衆康応頃?利世季基子孫四郎左衛門利見利世
子孫四郎左衛門利恒**1404利見子孫四郎利茂利恒子孫左衛門基茂利茂子左衛門基光基茂子左近

古流相撲(古代相撲)

太平記巻第九には設楽五郎左衛門尉と斎藤玄基翁の馬上組み討ちが記されている。 その後、足軽等の出現等によりこの一騎討ちが廃れても日本の合戦においては組み討ちは重要な戦法であったのである。

利男利世嗣希基孫斎藤玄基曾孫基永玄孫基高耳孫基成昆孫基重仍孫基康雲孫竹田頼基流疋田為頼流斎藤為延流前田基康子尚基孫玄基曾孫弥五郎 利倫利男子弥太郎与十郎利治忠治 仲利====1541利倫子原田佐治子?又二郎原田佐 ...

斎藤玄基 ? さいとうげんき(逆引き). その朝。??二条大宮から 下 ( しも ) 七条へまで充満していた六波羅の 陶山備中 ( すやまびっちゅう ) 、 斎藤玄基 ( さいとうげんき ) 、 河野対馬守 ( こうのつしまのかみ ) などの諸将は、. 私本太平記
 

不干斎ハビアン像

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月 5日(木)19時00分52秒
返信・引用 編集済
  不干斎ハビアン像

父は佐久間信盛
母は前田宗家 前田種利長女
妻は佐久間勝重女

佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した[1]。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている[2]。

織田氏の重臣・佐久間信盛の長男として生まれ、若くして父と共に各地を転戦、伊勢国大河内城攻略戦、対六角氏戦や野田城・福島城の戦いなどで父と共に戦功をあげ、天正4年(1576年)には石山本願寺との戦争(石山合戦)で天王寺城の守備を任されている。

細川家に再仕官した旧臣の久野次郎左衛門あての不干斎書状2通が現存している[3]。



凡例
佐久間信栄

時代
戦国時代 - 江戸時代前期

生誕
弘治2年(1556年)

死没
寛永8年11月23日(1632年1月14日)

改名
信栄→不干斎(号)

別名
正勝、通称:甚九郎

戒名
宗岩

墓所
京都府京都市北区紫野大徳寺の高東院

官位
駿河守(受領名)

主君
織田信長→信忠→信雄→豊臣秀吉→徳川秀忠



父母
父:佐久間信盛

兄弟
信栄、兵衛介、信実、安見右近大夫室、
福島正頼側室、佐々氏室


孫九郎、甚九郎、織田貞置正室、
佐久間信勝室、安見元勝室、ほか4女
養子:信実、信勝、信重

佐久間信栄 - 百科事典

凡例佐久間信栄時代戦国時代 - 江戸時代前期生誕弘治2年(1556年)死没寛永8年11月23日(1632年1月14日)改名信栄→不干斎(号)別名正勝、通称:甚九郎戒名宗岩墓所京都府京都市北...

前田長定 - 百科事典

前田 長定(まえだ ながさだ、生年未詳 - 天正12年7月3日(1584年8月8日))は、戦国時代の武将。前田氏。前田城主、下之一色城主。父は前田種利。通称、与十郎、種定。兄弟に前田長俊、佐久間信盛室...

(佐久間甚九郎某妻)

女:瀧澤氏 柴田勝重側室
 -1671 勝平1623-1693
 勝昌娘(佐久間甚九郎某妻)
 娘(奥山治右衛門重次妻)
 娘(飯高七兵衛貞勝妻)


柴田勝重生没年:1579-1632父:越前勝山城主 柴田勝政三左衛門、権六郎1600 関ヶ原の戦い


従兄弟 柴田勝興
生没年:1612-1682
父:柴田勝重
山三郎、三左衛門
書院番
先手鉄砲之頭
妻:(父:神尾元勝)
1643-1701
勝門
娘(筑紫茂門妻)
娘(神尾元知妻)


 

ハビアンとルイスフロイスが天草のコレジョにて

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月 2日(月)16時26分44秒
返信・引用 編集済
  ハビアンとルイスフロイスが天草のコレジョにて海外の反応~430年前の日本の子供に衝撃!外国人が見た日本のの子供の凄さとは!?外国人の子供とのあまりの差にびっくり仰天!
天草版平家物語は日本だけで読まれることはなく、宣教師や貿易商人の移動とともに国外へと渡っていき、どこでどういう経緯を経たか、現在世界にただ1冊、大英図書館に保管されています。 【ハビアンのこと】 不干ハビアン、不干斎ハビアンなどと呼ばれるこの人物は、1565年ごろの生まれ。
ロンドンは大英図書館に、全編ローマ字で書かれた「平家物語」があります。https://ichirinso.exblog.jp/17939143/
ローマ数字で「1592」と記されています。「ゼズスのコンパニヤ」とはイエズス会のこと。イエズス会が学校(コレジオ)を置いていた天草で、1592年に出版された書物です。

不干斎ハビアンは福岡県朝倉郡夜須篠隈の、児島宮の先祖で、この地に、長男が、535へ、京都からやってきたとあり、ます。
今も、宮地とあり、黒田長政、栗山大善が、同道していた事から大善松の地名となって、今になごりを伝えています。この宮は相撲の江戸御免制度、で、明治迄、関係者が熊本の吉田司家に、座首で、開催された書類が伝えられている。

又、熊本藩の細川家へ、不干斎ハビアンの家臣久野を、紹介する等の書類が残っています。京都柴野大徳寺、高東院は、佐久間家代々の墓処で、、不干斎の墓もある。
室町時代の祖、近衛中将助安、佐久間孫五郎の墓もあると、系譜帳に記されている。
吹挙者は文書の花押より熱田社大宮司千秋(せんしゅう)持季

ヨーロッパの言語と日本語は大きく異なるため、来日した外国人宣教師たちは日本語の習得に精を出さねばなりませんでした。
印刷機は、天正遣欧使節の帰国に伴って再来日したヴァリニャーノが日本に持ち込んだもの。天草で印刷されたこの「平家」は「天草版平家物語」とも「キリシタン版平家物語」とも呼ばれます。
天草版平家物語を著したハビアンはその後、「妙貞問答」という教理書を執筆します。これは神道や仏教、儒教をキリスト教と比較して、前者のおかしな点を突き、キリスト教の正しさを語るというもの。妙秀と幽貞という2人の女性の対話形式で書かれ、女性キリシタンの間でよく読まれました。

宣教師達の日本語習得や信徒の指導に貢献したハビアンですが、「妙貞問答」の執筆から3年後の1608年、イエズス会を脱会して棄教してしまいます。このとき、一人の修道女が一緒だったと伝わっている。
ここで補足、修道女は藤原関白家の吉田兼倶の孫、清原イトといい、祖は佐久間家と同じ、後鳥羽上皇裔で、神宮家別家の、土御門天皇、同系にあたる。
不干斎の母は菅原道真裔宗家の前田種利の長女で、秀吉の妻の北の政所の付き人だった。清原イトも、細川ガラシャの付き人だった。

明智光秀の母は、東広瀬城の裔、で児島高徳の裔で、天海上人、三宅家であった。三宅輪宝は児島高徳紋であった。天海上人の子が島原で、殺され、将軍家光の勘気にふれた天草四朗が、秋月藩と供同で、誅罰された。

ハビアンと接触し、「妙貞問答」執筆に大きく関わったと目されるのが清原いとという女性です。その洗礼名から清原マリアとも呼ばれるこの人物は、儒学・国学に通じた清原宣賢(きよはら のぶかた、1475~1550)を輩出した学者一族の娘です。宣賢の父は吉田神道を大成した吉田兼倶(よしだ かねとも、1435~1511)であり、「妙貞問答」には吉田神道に関して詳しい記述があることから、吉田神道の資料をハビアンに提供できる、16世紀末に生きていたキリシタンの人物――となると、いと一人に絞られるというわけです。
彼女はむしろ「細川ガラシャの侍女」として有名でしょう。宣賢の娘が細川幽斎の生母で、その息子・忠興に嫁いで来たのが明智光秀の娘・玉。姻戚関係にあった縁で、いとがその侍女となり、玉のキリスト教入信につながっていきます。

孝高の息子・長政はハビアンよりも3歳年下でこれまた同世代であり、しかもハビアンは孝高の葬儀で追悼説教を行うという大役を務めています(1604年)。それくらい、イエズス会の中で高く評価されていたのでしょう。まさか一面識もない人物の追悼説教をするということはないでしょうから、生前の孝高とハビアンは何らかの形で交流があったのではないかと想像されます。

ゼスス のコンパニヤ(*イエズス会)のコレジヨ天草においてスペリオーレスの御免許としてこれを 板 はん に刻むものなり。

 

ケルトと日本には類似した民話が存在する 

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 3月24日(土)09時42分8秒
返信・引用
  ケルトとは
ケルト人、ケルト紋様、ケルト音楽… ケルトとは一体何でしょうか。 ケルト人とは、青銅器時代の末期にボヘミア周辺に誕生し、古代のヨーロッパを席巻した、インド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言葉を話す共通の文化や宗教を持った集団です。 ケルトの語源は、古代ギリシア時代にアルプス以北の異言語の部族をまとめてケルトイと呼んだことに由来すると考えられています。

「ケルト神話」は、古代ヨーロッパに広く居住していたケルト人の神話です。
「ケルトミュージック」や「ケルト人」などなど。そもそもこのケルトとは何なのでしょうか。

紀元前ヨーロッパに広く分布し、紀元前5~1世紀に活躍し、何度もローマを脅かしたが、カエサルのガリア遠征?によりローマ化、ゲルマン民族の移動により衰退した。

英米の習俗や伝承は、ケルトから受け継いだものが多い。

ケルト文化圏としては、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、マン島、コンウォール?、ブルターニュ、ガリシアが知られている。

大昔にまな板として敷かれていた本が今や世界に4冊しかない本としてユネスコ記憶遺産に登録されている
トールキンの中つ国の創造に刺激を与え、エアレンデルの名はここから来ている。 オーデンやエズラ・パウンドにも影響を与えた。
「英語の歴史」に迫ることができる文化的に希少な資料であるという点が挙げられます。
今では古英語がどのような言葉だったのかを知る手がかりはほとんどありません。エクセター本は、古英語とその時代を理解するための文化的・言語学的に希少な資料というわけです。https://gigazine.net/news/20180302-rare-book-used-cutting-board/

この本を含めて写本が世界に4冊しかない。
スウェーデンの山奥深くに住む人々は100年前までルーン文字と独自の言語「Elfdalian」を使っていた。
スウェーデンで発見された古い資料からは、この古代の文字が20世紀初頭まで使われていたことが明らかになりました。
スマートフォンなどでも広く使われているBluetoothを示すあのマークは、実はデンマークルーン文字をもとにデザインされたものとなっています。
デンマークおよびスカンジナビア半島地域では、9世紀から10世紀にキリスト教がもたらされると同時にアルファベットが広まるようになるまで、ルーン文字が主な文字として使用されてきました。
デンマークおよびスカンジナビア半島地域では、9世紀から10世紀にキリスト教がもたらされると同時にアルファベットが広まるようになるまで、ルーン文字が主な文字として使用されてきました。
人々はルーン文字を書き文字として使い続けていました。しかし、子どもたちが学校に通うように変わってきた頃から、次第にアルファベットが使われるようになり、ルーン文字は使われないようになってきました」とその背景を説明しています。

フランス語のもとになった言語にルーツがあるらしい。その言語地域がケルトだと仮定し、ケルトの行方を調べていたら、ゲルマン民族に追われて、現在のイギリスのアイリッシュの地区に移動していることが分かった。アイリッシュが多い地区としては、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォル、コーンウォルがある。

ケルトと日本には類似した民話が存在する
ケルトと日本には信仰の面でも多くの共通点を見出すことができる。
キリスト教の教義である父と子と精霊の三位一体説を、ドルイド教にもともとあった教義と重ね合わせて説いた。
アニミズムとは、宗教の超自然的な思想の一つで、宇宙に存在するあらゆるものには神(精霊、魂)が宿っているという考えである<!--[if !supportFootnotes]-->[3]<!--[endif]-->。
代表的な表現スタイルと言えば、俳句、あるいは短歌である。
、和歌(俳句、短歌)とは、十七音、三十一音という限られた音節の中に、自然観、感情、感動などが詰め込まれた、情緒溢れる歌である。神からなる③数字
古代の日本でも、太陽神である女神、天(あま)照(てらす)大神(おおみかみ)を最高神、国を「日(ひ)の本(もと)」と称する、古代ケルトのドルイド教でも、太陽は特別な意味を持っていた。古代ケルト人は、全ての生命の源である太陽を、創造と豊饒の神として崇めていた。

ケルト文化は紀元前四世紀頃には地中海と北海沿岸の地域を除くヨーロッパ全域にその覇権を広げていたそうです。ローマ帝国の拡大と共に縮小をしていきましたが二頭立ての馬を並べた戦車で疾走し、槍を投げて戦うケルト戦士の勇猛さはギリシャ、ローマからも ...https://www.muji.net/lab/blog/sound/017036.html
ケルト宗教ドルイド教は、日本の八百万の神々に通じる原始宗教です。また、輪廻転生やすべてのものに霊が宿るといったような、日本の宗教観ととても似ている部分が多くあります。
今も息づくケルトの文化 ヨーロッパ大陸にも、ケルトにまつわる遺跡が残っている。
民族的習慣を大事にしている。





 

信長の周りに、児島高徳旗が、見える。それは、佐久間信盛隊の御旗

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 2月26日(月)17時43分1秒
返信・引用 編集済
  長篠合戦図屏風

長篠の戦いで鉄砲三段撃ちは長篠の戦いでの3弾撃ち. 1575年 市川家に、伝わる、
日章旗が何故織田が使ったのか、信長が知る、策とは、蘭奢待が物語る、関係にある。
信長の周りに、児島高徳旗が、見える。それは、佐久間信盛隊の御旗。

鉄砲三段撃ちは誰が、ケルトは語る。三に隠れる、、、紋とは?
蘭奢待が物語る、関係にある、正倉院を開扉出なかった信長は、佐久間信盛を奉行に、蘭奢待を削った。

みさんが、知っている、坂本龍馬は、誰の子孫か?それは児島高徳末裔しか、使われない、東広瀬城に、かかわる、三宅氏、明智家も関係している。天海上人そのもの。
ケルト人はオガムと伝わる、ヨーロッパ文明にも関係していた。
市川家については、 児島宮出版本に載せている。長篠の戦いで鉄砲三段撃ちは、片島家と市川家に、伝える。系図は久留米の寺、に、預けられたといい伝え。
口伝によると長篠の戦い 火縄銃指揮した市川が、、、、、

片島家というのは、赤穂浪士を細川家で、記録して、夜須に移ったという。

1575 本願寺顕如,信長と第二次和睦,信長長篠の戦で鉄砲使用
本願寺顕如と児島高徳裔と口頭伝、
 

四三嶋に妙見なる字が竹林に覆われているが、この妙見なる字は?二千百年代~前五十年浙江省の越人が夜須にケルト人渡来人と伴に

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 2月20日(火)16時30分58秒
返信・引用 編集済
  四三嶋に妙見なる字が竹林に覆われているが、この妙見なる字は?道教に由来する古代中国の思想では、北極星(北辰とも言う)は天帝(天皇大帝)と見なされた。 これに仏教思想が流入して「菩薩」の名が付けられ、妙見菩薩と称するようになった。「 妙見」とは「優れた視力」の意で、善悪や真理をよく見通す者ということである。

宇宙の全てを支配する最高神・天帝(太一神ともいう)として崇め、その傍らで天帝の乗り物ともされる北斗七星は、天帝からの委託を受けて人々の行状を監視し、その生死禍福を支配するとされた。
天御中主神
 アメノミナカヌシとは、妙見
北斗・北辰妙見信仰は、北極星が天体の中で不動の位置に見え、方位を示す「みちしるべ」として世界中で神格化され、その古代妙見信仰が二千百年代~前五十年浙江省の越人が夜須にケルト人渡来人と伴に竹枝へ渡来したとき、始った。

鎌倉時代の神道書である『神号麗気記』には太一神と天御中主は同一神であると書かれており、同じように、神体は二つの巨石)大木があり。
道教では北極星が最高神であり太一神のことです。つまり、太一神=天御中主=北辰星=妙見となり北辰妙見尊星と呼称される善神となっています。
篠隈では亀石と呼称される、白馬大神と呼称される。

神仏中の北辰星分類としては「天部」であり、「菩薩」ではない。

天女は比三人を生んで後羽衣を請受けて上天す。後日に星の交った右に三通の文を添へて天より下された。

後々に浙江省に因み洛陽十二支妙見とは御所紫宸殿を中心に十二支の方角に、位置づけられた名のこと。
十二支は十二ヶ月 一年

十二因縁 (じゅうにいんねん)、あるいは、十二縁起
人間の肉体生成を十二種の法則に分類し、心の変化にも十二に分かれた因縁の法則があるという教えです。







 

伊予・鹿嶋城伊予市中村字台山 高徳五代近衛中将助安

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 2月13日(火)10時48分1秒
返信・引用 編集済
  伊予・鹿嶋城伊予市中村字台山 高徳五代、佐久間孫五郎助安

頭の中将 (とうのちゅうじょう)宮廷事務一切を総嘗する蔵人所(くろうどどころ)の頭、つまり中心となる人。
さらに皇居の守護や行幸の供奉を司る近衛府(このえふ)の中将を兼任している者をいう。

(天皇家大覚寺統)
頼宴子高徳 大覚寺高丸 越中宮 大覚大僧正 嵯峨宮
高光子正綱
正綱子 正光
正光子満盛
満盛子孫五郎助安 近衛中将助安

児島高徳ー三宅高光─児島正綱ー正光ー宮修理亮藤原満盛ー藤原、佐久間孫五郎助安(近衛中将助安)ー甚九郎朝次ー佐久間信晴ー 信盛......

佐久間孫五郎は文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』

「孫五郎助安と熱田の大宮司・千秋持季の関係」
佐久間孫五郎助安は京都の公家、藤原二条家東寺長者道乗の後で、児島高徳の本草、高光のあとの人也。
西広瀬、東広瀬に、児島高徳の後が、見える、佐久間信晴、信盛、信栄、が見える。

八幡宮の近くにある佐久間一族の菩提寺、龍興寺に残る文書は文安三年(1446)画像は近衛中将助安の瓦

千秋氏と児島宮家のつながりは、江戸に至るまで続いていた 。

『龍興寺文書』「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門とある。 佐久間 信盛(さくま のぶもり)は、戦国時代  龍興寺(曹洞宗)

特徴的な八角堂が立ち,入口には「御器所城主佐久間氏菩提寺」の碑が立てられ,佐久間氏ゆかりの寺として現在も御器所の地に息づいています。http://www43.tok2.com/home/bochibochiwalk/nagoyaeast/showa/showa2.html

曹洞宗(そうとうしゅう)は、中国の禅宗五家(曹洞、臨済、潙仰、雲門、法眼)の1つで、日本仏教においては禅宗(曹洞宗・日本達磨宗・臨済宗・黄檗宗・普化宗)の1つ。鎌倉仏教のひとつである。

昭慶門院の用語解説 - 1270-1324 鎌倉時代,亀山天皇の皇女。文永7年生まれ。母は藤原雅平の娘雅子。永仁(えいにん)元年内親王となり,4年院号をあたえられる。

亀山天皇の御威訓にも記されており、高丸の養育はこの亀山天皇によったとされている。 大覚大僧正が高徳で有ると知れるのは、 寺の瓦に見られる十六葉菊紋で、これは高徳の紋であると同時に、天孫を意味する、十六葉菊紋はメソポタミアより始まっている。

「大覚大僧正」と尊称されています、妙実聖人(1297~1364)について
この紋章で判る。十六葉菊紋と恒性皇子=児島高徳にしか該当しない。
現在では、「近衛家縁故のご出身である」とする説が通説となっています。
http://www.geocities.jp/myoukou_ji/enkaku/enkaku_kaiki.htm
嵯峨の大覚寺(真言宗大覚寺派の大本山)に入られ、准三后昭慶門院憙志(じゅんさんこうしょうけいもんいんきし)の方を母代わりとして、この寺奥深くに育てられたと伝えられます。
ここにも表わされていた准三后昭慶門院との、関係と云えば、亀山天皇の御威訓にも記されており、高丸の養育はこの亀山天皇によったとされている。

大覚大僧正が高徳で有ると知れるのは、
寺の瓦に見られる十六葉菊紋で、これは高徳の紋であると同時に、天孫を意味する、十六葉菊紋はメソポタミアより始まっている。
意味もなくこの十六葉菊紋を使用するのは例え天皇家であっても許されないのである。
これは後鳥羽院ゆかりの、十六葉菊紋であり他家では、取り扱えない紋章となっている。

この恒性皇子の足跡は?
それは「太平記」の作者と読取れよう。
「児島法師」「太平記」の作者
新田義貞が恒良親王を奉じて北陸へ退くようになると、高徳は義貞に従って北陸へ赴く。http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/395

亀山天皇の皇女・昭慶門院喜子の猶子とし、正中元年(1324)に喜子が死去すると和泉若松以下18ヶ所の領地を相続させています。ここに北畠親房の動きが、見られ、 昭慶門院一期の後は、その所領は昭訓門院所生の恒性親王(1303~1351.49歳)に譲与するように明確に ...

亀山天皇から甲斐(かい),越前(えちぜん)などのおおくの荘園を譲与された。元亨(げんこう)4年3月12日死去。55歳。名は憙子(きし)。法名は清浄源。 https://kotobank.jp/word/%E6%98%AD%E6%85%B6%E9%96%80%E9%99%A2-1082159

八条院領【はちじょういんりょう】


鳥羽天皇と美福門(びふくもん)院との皇女八条院【しょう】子(しょうし)が,主として父母から伝領した荘園群。庁分と安楽寿(あんらくじゅ)院・歓喜光(かんぎこう)院・蓮華心(れんげしん)院などの御願寺(ごがんじ)領を含む200ヵ所以上にのぼり,後鳥羽天皇皇女の春華門(しゅんかもん)院,順徳天皇,後鳥羽天皇,後高倉(ごたかくら)院,安嘉門(あんかもん)院を経て大覚寺統の亀山天皇,後醍醐天皇に伝領された。
https://kotobank.jp/word/%E5%85%AB%E6%9D%A1%E9%99%A2%E9%A0%98-860969
死後、遺領の多くは後鳥羽(ごとば)天皇の皇女春華門院(しゅんかもんいん)(昇子(しょうし)内親王)が伝領した。春華門院の死後、八条院領は、順徳(じゅんとく)天皇から後鳥羽天皇へと伝えられ、承久(じょうきゅう)の乱(1221)に際して一時鎌倉幕府に没収されたが、のち後高倉(ごたかくら)上皇(守貞(もりさだ)親王)に付された。以後、院領は、安嘉門院(あんかもんいん)(邦子内親王)から亀山(かめやま)上皇へ、さらに後宇多(ごうだ)上皇・恒明(つねあきら)親王へと伝領され、大覚寺統の重要な経済基盤となった。後宇多上皇領は、のち昭慶門院(しょうけいもんいん)(憙子(きし)内親王)から尊治(たかはる)親王(後醍醐(ごだいご)天皇)に伝えられた。

高丸(幼名児島高徳)を養育昭慶門院が、したのは、「太平記」が、書かれた?越王勾践等々で判る。
ネットにより改竄されているのが、高丸(幼名児島高徳)を詳しく、養育昭慶門院が書かれていない事にある。近年まで、改竄されていたのは明治まで、児島高徳が伝説とされている事に見える。
 

姒八尾天皇がゆうの王を授けた

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月31日(水)17時32分3秒
返信・引用 編集済
  王の君主は姓です。 姒八尾天皇がゆうの王を授けた。 古代の古代揚子江盆地もまたヤンユエ(Yang Yue)と言った。  https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-CN&u=https://baike.baidu.com/item/%25E8%25B6%258A%25E5%259B%25BD&prev=search
紀元前2500年頃、Liangzhuの文化は減少し、続いてGuangfu LinとMaqiaoの文化が続いた。

考古学的所見によると、春秋初秋の越江首都は、北部と洪水被害を結ぶ低地の太平平野と 、 寧夏平野南部の安城九龍山越越古城に位置していた 。

姒八尾天皇は日本を開国すると、ひらやま(平山)となのった、がゆうの王の事ふある。

" 呉越 "は、Yue家族の早期王に記載されている。
呉と越の覇権が始まった。

古代越人によって確立された国が増えれば、古代の様々な歴史的な源泉の起源は異なる意見を持っている。

洪山の墓 は 春と秋の 間、 実際に 武夷貴族の 墓である 。

春と秋と戦国時代の同じ墓地にあるベトナムの貴族たちの埋葬が完全に明らかになり、5つのレベルのベトナム貴族を代表する小、中、大、大墓に分かれ、2000年に7つの墓が発見された葬儀用品の一部。 丘の中の一つChengdun長さ57メートルの "形"の余分な貴族の墓は、墓、メインルーム、リアルーム3つの部分に分かれて、2番目の墓よりも多くのベトナムの紹興Yinshan越墓に次ぐ第三部、メイン木製の板張りの南北部屋で隔てられた部屋。

  洪山の墓 は 春と秋の 間、 実際に 武夷貴族の 墓である 。


春と秋と戦国時代の同じ墓地にあるベトナムの貴族たちの埋葬が完全に明らかになり、5つのレベルのベトナム貴族を代表する小、中、大、大墓に分かれ、2000年に7つの墓が発見された葬儀用品の一部。 丘の中の一つChengdun長さ57メートルの "形"の余分な貴族の墓は、墓、メインルーム、リアルーム3つの部分に分かれて、2番目の墓よりも多くのベトナムの紹興Yinshan越墓に次ぐ第三部、メイン木製の板張りの南北部屋で隔てられた部屋。

墓には1100種類以上の遺物が埋葬されており、その大部分は青磁の儀式用具、楽器、翡翠のセットに絶妙に収められており、これまで江蘇省と浙江省で発見された最高レベルのベトナムの葬式品が展示されていました。  500以上の青磁と硬化した楽器は、巨大地下の楽器ライブラリと呼ばれることができます中央平野忠清、Ch、Chunyu、丁寧、デュオ、鐘型のデバイスだけでなく、過去には決して確認されていない缶、楽器数とカテゴリは、墓の墓に匹敵することができます;玉、翡翠、剣の装飾だけでなく、Peiyu、と春と秋の時期、アクセサリーの最高レベル、特に "5フアンペイ"のペア、特に特別な意味ガラス釉皿蛇繊細な球体装置は、希少物質のガラスと中国と外国の文化交流の起源の研究です


 

越国 (中国先秦?期?侯国)安吉古城”是浙江越人

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月30日(火)15時50分56秒
返信・引用 編集済
  山越国?族墓群出土春秋 安吉古城”是浙江越人
中国先秦?期?侯国

越国 (中国先秦?期?侯国)

国を越える (紀元前2032年の1  ?紀元前222年の2は)、南東揚州の地は、中国夏商業で、西周および春秋戦国時期が華夏族から中国南東方面建設の諸候の国にある。始祖は夏のために主君に康的庶子の無が不足して余る、大きい禹の直系後裔。国と杞国、?の国を越えて、国などのみなを褒めることは大きい禹後裔子孫のために封じることを分けます。

国を越えてヨーロッパに位置することを封じて山を余す南(陽)麺は、君主は姒のためにいいます。ひづめ(勲を主宰します)は基を開いて欧陽氏とします。国の主を越えてもって紹興禹王陵センターとしなければいけないです。春秋末期、許して常に時と呉国は背反して、ともに相互に伐を攻める。前の496年、許すことは常に死後で、勾は即位を踏んで、前の473年、勾は呉国を滅ぼを踏んで、出兵は北むきに淮河を過ごして、徐州と斎にあって、晋諸候は出合って、王室に貢ぎ物を献じます。勢力範囲は1度の北は斉魯に達して、東は東海に瀕して、西は今安徽の淮、?の鄱に達して、雄の踞南東。

前の306年、王の無の彊北上の伐はそろうほど、ノブタが説得が上手な人のところということを聞いて遅れて、大軍音調を引率して楚を攻めて、意外にも埋没することに当たって、兵は敗れて死亡します;国はそのため分裂瓦解して、各部族子弟たちは権力と地位を競争して、長江南部の沿海に居住する。東越は、福建はみなを越えてその後代の人建国者とします。[3]

秦の始皇帝の25年(前の222年)は、秦軍降の越君は、稽郡がでを置きます。[4]  漢武帝の時、東の深い碗と福建は余り部を越えて完全に漢朝を繰り入れて、転出する江淮。

江淮から転出の十万人は、船で、

国を越える前身は古代”越部に落ちます”で、それゆえまた“越に”、“越に”と呼びます。《歴史屋に基づきます?王の勾を越えて旧家を踏んで》枚は“正義”は賀の循《稽記ができる》を引いて操を守って:“康が不足して、そのマイノリティーキャリアの号は越に言って、称して国で越えて始めるこれ。”あと、《春秋は経るに基づきます?5年公を決定して》“呉に入ることを越えることに”条、杜預は説を注釈して:“、発声する”は、すなわち“”文字が発声する文字を使うと言います。[5]  《歴史屋に基づきます?ほど旧家は》国は夏朝のために越えた後裔に康庶子が不足して、6の君主は姒のためにいって、《呉越春秋》は同様に“少なくとも康は、恐の禹の跡宗廟祭祀のものは尽きて、越にそこでその庶子を封じて、号は無が余ると言ってと考えて

早く7000年前にある川保母は文化時期を渉って、100は以前の民を越えてすぐ光り輝いた母系の氏族コミューンの農耕文化を創造しました。後刻の4、5の千年前に、長江デルタは今日の余杭自治区モー角山遺跡と反山遺跡をもって中心として、光り輝いた良の州文化を形成しました。良の州文化最大の特徴は玉の礼を中心として重視する等級制度で、それが階級反目歴然とした苗の国段階に入ったと表明して、山の大きい墓中に反逆してすぐ王権を代表する真っ白で美しい錠を見つけたように。紀元前2500年くらい、良の州文化は衰微して、あとは広い裕福な林文化と馬橋文化です。茅山以西の安らかな鎮地区はすると深い東異民族文化影響を受けた湖のために熟する文化は、太湖流域と違う。

呉国と比べて、国を越える早期歴史はいっそうあいまいです。越えます

人を越えて越人を彫塑して国を彫塑する君主は姒の姓とします。姒は大きい禹王的氏に尭帝の賜とします。上古、古代は長江中川下の流域は越をあげると言う。”。[3]  それは先にする禹の苗子孫は、夏后帝は康之庶子が不足する。稽ができることに封じて、禹を守る年を奉じることによって。入れ墨は断髪して、草の莱を羽織る都市のここ”。紀元前21世紀を約束して、大きい禹治水成功後を言い伝えて、舜は首領の禅に禹に与えさせさせます。大きい禹巡行天下は、大越に帰着して、稽山ができて四方諸候に謁見することに登って、有効を封じて、爵は独があって、没後はすぐこちらにあることを埋めます。大きい禹は死後で、その子夏は”禅は作らせる“、夏朝を建設して、帝に康時が不足を伝えて、禹王陵を延長するための保護と祭祀作業は、すでにその庶子の無を封じて稽ができることに余って、号は言う“禹は越えます”を破壊することを開けます。《商業の本?伊尹は献上することに向けて》記載して:“彼は手厚く命令を受けて、そこで四方のために言うことに:“臣に正の東を頼んで、符の婁、かたき州、彼は考えて、泡は深くて、10は野蛮で、泡を越えて、カットは入れ墨をして、連はもってサメ皮の鞞、烏鰂の醤、鮫の?の利剣として献上してください。”現在ヨーロッパ陽一族はほど国の淵源は、つまり欧陽氏はであり国は、王族唯一無二の直系後裔を越える。《歴史屋》は記載する“入れ墨は断髪して、草の莱を羽織る都市のここ。後の20余りの一生、常に許すことについては。“《正義の車地誌》は記載して:“ほど侯伝の国の30余りの葉は、手厚く週に王を敬うことを経過する時は、あり侯夫の譚は、子は許すと言って常に、拓の土は大きく始める、王と称して、春秋の貶は子として、号越に。”[3]  入った商業週、太湖地区と江西、湖南の100は青銅を越えて文明であり同様で、同様に文明の時期に入り始の後。考古の発見に基づいて、春秋早期のものは首都の城を越えて位置して連接北に大きい洪水破壊した低い珪の太湖平原と南の南京に続かれる平原のアンジー九龍山越の国古城。


越絶の本》、《呉越春秋》中に全て早期の王家系を越えることを書き連ねて、”康の恐の禹の供えたこれが不足することは決して祭って、越にそこでその庶子を封じて、号は無が余ると言います……無は伝世の10あまりを余して、末の君マイクロ劣りは、自立することができなくて、庶民から家を編集することとする民を変えて、禹は祭って切れます。10あまりの歳、人生は言葉をかけてあり……衆の民悦喜は、みなは禹を奉じて供えることを助けて、四時は貢を送って、合計で立つことを封じるので、越君の後を受けることによって、夏王ものを回復して供えて、定期市鳥田の瑞を付けて、庶民が伺いを立てると考えます。後から君臣の義が少しあって、号は無の壬を言います。壬生の無は訳して、専ら必ず国を守ることを訳して、天に昇った命を失いません。無は兵あるいは、した夫の譚を訳します。夫の譚生は常に許す”8。




呉越は最高位を争います

国を越えて全体の春秋戦国にずっと比較的強大で、春秋時期に以前斎の国の安全に威嚇しました。斎桓公和は四季の2番目月を管理して以前国を越えるかと恐れて斎の国を襲撃することを攻撃します。斎桓公は言って:“天下の国は、モーは越に強いです。今寡人は思う北武装蜂起する孤の竹は、枝から、恐は極みを越えて、乎がこのためにある?”。[9]



春秋は5は地図春秋の5を占領する地図を占領して行き届く簡王元年(前の585年)は、呉王は長生きして夢は晋国の支持下にあり始めてにわかに起きて、楚の国と互いに抗争する。呉国の決起は楚の国に巨大な威しをもたらした、”無の歳には呉師がいません”。背後から呉国を牽制して、楚の国は同様に国を越えることを支え始めて、呉越制覇はこれより先開始する。呉王の闔の街即位後は、国を越えて太湖平原を奪ったことに勝って、鎮江から都城を姑スーシティーへ遷す、”子の胥はそこで相に水を味わわせて、象の天の法のように、大城を築くことを作ります”。[10] 呉国は呉王の闔の街の統治下に絶えず強大で、中原覇者になり始めます。週が王の14年(前の506年)呉王の闔の街を敬って伍子胥にあって、孫武などの人の協力は柏の挙がった戦争中に生みつけて楚の軍に勝って、楚首都の城に攻め込みます。王允を越えて常に呉国に乗じて方面を開けて虚しく呉国を襲撃して、”闡の呉王ものを越えて鄭にあって、国は空いていて、伐の呉です”11の呉軍になって強いられる退却の重要な原因。越王の勾は元年(前の496年)を踏んで、許すことは常に死後で、勾は即位を踏んで、呉王の闔の街は兵の伐の越を興して、死の士を使うことを踏んで陣前に自殺する戦術に王の勾を越えて、敗れる呉于檇(zu ̄)李は、闔の街は傷を撃たれて、没後夫は違う即位。[3]
王の勾を越えて3年(前の494年)を踏んで、呉王夫は違って勾を打ち破って夫の椒に踏んで、ともに彼を稽山上ができることに取り囲んで、勾は文を派遣して呉国を買収して?を主宰することを踏んで、呉国に講和を申し出ます。[3] 王の勾を越えて稽之の眠たい中ができて呉王に帰国後を赦されていることを踏んで、文種と範蠡富国強兵を任用します。範蠡は縦横の技を持って呉国と晋国を扇動して、斎の国中原は制覇して、無の暇は国を押し切って越えます。勾はすると臥薪嘗胆することを踏んで、みずから耕作して、大局を考えて折り合って、賢者・学者を礼遇して、貧乏人を救済して、悼の慰死者は、庶民と苦楽を共にして、結局国力に大いに増えさせる。[3]

王の勾は15年(前の482年)を踏むほど、王の勾は呉王夫差北上制覇会盟した際に乗じることを踏んで、呉国を征伐して、呉国太子の友を捕獲します。呉王夫差の中原と晋定の公は覇者を争奪して失敗して、強いられることは帰国する。呉軍によって疲れて、国力は空虚で、呉国は国を越えて和睦と使った重い礼を携えることを遣わします。王の勾は19年(前の478年)を踏むほど、国は再度呉国を攻撃して、かぶり笠沢に呉軍に大敗します。呉国はこれより先一度挫折して二度と振るいません。[3] 王の勾は24年(前の473年)を踏むほど、王の勾は臥薪嘗胆と”10年は聚を起こして、10年は懲らしめます”を通すことを踏んで、最終は呉国を滅ぼしてしまって、春秋時期の最後の1人の覇者になります。ほど王の勾は制覇していることを踏む中原期間は、積極的に開拓発展と中原各国間の行き来は、ともに全て曲がる琅の琊、あとあと国の発展が重要な基礎を定めたこと。

勾は呉国後を平定したことを踏んで、すぐ軍隊を派遣して北むきに淮河を過ごして、徐州と斎にあって、晋諸候は出合って、王室に貢ぎ物を献じます。週王派の人下賜した祭祀の肉は勾に踏んで、彼を“伯”と称します。勾は徐州を離れることを踏んで、淮河南下を過ごして、淮河流域に楚の国を贈って、呉国は宋国の土地を侵出して宋国に与えることを返します。東周辺の100メートルの土地によって泗水に山東国を与えました。当時、ほど軍が長江、淮河にあり東によって順行して無の阻は、諸候たちは全て祝賀して来て、王は覇王の名で有名だ。しかしこの際に、春秋はよく終って、政を占領して終曲に向かって、勾はすでに春秋最後の1人の覇者であることを踏んだ。[3]  勾は制覇中原期間を踏んで、積極的に中原各国間との関係を発展させて、ともに遷都する琅の琊は、後刻戦国時期のもののために国を越えて基礎を定めたことを発展させて、”時と思って、兵を越えて江、淮の東に横行して、諸候は賀を終えて、覇王の名で有名です”3。

王の勾を越えて呉を滅ぼすことを踏んでそれに春秋時期の最後の1にならせます

ほど王の勾は踏んで王の勾は覇者を踏んで、琅の琊へ遷都を通して、国を越えてより良く中原文化を吸収して、ともに良の州文化に中原に文明で自分影響の歴史チャンスを加えることに1000の長年後に再度出会って終える。制覇中原時期に、勾は天子と中原諸候と付き合うことを踏んで、より良く自分の覇者地位を守って、”勾はすでに呉を平らにすることを踏んで、そこで兵の北によって淮を渉って、斎と、晋諸候は徐州にできて、週に貢を送る。週元王は賜の勾に胙を踏ませて、命は伯”3、”のために消火した呉を越えて、しるし上の国に上がって、宋、鄭、山東、衛、陳、蔡執は真っ白で美しい君のみなの入り朝”12。王の勾は26年(前の471年)を踏むほど、国は邾隠公立の邾子の何を撤廃して、”邾子かつ無の通りは、人の執ったこれを越えて帰することによって、公子の何を立てる。何亦無の通り”13。衛国に対して、山東国内は乱れて、国を越えることはさらに自分の大国影響力を充分に現した。越王の勾は29年(前の468年)を踏んで、山東は公を悲しんで3の桓所のために追い詰めて、強いられることはともに逃亡して国を越えることに生き残った命を過ごして、”公は桓之侈を空を患って、諸候によって行きたいと思います。3の桓亦は公の妄を患う、故君臣何間でも。公は陵坂に泳いで、孟民の平地に孟武伯を遇して、言って:“子に聞くことがありなさい、死の乎に及ぶことを余します。”言うことに対して:臣の無の由知のこれ。ついにまちがうことを辞めると、蘭は聞きます。公は思って伐山東を越えることによって、3の桓へ行く。秋の8月の甲の戌は、公は公の孫有怪氏のように、孫のため棘に、そこで”14。を越えるように思うようになるこの場内に乱れて、国を越えて覇者として、1度武力によって既存の政治秩序を守って来たいと思って、最終を並べて成功する勢力を失うための山東は公を悲しみ者を収容する。
王の勾を越えて32年(前の465年)を踏んで、勾は死去後を踏んで、子の鹿郢は即位します。鹿郢は逝去して、子は長生きしなく即位します。長寿は逝去しなくて、子の翁は即位します。翁は逝去する、子のそこひの即位。そこひは逝去して、子の侯は即位して、侯は逝去して、子の無の彊は即位する。勾はその子孫を踏んでその覇業を継いで、国を越えて強く盛んであり一時です。




戦国初期

勾は踏の後、国を越えて3代は君の事件を殺すことが発生して、“3を越えてその君を殺します”というもの。王朱の勾を越えることは戦国初期的な1人の非常に重要な越君主の王で、それはビット時間に449年前として412年前に至ります。ほど王の勾は踏の後子は王鹿郢と孫はほど王は長生きしなく秉が勾を持って礼義を踏んで互いに諸候の政策を扱い続けて、延長して国の覇者地位は、この局面は朱の勾簒奪後に豹変に出会う。王朱の勾を越えることに対して父君位を奪い取った過程を殺して、《竹の本紀年》中の記載は比較的に簡略で、”長寿は十年を立てて殺しを見なくて、盲の姑として、不良の朱の勾は立つ”は、3はともに原因と結果がなかった。でもこの事件は歴然として厳しい結果を誘発して、その上ただ後刻中期のためにほど国不断の現われたものは君現象が巧みに伏線を下りたことを試みて、国中原覇権の終了戦争中越の国の惨敗を越えることと同様に直接ほどなく後発生した楚を予示した。

国勢力は最も強く朱の勾は王の勾を越えて踏の後、立ち回り技術が最も盛大である君主、墨子は言って:“今日は好戦的な国を下りて、斎、晋、楚は、越える。……今国のものを並べることによってしたがって、4分の天下あるこれ。”。当時中原諸候は斎、晋、楚、越などの四国をもって強い者とします。414年前で王朱の勾を越えて、(前の413年)は、出兵は滕国(今山東滕州)、郯の国(今山東郯城)両小国を併呑した、郯の君主の主の鴣を虜にする。前に411年は死去して、37年在位して、太子のそこひから即位します。

王のそこひの7年(前の404年)は、王のそこひを越えて強く盛んな軍事実力を借りて、斎の国執政者田和地位に乗じてまだ堅実でなくて、出兵は斎の国を討伐します。当時、?の国(今山東棗庄)は斎の国の勢力に頼って、国を越えることを軽視します。王のそこひを越えて消息を耳にして激怒して、?の国を討伐するように訓令して、ちょっとそれに滅を攻めさせることを戦います。王はかざす20年(前の391年)は、そろってクニダはそろった康公は海の島に転出して、全体の斎の国を奪う。ほど王はかざして出兵すしてそろった国辺境を攻めて、斎国大将田和に反攻するように要請する軍。王はかざす25年(前の386年)は、王は正式に田氏の斎国を諸候と承認して、田はそろって虎は全て越えることを見る琅の琊。国を越えて斎に直面して、楚はますます強く盛んで、中原で覇権を維持し難く;呉国の古い貴族図は復讐して、防備することを加えなければいけない。琅の琊は江南を遠く離れて、軍隊と物資は全て困難を運送します。はかる再三、王にかざす33年(前の378年)強いられて遷都する呉(今江はよみがえる州)、呉越地区を強化する制御。同時に、北方のものは人を越えて大量なを開始して戻る江南は、ともに引っ越しは嶺南に到着する。でも、国を越えてともにまだ琅の琊を放棄しなくて、依然として北方都城を作ることを見ます。

王のそこひの36年(前の375年)は、王のかざした弟河南省を越えて、王位を継承するため、連続的に謀る害の3人の王子さま。あとで、河南省はまたそそのかすことを選んでほど王は、太子の諸の咎を削ろうと企んで、王が拒絶することに遭う。7月に、諸の咎は自身が殺害されて、いっそ軍隊を引率して河南省を撃退して、また王宮を包囲して、宮廷の政を起こして動くかどうか心配します。王のそこひを越えて諸の咎に殺害されます。10月に、国民は太子の諸の咎を殺すほど、国は内乱に踏み込みます。呉地ものに国民のを越えること諸の咎を擁立する子間違った枝のした王。目撃する何度も宮廷クーデターと殺戮の間違ったしたくない継の位は、すぐ丹の地の洞穴中に逃亡することができた。追随してそれで来た大臣は、長く勧め出すことができなくて、すぐ煙の香り草によった方法は彼を出て来ることに駆り出す。間違った枝は推挙に王を越えることとされて、あとは彼は同様にできるだけこの王位から逃げ出すようにしているようだ。人は呉人に操縦さに甘んじなく国政は治めて、前の373年は、あることを残すほど中国固有の文化の地の卿医者寺区率の兵反乱平定は、災禍の張本人河南省を殺してかつ、呉地に入って、呉国の古い貴族を攻撃してともに間違った枝を免職して、擁立して王のそこひはおしまいにする子の侯(別名の初めの無は余ります)は王を越えることとして、大きいアンペアの名で有名だ。

前の363年、寺区の弟は思ってまた殺したおしまいにすることの侯を殺して、その弟の無を擁立して専ら王を越えることとする。“諸の咎であることは乱れています”後から、宮廷中に絶えず君を殺して父の悲劇を殺すことを上演して、国貴族間のものは相互に惨殺するほど、もたらして国政の局の乱れ、社会は不安定で、経済的に尻込みして、王の勾を越えて創立した覇業を踏んで同様に衰微に向かう。結果になった越人は自分の自由にならなくて、呉人に顔を出させて、今の呉


福建はほど王の無は諸であり東海王は揺れて、彼らはそれぞれ王無の彊長男を越えて不良の子のひづめの後裔と真っ白で美しい。前の221年、秦の始皇帝は天下後を統一して、全て当然王の号へ行って、州になって長くて、秦朝は彼らのこちらを握って福建中州設置されてなります。諸候を扱うことができて秦朝に背いて、無は諸であり揺れてすでに人を越えて帰して鄱陽県呉芮を添えることを引率する、どうしても人々が話す鄱君は、諸候に従うことは滅びた秦国。当時に、籍は諸候命令を出した大権に向かうことを掌握して、無を立てなくて諸であり揺ぎと王として、そのため、彼らは帰しなくて楚の王を添えます。漢王は籍を攻撃して、無は揺れてすぐ人を越えて漢王を補助することを引率することと諸です。漢王の5年(前の202年)時は、ヘンケル祖劉邦は諸であり福建越王再度無を立ててなって、元来の福建こちらに王と称して、東で製錬することに都を定めて、継続して国を越え祭ることを奉じる。漢恵帝の3年(前の193年)は、高さの帝の時の人ものを越えて佐を助ける功を列挙して、朝廷は福建君の揺れた功労が多いことと考えて、彼の庶民は同様にしたく帰して添えて、そこですぐ立てた東海王になったことを揺り動かすことは、東の深い碗に都を定めて、俗な人は彼を東の深い碗の王と称します。

漢武帝は3年(前の138年)を造って、東の深い碗は全国が全て中原に移住して去に要請して、そこですぐ全体民衆を引率して中に到達してもとで、江淮一帯に居住する。漢武帝の元鼎の6年(前の111年)は、福建は余り部を越えて完全に漢朝を繰り入れて、民衆は江淮一帯に居住に移住しました。[15]




国土

は編集します

国を立てて滅亡に越国従を見渡して、その国土5回の重大な変化を経験した一応で:夫の譚は、許して常に時期の国土;呉王夫は違って勝ってほど王の勾は后の国土;呉増を踏んで封じて国土後の国土は;ほど呉後の国土;楚を滅ぼして勝つ王の無彊後の国土。

夫の深い水たまりは、許して常に以前のものは国国土を越えて、文字によって年を失って、確定して試験し難い。夫の譚、許すことが常にいる位置した時は、先秦、前漢と後漢歴史書はすでに記載があって、たとえ内容は多くなくても、おおむねその国土のアウトラインを簡単に描写し出すことができて、《越える尽きる本?外伝屋の地は伝わって》言って:“大越の故境は、浙江は李に就くことに至って、南の姑の末は、干を書く。”“故境”というものは、勾を指して即位までのその祖父、父親を踏んで在位になる時の国境。北は浙江まで李に就くことに至って、西、南は姑の末に至って、干を書きます。どうしても李について、本と指摘する“語故郷は、したがってほど境は、日は李に就いて、呉彊は地は考える戦地。”[16] その早期都城は即ち当然なことの域内にあり移転して、都を定めは稽ができる (紹興)。王の勾を越えて24年(前の473年)を踏んで、勾はすでに呉を平らにすることを踏んで、そこで兵の北によって淮を渉って、斎と、晋諸候は徐州にできて、週に貢を送る。週元王は賜の勾に胙を踏ませる、命のした伯。勾はすでに行くことを踏んで、淮南を渉って、淮上地と楚によって、帰する呉所の侵す宋地宋に、山東鼻汁東方の100メートルと。であるときに、兵を越えて江、淮の東に横行して、諸候は賀を終えて、覇者の3の名で有名です。

戦国は永い?のツンの?の衡の?の深い水たまりの?の山の?の辺境の?の江?の洪?は豊かにともに南東の境で、楚に属する。袁?の吉の?は強奪して?は?を撫でて息を吸い込む?の宣は越西の境を並べて、越に属する。国を越えて少なくとも勾に戦国時期に制覇することを踏んで、全て統の轄江西大部分地区。[3] 週は現す王の36年(前の333年)は、楚の威王は越国に勝って、王の無を越えて強いことを殺した。“楚の威王は兵を興してそれで伐のこれは、越に大敗して、王の無を殺して強くて、出来るだけ故呉地を取って浙江に至って、北は壊れて徐州にそろっている。これによってチラシを越えて、諸の族の子は立つことを争って、あるいはあるいは王のために、あるいは君として、浜江南海上に、服朝楚に。26の以前論者はどれだけか国を越えてこれ滅亡と考えて、実はこれは1種が誤解します。実際上、当時の楚の国はただ“出来るだけ地を取ることは浙江に至ります”で、ともに滅びなくて国を越えます。浙江は東尨大さ地区によって、依然として国の天下を越えます。東地自治区銭塘江によって今は国国土を越えて今なお縮小する。秦の始皇帝の25年(前の222年)は、越君は下がる秦は、秦は存在して故地は稽郡がでを設けるほど、国は滅びる。[17]



兵役

国存在した国内の“兵農業は統合します”を普及させる兵役制度を越えます。《国語に基づきます?呉語》記載して、勾は軍隊を派遣していて、呉国の前夜、以前全国に連を動員すると発表することを踏んで:“苟は国者を任命して、みなは国境外に作ります。”[20] つまり、凡が参戦することができる人は、全て都城ドアの外まで集中します。これから見えて、国を越えて戦時に軍隊を臨時で募集することができます。

本とまた記載して、勾は踏んで訓令する戦時は5種の人は国内で居残ることができて、即ち“いる両親老人は無の昆弟者は、いて兄弟は4、5人のみなはこれ者に、眩の瞽の疾者があり、筋の力は未満で甲兵者に勝つことによって、志は命令に従い者によって未満でよい”。[21] まさには“兵農業は統合します”の兵役制度を実行して、やっと戦時一家労力(体を含めることが身体障害があり労力を盛んにする)を盛んにして均しい入営した現象が現われるそれで、勾の踏んだこれはだから上述の5種の人に回を置いて、目的は軍に恩を示すため、兵士もの決死の心を増強する。また、越国民の口は有限で、経済力は同様に有限で、すぐに国を越えてきっと“兵農業は統合します”を実行する兵役制度を決定して、ただそのようにするため、やっと軍隊人数を増やす上に、国家作戦指揮費用にあまり繁雑にしません。

同時に、国内に対した維持のために統治して、外国に対したは強敵の必要を防衛して、国を越えて常備軍を建設しました。基づいた《越絶の本》は8を巻いて記載する、呉国を防備するため、ほど国は後の海(今杭州湾)沿岸で池を修築して、くぼみ、杭のくぼみを防いで、もとより陵などの軍事工事は、ともに水軍を配置してそれで、この水軍は適切の国常備軍の一つ。国常備軍を越える別の一部分は勾の踏んだ禁の衛軍、即“君子”、この兵種の主な由貴族子弟であり組成して、即ち《国語?語を越えて》当たる話す“父兄の昆の弟と国子はいいます”。[22] 国を越える禁の衛軍はその最も精鋭の兵種の一つで、主に王宮と重要な軍事施設の任務をガードすることを引き受けて、ともに王室と役人の安全を防衛して、当然の戦時は同様に戦地に行って、紀元前478年の呉越かぶり笠沢の戦争のように、勾は踏んで引率する中の軍はすでにその禁の衛軍です。




兵種

ほど王の勾の7年(前の490年)を踏んで呉為奴隷の3年にある勾は帰国を踏んで、急速に富国強兵であるため、彼範蠡などの人の協力下に国の軍隊が改革したことを編制することに。《歴史屋に基づきます?越王の勾は旧家を踏んで》記載して、勾を越えて15年(前の482年)勾を踏んで伐の呉時“そこで2000人習流を発して、宣教師の4万人は、君子の6000人は、諸は1000人を御する”を踏む3。

《呉越春秋》は巻いて6中に同様の記載が同様にあります。これから可知で、越国軍隊は主に4の部分から組成して、即ち“習流”、“宣教師”、“君子”、“諸は御します”;同時に、国を越えて地元の兵と少量が同様にある車の兵。




指揮します

越王の勾は7年(前の490年)を踏んで、勾は帰国を踏んで一連軍事が改革することを実行して、そのうちは国の軍事指揮系統を越えることに対して創建して、この種の創建は軍政システムであってそれで言うばかりかその上、同様に軍令システムに及ぼします。軍政システム方面で、越国は範蠡、諸の稽郢、越の女、陳の音などの軍事政府業務官が主にあって、彼らは、軍の日常、操を管理して事務を練習することを越えることを管掌して、史書上に彼らの職責のものはそれぞれすると記載して:“危の主を助けて、亡国を預けます。恥は困難の難を折らない、付けた辱められる地を守ること。向かってそれで必ず反逆して、君復讐”23。と“敵を望むことは陳を設けて、飛ぶことは兵をあげることを失います。履の腹は死体を渡って、血流は激流です。抜けないことをむさぼり入って、2の師は相当で、敵を破って衆を攻めて、威は100の国”24。に臨みます“命(女を越えます)であり習下士官に教えて剣術によって;北郊外に命(陳音)宣教師の習射です”25。国を越えて専門的軍事政府業務官によって軍隊戦闘力を訓練して来て、大いに高まることとして、“1人は100になって、100人は10000になります”26の成果を取得した。

軍令システム方面にあって、越国は同様に専門的役人によって統の兵作戦に来て、史書に基づくことは記載する、範蠡はずっとほどである軍の最高将校、彼は直接呉的全体の過程を滅ぼを指導して、これはちょうど彼が説のように:“君主はすでに委は執事(範蠡謂から)に人を作る。” [12] 具体的戦役から見に来て、ほど王の勾が15年(前の482年)を踏む呉越戦争は、勾は踏んですぐ“尽きることによって範蠡、舌平凡なは、率師沿海は淮を投じる呉路”によって、12のこの軍隊は勾のために率主力を踏んで呉を破って戦機を充足することに勝ち取ったら、国はそれとも専門的役人によって兵隊を率いて来る。また王の勾を越えて19年(前の478年)を踏む呉越戦争のように、勾は“その師は軍を左右すると考えます”を踏んで、ともにそれぞれ将軍によって江を渡って迷い呉軍主力を牽制することを引率して、勾のために率の軍を踏んで呉軍に大敗して基礎を定めた。これから、軍事指揮系統上の文武が職を分けるように見えて、武官は専任して、絶大に越軍の作戦効力を高めて、越国軍事制度の1の大きい特徴で、同様に国最終を越えて呉制覇した重要な原因の一つを滅ぼします。





翻訳結果は 役に立った 役に立たない


玉の工芸品

国の呉国のための疎隔を越えて、中原との交際は比較的に少なくて、その玉の工芸品は楚の国(楚“聯は呉を作ることを越えます”)、呉国の影響を受ける以外、自身特徴はいっそう単純です。浙江紹興は山越王の墓を印刷して、盗まれるので、残留下に玉は鎮めて、真っ白で美しい鈎の形の器などの少量の玉の工芸品は、ただ器の型と紋は飾って全て自身特色がある。東陽前山の2日の墩の1日の墓は、出土する玉の工芸品はどれだけか1256件に達して、器の型は酒器、珩環、歯、形装飾品、玦剣の頭、剣の罫などがある。玉の工芸品の材質、工業技術、器の型と紋は飾って、全部独自の旗印を掲げた原住民の特徴を現れ出します。どれだけか葉の蝋の石、玉髄、トルコ石などの美しい石を見て、少なさ用は閃く玉、春秋が国の玉の工芸品を越える1の大きい特徴。前山の1日の墓出土する玉の工芸品中に、体は最大の真っ白で美しい酒器をはかって、即ち葉蝋の石のために質入れする。この種の喜は葉の蝋の石の伝統を使って、戦国時期に到達して、越地に益々大いに発揚して、酒器、門、容器、匜を除いて等容的に重視して、まだ剣、矛、矛、矢じり、剣装飾品が現われて、石突きなどの大量の葉蝋の石兵器と兵器のアセンブリー部品は、少し体上にまだ“王を越えます”があることを刻むこと、“王の子を越えます”などの鳥篆銘文を重視する、戦国である時様式玉彫中を越えて最も新しく独創精神を発揮する部分。[31]

无錫ヒシクイ山戦国貴族墓地は両年数間(2003―2004年)の発掘を経過して、合計で出土して2000は何件かは器物を副葬して、大半は優美なセット(組)玉の工芸品、青磁の礼の器と楽器として、スタイルは独特で、年代はおよそ紀元前4世紀考証されてなる。




トーテム

文献的に記載して、以前に族を越えることと考えることは1個がたくさんの原始的に崇拝した蛇民族が、《文を話すのように?虫部》解釈は“野蛮な”中に話して:“南は野蛮で、蛇(それ)は植えます”;“福建”条を解釈して言うことを接いでいる:“南東は越えて、蛇は植えます。”《呉越春秋?闔街内は伝わって》伍子胥に到達すると話すような法天地大城を築く時は“欲の東は大越を並べて、南東にあることを越えて、敵国を作ることによってしたがって蛇ドアを立てるを話して……ほど巳にあり、それは蛇は同様に、故南大ドア上には木の蛇があって、北は頭内に向かって、呉也”。に属することを示して[32] しかしこの“越”は、南東地区に野蛮な民族ものを越えて汎称することが当然です。100の越習俗は違って、“福建は越えます”は典型的な蛇トーテム民族に就けば、南東地区民族は蛇トーテムを主として、だから呉国は“蛇”によって南東を代表して、ただこれらの情報は国を越えると説明して蛇をもってトーテムとすることができません。

ますます多い考古学証拠は表明する、国は鳥を流行して崇拝するほど、国本の土原住民の部族の先祖の川保母は人を渉って鳥トーテムと鳥が最も早い部族を崇拝して、7000年前からの川保母は時期を渉って開始して、中国固有の文化を越えてすぐ出土する大量の鳥トーテム器物を開始して、あとはものは器物上に鳥の文を流行して、多くの鳥に関した噂が同様にある。晋人工の嘉《遺失物を拾って自分のものにして記入する》は言って: “王入国を越えて、丹の鳥が王を挟んでそれで飛んで、故勾が踏み占領して、望んだ鳥の台を起こすし、言葉丹の鳥のものは同様に異なっている。”陶元の藻、尭亭の撰の《広は稽風俗の賦ができる》はまた言って:“王を越えて入る呉時は、鳥が挟まり飛んで、同様に考える瑞。鳥の台を望むことを築くので、山陰に属します。”。でも国を越えて鳥トーテムを崇拝している同時は、同様に確かに蛇トーテムが存在して崇拝する、“ただ比較的に大きい程度上は、鳥に遜を崇拝して崇拝することを設けます”。長江以南地区に関して龍があって、蛇トーテムの記載が《水は注を通過する》にまだあって、《太平で覧を御する》などの文献中は会います。風俗を越えることは入れ墨があって、《漢の本?地理の志は》年は“入れ墨は断髪して、蛟龍の害を避けることによって”を越えて、その紋の形は“象龍の息子によって”であると言って、したがって龍の蛇のたぐいであることを知る。龍の蛇は崇拝して広く我が国に分布して、国地区最初からの鳥トーテムを越えて、後刻は鳥トーテムの蛇トーテム併用を実行して、周辺民族の影響を受けたと言うことができます。


古越の人はほど国民早期の関係は主に貿易に、人は象牙、タイマイ、ひすいの良い香りの毛、犀の角、真っ白で美しい桂と木などによって国と北方を越えるきわめて少ない帛と手作業製品を交換する。当時の人の中国観念になることに、国を越えて九州(中国)の一部分に属します。[37-38]  観点古典籍中と考える“100は越えます”が“古越の人”から長くて果てしのない歴史を経過して発展し成功します。戦国時代文献中はこの1個すでに“100は越えます”が現われて新しく謂と称します。戦国後期は、100の越のこの名称があることを除いて、それから“越をあげます”はこの名称指代揚州地区のものは人を越える。揚州は今淮南、長江川下と嶺南の東部地区を含めて、時にまた全体の嶺南地区を含めます。だからあがってほど実際は同様に、以来、秦漢中原人に人の別の1種が一般的に称することに戦国です。



1

越侯无余

夏王少康的庶子;始封?侯,建都秦余望南(??花街)


2

越侯丕?
  无余?位于儿子姒丕?,?二任君

3

越侯宗元
  无余之?,按?分是夏朝君主芒的弟弟。

4

越侯?圣


5

越侯毅正


6

越侯子?


7

越侯娄玉


8

越侯俶

商朝?期;迁都埤中(??店口)


9

越侯枋


10

越侯菪


11

越侯潜


12

越侯?


13

越侯?


14

越侯皓


15

越侯僮


16

越侯?淳


17

越侯仲庚


18

越侯太辛


19

越侯咸享


20

越侯寀

迁都大部(????)


21

越侯浤


22

越侯天表

西周?期


23

越子?


24

越子加佑


25

越子子升


26

越子?


27

越子汝稷


28

越子洽


29

越子汜


30

越子少?

春秋?期;迁都山南(?阳六石)


31

越子?


32

越子逸


33

越子?


34

越子必高


35

越侯无壬

前621年?前591年

前621年,迁都嶕?(??稠城)


36

越侯无?

前591年?前565年

无壬之子


37

越侯夫?

前565年?前538年
无?之子

38

越侯允常/越王允常

前538年?前497年

夫?之子;前538年,迁都勾嵊(??牌?);始称王


39

越王勾践

前496年?前465年

允常之子

越国?入全盛?期

前490年,迁都平阳,或称??平水;前489年,迁都会稽(??越城);前468年,?吴称霸,迁都琅琊(山??沂附近),号令中原


40

越王鹿郢

前464年?前459年

勾践之子;越国全盛?期?束


41

越王不寿

前458年?前449年

鹿郢之子


42

越王朱勾

前448年?前412年

不寿之子;?滕,越国向北?展


43

越王翳

前411年?前376年

朱勾之子;前379年,迁都姑?(江??州);被?,越国内乱?始


44

越王?咎

前375年
越王翳之太子,越王的弟弟豫??王位,豫鼓?哥哥除掉太子?咎,越王未听,但十月,?咎被越国人?死。

45

越王?枝

前374年?前373年

越王翳之?、?咎之子,力求逃离王位


46

越王无余

前372年?前361年

越王?枝族人;平定内乱


47

越王无?

前360年?前343年
无余之子,无余死后?承?君主,?了?脱??,重新将国都迁回故都会稽,依然不能阻?越国衰落的命运

48

越王无彊

前342年?前306年

无?之弟;?楚所?,无疆被?
 

そのほとんどが中国江南地方の. 越人の習俗と一致

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月13日(土)16時25分12秒
返信・引用 編集済
  人がもちこんだ倭人文化. いわゆる「魏志倭人伝」に倭人の記述がみられるが、これらは、そのほとんどが中国江南地方の. 越人の習俗と一致している。

江蘇・浙江の地域か. らの神話が受けたと思われる影響の担い手が、漁労民であった可能性が想定さ. れる。日本でも江浙でも海人あるいは内陸の水人が担い手であったと疑わせるに充分である。

古代越人の習俗 である死生観。
弥生人(長江文明人、百越人)
越人とはどんな民族であったのだろうか?

弥生時代は紀元前百十一年前から、漢の武帝との戦いの後始まると、武亥城村宮から住人十万人が、北部九州へ、対馬海流に、沿って、着いた処を筑紫と名付けた。
筑紫というのは竹枝と書く。竹枝=扶桑

「夏王朝の少康の子は会稽の王とある 会稽の王(越の始祖)天神七代の無予となった、これが日本人の、天皇(神子)ある、春秋時代の越王勾践時、ヨーロッパに遠征した、越人、ケルト人は、越人の習俗、口頭で、あった為、文字を残しては、いなかった事を児島宮歴史研究室は解明した。
ここにヨーロッパの、王族が始まる。その地には、今も、ケルトの、埋葬物が、資料館に展示されている。けろと以前に、ヨーロッパでは、メソポタミアやエジプトを除いては、神は、記録されていない。
外国の神の元祖は、春秋時代のケルト人が最も、古い。


紀元前473年 呉を倒した越は都を会稽から琅邪(現在の山東省)に遷します。これが山対国である。越王台ともいう。

福建はほど人は数千年を受ける珍しい習俗福建を伝えて族は中国上古時代の少数民族の一つで、中国南方に100は族群中の1本を越えて、からまでで古く浙江南部、福建に居住して台湾の土地は、同様に中華民族の由来の一つです。先秦時期、福建は族を越えて青銅時代敷居に邁進します。特別な地理上の位置は、よく1人の民族のその一般とは異なったライフスタイルと生活習俗を決定します。福建は人を越えて茶褐の赤い頭の髮、奥深い目など体顔立ちの特色を持っていることを除いて、それから少しの聞く人をびっくりさせた風俗習慣。それはちょっと髮を断絶します。「髮を断絶します」は、頭の髮を切断する意で、それと「もとどりを打ちます」、「髮を羽織ります」は似て、全て古代福建が流行の髮式を越えます。古代の中原地区は1種の見解があり:「身体の髮の膚、受けたこれ ...

四字熟語
「身体髪膚」の意味

人間のからだ全体のこと。全身。▽「身体」はからだ。「髪膚」は髪の毛と皮膚の意。ここから、からだ全体をいう。からだは父母から受けた大切なものの意が込められ、出典に「身体髪膚之これを父母に受く、敢あえて毀傷きしょうせざるは孝の始めなり」とある。
《「孝経」から》人の身体はすべて父母から恵まれたものであるから、傷つけないようにするのが孝行の始めである。

(現代語訳)わが身体は両手・両足から毛髪・皮膚の末々に至るまで、すべて父母から頂戴したものである。それを大切に守っていわれもなくいたみ傷つけないようにする。それが孝行の始めなのだ。立派な人物になり、正しい道を実践し、名を後の世までも高く掲げて、それで[あれは誰の子よと]父母の名を世に広くかがやかせる。それが孝行の終わりなのだ。いったい、孝行ということは、家にいて親に事えることが始まりで、家を出て君に事えるのがその中間で、[孝と忠とを全うして]立派な人間になるのが終わりなのだ。 )

この言葉で孔子が言わんとしたことは、フロイトが言った「死の欲動」と呼ばれる人間の「攻撃性」にかかわっている。

人間の攻撃性は、外へ向かえば他人への暴力になるが、それが自己に向かうとき責めさいなまれるような自責の念になる。これは一種の強迫神経症である。

例えば、親への反発から現代の若者が自分の体に刺青やタトゥーを入れたり、リストカットしたりするケースを見ればよくわかる。

これに対して孔子はこの自分の身を傷つけるという生物学的エネルギーを、身を立て、名をあげることによって社会学的なエネルギーに昇華(負のエネルギーを正のエネルギーに転化)させるべきだと考えた。これは基本的に20世紀のフロイトの精神分析の処方と異なるものではない。こうした孔子の洞察力にあらためて驚嘆せざるを得ない。

身 体 髪 膚(しんたいはっぷ)
1.全身。体は勿論、髪の毛一本、皮膚のかけらにいたるまで。





 

三角縁神獣鏡の史料批判 ?? 方格規矩鏡の形式について

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月13日(土)16時16分35秒
返信・引用 編集済
  百越(ひゃくえつ)または越族(えつぞく)は、古代中国大陸の南方、主に江南と呼ばれる長江以南から現在のベトナム北部にいたる広大な地域に住んでいた、越諸族の総称。越、越人、粤(えつ)とも呼ぶ。

非漢民族および半漢民族化した人々を含む。日本の現代の書物において(中国史にまつわる)「越人」「越の人」と表される場合、現在のベトナムの主要民族であるベト人(越人)、キン族(京人)とは同義ではない。

秦の始皇帝の中国統一後は、その帝国の支配下に置かれた。漢代には、2つの越の国が確認できる。1つは中国南部、すなわち現在の広東省、広西、ベトナムにかけて存在した南越、もう1つは、中国の閩江(福建省の川)周辺の閩越(びんえつ)である。この時代、中国の南方を占めた越人は、北方民族による力の支配とぶつかり、しばしば反乱がおきている。チュン姉妹の乱は、現代に伝わる

三角縁神獣鏡の史料批判 ?? 方格規矩鏡の形式について

閩南人拜嘅道教神仙

媽祖;?は泉州、漳州、必ず濡れた地名に用いるを分けて、沿海地域の嘅の唐ものの人は全体で全て媽祖の海の神を信じて、ただ媽祖の?の本人を結んで福建南の人を結んで、ところは一般人によって全て媽祖が福建南の0と関係あることを捨てることを感じる。
漳州の籍は移民して:漳の聖王、広い恵尊王を開いて、将軍に沿うことを助けて、将軍、武徳尊侯、倪府総理漳州南靖県籍を信を助けることは移民して:聖大神の漳州詔安県籍に関係して移民して:3の都市の籍は移民して大きい帝泉州は3官の大きい帝、5は現す:青山王(恵安)、ヒロサワ尊王(南安)、龍山寺千の手観音(晋江は、また泉が付けると言います)泉州安渓、永春のまっすぐな隷の州の籍は移民して:水祖師を清算して、現すことは祖師、法主真君、両忠実な尊王(?の公)、董公祖師、安渓外堀泉州同安の籍に応えて移民して:大きい帝、霞海城の隍泉州晋江青陽の籍は移民して保生して:武恵尊王(また咽喉が「正大王に沿います」を作って、「赤い祖公」を俗称します)潮州の籍は移民して:3の山国王、恥ずかしい祖師


?南話の?南話(B ̄ n-l ̄ m-g ̄)は、また「台湾語」または「福建の話」を呼んで、1種唐ものの話の嘅を結んで、孤立の語(Isolating language)に属して、古代の嘅の福建を結んでほど人は嘅の福建で話と後の嚟の漢民族は福建に入って嚟の嘅の古い中国語の嘅を持って結びつけて、?は?を保留して福建が不足して話の嘅の特色を越えて、ただ系比は官話を起こして古い漢民族の嘅の言語に一層接近する。その他南方の唐ものの話と同様で、?は大量の嘅の唐ものの文字が語で現地の語の彙の嘅と2を融合します。

?南話と広東の話または官話は全て?の互いに通じ合い(Mutual intelligibility)は、だから?の言語学上は同じに全て唔と言語を結ぶことになって、ただ同一のに属することを結んで言語は(Language family)嘅を結ぶ。

文字編集

?南話は多く種の唔で嘅の文字の嚟と書くことができます。?南話口語文字は最も早く得るところがあり16世紀を遡及することができてはっきりしている皇朝の嘉の靖年間の嘅の伝奇の作品《茘鏡屋》 (Nのāのi-k ̄ ng-k ̄)。後の嚟の?は大いに時期を清算して、仔の冊を歌唱して?の福建南を開始して台湾と伝わってそれで、仔の冊文字を歌唱して咁のため?の?南話が嘅を書いて先駆けて、後世の台福建文字の嘅にうまく鋭い嘅が影響することを発展させます。?の咁を除いて、19世紀の?の陣はキリスト教長老教会の?の福建アモイから創造して、ローマ字ピンインの嘅の口語文字(Peの?のh-ōe-jのī)でまた全て?南話の嘅を結んでシステムの一つを書きます。





翻訳結果は 役に立った


 

「古代越文化」の考古学

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月13日(土)16時00分15秒
返信・引用
  古代の中国の文献の「越」が南アジアの言語を使用する人々 のグループを指す。
建立起與百越族群的連結(?綿吉,1982,彭適凡,1987等)。
やかん」幾何学プリント陶器、古代越文化追求ための重要な手掛かりは、調理器具。
広東省佛山川遺跡出土の幾何学的なプリント陶器拓本
秦・漢王朝はコア周辺の北部の福建省の武夷山の古代都市 (つまり、Chongan 郡、Chongan の古代都市今改名夷)、数十年前「越 (Yue) 町村」や「分王チェン"としても知られている、学者は第 2 世紀碩首都終わりの前に 3 世紀の時代だと思います。 この都市には大きな建物 (宮殿)、厚い壁の要塞では、もちろん広いの民間人居住地域、各種ワーク ショップ、周囲の墓に囲まれて、幾何学的なプリント陶器 (福建省博物館、2004 等)
「調理器具に特別な注意を支払うなぜ?" 調理器具は調理方法や食材に関連するので、食材は食用植物および動物資源は、主に生態学的環境によって制限されます。 一方、それはまた文化、しかし、"どのような道具を調理を行う?"

別の武夷山の領域に特別な注意を払わなければ理由は有名な木製の棺の中の棺の埋葬をぶら下げも古代の人々 に関連すると見なされます。

直接武夷山近く碩遺物について説明しますより「コア」、「越」文化の外観を示すことができます。http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?from=&to=ja&a=http%3A%2F%2Fkam-a-tiam.typepad.com%2Fblog%2F2017%2F05%2F%25E8%25B6%258A%25E4%25BA%25BA%25E5%2593%2580%25E6%25AD%258C%25E9%2587%258D%25E5%25AF%25AB%25E4%25B8%2580%25E5%2580%258B%25E9%25AD%25AF%25E8%259B%2587%25E6%25AD%25B7%25E5%258F%25B2%25E7%259A%2584%25E5%258F%25AF%25E8%2583%25BD%25E6%2580%25A7%25E4%25B8%258B-1.html
調理器具として鼎文化のネイティブの良渚文化。 他のサイトが幾何学的なプリント陶器と肩文化のやかんをもたらしたことです。

江西省の南からも浙江省の東からではなく場合、は、福建省、浙江省、江西省の接合部に海岸や南部の福建省からする必要があります。

「古代の越の文化」考古学

 

山越国?族墓群出土春秋 安吉古城”是浙江越人文化の古鏡

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月13日(土)15時24分10秒
返信・引用 編集済
  浙江越人文化の古鏡

漢的閩越國以福建北部的武夷山 湖北宜都城背溪遺址出土的陶釜。B:湖北宜昌柳林溪遺址出土的陶支足(ca. 7,000 BCE)。釜搭配陶支足有很悠久的?史
 

古城遺跡は安吉県

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月12日(金)16時49分51秒
返信・引用 編集済
  古城自然村の南から北むきに延びる傾斜地上を下りることと古城遺跡は安吉県に位置して鎮古城村沙河南東の岸のものを手渡して古城に上がる。この遺跡平面の略は方形、もののロング600メートル、南北の幅550メートル、総面積を呈して33万平方メートル達します。遺跡は周辺で土のために城壁を築く、残の高い3-6の穀類。城壁外に濠のために、広く10-12の米間にあります。遺跡北西横断面から文化が1.2メートルを積むほど探して、土気色は灰褐色を呈して、物の主を大目に見て紋の陶スライスなどを印刷することと土をしょう油で煮込むことがなければいけないです。2001,2002年の正しい城南を通して、城北の探した堀り割りと西側城壁の北段のものは掘を試みて、初歩的に遺跡区文化を明らかにして春秋を上の方に伝えることとすることを積んで、六朝に下りて、特に出土してたくさんは優美に部材を建築して、太湖南岸と浙江地区同期城址中規模をいままですでに知るため最高です。この遺跡は龍山山脈に依ることを背負うことにいて、筆架の山山脈間の平野以上に向きます。東にはサツマイモの沢があって、北西には沙河の優越した地理的環境があって、早期が国を越える重要な都市と秦鄣の州の州は治めて、長江川下地区の政治、経済、文化中心の一つを結びます。

     龍山は国貴族の墓の群を越えて安吉県に位置して鎮を手渡します。この墓の群分布地域は200万あまりの平方メートルに達して、合計で見つける土の墩の250あまりの座席、主に6カ所の地域で分布して:九龍山地の元、8ムーの墩と9ムーの墩区ブロック、古城営林現場自治区の元、金(土は闘います)区の元、角山と良い香りの炉山以北自治区ブロック、かまどの崗と呉家山自治区ブロック。当然なことの墓の群に基づくことは土の形製造と暴露された部屋兆候を封じて、墓区域で何度も応急手当考古発掘の資料が表明することを結びつけて、当然に墓群以西に周到な東周の土の墩の墓と石部屋の土の墩の墓は主のために、ただ漢代が遺存することを排除しない。

http://www.antiquekeeper.ca/?p=31364
 

呉越の人々のオガム文字の称号で、解明

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月11日(木)21時02分55秒
返信・引用
  越(えつ、紀元前600年頃 - 紀元前334年)は、春秋時代に中国浙江省の辺りにあった国。首都は会稽(現在の浙江省紹興市)。後に漢民族形成の中核となった黄河流域の都市国家群の周辺民族とは別の、長江流域の百越に属する民族を主体に建設されたと言われる。越は楚、呉など長江文明を築いた流れを汲むと考えられており、稲作や銅の生成で栄えた。

『史記』をはじめとする諸書では、夏の少康の庶子を越に封じたことを越の君主の起源とする伝説を述べている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A
浙江省で春秋戦国時代の古窯が出土、近くには古墓も
古窯が発見されたのは、安吉県開発区(遞鋪街道)古城村。
http://j.people.com.cn/95952/8558347.html

春秋戦国時代の曽王乙墓出土の漆絵衣装箱の蓋(ふた)には、北斗や二十八宿の星宿名とともに竜と虎と思われる獣が両端に描かれており、天空の星宿と結合した四神の原初的な観念がすでに存在したと考えられる。http://bunarinn.lolipop.jp/bunarinn.lolipop/tok2-index/10Gasuka/EncartaB/hekiga/kitoraG/kitoraG.html

答えは、それは口頭でしか、ケルト人と同じように、隠していた事が、わかりました。
それに相応して、オガム文字が、夜須地域の遺跡から、出土し、歴史発見で、日本の生い立ちが、照合により、判りました。
ケルト人というのは、呉越の戦い以降、ヨーロッパに、鉄製の戦車で、軍とともに、波及して、王室の元祖として、紀元前二百年前まで、国造りを、していた、呉越の人々のオガム文字の称号で、解明しました。
 

おがむ文字、ヨーロッパに伝わる、王と神話は実は中国の春秋時代越王勾践により、ケルト人、神はじまる

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年12月 9日(土)17時01分49秒
返信・引用 編集済
  おがむ文字、ヨーロッパに伝わる、王と神話は実は中国の春秋時代越王勾践により、ケルト人、神はじまる。

この「おがむ文字」も、ヨーロッパでは、紀元前二世紀迄、ゲルマン人に、変わるまで、続いていた。
ヨーロッパに伝わる、ケルト文化は、王と神の始まりでもあった。
それは紀元前六百年前~紀元前二百年前まで、続いている。

中国の紀元前二百年前は、漢の祖劉邦と楚国の項羽が、争っていた時で、その時越国の無渚は、白馬三郎(神の名)とも、言われる。
この頃にも、おがむ文字は、?山の治城にも、用いられていました。
おがむ文字天皇は、神武天皇も、使って、いた事は、口頭でしか、判らなかった。

福岡県朝倉郡夜須では、うそう窯灰色硬質土器に見られる壷にも、先刻された、おがむ文字が診られた。

明治以降の天皇と日本古代からの天皇とは、、関連しては、いなかった。

天皇とはオガム、神として、いうが、明治以降の天皇は、意味が無していない。
世界の神とは、神話に、口頭として、伝わるもので、今の皇室も意味を成しては、いない。偽天皇である。
今、行われている、皇室会議で天皇退位とか即位なんで、国会で決めても、世界の笑われになるだろう。


日本の天皇は雲の上とあるだけで、誰もその実態は、知る事は、できなかった。
今、日本のもろもろ事は、立証できない事が、神無くしては、有り得なかった。


 

竹の中国ビン越式のヘラ書線刻は紀元前百十一年前~五十年前の奈良神武の神殿線刻は、この時期の特徴である、出雲でも見られ、時

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月15日(水)12時02分55秒
返信・引用
  1 正面からカラー
2 逆さま撮影
3 中の部分が、やや高い

ビン越時期と同じ硯である。

 

夜須三並梶原遺跡出土の円形硯は、近畿五世紀~八世紀と形態の違いがある

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月15日(水)11時26分59秒
返信・引用 編集済
  夜須三並梶原遺跡出土の円形硯は、中国ビン越式のヘラ書線刻は夜須大木遺跡甕棺で、知られている。
ここで竹の中国ビン越式のヘラ書線刻は紀元前百十一年前~五十年前の奈良神武の神殿線刻は、この時期の特徴である、出雲でも見られ、時期は見な一致している。

縦に撮影

三並梶原遺跡硯グレース色で見る。

松で高温為灰が溶けて  三並梶原遺跡硯

円形硯の側面に、小竹円形の丸が、形どられているのは、夜須の特徴となっている。
円形硯の側面に、三角形はこの時期たけに見られる、祭祀としての模様である。

 

夜須三並梶原遺跡出土の円形硯は日本最古の硯

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月12日(日)20時14分18秒
返信・引用 編集済
  夜須三並梶原遺跡出土の円形硯は、近畿五世紀~八世紀と形態の違いがある。
三並梶原遺跡出土の灰色硬質土器には、夜須の灰色硬質土器独特の薄型で、高温1300度で焼成されていて、形に、狂いが見られないのが、夜須全体の遺跡から出土する、灰色硬質土器と言えよう。
さらに灰かぶり(高温で灰が解けて色が発色)しているのは、高温1300度で焼成されていた証拠である。

梶原遺跡出土の灰色硬質土器の写真一、二、硯と椀に象形数字(春秋戦国時代と同じ数字)が見える。


近畿五世紀~八世紀の灰色硬質土器の発色は薄ネズミ色で(800~1000度)の吹田陶邑窯とは時代が、違う事が表れている。
 

大覚大僧正事、児島高徳

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年10月 7日(土)18時52分9秒
返信・引用 編集済
  大覚大僧正の生系には二説あり、摂政近衛経忠の子とするものと後醍醐天皇猶子第三皇子恒性親王とするものとがある。 近衛経忠は関白の縁戚であり、児島高徳とも関係が深い。 宮内庁が抹消するのに、皆さんに判らないように、やっきに、なっている。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

児島高徳後胤は、朝敵に乗っ取られたまま、宮家として、存続

児島高徳も熊山に挙兵 ... 1341, 大覚大僧正の布教により、法華宗が県下に普及しはじめる。

始祖日像上人―第二祖は大覚大僧正。
道乗大僧正の子が頼宴で三宅範長の娘と結婚し児島高徳が生まれたと云う。

宇喜多氏が南北朝時代の武将、児島高徳の子孫である事からきています。児島高徳は『太平 .... 本蓮寺は南北朝時代の1347年、京都妙顕寺の座主であった大覚大僧正が法華堂を建立したことに始まる古刹です。http://rover.seesaa.net/category/1008296-1.html


是近日翫天下太平記作者也。凡雖為卑賤之器、有名匠之聞可謂無念」(伝え聞く、去る廿八九日の間、小島法師円寂すと云々。是れ近日天下を翫ぶ太平記作者也。凡そ卑賤の器為りと雖も、名匠の聞こえ有り、無念と謂う可し)。これによれば、「太平記」の作者は小島法師と呼ばれる人物で、身分の低い出自であること、「太平記」により名を挙げていたこと、応安二年に没したことが分かる


冷泉宮
冷泉宮1201年生まれ、この人は実朝の正室の甥でもある) と年齢的に非常につりあいが取れており、実に似合いの縁談だったのである。ところが突発的に実朝が暗殺れ、後鳥羽が倒幕を志して承久の乱を起こし、皇子たちも連座して追放処分となってしまったために実現できなくなってしまっただけである。 結局、承久の乱では、養子予定者だった親王を含めて軒並み皇族は追放され、天皇家を継ぐ者すらいなくなる始末となり

大覚(だいかく、1297年(永仁5年)- 1364年5月5日(貞治3年4月3日))は、南北朝時代の日蓮宗の僧。名は妙実。幼名は月光丸。 ... この功績により、日蓮に大菩薩の号、日朗に菩薩の号、日像に菩薩の号を賜わり、大覚は大僧正に任じられた。

大 覚 ( だいかく ). 備前地方に日蓮宗の信者が多く、広島県の安芸地方に浄土真宗の信者が多いことを「備前法華に安芸門徒」というが、「南無妙法蓮華経」と刻まれ ...

大覚大僧正妙實 大覚、諱は妙實、少名は月光、摂政近衛経忠の子である。初め嵯峨大覚寺に入り、金剛界(真言密教)を受ける。 ある日京に出た時に日像の法莚に邂逅し、欣然として加わり聞くこと七日になる。http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/n_b_daikakuji.htm

大覚大僧正妙実上人650遠忌 | 日蓮宗 正覚山實相寺(京都上鳥羽)

大覚大僧正650遠忌法要 大本山 妙顕寺
大覚寺は、日蓮大僧正の高弟日像の弟子である大覚大僧正が開いたと伝えられています。 この寺には、県の重要文化財に指定されている大覚大僧正直筆の御題目を陰刻した題目石があり、その傍らには法華堂が建てられていました。http://www.city.soja.okayama.jp/bunka/kanko/shitei_bunkazai/si/si_12.html

 

やすらい を 「夜須礼」と書く、夜須に礼をつくす』という意味

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 9月 1日(金)16時57分5秒
返信・引用 編集済
  博多松囃子 に よく似ています
やすらい を 「夜須礼」と書くそうです
『夜須に礼をつくす』という意味なのでしょうか
http://hisamitsu.exblog.jp/25115105/

明治以前においては 博多の松囃子が
朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もあるのです
( 文献として 残っているかどうか 調査中 )
明治以前においては 博多の松囃子が
朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もあるのです>
朝倉夜須村に残る 宮家とは、天皇家の事で、その証拠が、隣りの柴野大徳寺、高東院(近代改名、高桐院)に、南北朝時代の、児島高徳末裔が眠る、意味という、高い東ので、太陽(天皇)で、高東院と、徳川家光の寛永系譜帳の佐久間氏系譜に載せているのが、高桐院ではなく、高東院とされています。
この佐久間不干斎の子孫某、甚九郎正成、と孫九郎と寛永系譜帳に、載せています。

高東院とは天皇宮家であり大徳寺の塔頭高東院(中心)と、昔は、そうなっていたそうです。


児島宮歴史研究室 はい、昭和の始め、福岡県朝倉郡夜須村篠隈の、天孫降臨地、に、博多どんたく、おなご衆が、隊の出発点になって、いました。
しゃもじを、踊りながら、鳴らして、いたのを、めずらしいので、その訳は、今まで、判りませんでしたが、ようやく、京都今宮神社のやすらいと、隣りの柴野大徳寺、高東院(近代改名、高桐院)が何故存在、していたのか、その謎が、京都の北に 《今宮神社》ページの説明で、一致したのが、福岡県朝倉郡夜須村(筑前町)篠隈の天孫降臨地、と相対していたので、古代の歴史が、関連している事が、これで判りました。

「やす」は 「夜須」が語源だとの事

大切な、やすらい、資料を、ありがとうございました。
これで福岡県も、古代の歴史が、よみがえる、でしょう。
不明の邪馬台国がようやく、日の出となったようです。


博多どんたく http://y-siraberu.com/177.html

http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs やすらい を 「夜須礼」と書くそうです
『夜須に礼をつくす』という意味なのでしょうか
 

日本の仏教の開祖の正式な後継者のことで「門葉門流」の意

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月30日(水)17時36分34秒
返信・引用 編集済
  日本の仏教の開祖の正式な後継者のことで「門葉門流」の意

明治維新によって明治四年(1871)には門跡制度も廃止されました。
ここに神仏が門跡制度も廃止になったが、明治維新こそ、大逆人也。
されましたが、同十八年(1885)には旧来の門跡寺院に限って再び門跡号を称する事が許可されました。

皇族が住職を務めた門跡寺院上乗院 江戸末期の相撲も、門跡児島宮が、座主を、熊本の吉田司家で、努めていた。
上乗院(じょうじょういん)は、京都にあった寺院。仁和寺の脇門跡(院家)。
七月十四日後鳥羽天皇宣旨??門葉記芝、?鎌倉遺文?六〇〇. 号

太平記巻第十二(その一)
児島高徳は急いで髪を剃り、墨染めの衣に身を包み、門跡を受け継いで行くことに励むように」と、天皇の言葉を伝えさせました。国家を平穏に治めるための制度 「門葉門流」大覚大僧正となりました。

(上乗院門跡から転送)上乗院失くして、天皇家は、何も無し。明治に棄却したといい、明治天皇が、明治に棄却したとなる。

これにより明治以降は、天皇とは無関係になっている。それは大覚寺と関連し東寺を真言、空海につながっていた。

上乗院(じょうじょういん)は、京都にあった寺院。仁和寺の脇門跡(院家)。禅林寺や南禅寺の近くにあった。下河原門跡。南禅寺や聖護院内などにも上乗院という寺があり、あるいは蓮華光院門跡とも混同されることもあったらしい。
出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2017年7月5日 (水)http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%B8%8A%E4%B9%97%E9%99%A2%E9%96%80%E8%B7%A1

住職

『望月仏教大辞典』に以下の22代の名を載せるが疑義あり。他の上乗院と混同している可能性がある。歴代数は新たに付した。
1道乗(1215-1273):門跡初代か。頼仁親王の王子。蓮華光院門跡住職。東寺長者。小島宮と呼ばれた。五流尊瀧院を継いだともいう。

蓮華光院


出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2017年8月19日 (土)




蓮華光院(れんげこういん)は、京都府京都市東山区にあった、真言宗の門跡寺院。本尊は毘沙門天。元は仁和寺の院家として太秦安井に建てられた。のち東山に移された。大覚寺が兼帯した時期もある。明治に廃絶となったが、旧鎮守の安井金比羅宮が残る。安井門跡、下河原門跡、小川門跡、岡崎門跡などと呼ばれた。上乗院門跡と混同されることもあったという。
道乗(1215-1273):頼仁親王の王子。上乗院門跡住職。東寺長者。小島宮と呼ばれた。

歴代住職
道尊(1174-1228):真言宗の僧。以仁王の王子。後白河法皇の孫。おじの守覚法親王に師事。1206年(建永1年)3月8日東大寺別当101世(「次第」では17日、91世)。在任中、重源が死去している。1028年(長元1年)11月14日拝堂。同年、仁和寺別当、東寺長者。1210年(承元4年)4月、東大寺別当を辞任。ついで護持僧。1221年(承久3年)仁和寺御影堂供養。1226年(嘉禄2年)12月1日、東大寺別当105世に再任。1228年(安貞2年)辞任。8月5日死去。蓮華光院門跡を創建。西院、安井宮と号す。(『東大寺辞典』など)
道乗(1215-1273):頼仁親王の王子。上乗院門跡住職。東寺長者。小島宮と呼ばれた。
道円法親王(1224-1281):土御門天皇の皇子。西院宮、安井宮。
道融
性融法親王(生没年不詳):亀山天皇皇子。
益助法親王:岩蔵宮出身。上乗院門跡住職。
益性法親王:亀山天皇皇子。上乗院門跡住職。
益守法親王
乗朝法親王(生没年不詳):常盤井宮恒明親王の王子。上乗院宮。上乗院門跡住職。
道永法親王(?-1535):貞常親王王子。上乗院門跡住職。
寛守法親王:上乗院門跡住職。
道朝法親王(1378-1446):後円融天皇の第2皇子。上乗院門跡住職。
義昭(義照)
性演:中興
道恕(1668-1733):久我広道の子。東寺長者。東大寺別当。
了尊(生没年不詳):東大寺別当。

(『日本仏家人名辞書』、望月信亨『仏教大辞典 付録』)http://shinden.boo.jp/wiki/%E8%93%AE%E8%8F%AF%E5%85%89%E9%99%A2

大覚寺が兼帯した時期もある。明治に廃絶となった。 孝明天皇の時日の丸旗を、児島宮家孝明天皇が託した。

児島宮家は続いている、日本の天皇家の事である。
これらの(上乗院門跡から転送)蓮華光院(れんげこういん)は、京都府京都市東山区にあった、天皇家一門が見える。

本來「門跡」とは、師資 ... 准門跡」は、蓮華光院(文政四年正月以降、大覺寺門跡の兼帶となる)

門跡

平安初期には一門の祖師の法統を継承する寺、またはその僧をさした。宇多法皇が仁和寺に御室を造り密教潅頂を伝えたので、後世これを御門跡と呼んだ。その後、法王・法親王の開設・住持する寺院を御門跡と称した。
室町時代ごろから一種の寺格となる。江戸幕府は門跡を制度化し、法親王の住持する宮(みや)門跡、摂家(せっけ)の子弟の住持する摂家門跡、そのほかに清華(せいが)門跡・公方(くぼう)門跡・准(じゆん)門跡を区別して設けた。

天台宗
1. 青蓮院  粟田口
2. 妙法院  大佛
3. 曼殊院  竹内
4. 輪王寺  上野
5. 毘沙門堂 山科
6. 圓融院  大原
7. 圓満院  三井
8. 聖護院
9. 実相院  岩倉

この内、青蓮院・妙法院・圓融院は山門の座主を兼ねるので叡山の三門跡。圓満院・聖護院・実相院は三井の三門跡。

真言宗
1. 仁和寺  御室(おむろ)
2. 大覚寺  嵯峨(さが)
3. 三宝院  醍醐(だいご)
4. 随心院  小野
5. 勤修寺  山科(やましな)
6. 蓮華光院 安井

法相宗
1. 一乗院  南都
2. 大乗院  南都

浄土宗
1. 知恩院  東山

浄土真宗
1. 本願寺 (本願寺派)
2. 本願寺 (大谷派)
3. 専修寺
4. 仏光寺
5. 興正寺

1871年(明治4)諸政一新とともに門跡制度は廃止、以降私称として使われる。

門跡制度は廃止では、全国の神社仏閣は、成り立たない?天皇主体、太一無き、明治~平成となる。
今の門跡は、天皇主体、太一無き個別運営となっている。伊勢にしても、運営は正常では無くなる。

天皇家はインチキ虚構となっている。
今宮内庁も、上乗院破却くしておいて、天皇家は、何の意味も無し。明治に棄却したといい、疑惑が、生じた。 最終更新:2017年8月19日 (土)

明治天皇が、明治に棄却した、これは天皇を、名の、なれる訳は、なかろう。

門跡制度こそ、天皇(上乗院門跡から転送)御手本であった。










 

『妙貞問答』については、妙秀と幽貞という二人の尼僧とは? 誰の事なのか

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月22日(火)08時37分12秒
返信・引用 編集済
  『妙貞問答』については、妙秀と幽貞という二人の尼僧とは? 誰の事なのか、知らねば、全体が、見えていない。
不干斎 巴鼻庵と号した。恵俊または恵順と称し、『切支丹実録』では、生国は加賀の禅僧、恵順となっている。
不干斎とは父、佐久間信盛と、室、前田種利の娘、母、から生まれ、京都柴野大徳寺高東院、に預けられ、禅僧、恵俊、十五歳の時、佐久間甚九郎は、先陣をきったと、記している。http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/714
佐久間不干斎-その人はかつての織田家重臣佐久間信盛の嫡子甚九郎信栄その人である。

元亀三年家康の援軍として三方ケ原の戦いに参加子息信栄は15歳先陣を切っている。

児島高徳ー三宅高光─児島正綱ー正光ー宮修理亮藤原満盛ー藤原、佐久間甚九郎助安(近衛中将助安)ー甚九郎朝次ー佐久間信晴ー 佐久間信盛三宅氏の起こり ...... 元亀三年家康の援軍として三方ケ原の戦いに参加子息信栄は15歳先陣を切っている。

佐久間信盛家は、佐久間孫五郎ともある、児島高徳胤が、近衛中将助安と、あり、児島高徳が築いた城、西広瀬城と、東広瀬城があり、佐久間信盛は西広瀬城、に兄弟の名が出ている。

佐久間不干斎とは、秀吉に挑み、京都柴野大徳寺高東院に、隠遁したときの名を、之より不干斎と名乗る。

ここからは、佐久間不干斎と妙秀と幽貞の関係について、知られざる、妙秀と幽貞について、述べれば、明智光秀、の娘、お玉(ガラシャ)つまり、幽貞である。
細川忠興の嫁、お玉(ガラシャ)は、明智光秀の本能寺の後、付き人の、清原イト(マリア)で知れる。

佐久間不干斎と妙秀?(清原イト)の父は、
織豊時代の女性。
細川忠興(ただおき)夫人ガラシャの侍女。キリスト教に入信した父清原枝賢(えだかた)の感化をうける。伴天連(バテレン)追放令下の天正(てんしょう)15年(1587)に受洗し,ついでガラシャの洗礼をたすけた。通称は小侍従,おいとの方。

1520-1590 戦国-織豊時代の儒者。
永正(えいしょう)17年生まれ。清原国賢,清原マリアの父。明経(みょうぎょう)博士。祖父清原宣賢(のぶかた)につぐ名儒として知られ,大内義隆,松永久秀の師となる。永禄(えいろく)6年宮内卿。同年ビレラから受洗したがのち棄教。天正(てんしょう)9年正三位にのぼり出家した。天正18年11月15日死去。71歳。法名は道白。名は「しげかた」とも。

吉田兼倶→清原宣賢→清原業賢→清原枝賢とつぐく儒家。
きよはらのえだかた

永正17(1520)年~天正18(1590)年11月15日 別名=清原枝賢(きよはらえだかた,きよはらのしげかた),船橋枝賢(ふねばししげかた) 戦国時代・安土桃山時代の公卿(非参議)。非参議船橋良雄の子。
きよはらのしげかた【没】天正18年11月15日(1590年12月11日)
船橋枝賢ふねばししげかた
きよはらえだかた
清原マリアの洗礼明智珠(細川ガラシャ)の侍女頭に「清原いと」(後の清原マリア)が居た。清原いと(清原マリア)の父親は清原枝賢とされる。 父・清原枝賢は公卿だったが、引退後は儒学者として活動し、松永久秀などに儒学を教えていた。

吉田神道の卜部うらべ家から養子にはいったため神道にも詳しく、三条西実隆から『伊勢物語』の講義を受けるなど、和漢の古典に通じていた。さらに、元来武家のものである『御成敗式目』も、清原家相伝の解釈が権威を持っていた。http://www.ndl.go.jp/exhibit60/copy1/4rekishi.html
日本書紀 にほんしょき 巻1-2
細川藤孝の生母がいと(マリア)の大伯母 ...

2-3-21)宗賢

①父:大蔵卿業忠 母:不明

②子供:養子:宣賢(実父:吉田兼倶)

③明経博士 正三位 非参議



2-3-22)宣賢(1475-1550)

①父:養父:宗賢 実父:神祇大副吉田兼倶 母:不明

②子供:良雄(業賢)・細川藤孝母(智慶院)・等貴・妙佐・吉田兼右

③国学学者・儒学者 歴史上屈指の碩学 正三位少納言 非参議

④1550年越前国一乗谷で没。

⑤この流れから堂上家 舟橋・伏原・沢 3家派生し幕末まで続いた。



2-3-23)良雄(業賢)(1499-1566)

①父:宣賢 母:不明

②子供:枝賢・数重

③従三位 非参議 少納言



2-3-24)枝賢(1520-1590)

①父:良雄(業賢) 母:不明

②子供:国賢 いと(マリア)

③宮内卿  正三位 非参議



・清原いと(マリア)

①父: 枝賢 母:不明



③1587年受洗 マリア 細川ガラシャ侍女

「東京大学史料編籌所蔵本」では次れていた。( ^ー「なくさみ草」には、「外記ノ道白」とあるが、道白は枝賢の法号。この道白が清原枝賢であることも、従来は見逃さ録』応仁二年四月二十八日条の「前外史常忠公」など。
《続史籍集覧》第2冊所収の《清原枝賢奥書式目抄》は宣賢の註釈であると枝賢(宣賢の孫)奥書はいう
清原宣賢の子、同じく清原宣賢の女が細川藤賢の実母とされている。

北の政所の侍女、は、佐久間信栄の母という?

でんかきたのまんどころかんばくごぜんせいしつ「みんな、殿下と北政所(関白の正室の称号)様の御前
豊臣秀吉の正室・北政所(高台院)の本名は「ねね」と「おね」と二通り出てくる。

杉原家次とは秀吉の正室であるおね(寧々・北政所・高台院)の母・朝日殿の兄にあたる。家次は秀吉の数少ない一門の1人で、長浜城時代から家老として秀吉を補佐した。

佐久間不干斎と妙秀の先祖は、伊達政宗の先祖は、後鳥羽上皇である。
先祖は、後鳥羽上皇で有り、承久の変で、以降、頼任親王、佐久間祖、児島頼宴僧正の子児島高徳の母方、児島範長、で知れる。
児島範長の嫁方は、紀家弘)通清といい、こちらが、、伊達政宗の先祖や、紀良子、といい、足利義詮の嫁や、
伊達政宗と佐久間不干斎の手紙て゜、縁故が知れる。
又、佐久間不干斎と妙秀と駆け落ちし、ハビアン。



禅僧から改宗、イエズス会の理論者として活躍し、晩年に棄教。東西の宗教を知性で解体した男は宗教の敵か、味方か。それとも「るしへる」と呼ばれる大悪魔であったのか。それに加えて駆け落ちし、ハビアンに棄教させたほどの修道女とはどのような女性だったのだろう。http://tsurugimachi.net/essay/%E8%83%8C%E6%95%99%E8%80%85%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3/

佐久間家は信長に身ひとつで仕え始めた羽柴秀吉、明智光秀、滝川一益らとは違って、元から尾張に勢力を持つ土豪であり、独自の判断で守護代の分家にすぎなかった織田信秀につき従ってきた、いわば盟主と傘下協力者に近い(徳川家と酒井家のような)関係にあった。

一益・長定としては、一刻も早く城を奪取
したい。交渉を繰り返し、長定の子を人質に出し、信栄の妻子の安全を保障することで本丸確保に成功する。信栄の妻子は信辰に守られてこの日のうちに城を脱出した。
蟹江城陥落と同時に前田・下市場両城とも秀吉方となり、残るは大野城である。重政の母を人質にとった長定は使者を遣わし重政に寝返りを勧める。だが重政は「信栄に対して二心は抱けぬ。我が志を分かって母は殺されても恨みはしまい。己は城を守り信栄の恩に報いる」と答え使者を追い返した。と同時に、信栄・信雄・家康に急を報せた。

早くも6月18日夜には、下市場城が陥落、嘉隆は海上に逃げ、裏切組の長俊は斬られた。
23日には前田城が落ち、長種は逃亡、織田・徳川方により海上は完全に封鎖された。
信栄を先陣に22日より始められた蟹江城包囲戦は、篭城した一益らの奮戦により多くの死傷者が出たが、早急な援軍が見込めないと悟った一益は和睦を受け入れ、7月3日に至り開城した。人質となっていた重政の母は無事開放された。一益も無事退去できたが裏切りの張本人である長定は命を全うできなかった。
蟹江城は翌天正13年(1585年)の天正地震により壊滅し、今はただこの地にかつて城があったことを示す石碑が立つのみである。http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-1655.html

清原イトは藤原定家の後胤とされています。 不干斎ハビアンの祖後鳥羽 ...
兄に清原国賢( ... 清原イトの父清原枝賢 きよはらの えだかたは、二条関白家に関係している。

妙秀尼遺文 http://kodaisijiten.web.fc2.com/5.html
清原イト. 妙秀尼遺文 いと(マリア)ガラシャの付き人 ... 父は光二,母は妙秀。 祖父本阿弥光心にはじめ実子が無かったため、光悦の父本阿弥光二を養子としたが、のちに本阿弥光刹が生まれ、光二は分家し独立する。

秀吉、近衛家の猶子(ゆうし)に。近衛秀吉として、関白誕生。
   正室「ねね」 → 北政所
  ・2か月後の9月、太政大臣に。「豊臣」姓下賜。
  「姓名」は正式には、「源平藤橘」(げんぺいとうきつ)の4姓のみ。

日本民族日本人は、神とされた祖先の血と命と心を絆として受け継ぐ子孫である。
ゆえに、日本人は日本人である決して、日本人は、朝鮮人でもない。



 

之弥生知らずに、弥生は、いつまでたっても、判らず、重要なのは、神武の父ウガヤの名前である?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月 4日(金)19時06分13秒
返信・引用 編集済
  之弥生知らずに、弥生は、いつまでたっても、判らず、重要なのは、神武の父ウガヤの名前である? 弥生初期は、夜須東小田の中原遺跡から出土していた、石のすずり、が、漢の武帝との関係があるとした、日本との関係が、夜須の始まりであった(児島宮歴史研究室)

ここに、夜須の漢の武帝と、繋がりを、石製硯が、福岡県内から四面出土、していた事で、日本の始まりが、北部九州の遺跡と相似している事が、ついに明らかとなった。
児島宮
神武の父ウガヤの名前と関係しているのは、児島宮歴史研究室しか、判っていない。 それは児島宮頼任親王の末裔が児島高徳であるという。
児島宮先祖は、児島宮頼任親王で、児島高徳が、ウガヤの先祖について、太平記の中に、記している、越国の越王勾践が、日本の天皇と、関係している事が、越王勾践の末裔、で漢祖の劉邦を助けた、越王、ビン越国の、無渚の子が、日本祖のウガヤ事、丑王と、「夜須史談会」で、発表、今も、その解説は、前と同じである。これが日本の歴史に関係している。「日田の多氏古事記」は夜須の場面を、取り上げていると、「夜須史談会」で記録している。

「安本美典氏の福岡の梓書院」から出版発行している児島宮著作の、「豊原国譲りから邪馬台国夜須へ」でも、記している。

少しは、児島宮と 、ウガヤの先祖について、お解り、いただけた、だろうか? これなくしては、中国と日本の関係は、出て、来ません。

ここで、日本と関係しているのは、漢の武帝により、東海の島、九州?とは、別けて国としたという事。
この日本祖のウガヤ事、丑王と、鉄製造、灰色硬質土器「須恵器」が夜須をはじめとして、夜須の遺跡から、広域に出土、している。 これと共に、製造が夜須の中心遺跡に分布している。

これこそ、ビン越国と、九州(中国による名)制度である。
夜須には神仏が、最初に、伝わったのは、日本祖のウガヤ事、丑王の神殿が、白馬村に、建てられている事にある。白馬三郎とは、日本祖のウガヤ事で、越王の名とある。又八尾王とは丑王とある。

夜須の時代は紀元前五十年前で、国の主、イワレ彦が東征して、都は終わった。
ここまで、語れば、西暦には、夜須は、歴史から、消えていたのである。

夜須には古墳時代の形跡は、なくなっていたのである、すべての歴史は近畿地方、大阪、奈良に移って、いたのである。

北部、九州の古墳と、考古学は、しているが、時代は神武の東征以降、主力は、無く、部落の長としてだけ、残って、いて、卑弥呼到来には、部落の長、羽白熊鷲が、いただけと、記している。

ここで大夫とは、越式、部落の酋長の事である。江戸では家老と同じ名。








 

姒古代中国祖だった児島祖の証拠はあるのか? ジ(姒 ). 勾践(こうせん、姒勾踐(じ・こうせん)荊の紀氏

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 7月23日(日)14時38分58秒
返信・引用 編集済
  姒古代中国祖だった児島祖の証拠はあるのか? ジ(姒 ). 勾践(こうせん、姒勾踐(じ・こうせん)、? - 紀元前465年)春秋時代後期の越の 王。 姒勾践(じ・こうせん)・・・越国・監国太子の後、越王 ... 家門を過ぐれ ...
児島祖は姒古代中国祖も姒氏 http://d.hatena.ne.jp/muoon/20111204
ジ(姒). 勾践(こうせん、姒勾踐(じ・こうせん)、? - 紀元前465年)春秋時代後期の越の 王。
姒勾践(じ・こうせん)・・・越国・監国太子の後、越王 ... 家門を過ぐれども入らずかこう うじせいぶんめいこんせんぎょく夏后氏禹は姒姓. なり。 ... 名は、文命(ぶんめい)、大禹 、夏禹、戎禹ともいい、姓は姒(じ)、夏王朝創始後、氏を夏后とした。文命文氏
http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/?page=10&  投稿者:荊の紀氏


http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/? 投稿者:荊の紀氏



 

日本の先祖と中国の相似先祖で、照合すると、

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 7月20日(木)13時12分11秒
返信・引用 編集済
  日本の先祖と中国の相似先祖で、照合すると、何かが見えてきた?

岡山の吉備津と福岡県の黒田家の儒者、貝原益軒①の、写真に見る相似点と奈良田原の雲巻軒丸瓦②の形の共通が、中国福建省屏山平山の治城の雲巻軒丸瓦、形③の共通で、日本が?読み取れる。


貝原益軒①雲巻き模様→ 奈良田原の雲巻軒丸瓦② → 中国福建省屏山平山の治城の雲巻軒丸瓦、形③


貝原益軒①雲巻き模様 奈良田原の雲巻軒丸瓦② ? 中国福建省屏山平山の治城の雲巻軒丸瓦共通で、日本が?読み取れる。日本考古学協会と、歴博が、解明できなかかった、雲巻軒丸瓦共通があった。「許可なく掲載禁止」

雲巻軒丸瓦で日本の天皇が見えてきた。

日本考古学協会と、歴博が、日本の開祖は朝鮮半島から、五世紀後半に、渡っては、詐称だった。
万葉集は七世紀に作られた書物で、中国の唐時代にあたるが、大友の旅人は中国隋時代で五世紀にあたる。
万葉集』(まんようしゅう、萬葉集)は、7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後。




 

見える、日本独特の代々継承する名前制度、天皇も、その一つと、みなされる

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 6月20日(火)17時51分55秒
返信・引用 編集済
  日本独特の制度・慣習の一種である。
慣習日本人の先祖を知る為には、相似している>
代々継承される人名。

当主が代々継承する名前 南北朝より、見える、日本独特の代々継承する名前制度。
天皇も、その一つと、みなされる。天皇=宮家=平山=甚九郎=越王=日本=天主
日本古来の大家族・「家制度」と密接な関係を持っている。

名跡により継承されるのは「信用」「伝統」「歴史」相関している。

血縁外の者が継ぐ場合は一般的には一族の中に入ることが求められる(婿養子になるなど)。

名跡とは具体的には名前(芸名)のことであり、同じ名を何代にもわたって襲名し、用い続けた場合に生まれてくる権威や伝統を伴っている。また名跡は基本的に「代々受け継がれるひとつの名前」のことである。

継がない場合には、その名前は名跡とは呼ばない。あくまでも同じ名前を数代にわたって用いることが条件である。

血縁でないものが娘婿(婿養子)あるいは養子、猶子となって家名を踏襲する場合は「名跡を継ぐ」ということもある。とりわけ、異なる氏のものが継承することでその家名の血筋が変質する場合において用いられる。鎌倉時代以降、家名が絶えた場合にその断絶を惜しみ、肉親以外の者が称する場合。

姓をもって自己の本源としたのである。 第二、姓は宗族の標識であるということ。宗族とは何か。 .... だから、中国の姓と日本の家名とは、どちらも同じ呼称をもって祖先およびその子孫を貫いている。

元より強さなど計るものではなく、王か、それ以外かの話であろう」と最強の座などよりも「王」としての在り方の方が遥かに重要
王として治め ..... 描写的には今までのFateシリーズの「天地乖離す開闢の星」と同じ。メソポタミア

夏王朝姒、天神七代、越王無予、ビン越、日本、天皇、平山、児島宮、神社、筑紫城、熊野、伊勢、日本独特の代々継承する名前制度、天皇も、その一つと、みなされる。

明治天皇以降、皇室、天皇は外部でしかない。相関していない、代々継承する名では無い。










 

日本人の先祖を知る為には、似ていることにある

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 6月17日(土)11時56分38秒
返信・引用 編集済
  日本人の先祖を知る為には、相似している
相似を見つける。今はパソコンで探すことができる。
「相似」と「三平方の定理」


日本の伝統を守ら無いと、日本の定義は違うとなる。全般に言える事。

相似記号の覚え方
1.語源を知る
2.書きまくる
3.使いまくる



形・性質などが写したようによく似ていること。


?生? 生物の器官で,その発生起源を異にするが,同じ機能をもつために似た形態をもつようになった場合の相互の関係。

 

万歳三唱しめくくりに使う言葉で日本人が見えている、耶麻台もここから

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月28日(日)10時05分4秒
返信・引用 編集済
  万歳三唱は日本だけの、ものではなかった?
しめくくりに使う言葉で日本人が見えている。

万歳 万歳 万歳


閩越王城博物館 検索項目

《中國古代的王朝和國家》:閩越國(東南古國) https://wechat.kanfb.com/history/255

【文史】漢武帝威服四夷北設四郡(上)
http://ca.ntdtv.com/xtr/b5/2016/09/10/a1285773.html


http://fj.sina.com.cn/news/city/nanping/information/s/2013-12-20/10084125.html

万歳(旧字体:萬歳、ばんざい、ばんぜい)とは、喜びや祝いを表す動作などを指していう言葉。動作を表す場合は、「万歳」の語を発しつつ、両腕を上方に向けて伸ばす。また、より強調して、「万々歳(ばんばんざい)」と言われる場合もある。

『千歳千歳千々歳 (???????:チョンセチョンセチョンチョンセ)』. これは。。。 長い間、中国の属国のような扱いを受けていた朝鮮半島です。



 

不二という「空」思想

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月 5日(金)17時26分29秒
返信・引用 編集済
  善は善であり、悪は悪です。 邪は邪であり、正は正です。

不二とはそれゆえ元々は一つの行為に対する二つの仮称であるとして而二不二(二にして二ならず)といったのである。

「善悪不二」の「善悪」は表裏一体であり、「縁」により常に反転を繰り返している現象である。

天地陰陽相い和して、宇宙一切が保持されるのである。

不二という「空」思想は、華夏によって、出来ていて、広められた。
日本の霊山といえば富士とされた。天王による、「善悪不二」

明治以降は憲法で、国は不治の病となっている。

善悪不二論とは、 善と悪とが敵対しつっ丶 統. } されているということで丶 その特徴的な所論が天台智頭に. よる善悪相資説

花とは特に際立った何か別のものではない。奥儀を極め、萬珍しさの理を自ずから悟らないかぎり花は見つからない。

現日本は正しい事や悪い事が、憲法により消された。 解る人が一人もいないのである。
司法とかすべて、無断な采配がおこなわれている、に過ぎない。国家も之と同じ。
汚れている。


罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。不干斎

「天」との関係において心のあり方を問う。

「善悪の知識の木の果実」)を食べて正理に. 背いた

(「人ナラバ人ノ後生ヲ扶ルコトハ曾以叶ベカラズ)、第二に、「善悪不二」といい、罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。

『妙貞問答』三巻は、上巻(『仏法之次第略抜書』として今日伝わるもの)に仏教を批判し、中巻に儒教・神道を斥けて、下巻にキリスト教の教義を説く。仏教批判の要点は、第一に、釈迦や阿弥陀は人間であり、人間は人間を救い得ないということ(「人ナラバ人ノ後生ヲ扶ルコトハ曾以叶ベカラズ)、第二に、「善悪不二」といい、罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬということ(「現在ノ作法モ、上ニ恐ルベキ主ヲ知ラザレバ、道ノ道タルベキ様モナシ」)である。

天下の善悪は舌三寸の囀(さへづ)るにある

不干斎ハビアンの書

児島宮の祖先不干斎

罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。不干斎

儒道については、天地万物の起源に触れ、万物には初めがあり、初めは自ら生じるはずがない(「他ノ力ニヨラザレバ生ジサフラハヌゾ」)として、陰陽から万物が生じるという説明は、陰陽が何から生じたかを説明しない、と論じる(「其天地陰陽ハ何クヨリ生ジタルト思イ玉フヤ」

自分の悪を羞じ他人の悪を憎む羞悪の心、目上にへりくだり譲る辞譲の心、正しく善悪の判断を下せる是非の心という、四つの善なるものへの傾向性ないし萌芽であるとされる。これは四端と呼ばれ、この四端は良心とも呼ばれた。この心は天から生まれつき与えられたものなので、尽心すなわち心をきわめ尽せば、天がいかなるものかがわかるともいう。

性善説(せいぜんせつ)とは、人間の本性は基本的に善であるとする倫理学・道徳学説、特に儒教主流派の中心概念。人の本性に関する考察は古今東西行われてきたが、「性善説」ということばは儒家のひとり孟子に由来する。




「天」との関係において心のあり方を問う。

「善悪の知識の木の果実」)を食べて正理に. 背いた

(「人ナラバ人ノ後生ヲ扶ルコトハ曾以叶ベカラズ)、第二に、「善悪不二」といい、罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。

『妙貞問答』三巻は、上巻(『仏法之次第略抜書』として今日伝わるもの)に仏教を批判し、中巻に儒教・神道を斥けて、下巻にキリスト教の教義を説く。仏教批判の要点は、第一に、釈迦や阿弥陀は人間であり、人間は人間を救い得ないということ(「人ナラバ人ノ後生ヲ扶ルコトハ曾以叶ベカラズ)、第二に、「善悪不二」といい、罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬということ(「現在ノ作法モ、上ニ恐ルベキ主ヲ知ラザレバ、道ノ道タルベキ様モナシ」)である。

天下の善悪は舌三寸の囀(さへづ)るにある

不干斎ハビアンの書

児島宮の祖先不干斎

罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。不干斎

儒道については、天地万物の起源に触れ、万物には初めがあり、初めは自ら生じるはずがない(「他ノ力ニヨラザレバ生ジサフラハヌゾ」)として、陰陽から万物が生じるという説明は、陰陽が何から生じたかを説明しない、と論じる(「其天地陰陽ハ何クヨリ生ジタルト思イ玉フヤ」






 

勝手に決めるものではない。善悪を定義 天王による善悪を定義

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月 4日(木)16時22分27秒
返信・引用 編集済
  憲法とて、勝手に決めるものではない。善悪を定義 天王による善悪を定義でなければ、勝手に決めている法律は悪也。

【善悪の定義とは?】
人間の本質が「善」だとするのが性善説で、. 逆に「悪」とするのが性悪説です。

性悪説が正しければ、
「人間は生まれながらにして邪悪で信用出来ないロクデナシ獰猛な動物。

陰陽道の秘伝書「ほき内伝」によると八将神とは牛頭天王の八人の息子達を意味します。

その履み行うところをつぶさに視て善悪・邪正を反省して常に正・善に立ち返ることを心がければ大いに吉である。

「報」とは「むくい」という意味で、過去に善悪さまざまな行為をしている私たちですが、その行為が生命に刻まれて因となり、なんらかの縁によってやがて果報となって外に顕れます

日本では昔物語で 天王による善悪を定義づけている。

現代の憲法下では、勝手に決めていて、善悪を定義は無し。



 

華夏は善悪を定義し、すべての諸事を規定する

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 4月25日(火)19時06分24秒
返信・引用 編集済
  中華人民共和國

1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島及びその他諸島を実効支配している

台湾島は、漢民族が同島に移住し始めた17世紀における大航海時代のオランダ及びスペインの植民まで、台湾原住民が主に居住していた。1662年、明寄りの支持者である鄭成功はオランダを追放し、同島初の漢民族の政治的実体である東寧王国を設立した。

「1895年に日清戦争の結果下関条約にて台湾が日本に割譲されるまでには、台湾の居住者の大多数は祖先又は同化のいずれかにより漢民族であった。」
華夏漢族が古くから生活していた黄河流域は,漢 ..... 他にも以下のような単語があり,すべて反動的、. 邪悪、秘密、闇の意である。 「 白」:正邪。是非。善悪。 「 榜」:ブラックリスト。 「 道」:悪の .... 青の定義は広く,日本で言う緑や黒も青というこ. とがある

孔子との間に,是非・善悪が流動する三角の巡り合わせが見られる。

中国と称し華夏と言ふ。

国を治める君主に天命があるなら、下の諸人にも善悪のしるしがあって、善人は長く栄え、悪人は速やかに禍を受けるべき ...... 愷悌帰2於華夏1。

華夏の民、漢人の祖先とされている。

古事記伝より学ぶ!本居宣長が問い続けた”日本とは何か
古語でもそのときの天皇を「神」と申し上げ、真の神であらせられるので、善悪を論じることなく、ひたすらかしこみ敬い奉るのが、真の道である。 ...... 愷悌帰2於華夏1。

日本の歴史は神武天皇に始まり

中華帝国以前の時代には華夏族を四夷と区別するため、文化的概念として頻繁に用いられた。 ...... かまど王を天に送り、神様にかまど王の善悪を判断してもらう言い伝えから。

善は、道義的に正しい事。または倫理に沿った行いや理想的目標。正義とは違い何かや誰かを裁くための概念ではなく、護り目指すべき理想としての概念。

悪は、古語では荒々しく猛々しい様を表し、道義を持たない事で、“ 動物的本能 ”からくる欲求を行動基準にする事。
「善悪」はその行為や事柄を客観性を持って総合的に判断する。鳥のさえずり ハビアンより

華夏族(かかぞく)は、漢の時代以前に中原の黄河流域に暮らす部族で、漢民族を構成する主体でもある。 漢民族はその昔、漢民族とは称されておらず、華夏族と称されていた。

善悪とは華夏王の定義

「善悪」はよいこと(善)と悪いこと(悪)。華夏王による罰を受ける。 裁判では無い。
物事に白黒を付けて判断することですね。これを戒めます。

有鑒於中原文化與科技的興盛,無諸積極引進華夏文化,並與閩越族原本在地的百越文化做融合,發展出獨特且輝煌一時的閩越文化。在科技 .... 日本の原点は、筑紫の夜須にあり、中国華夏族、が、篠隈、大木原に、鳳凰(法王てんのう、平山)が、甦っています。

匈奴の王号「天王」
華夏王の定義「天王」
続日本紀」にある元明天皇譲位の際の詔には「天の縦せる寛仁、沈静婉レンにして、華夏載せ佇り」とあり「慈悲深く落ち着いた人柄であり、あでやかで美しい」と記されている。

意味・定義 類義語」 ..... そこの人々は華夏人(中国人)と同じで、蛮族と言われるのは理解出来ないとしている。 ... てんのうは?華夏人で、始祖鳥 無予から数えての年号。 姓は阿毎(アメ「天」)、字は多利思比孤(タリシホコ「足彦」タラシヒコ)

《華夏諸神?媽祖卷》
三皇中的後天王皇人首蛇身,即伏羲,後地皇人首蛇身,即女媧,後人皇牛首 ... ?華夏族為?、炎之後,這實際上反映了華夏族是由以?帝、炎帝為代表的兩個有血?親屬關係的氏族經過長期發展而成的。

勝手に決めるものではない。善悪を定義 天王による善悪を定義

「天王(てんのう)」の定義意味解説  。【解説】欲界にいる最下級の神。特に、牛頭(ごず)天王。

王侯・王国・王座・王子・王者・王女・王政・王妃/勤王(きんのう)・国王・女王・尊王(そんのう)・大王・帝王・仁王(におう)・覇王(はおう)・法王・魔王・四天王(してんのう)」









 

上岩田官衙遺跡と軒丸瓦から、年代と、夜須柏木官衙施設の任官役人から、見た、筑紫、筑後の官衙施設

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月12日(日)18時20分26秒
返信・引用 編集済
  日本の古代律令制度の下で、郡の官人(郡司)が政務を執った役所で ある。国府や駅とともに地方における官衙施設で、郡家(ぐうけ・ぐんげ・こおげ・こおりの みやけ)ともいう。
古代律令制度

主に古代東アジアで見られた中央集権的な統治制度であるといわれる
施行したことが実証されるのは日本だけである。

奈良飛鳥時代から、見る天皇中央集権、の、舒明天皇子天智天皇による、古代律令制度の下の上岩田官衙遺跡と夜須柏木官衙施設は、筑紫官衙と筑後官衙を、官人は兼ねていたとある。

夜須の奏言郡大領(郡司)は斎衛二年の文徳天皇記録に、菅原道真の先祖にあたる、前田臣市成が、米を大宰府政庁に収めた、木簡が、政庁跡から出土している。

夜須奏言は天皇御領地とあり、夜須柏木官衙施設は、筑紫官衙と筑後官衙にあたる。
これ官衙を天皇により天皇御領地に認可されて、いる事が判る。
大宰府政庁前には、敏達天皇時期、隋の陽帝の使いが筑紫夜須に、来ていた事が、記録してある。
大伴旅人や家持が、夜須の野にて、歌を詠んだ、万葉集は、夜須と天皇の繋がりを、表している。
敏達天皇時期、隋の陽帝の使いが筑紫夜須に、来ていた記録には、筑紫、筑後は華夏人の国と、日本で最も最古の地(天孫降臨地)としている。
筑紫、筑後は華夏人天皇の地、は、奈良に先行して、いた事を物語っています。

夜須柏木官衙施設の名に、ちなむ、役職から、柏木は、源氏物語の登場人物 - Wikipedia 源氏が3歳の時に病で死去。生前、女御に出来なかった事を悔やんだ桐壺帝から、没後に三位(女御の位階)の位を賜った。 ... 紫の上の養女となる。匂宮の母。 薫(かおる、薫君(かおるのきみ)とも) - 表向きは光源氏と女三宮の次男であるが、実の父は柏木。

光源氏の子女
冷泉帝(れいぜいてい) - 桐壺帝の第十皇子。実際には光源氏と藤壺中宮の男子。
夕霧(ゆうぎり) - 光源氏の長男(実際の長男は冷泉帝)。母は葵の上。
明石中宮(あかしのちゅうぐう、明石の姫君、明石女御 とも) - 光源氏の長女。母は明石の方。紫の上の養女となる。匂宮の母。
薫(かおる、薫君(かおるのきみ)とも) - 表向きは光源氏と女三宮の次男であるが、実の父は柏木。



柏木(かしわぎ) - 頭中将(内大臣)の長男。従兄弟の夕霧とは親友。源氏の二人目の正妻・女三宮に恋する。三宮への想いが募り、源氏の留守中強引に契った。三宮の懐妊がきっかけで、源氏に不義が知られてしまい、苦悩の内に若くしてこの世を去る
玉鬘(たまかづら) - 頭中将(内大臣)と夕顔の娘(おそらく長女)。源氏が養女とする。類まれな美貌の持ち主で、乳母一家(夫が、太宰少弐として赴任。)と大宰府で暮らしていたが、大夫監の強引な求婚がきっかけで、逃げるように帰京した。それからしばらくして尚侍となるが、その直後に無理やり髭黒の妻にされた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9

柏木は中納言に昇進しました。帝の信任も厚く、将来を嘱望された人です。女三宮の姉の女二宮を妻にしていましたが、女三宮よりも出自の低い女二宮では飽きたらず、相変わらず心の底では女三宮を思い続け、女三宮の女房の小侍従に何とか便宜を取りはからってくれるよう、せっついていました。この小侍従は柏木の乳母の縁続きだったため、柏木は昔から女三宮の様子を聞いていたのでした。

それは太政大臣(もとの頭中将)の長男、柏木。いまは右衛門督という役職に就いています

太政大臣(もとの頭中将)の長男、柏木

頭中将(とうのちゅうじょう)は、日本の律令制における公家官職の呼称の一つ。位階が四位の殿上人で、蔵人頭(蔵人所の実質的な責任者)と近衛中将(近衛府の次官)を兼任した者に対する通称。

頭中将は、蔵人頭と近衛中将を兼ねた者に対する通称である。この二つの官職のうち、蔵人頭の定員は2名(「両頭」)で、いずれも四位の官人が任じられた。両頭は文官と武官が分け合い、武官の蔵人頭は近衛府の次官である近衛中将が兼帯して補任されることが多かった。平安時代末期には、文官である弁官(大弁または中弁)から選ばれる蔵人頭の通称である「頭弁」(とうのべん)と並びたつ慣例が生まれた。

頭中将は天皇の側近くに仕えることが主たる任務とされ、将来の高官候補者である上流貴族の子弟が、近衛少将から近衛中将に昇進した後に蔵人頭を兼ねて頭中将となり、その後、公卿に昇進する例が多かった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E4%B8%AD%E5%B0%86
頭中将は、『源氏物語』の登場人物の一人の通称としても使われている。この頭中将は、光源氏の年長の親友であり、義兄であり、恋の競争相手であり、また政敵でもあった。
頭中将の用語解説 - 近衛中将で、蔵人頭(くろうどのとう)を兼ねた人。源氏物語の登場人物。左大臣の長男。雲井の雁・柏木・玉鬘(たまかずら)などの父。光源氏と親友で、太政大臣に至る。

頭中将の正室。柏木の母。 柏木:頭中将の長男。従兄弟の夕霧とは親友。
頭中将の長男で、弘徽殿女御と同腹の子。左大臣・頭中将家の期待の青年で、夕霧の親友でもある。
雅楽「青海波(せいがいは)」を舞う光源氏(左)と頭中将

夜須柏木官衙施設の官人は、小野成季とあり、秋月祖とある。
小野成季は成田とも
夜須郷柏木の小野成季と柏木職名は地名の「柏木」遺跡とは本名ではなく、官位・巻名から付けられた通称である。http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/731

1)侍従の君  末摘花の乳母子。忠実に仕えたが、のち末摘花の叔母の夫である太宰大弐の甥と結婚して九州へ下った(末摘花・蓬生)。
(5)侍従の君  小野の妹尼君の女房。

ところで、女房名は父兄や夫や家の官職によって付けられることが一般です。

奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた、藤原実範(さねのり)の子。成季は、筑前の国
応徳3年(1086)文章(もんじょう)博士となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)の国守などを歴任。
平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。
地名の「柏木」遺跡とは本名ではなく、官位・巻名から付けられた通称である。

衛門の督の君〔:柏木〕
兵衛府の官人を 「柏木」 と表現した。

長は衛門督 (後に左衛門督・右衛門督)である。「柏木」は王朝和歌における衛門府、
衛門督の雅称である。
http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/558










 

世界の神が、あしなわれている、神は人類の何なのか?、では無く人間が神を、あしなうのか??

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月 6日(月)07時49分46秒
返信・引用 編集済
  世界の神が、あしなわれている、神は人類の何なのか?、では無く人間が神を、あしなう(下に見る事)のか?? 空を飛び交う飛行機やロケット時代、人間が神よりも、上になったのか?

神は超越しているとも・言われるが、人間をお造りになったと、いうのに、何故人間が神を、あしなう(粗末にする)のか??
それが今の世か?世とは世界とも表示されるが、世の中とは、円の中の地球の中の事なのか?
世界が世の中とすれば?
神仏が、蔑ろに、されたとき、パソコンの文字がこう出てくる。
見えてきたが神は太陽と、されている神とは、このような考えは、誰も、考えも及ばない。

考える、世の中は丸い地球の中に、あるという、世とは丸い?あるいは四角長方形か?
前方後円墳が、伝えているから、入口は四角長方形で、その先は円形とするのは? 世界観とされているヒントなのか?

あしらわれるとは、粗末にする事、いい加減な、中途半端な、成り立たない?
「なぜ神は人類を創造したのか」
「崇拝」という言葉が何
善悪を定義し、すべての諸事を規定する
神とは、人を、みちびく、日本ではこう説明している、猿田彦。に、みちびかれ、案内とある。

シュメール神話等では人類創造の主は複数で表現されている。三角形主
これは、どういう意味か?
日本の神は、語っている?『記紀』
初めて増します神は、まします【在す/坐す】とは。意味や解説、類語。

三神とは
古事記神話で,天地創造の時,最初に現れた天御中主神あめのみなかぬしのかみ・高皇産霊神たかむすひのかみ・神皇産霊神かみむすひのかみの称。

日本に最初に現れた平山の大神とは、ウガヤ丑越王(ビン越)紀元前111年前、漢の武帝頃。

 

宮内庁とは一体何事か?不可解な日本の天皇とは? 考古学なんて嘘ばかり

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 2月23日(木)19時25分36秒
返信・引用 編集済
  世界に稀なる日本の天皇とは、天王とも呼ぶ、宮内庁が天皇の事も知らないで、宮内庁とは一体何事か?不可解な日本の天皇とは? 考古学なんて嘘ばかり。
今の皇室は、天皇と国民が、思っているが、天皇がてんのうを、知らない?
十六葉菊紋章が、天皇では無い?誰もが、間違っています。
今の皇室や宮内庁さえも、天皇は朝鮮半島から渡って来たと、昭和天皇さえ、学習院さえ、判っていないのです。何が皇室か?天皇か?解釈できないのです。
ここに何故、日本の天皇とは、いったい何なのか?解る人は誰もいません?
意味が不明なまま、天皇とか、継承とか国会政治で、討論しているのも、天皇とは、不可解のまま、存在しているにすぎません。
ここに「天皇が軽く」、あしらわれているのが見える。
これでは天皇の意味が、まったく解りません。
日本が天皇も知らずに、天皇さんと、しているのは、不可解だけ?
これには大金のお金が、投入されているだけで、国民の天皇に、大金だけが、捲き散らかされている。
近代日本は世界一美しい国では、なかったのです。
嘘に、まみれている天皇が居る国となり下がりました。
韓国や朝鮮は何故、嘘でまみれているのでしょう、それは、神の国では、無いという事になる、からです。
嘘でお金を要求する、韓国や朝鮮は何故、嘘でまみれているのでしょう。
日本とは全然歴史が違いますね。
日本は朝鮮半島から、はじまったのでは、ありませんね。


天皇は日本だけ、天皇という古い時代から、天皇が鎮座? しているかの如く、内情がまったく、理解出来ていないのです。
このように、天皇の語源さえ、解明出来ないまま、続いているかのようです。
日本には天皇といえば神社仏閣の代表に、ある存在かのように、思われているようです。
だが現実は、その神社仏閣の代表は、宗教になり、バラバラに、運営されている。

ここに今の、日本の原点となっていた、神社仏閣の代表は、現存する天皇でも、なくなりました。
日本という形が、天皇でも、なくなり、事務上での、職員でしかなくなりました、東北災害や熊本災害にも、挨拶に従事しているに過ぎない。高給取り的な、てんのうでしか、なかった。





 

日本年代の人物から選び出した児島宮歴史研究室

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 1月24日(火)18時47分58秒
返信・引用 編集済
  ウガヤフキアエズ尊とは、ビン越最後の丑王(八尾王)の后は、玉より姫(太陽かぶる女)
丑王(八尾王)の年代は、漢の武帝、司馬遷の時期、で知れる、児島宮歴史研究室著作
紀元前百十一年~福建省から住民十万人と共に、筑紫国へ上陸、そして夜須と名付け、都と定めた。

八尾王繇王丑,越国国王。繇君丑是无的子。建元六年(前135年)」  夏后

城村(閩越王城)https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A9%E8%B6%8A

丑 (繇王)https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%91_(%E7%B9%87%E7%8E%8B)
閩越國第9代帝王閩越王城遺址 ?  冶城 ?  城村
閩越王城遺址 ?  冶城 ?  城村

冶城 ?  城村で、平山天皇とあり、日本の天皇に四男の磐余彦が、号する。奈良宮

奈良の神武の年号は、紀元前五十年前~紀元前二十年前頃

てんのお、は、福建省屏山の平山にあり、日本は此処から、始まっていた
http://kyusai.jugem.jp/?eid=112
2.日本神話で、海の神の娘玉より姫。ウガヤフキアエズノミコト(鸕?草葺不合尊)の妃となり、四子を産んだ。末子は神武天皇(カンヤマトイワレビコノミコト、神日本磐余彦尊)。

上の画像は、海の神の娘玉より姫とは、海の中より太陽が出たのに、形象している。
中の画像は、八尾王の かんむり ウガヤフキアエズ尊
下の画像は、小隈窯の越式墓 越式装飾品が埋められていた。祭祀の灰色硬質土器を造っている。 川辺土器も、作られていて、奈良にも、続いている。
この墓の特長に、円形が前方円で、細長長方形の後円墳である。 須恵器の椀蓋が二枚かぶせて、あり、葬り方が越式墓である。
ウガヤの墓と同形をなしている。

ウガヤの墓の周りには四方に、五と四個の甕棺が埋葬されていた。
甕棺の中からは、大きな水晶玉が見つかっている。






 

「八尾羅日本」日本の中には、数々の、言い伝えを残している

 投稿者:児島宮八尾羅研究室  投稿日:2016年12月 5日(月)18時32分1秒
返信・引用 編集済
  「八尾羅日本」

日本の中には、数々の、言い伝えを残している。
「記紀」に始まり、万葉集の歌にも、数々の、言い伝えを残している。
それは皆、羅している。

解けない、神社の祝詞の中には、大和言葉で、それは皆、羅している。
http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs
朝倉郡夜須の松延に、弥生初期の、平山城事、筑紫城

筑紫城は、聞いた事があろうか?それは五世紀より前にも、大友家持が福岡県朝倉郡夜須の原で、歌詠みした、事で、筑紫が知られる。
大友家持が詠んだ、安の原とは、祝詞の中にも、読まれているように、筑紫の、ひむかの、たちばな、の小戸の大木原にて、で、
宮崎や鹿児島が、天孫降臨地では、ありません。

この歌で解るように、筑紫?今の福岡県朝倉郡夜須の事を、古代では、夜須の原と、していたのです。古代史はここから始まっている、という事です。

耶麻台の地は、万葉集でも、たくさん、読まれています、これが天孫降臨地なのです。
神亀四年(727)冬頃、大宰帥に任ぜられた父に随い、筑紫に下向する。当時大宰府には山上憶良・沙弥満誓ら文人が集い、筑紫歌壇を形成した。天平二年(730)末、父の大納言任命に伴い帰京したが、旅人は翌年七月死去した。
大宰府政庁に下官していた、元々この大宰府夜須の原の、天皇領地、として、奏言郡大領と、斎衛年、記録されていて、
菅原道真の祖、前田臣市成が、奏言郡大領に居て、大宰府政庁に収獲した米を、献納していたことが、木簡の出土で、実在が知られる。

ここやすは、天皇家の土地でもあったと、記録されています。後、他は佐賀とあり。古代では、肥前、櫛田宮が、平安時代にも、宮廷から、本居氏が派遣された書簡記録が、残っています。小野党に見られる。

〈作者〉 大伴家持 ( おほとものやかもち ) ... 葦原 ( あしはら ) の 瑞穂 ( みづほ ) の国を 天降 ( あまくだ ) り 知らしめしける 皇祖 ( すめろき ) の 神の 命 ( みこと ) の 御代

葦原(あしはら)の 瑞穂(みづほ)の国を 天下り 領(し)らしめしける 天皇(すめろき)の 神の命(みこと)の 御代(みよ)重ね 天(あま)の日嗣(ひつぎ)と 領(し)らし来る 君の御代(みよ)御代 敷きませる 四方(よも)の国には 山川を 広みと厚みと 奉(たてまつ)る。


葦原(あしはら)の 瑞穂(みづほ)の国とは、筑紫の夜須の事で、後の地まで、天皇御領地、として、奏言郡大領と、斎衛年、記録されていて、いるのが証拠となっている。
今に、伝える児島宮に伝わる十六葉菊紋章は、天皇標である。
日本の国旗日の丸は、児島宮甚九郎儀平から、黒田長溥公に手渡せられ孝明天皇に、差し出されて、始まっている。
孝明天皇と、児島宮は、藤原関白家良実家に、遠戚になっている。
児島宮は、藤原関白家良実家に、類している。

又黒田長政公は、児島宮に幾度も、お参りになり、尾形絵師の尾長鳥の軸等、が伝わっている。
児島宮の甚九郎長成の弟は、長政公の子として、助九郎長興が秋月藩祖となっている。

長嗣系


佐久間信栄(正勝)の次男・長興(助九郎)の子孫を称するが、『寛政重修諸家譜』には信栄の子として長興なる人物は記録されていない[9]。http://kodaisijiten.web.fc2.com/36.html

我(わ)ご大君(おほきみ)、高(たか)照(て)らす、日の皇子(みこ)、
「安の野」は今の福岡県朝倉郡夜須町のあたりで、大伴旅人はよくここで丹比県守と酒を酌み交わしたのでしょう。
友の民部卿への就任と都への帰還を心から喜びながらも、ひとり大宰府に残される旅人の寂しさが歌から伝わってきます。

大宰師大伴卿の大弐丹比県守卿(だいにたぢひのあがたもりのまへつきみ)の民部卿(みんぶきやう)に遷任(せんにん)するに贈れる歌一首

君がため醸(か)みし待酒安(まちざけやす)の野に独(ひと)りや飲まむ友無(ともな)しにして

http://blowinthewind.net/manyo/manyo-yasu.htm

亀石が、天孫降臨地である、地は大木となって、大木遺跡が知られる。甕棺に、古代の様子が見える。

 

王国越、 日本人先祖の歴史編

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月21日(月)09時14分9秒
返信・引用 編集済
  古来は中国の古代民族の一つ、中国の国家の源の一つです
四角形、および北 860 m 約 550 メートルの幅の 480,000 平方メートルの総面積を持つ。
発掘、構造、レイアウトは慎重と下に排液システムを搭載した大規模な宮殿の複合体を発掘しました
発掘された鉄とブロンズ、陶器、建築材料、「図形、ライン、および強いローカル スタイルと、独特の '漢' 陶器の中央エリア」に関係なく陶器の数。
2000 年前、ビン越の王井戸水を飲んで、高度なセラミック技術の構築を使用すると、水質は、明確に残る甘味します。
http://www.microsofttranslator.com/BV.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fwww.66163.com%2FFujian_w%2Fnews%2Fbc%2Ftfsy%2Fbig5%2Fl20041028_2.html
キング シティ サイト 3 キロ古代の墓、2002 年 10 月に政府が見つかりました、福建省の南東始めた探索的発掘調査の後、ビン越貴族墓の王。

ビン越 334年前に- 110年前

漢武帝十七 封禅 東越、滇国平定 前110~109年 ... また、東越が度々漢に背いたため、その地の人々を全て長江と淮水の間に遷し、旧東越の地を空地としました。

漢は閩越を二分し、余善を東越王、繇君丑を繇王に立てました。繇王丑は漢高祖が立てた初代閩越王の子孫です。閩越の祭祀は繇王が継ぎました。

繇王丑を継いだのが繇王居股です。

居股は余善を殺して漢に降りました。

余善の東越が滅ぼされ、繇王も漢に降った漢王朝は閩の民を長江と淮水の間に遷した。

泰山に登って天を祭ることを「禅」といいます。併せて「封禅」です。

封禅の儀式は功績ある帝王のみが行えるとされていました。武帝の前には始皇帝が封禅の儀式を行ったといわれています。

斉王劉閎(懐王)が死にました。劉閎は武帝の子です。跡継ぎがいないため、斉王国は廃されました。
翌年は元封二年、前109年です。

東越はすでに、東夷の筑紫に、移って、都を九州夜須と定めています。漢の武帝によると、民は十万人移ったと記録されている。
ここで、都とは、天を祭ることを「禅」といいます。併せて「封禅」です。、ここでは筑紫城とか平山城とか、記録あり。山家 山田徳氏による。

筑紫城とか平山城とは五十塔で宮殿とした。奈良神武はは田原にあり。

繇王がウガヤに八尾した、やおとは、変えることです。

yao⇒鳳凰⇒佐久間信盛、信栄⇒八尾

筑前町と夜須町と日本の古代 リンク  http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs
 

佐久間孫五郎助安の子佐久間朝次 

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月20日(日)17時41分16秒
返信・引用 編集済
  宗朝子朝明は盛保?総五郎 孫五郎助安(近衛中将助安)
鹿島城の城主・左近衛中将藤原盛保 藤原盛保は、『御替地古今集』には左近衛中将藤原“助安"と記されています。藤原盛保は、『御替地古今集』には左近衛中将藤原“助安"と記されています。 「官位・官職の解説」 .... 藤原摂関家二条祖、良美の猶子に、なり頼任親王の子東寺長者道乗が末裔は、藤原、近衛、鷹司、に、なっていく。 これが縁で、愛知の熱田の神官千秋家 ...

二条為藤生没年:1275-1324父:権大納言 二条為世1286 従五位下左近衛少将右近衛中将右兵衛督蔵人頭1308 参議1308 従三位1317 権中納言1318 従二位1324 正二位1324 中納言妻:(父:権大納言 吉田経長)1295-1364 為明為清1309-1373 為忠
http://www.geocities.jp/okugesan_com/nijyo.htm

二条為明生没年:1295-1364父:中納言 二条為藤1351 参議(南朝)1356 参議(北朝)1359-1361 権中納言1360 正三位1364 民部卿


藤原盛保は、『御替地古今集』には左近衛中将藤原“助安"と記されています。
『大洲秘録』では、
“中村鹿島の城と云う城跡有り、東、西、北に横四間余り、深さ三間斗のから堀有り、南に天主と見えて高き所あり、
城主前左近衛中将佐安と云う、鹿島山法寿院に位牌あり、法名法寿院殿玄清居士と云う、寺は城山の麓に有り、
右鹿島城の麓の辰己(東南)に当りて矢の窪と云う所あり、此所に昔より矢の根多く有りと云う”
と記録されています。
法寿院の位牌には、
表 “法寿院殿前周頭左近衛中将 藤原盛安保養元盛大居士”
裏 “文化五年 戊辰天 五月中旬 現住法印 実由立之”

左近衛中将藤原之助安の居城。麓の法寿院に位牌がある。
南北朝期から、戦国時代には前近衛中将助安と言う公家出身の人の位牌が鹿島山法寿院にある。中村に、文正年間東新左衛門尉俊之、同じく天正年間熊権兵衛、大平で守山伊賀守・立花斉宮・東宗太。唐川では、中村主殿頭・坂田右衛門・菊澤道兼、平岡左衛門太夫等の名が見られる。

            中世城館跡の調査報告書より
                 愛媛県教育委員会
                  山本 雅夫 氏

http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=kojima&dd=22&re=809

左近衛中将"という役職は、禁門の警衛、天皇の侍衛を担当し、平安時代は藤原一族のみがなれるような職種だった

家村ー佐久間朝盛ー家盛ー為盛ー二条藤原為明ー宗朝ー朝明ー朝次ー信晴ー信盛

佐久間朝次して、家系を語らずと載せている。


文安三年(1446)佐久間孫五郎助安の子朝次 、室、佐久間盛通女

二条家(公家)、藤原盛保?総五郎 孫五郎助安(近衛中将助安)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%AD%90%E5%B7%A6%E5%AE%B6
二条為氏の子為世、京極為教の子為兼の代になると、二条家嫡流の二条派は大覚寺統(のちの南朝)と結んで保守的な家風を墨守
二条派は「玉葉和歌集」「風雅和歌集」「新続古今和歌集」以外の勅撰和歌集を独占したが、二条派実権は為世に師事していた僧頓阿に移っており、さらに二条家の嫡流は為世の玄孫の為衡の死によって断絶してしまう。
御子左家(みこひだりけ)は、藤原北家嫡流藤原道長の六男・権大納言 藤原長家を祖とする藤原氏の系流。御子左流(みこひだりりゅう)ともいう。ただし「御子左」を家名として名乗った者はない。

法寿院に位牌がある城主・左近衛中将藤原盛保ですけど、詳しいことはよく分かっていません。
「法寿院殿保養元盛大居士尊儀」
「當鹿島山之城主前周頭・左近衛中将藤原盛保墓」



佐久間信晴 母、佐久間盛通女
尾張山崎城主・佐久間信晴

佐久間信盛 妻、前田種利女
<大永7(1527)年> 誕生。幼名・牛助。誕生。
別名右衛門尉戒名(法名) 宗祐墓所京都紫野大徳寺高東院主君織田信長氏族佐久間氏父母父佐久間信晴

佐久間信盛信辰 さくま のぶとき慶長4年11月23日死去。62歳。別名に信直。1600* 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)7年生まれ。佐久間信晴の次男。佐久間信盛の弟
 

天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安文安三年(1446)佐久間孫五郎助安

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年10月28日(金)14時30分46秒
返信・引用 編集済
  道乗東寺。僧正

道乗の室は、武蔵の中条氏 上沢家長『中原家長』
この道乗が上沢氏の娘を娶って六子を生み、藤原家長とも


成綱の弟成尋は中条義勝房法橋を称し、甥の盛綱とともに武蔵国北埼玉郡中条保に住していたが、兄成綱とともに頼朝の旗揚げに加わり石橋山の合戦で奮戦した。
 成綱の死後、盛綱がその所領を相続し、兄義成のあとを受けて京都に駐在した。ところが承久三年(1221)五月、承久の乱が起ると盛綱は上皇方に属して幕府に討たれてしまった。その結果、盛綱の所領は従兄弟にあたる成尋の子家長に与えられた。家長は父の成尋とともに頼朝の旗揚げに参加してのち、源平合戦、奥州合戦などに出陣して多くの戦功をあげ、すでに幕府御家人として知られた人物であった。

家長の叔母は宇都宮宗綱に嫁いで八田知家を生んだ女性で、頼朝の乳母の一人としても知られる近衛局であった。八田知家は成田成綱らと同様に、流人として伊豆で不遇をかこっていたころの頼朝に忠勤を励み頼朝から厚い信頼をえた。家長は父成尋が僧であったことから八田知家の猶子となり、本姓藤原氏を称して中条藤次家長を名乗った。
幕府に重きをなした家長は、嘉禎二年(1236)に七十二歳で死去した。

武蔵七党_横山党成田氏族 宇都宮氏八田氏族の八田知家が武蔵七党小野氏の成田野三刑部丞成綱の子である小野義勝房盛の子の家長を養子とし、武蔵国埼玉郡中條保を領したことによって起こった。中條保は成田郷の隣に位置している。
武蔵国中条保(埼玉県北部)を本領とする中世武家。武蔵七党横山党の流れをくみ中条保を領した義勝房法橋成尋(異称中条法印)の子家長が,下野国の雄族八田知家の養子となり,藤原姓中条氏の祖となった。
http://www.tesshow.jp/saitama/kumagaya/temple_kamichujo_joko.html

中条 家長(ちゅうじょう いえなが、長寛3年(1165年[1])

道兼流藤原氏を名乗って苗字を中条と改名 ...
鎌倉では若宮大路沿いに自邸を構えていた。
頼朝死後に政権を掌握した北条氏との関係は円満であったようで、嘉禄元年(1225年)、評定衆が設置されるとその構成員に抜擢され[2]、幕政の中枢に参画、御成敗式目の策定などに寄与した。
上沢氏は、
上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥

この道乗が上沢氏の娘を娶って六子を生み、
その第二子頼宴が和田備後守範長の娘を妻として生まれたのが児島高徳である。
宮家とは、皇室の○○宮ではなく、尊のあてな、をいう。

上沢家長『中原家長』となのった。家長が上沢、を、名乗ったのは?
中条氏は横山党成田氏の一族、藤原氏ともいわれます。
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=kojima&dd=22&re=635
中条 家長(なかじょう いえなが、長寛3年(1165年) - 嘉禎2年8月25日(1236年9月26 日))は、鎌倉時代の武将。義勝法橋盛尋(中条兼綱)の子。横山党小野氏の出身。従五 位下、出羽守。 八田知家の養子となり、道兼流藤原氏を名乗って苗字を中条と改名

藤原道兼の子孫である有力御家人八田知家の養子となる。武蔵国埼玉郡中条保を本拠として,中条氏を称した。右馬允,右衛門尉を経て,貞応2(1223)年従五位下出羽守に至る。治承・寿永の内乱では,源範頼に従い一の谷の戦(1184)に加わり,その後豊後国に転戦。文治5(1189)年奥州藤原氏の追討に参加。源頼朝以下藤原頼経まで歴代の将軍に近侍して,鎌倉幕府宿老として重きをなした。また評定衆創設(1225)以来その職に任ぜられ,幕政に参画した。

成綱の弟成尋は中条義勝房法橋を称し、甥の盛綱とともに武蔵国北埼玉郡中条保に住していたが、兄成綱とともに頼朝の旗揚げに加わり石橋山の合戦で奮戦した。
 成綱の死後、盛綱がその所領を相続し、兄義成のあとを受けて京都に駐在した。ところが承久三年(1221)五月、承久の乱が起ると盛綱は上皇方に属して幕府に討たれてしまった。その結果、盛綱の所領は従兄弟にあたる成尋の子家長に与えられた。家長は父の成尋とともに頼朝の旗揚げに参加してのち、源平合戦、奥州合戦などに出陣して多くの戦功をあげ、すでに幕府御家人として知られた人物であった。
 ところで、家長の叔母は宇都宮宗綱に嫁いで八田知家を生んだ女性で、頼朝の乳母の一人としても知られる近衛局であった。八田知家は成田成綱らと同様に、流人として伊豆で不遇をかこっていたころの頼朝に忠勤を励み頼朝から厚い信頼をえた。家長は父成尋が僧であったことから八田知家の猶子となり、本姓藤原氏を称して中条藤次家長を名乗った。


上沢の地は、鬼怒川のすぐ北に位置し、両側を山に囲まれた地域である。

中条家長の子孫

●三河に行った中条氏
 中条氏は、三河高橋庄に所領を得て拠点を移した。
 三河守護の足利氏と繋がりができたのであろう。
 足利氏は代々北条得宗家と縁組をしていた。
 しかし、足利尊氏は上杉氏の娘の子であった。
 中条氏は足利尊氏に従って活躍した。


http://lekken.progoo.com/bbs/lekken_thread_1.html
中条家長の娘が道乗の室となり、頼宴を産む、子は児島高徳(大覚大僧正)


道乗ー頼宴ー岡山の尊龍院児島高徳生誕地、熊野神社を移すー高光ー正綱─正光ー甚九郎満盛ー佐久間孫五郎助安(近衛中将助安)文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。




1215-1274* 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)3年生まれ。頼仁(よりひと)親王の王子。真言宗。仁和(にんな)寺で出家,東寺の良慧(りょうえ)に師事し,灌頂(かんじょう)をうける。建長3年大僧正となり,東寺長者,法務をかね,後深草天皇の護持僧をつとめた。小島宮と称された。文永10年12月11日死去。59歳。一説に弘安(こうあん)7年7月21日死去とも。



天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安文安三年(1446)佐久間孫五郎助安とある。 後鳥羽院後継

『御替地古今集』には左近衛中将藤原“助安"と記されています。 天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。 前近衛中将助安
 

九条道家の次男良実を祖とし ━ 道乗(上乗院。東寺一長者。建保3(1215)年生

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年10月28日(金)14時07分38秒
返信・引用 編集済
  藤原北家摂関流。明峯寺関白・九条道家の次男良実を祖とする。




⇒  ┳  信定  ┳    信長   ━  隆清(延暦寺。律師)
   ┃     ┗  信継(或信経。猶子。侍従。従五位上)
   ┣  信清  ┳  忠信  ┳    基信   ┳  信宗(侍従。従五位上)
   ┃     ┃     ┃     ┗  女子(二条師忠室。兼基母)
   ┃     ┃     ┣    長信   ┳  信家  ⇒
   ┃     ┃     ┃     ┣  広信
   ┃     ┃     ┃     ┗  季信  ━  清房  ━  信春
   ┃     ┃     ┣  範信(侍従)
   ┃     ┃     ┣  信成(実藤原親兼男。水無瀬家嫡流)
   ┃     ┃     ┣  信朝(左少将正五位下)
   ┃     ┃     ┣  清乗
   ┃     ┃     ┗  女子


二条 良実 [ 建保4(1216)年 ~ 文永7年11月29日(ユリウス暦:1271年1月11日) ]九条道家二男。母西園寺公経女従一位倫子。号・普光円院。法名・行空〔尊卑分脈〕。 寛喜元年10月9日(ユリウス暦:1229年10月27日)叙従三位。右中将如元。

二条 良実 [ 建保4(1216)年 ~ 文永7年11月29日(ユリウス暦:1271年1月11日) ]九条道家二男。母西園寺公経女従一位倫子。号・普光円院。法名・行空〔尊卑分脈〕。 寛喜元年10月9日(ユリウス暦:1229年10月27日)叙従三位。右中将如元。

二条家系図

九条兼実  ┳  良通
   ┣  良経  ┳  道家  ┳  教実〔九条嫡流〕
   ┃     ┃     ┣  良実  ⇒
   ┃     ┃     ┣  実経〔一条〕
   ┃     ┃     ┗  頼経
   ┃     ┣  教家
   ┃     ┗  基家〔月輪〕
   ┣  良輔
   ┗  良平

⇒  ┳  道良  ┳  良豪(僧都)
   ┃     ┗  女子(九条忠教室)
   ┣  教良  ┳  経教
   ┃     ┣  教基(中将)
   ┃     ┣  良斅(延暦寺。大僧正)
   ┃     ┣  信昭(静観上人)
   ┃     ┣  良顕(延暦寺。僧正)
   ┃     ┗  女子(二条兼基妾)
   ┣  師忠  ┳  兼基  ┳  道平  ┳  良基  ⇒
   ┃     ┃     ┃     ┣  良忠
   ┃     ┃     ┃     ┣  経教(九条道教嗣)
   ┃     ┃     ┃     ┣  道直〔富小路〕
   ┃     ┃     ┃     ┗  女子(栄子。後醍醐院女御。
   ┃     ┃     ┃           皇親系によれば、正慶2/
   ┃     ┃     ┃           元弘3(1333)年女御従三位。
   ┃     ┃     ┃           暦応2/延元4(1339)年落飾)
   ┃     ┃     ┣  師基  ━  教基  ━  冬実(候南朝)
   ┃     ┃     ┣  基教(侍従。従四位下〔家譜・
   ┃     ┃     ┃     系図纂要作従五位下〕)
   ┃     ┃     ┣  良冬  ━  基冬(良基為子)
   ┃     ┃     ┃  〔今小路〕
   ┃     ┃     ┣  忠基(実藤原〔月輪〕良忠男)
   ┃     ┃     ┣  良賢(大原)
   ┃     ┃     ┣  道鑁(醍醐寺。権少僧都)
   ┃     ┃     ┣  良潤(醍醐寺。権大僧都)
   ┃     ┃     ┣  兼助(園城寺。僧正。如意寺。住関東)
   ┃     ┃     ┣  良瑜(園城寺長吏。大僧正法務。本名静助。
   ┃     ┃     ┃     准三宮。牛車。護持。実相院。
   ┃     ┃     ┃     常住院〔諸門跡譜〕。平等院執印。
   ┃     ┃     ┃     三山検校。元徳2(1330)年生〔系図纂要〕。
   ┃     ┃     ┃     応永4年8月21日(ユリウス暦:
   ┃     ┃     ┃     1397年9月12日)入滅〔系図纂要〕)
   ┃     ┃     ┣  女子(治子。九条房実北政所)
   ┃     ┃     ┣  女子(弾正尹忠房親王室)
   ┃     ┃     ┗  源経(改澄助。実一条実家男。延暦寺。
   ┃     ┃     天台座主。円融房〔天台座主記〕。
   ┃     ┃     本覚院〔系図纂要によるが、諸門跡譜に
   ┃     ┃     記載无〕。大僧正。
   ┃     ┃     瑠璃光院〔僧官補任・尊卑分脈。
   ┃     ┃     ※系図纂要作瑠理光院〕。
   ┃     ┃     号一条僧正〔系図纂要〕。
   ┃     ┃     ※尊卑分脈実家子澄助項作兼基為子)
   ┃     ┣  冬通
   ┃     ┣  慈智
   ┃     ┣  忠瑜
   ┃     ┣  女子(二条道平室)
   ┃     ┗  女子(源彦仁〔順徳天皇孫〕室。忠房母)
   ┣  経通  ━  良雲(延暦寺。為兼基子。法印。改道尊)
   ┣  経忠(右少将正四位下)
   ┣  道玄(延暦寺。大僧正。准三后。牛車。天台座主。十楽院。青蓮院。
   ┃     無動寺〔僧官補任無動寺検校次第〕。
   ┃     母藤原家行女〔新撰座主伝作母従二位原子、
   ┃     系図纂要作家行女二品禅尼厚子〕。
   ┃     嘉元2年7月19日(ユリウス暦:1304年8月20日)入滅〔
   ┃     青蓮院門跡系譜・諸門跡譜。※系図纂要作11月13日〕。
   ┃     号愛宕准后〔系図纂要〕)
   ┣  道瑜(園城寺。大僧正。准三宮。三井長吏。三山検校。如意寺。
   ┃     隆弁僧正資。法住寺。諸僧一座。康元元(1256)年生〔
   ┃     系図纂要〕。
   ┃     延慶2年7月2日(ユリウス暦:1309年8月7日)入滅〔系図纂要〕)
   ┣    尋源   ┳  融性(関源上人。高野山安養院長老)
   ┃     ┗  女子(院女房。対御方)
   ┣  道潤(山。大僧正。天台座主。竹林院。本覚院。大御堂。
   ┃     文永3(1266)年生〔新撰座主伝〕)
   ┣    良宝   ┳  家宝(勧修寺)
   ┃     ┗  良忠(母松殿基嗣女。延暦寺。法印)
   ┣  道乗(東寺。僧正。地乗院)
   ┗  女子(徳大寺公孝室。実孝母)

 

後鳥羽天皇ー 頼仁親王 ━ 道乗(上乗院。東寺一長者。建保3(1215)年生

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年10月28日(金)13時54分13秒
返信・引用
  後鳥羽天皇



生没年  治承4年7月14日(ユリウス暦:1180年8月6日)~延応元年2月22日(ユリウス暦:1239年3月28日)
異称  尊成。隠岐院。顕徳院。良然。金剛理。
父  高倉天皇。
母  坊門信隆女殖子(七条院)。
配偶者
皇后  藤原任子  宜秋門院。藤原〔九条〕兼実女。母藤原季行女従二位兼子。 従三位。中宮。法名清浄智。承安3年生〔女院記・皇親系。玉葉作9月23日(ユリウス暦:1173年10月31日)。女院小伝・女院記 の没年齢65歳から逆算すると承安4(1174)年生〕。 暦仁元年12月28日(ユリウス暦:1239年2月3日)薨。
昇子内親王〔春華門院〕母。
源在子  承明門院。法勝寺執行行円女〔藤原顕憲孫〕。母藤原範兼女従三位範子。源通親養女。 承安元(1171)年生〔女院記。女院小伝作作天治2(1125)年生〕。
正治元年12月13日(ユリウス暦:1200年1月1日)叙従三位。
同日准三宮。
建仁2年正月15日(ユリウス暦:1202年2月9日)院号。
建暦元年12月4日(ユリウス暦:1212年1月9日)為尼〔女院記作建保元(1213)年12月4日〕。真如観〔或如妙〕。
7月5日薨〔女院記正嘉元年7月5日(ユリウス暦:1257年8月15日)〕。
土御門天皇母。
藤原重子  修明門院。初名範子〔皇親系一作親子〕。改重子。二条君。藤原範季女。母従三位平教子。 法名法性覚〔女院小伝〕。
寿永元(1182)年生。
建永2年6月7日(ユリウス暦:1207年7月3日)院号
文永元年8月29日(ユリウス暦:1264年9月20日)崩〔女院小伝。尊卑分脈作23日〕
順徳天皇・雅成・尊快母。
少納言典侍  道守母。
西御方  坊門局。坊門信清女。頼仁・道助・礼子〔嘉陽門院〕母。
大宮局  藤原定能女。尊円・行超母。
丹波局  兵衛督局。源信康女。肅子母。
尾張局  法眼顕清女。道覚母。
石  舞女。右衛門督。熈子母。
瀧  舞女。覚仁母。
姫法師  舞女。覚誉・道伊・道縁母。

在位  寿永2年8月20日(ユリウス暦:1183年9月8日)~建久9年正月11日(ユリウス暦:1198年2月18日)
皇居  平安宮。
陵名  大原陵。


後鳥羽天皇系図

後鳥羽天皇  ┳  土御門天皇
   ┣  順徳天皇
   ┣    雅成親王   ┳  澄覚法親王(無品。母藤原親経女。天台座主。梶井。
   ┃     ┃
建保6(1218)年生。

   ┃     ┃
正応2年4月18日(ユリウス暦:1289年5月9日)薨。号菩提院)

   ┃     ┣  承恵(母藤原親経女修明門院中納言)
   ┃     ┗  源雲(或頼仁男。母舞女。権僧正。法印)
   ┣    頼仁親王   ━  道乗(上乗院。東寺一長者。建保3(1215)年生。
   ┃
文永10年12月11日(ユリウス暦:1274年1月20日)入滅)

   ┣  宝也上人(為頼仁子)
   ┣  道助法親王(二品。俗名長仁。母坊門信清女西御方。仁和寺。号光台院・鳴瀧。
   ┃     建久7年10月16日(ユリウス暦:1196年11月7日)生。
   ┃     宝治3年正月16日(ユリウス暦:1249年3月1日)寂〔皇親系15日〕)
   ┣  覚仁法親王(母舞女瀧。園城寺長吏。円満院。三山検校。
   ┃     建久9(1198)年生。文永3年4月19日(ユリウス暦:1266年5月25日)薨)
   ┣  道覚法親王(無品。俗名朝仁。牛車。天台座主。青蓮院。号吉水宮。西山宮。母法眼顕清女尾張局。
   ┃     元久元(1204)年生。
   ┃     建長2年正月11日(ユリウス暦:1250年2月13日)薨〔天台座主記。諸門跡譜17日〕)
   ┣  尊快法親王(俗名寛成〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。母修明門院。
   ┃     天台座主。円融房〔天台座主記〕。梶井。二品〔系図纂要〕。
   ┃     元久元年生〔天台座主記。※系図纂要作3月2日(ユリウス暦:1204年4月3日)〕。
   ┃     承元2年8月2日(ユリウス暦:1208年9月13日)立親王〔系図纂要〕。
   ┃     承久3年4月26日(ユリウス暦:1221年5月19日)天台座主〔天台座主記・系図纂要〕。
   ┃     寛元4年4月2日(ユリウス暦:1246年4月19日)薨〔天台座主記・系図纂要・葉黄記〕)
   ┣  尊円法親王(無品〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。母藤原定能女大宮局。
   ┃     園城寺。聖護院。円忠僧正資〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。配流備前国。
   ┃     承元元(1207)年生〔系図纂要〕。
   ┃     寛喜3年10月25日(ユリウス暦:1231年11月20日)薨〔本朝皇胤紹運録・
   ┃     諸門跡譜・系図纂要〕。号保寿院宮〔系図纂要〕)
   ┣  道守(本名円快。母少納言典侍。仁和寺。号保寿院法印。号宮僧正〔仁和寺諸院家記〕)
   ┣  覚誉(母舞女姫法師〔諸門跡譜・系図纂要。※本朝皇胤紹運録作母舞女〕。
   ┃
園城寺。大僧都。禅林院〔禅林寺〕)

   ┣  道伊(母同。園城寺)
   ┣  道縁(母同。仁和寺。一身阿闍梨)
   ┣  行超(母同尊円。延暦寺。権大僧都)
   ┣  春華門院(昇子内親王。一品。准三宮。母宜秋門院〔九条兼実女任子〕。順徳院准母。入八条院。
   ┃     建久6年8月13日(ユリウス暦:1195年9月18日)生〔月日は系図纂要・皇親系による〕。
   ┃     建久6年10月16日(ユリウス暦:1195年11月19日)為内親王〔女院小伝〕。
   ┃     建久7年4月16日(ユリウス暦:1196年5月15日)准三宮〔女院小伝〕。
   ┃     同年12月5日(ユリウス暦:1196年12月26日)入御八条院〔女院小伝〕。
   ┃     承元2年8月8日(ユリウス暦:1208年9月19日)為皇后宮〔女院小伝〕。
   ┃     承元3年4月25日(ユリウス暦:1209年5月30日)院号〔女院小伝〕。
   ┃     建暦元年11月8日(ユリウス暦:1211年12月14日)薨)
   ┣  嘉陽門院(礼子内親王。母坊門信清女〔女院記作同女坊門局〕。
   ┃     賀茂斎院。正治2(1200)年生〔女院小伝・女院記・系図纂要によるが、
   ┃     本朝皇胤紹運録・女院小伝の没年齢73歳から計算すると建仁元(1201)年〕。
   ┃     元久2年6月23日(ユリウス暦:1205年7月11日)為内親王〔女院小伝・女院記〕。
   ┃     同日為賀茂斎院〔女院小伝・女院記〕。准三宮〔女院記・系図纂要〕。
   ┃     建暦2年9月4日(ユリウス暦:1212年9月30日)退下依病〔女院小伝・女院記〕。
   ┃     建保2年6月10日(ユリウス暦:1214年7月18日)院号〔本朝皇胤紹運録・女院小伝・
   ┃     女院記・系図纂要・本朝女后名字抄〕。
   ┃     承久2年5月22日(ユリウス暦:1220年6月24日)為尼〔女院小伝。
   ┃     ※女院記・系図纂要作21日〕。法名真如性〔女院小伝・系図纂要〕。
   ┃     文永10年8月2日(ユリウス暦:1273年9月14日)薨〔本朝皇胤紹運録・女院小伝・系図纂要〕。
   ┃     号深草斎宮〔系図纂要〕)
   ┣  肅子内親王(斎宮。准后。号高辻斎宮。母少納言源信康女丹波局〔類聚大補任作兵衛局〕。
   ┃
建久7(1196)年生〔類聚大補任〕。

   ┃
正治元年12月28日(ユリウス暦:1200年1月16日)卜定〔類聚大補任。

   ┃
※系図纂要作14日〕。承元4(1210)年11月下座〔類聚大補任〕)

   ┣  皇女(※系図纂要による。元久2年12月21日(ユリウス暦:1206年1月31日)著袴。皇太后懐子養子)
   ┣  熈子内親王(斎宮。准三后。号深草斎宮。母舞女石、後右衛門督〔類聚大補任作母丹波局〕。
   ┃
建保3年3月14日(ユリウス暦:1215年4月14日)卜定〔類聚大補任〕)

   ┗  尊縁(※系図纂要による。落胤土御門通親の子となるとある)



後鳥羽天皇



生没年  治承4年7月14日(ユリウス暦:1180年8月6日)~延応元年2月22日(ユリウス暦:1239年3月28日)
異称  尊成。隠岐院。顕徳院。良然。金剛理。
父  高倉天皇。
母  坊門信隆女殖子(七条院)。
配偶者
皇后  藤原任子  宜秋門院。藤原〔九条〕兼実女。母藤原季行女従二位兼子。 従三位。中宮。法名清浄智。承安3年生〔女院記・皇親系。玉葉作9月23日(ユリウス暦:1173年10月31日)。女院小伝・女院記 の没年齢65歳から逆算すると承安4(1174)年生〕。 暦仁元年12月28日(ユリウス暦:1239年2月3日)薨。
昇子内親王〔春華門院〕母。
源在子  承明門院。法勝寺執行行円女〔藤原顕憲孫〕。母藤原範兼女従三位範子。源通親養女。 承安元(1171)年生〔女院記。女院小伝作作天治2(1125)年生〕。
正治元年12月13日(ユリウス暦:1200年1月1日)叙従三位。
同日准三宮。
建仁2年正月15日(ユリウス暦:1202年2月9日)院号。
建暦元年12月4日(ユリウス暦:1212年1月9日)為尼〔女院記作建保元(1213)年12月4日〕。真如観〔或如妙〕。
7月5日薨〔女院記正嘉元年7月5日(ユリウス暦:1257年8月15日)〕。
土御門天皇母。
藤原重子  修明門院。初名範子〔皇親系一作親子〕。改重子。二条君。藤原範季女。母従三位平教子。 法名法性覚〔女院小伝〕。
寿永元(1182)年生。
建永2年6月7日(ユリウス暦:1207年7月3日)院号
文永元年8月29日(ユリウス暦:1264年9月20日)崩〔女院小伝。尊卑分脈作23日〕
順徳天皇・雅成・尊快母。
少納言典侍  道守母。
西御方  坊門局。坊門信清女。頼仁・道助・礼子〔嘉陽門院〕母。
大宮局  藤原定能女。尊円・行超母。
丹波局  兵衛督局。源信康女。肅子母。
尾張局  法眼顕清女。道覚母。
石  舞女。右衛門督。熈子母。
瀧  舞女。覚仁母。
姫法師  舞女。覚誉・道伊・道縁母。

在位  寿永2年8月20日(ユリウス暦:1183年9月8日)~建久9年正月11日(ユリウス暦:1198年2月18日)
皇居  平安宮。
陵名  大原陵。


後鳥羽天皇系図

後鳥羽天皇  ┳  土御門天皇
   ┣  順徳天皇
   ┣    雅成親王   ┳  澄覚法親王(無品。母藤原親経女。天台座主。梶井。
   ┃     ┃
建保6(1218)年生。

   ┃     ┃
正応2年4月18日(ユリウス暦:1289年5月9日)薨。号菩提院)

   ┃     ┣  承恵(母藤原親経女修明門院中納言)
   ┃     ┗  源雲(或頼仁男。母舞女。権僧正。法印)
   ┣    頼仁親王   ━  道乗(上乗院。東寺一長者。建保3(1215)年生。
   ┃
文永10年12月11日(ユリウス暦:1274年1月20日)入滅)

   ┣  宝也上人(為頼仁子)
   ┣  道助法親王(二品。俗名長仁。母坊門信清女西御方。仁和寺。号光台院・鳴瀧。
   ┃     建久7年10月16日(ユリウス暦:1196年11月7日)生。
   ┃     宝治3年正月16日(ユリウス暦:1249年3月1日)寂〔皇親系15日〕)
   ┣  覚仁法親王(母舞女瀧。園城寺長吏。円満院。三山検校。
   ┃     建久9(1198)年生。文永3年4月19日(ユリウス暦:1266年5月25日)薨)
   ┣  道覚法親王(無品。俗名朝仁。牛車。天台座主。青蓮院。号吉水宮。西山宮。母法眼顕清女尾張局。
   ┃     元久元(1204)年生。
   ┃     建長2年正月11日(ユリウス暦:1250年2月13日)薨〔天台座主記。諸門跡譜17日〕)
   ┣  尊快法親王(俗名寛成〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。母修明門院。
   ┃     天台座主。円融房〔天台座主記〕。梶井。二品〔系図纂要〕。
   ┃     元久元年生〔天台座主記。※系図纂要作3月2日(ユリウス暦:1204年4月3日)〕。
   ┃     承元2年8月2日(ユリウス暦:1208年9月13日)立親王〔系図纂要〕。
   ┃     承久3年4月26日(ユリウス暦:1221年5月19日)天台座主〔天台座主記・系図纂要〕。
   ┃     寛元4年4月2日(ユリウス暦:1246年4月19日)薨〔天台座主記・系図纂要・葉黄記〕)
   ┣  尊円法親王(無品〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。母藤原定能女大宮局。
   ┃     園城寺。聖護院。円忠僧正資〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。配流備前国。
   ┃     承元元(1207)年生〔系図纂要〕。
   ┃     寛喜3年10月25日(ユリウス暦:1231年11月20日)薨〔本朝皇胤紹運録・
   ┃     諸門跡譜・系図纂要〕。号保寿院宮〔系図纂要〕)
   ┣  道守(本名円快。母少納言典侍。仁和寺。号保寿院法印。号宮僧正〔仁和寺諸院家記〕)
   ┣  覚誉(母舞女姫法師〔諸門跡譜・系図纂要。※本朝皇胤紹運録作母舞女〕。
   ┃
園城寺。大僧都。禅林院〔禅林寺〕)

   ┣  道伊(母同。園城寺)
   ┣  道縁(母同。仁和寺。一身阿闍梨)
   ┣  行超(母同尊円。延暦寺。権大僧都)
   ┣  春華門院(昇子内親王。一品。准三宮。母宜秋門院〔九条兼実女任子〕。順徳院准母。入八条院。
   ┃     建久6年8月13日(ユリウス暦:1195年9月18日)生〔月日は系図纂要・皇親系による〕。
   ┃     建久6年10月16日(ユリウス暦:1195年11月19日)為内親王〔女院小伝〕。
   ┃     建久7年4月16日(ユリウス暦:1196年5月15日)准三宮〔女院小伝〕。
   ┃     同年12月5日(ユリウス暦:1196年12月26日)入御八条院〔女院小伝〕。
   ┃     承元2年8月8日(ユリウス暦:1208年9月19日)為皇后宮〔女院小伝〕。
   ┃     承元3年4月25日(ユリウス暦:1209年5月30日)院号〔女院小伝〕。
   ┃     建暦元年11月8日(ユリウス暦:1211年12月14日)薨)
   ┣  嘉陽門院(礼子内親王。母坊門信清女〔女院記作同女坊門局〕。
   ┃     賀茂斎院。正治2(1200)年生〔女院小伝・女院記・系図纂要によるが、
   ┃     本朝皇胤紹運録・女院小伝の没年齢73歳から計算すると建仁元(1201)年〕。
   ┃     元久2年6月23日(ユリウス暦:1205年7月11日)為内親王〔女院小伝・女院記〕。
   ┃     同日為賀茂斎院〔女院小伝・女院記〕。准三宮〔女院記・系図纂要〕。
   ┃     建暦2年9月4日(ユリウス暦:1212年9月30日)退下依病〔女院小伝・女院記〕。
   ┃     建保2年6月10日(ユリウス暦:1214年7月18日)院号〔本朝皇胤紹運録・女院小伝・
   ┃     女院記・系図纂要・本朝女后名字抄〕。
   ┃     承久2年5月22日(ユリウス暦:1220年6月24日)為尼〔女院小伝。
   ┃     ※女院記・系図纂要作21日〕。法名真如性〔女院小伝・系図纂要〕。
   ┃     文永10年8月2日(ユリウス暦:1273年9月14日)薨〔本朝皇胤紹運録・女院小伝・系図纂要〕。
   ┃     号深草斎宮〔系図纂要〕)
   ┣  肅子内親王(斎宮。准后。号高辻斎宮。母少納言源信康女丹波局〔類聚大補任作兵衛局〕。
   ┃
建久7(1196)年生〔類聚大補任〕。

   ┃
正治元年12月28日(ユリウス暦:1200年1月16日)卜定〔類聚大補任。

   ┃
※系図纂要作14日〕。承元4(1210)年11月下座〔類聚大補任〕)

   ┣  皇女(※系図纂要による。元久2年12月21日(ユリウス暦:1206年1月31日)著袴。皇太后懐子養子)
   ┣  熈子内親王(斎宮。准三后。号深草斎宮。母舞女石、後右衛門督〔類聚大補任作母丹波局〕。
   ┃
建保3年3月14日(ユリウス暦:1215年4月14日)卜定〔類聚大補任〕)

   ┗  尊縁(※系図纂要による。落胤土御門通親の子となるとある)



後鳥羽天皇



生没年  治承4年7月14日(ユリウス暦:1180年8月6日)~延応元年2月22日(ユリウス暦:1239年3月28日)
異称  尊成。隠岐院。顕徳院。良然。金剛理。
父  高倉天皇。
母  坊門信隆女殖子(七条院)。
配偶者
皇后  藤原任子  宜秋門院。藤原〔九条〕兼実女。母藤原季行女従二位兼子。 従三位。中宮。法名清浄智。承安3年生〔女院記・皇親系。玉葉作9月23日(ユリウス暦:1173年10月31日)。女院小伝・女院記 の没年齢65歳から逆算すると承安4(1174)年生〕。 暦仁元年12月28日(ユリウス暦:1239年2月3日)薨。
昇子内親王〔春華門院〕母。
源在子  承明門院。法勝寺執行行円女〔藤原顕憲孫〕。母藤原範兼女従三位範子。源通親養女。 承安元(1171)年生〔女院記。女院小伝作作天治2(1125)年生〕。
正治元年12月13日(ユリウス暦:1200年1月1日)叙従三位。
同日准三宮。
建仁2年正月15日(ユリウス暦:1202年2月9日)院号。
建暦元年12月4日(ユリウス暦:1212年1月9日)為尼〔女院記作建保元(1213)年12月4日〕。真如観〔或如妙〕。
7月5日薨〔女院記正嘉元年7月5日(ユリウス暦:1257年8月15日)〕。
土御門天皇母。
藤原重子  修明門院。初名範子〔皇親系一作親子〕。改重子。二条君。藤原範季女。母従三位平教子。 法名法性覚〔女院小伝〕。
寿永元(1182)年生。
建永2年6月7日(ユリウス暦:1207年7月3日)院号
文永元年8月29日(ユリウス暦:1264年9月20日)崩〔女院小伝。尊卑分脈作23日〕
順徳天皇・雅成・尊快母。
少納言典侍  道守母。
西御方  坊門局。坊門信清女。頼仁・道助・礼子〔嘉陽門院〕母。
大宮局  藤原定能女。尊円・行超母。
丹波局  兵衛督局。源信康女。肅子母。
尾張局  法眼顕清女。道覚母。
石  舞女。右衛門督。熈子母。
瀧  舞女。覚仁母。
姫法師  舞女。覚誉・道伊・道縁母。

在位  寿永2年8月20日(ユリウス暦:1183年9月8日)~建久9年正月11日(ユリウス暦:1198年2月18日)
皇居  平安宮。
陵名  大原陵。


後鳥羽天皇系図

後鳥羽天皇  ┳  土御門天皇
   ┣  順徳天皇
   ┣    雅成親王   ┳  澄覚法親王(無品。母藤原親経女。天台座主。梶井。
   ┃     ┃
建保6(1218)年生。

   ┃     ┃
正応2年4月18日(ユリウス暦:1289年5月9日)薨。号菩提院)

   ┃     ┣  承恵(母藤原親経女修明門院中納言)
   ┃     ┗  源雲(或頼仁男。母舞女。権僧正。法印)
   ┣    頼仁親王   ━  道乗(上乗院。東寺一長者。建保3(1215)年生。
   ┃
文永10年12月11日(ユリウス暦:1274年1月20日)入滅)

   ┣  宝也上人(為頼仁子)
   ┣  道助法親王(二品。俗名長仁。母坊門信清女西御方。仁和寺。号光台院・鳴瀧。
   ┃     建久7年10月16日(ユリウス暦:1196年11月7日)生。
   ┃     宝治3年正月16日(ユリウス暦:1249年3月1日)寂〔皇親系15日〕)
   ┣  覚仁法親王(母舞女瀧。園城寺長吏。円満院。三山検校。
   ┃     建久9(1198)年生。文永3年4月19日(ユリウス暦:1266年5月25日)薨)
   ┣  道覚法親王(無品。俗名朝仁。牛車。天台座主。青蓮院。号吉水宮。西山宮。母法眼顕清女尾張局。
   ┃     元久元(1204)年生。
   ┃     建長2年正月11日(ユリウス暦:1250年2月13日)薨〔天台座主記。諸門跡譜17日〕)
   ┣  尊快法親王(俗名寛成〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。母修明門院。
   ┃     天台座主。円融房〔天台座主記〕。梶井。二品〔系図纂要〕。
   ┃     元久元年生〔天台座主記。※系図纂要作3月2日(ユリウス暦:1204年4月3日)〕。
   ┃     承元2年8月2日(ユリウス暦:1208年9月13日)立親王〔系図纂要〕。
   ┃     承久3年4月26日(ユリウス暦:1221年5月19日)天台座主〔天台座主記・系図纂要〕。
   ┃     寛元4年4月2日(ユリウス暦:1246年4月19日)薨〔天台座主記・系図纂要・葉黄記〕)
   ┣  尊円法親王(無品〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。母藤原定能女大宮局。
   ┃     園城寺。聖護院。円忠僧正資〔本朝皇胤紹運録・諸門跡譜〕。配流備前国。
   ┃     承元元(1207)年生〔系図纂要〕。
   ┃     寛喜3年10月25日(ユリウス暦:1231年11月20日)薨〔本朝皇胤紹運録・
   ┃     諸門跡譜・系図纂要〕。号保寿院宮〔系図纂要〕)
   ┣  道守(本名円快。母少納言典侍。仁和寺。号保寿院法印。号宮僧正〔仁和寺諸院家記〕)
   ┣  覚誉(母舞女姫法師〔諸門跡譜・系図纂要。※本朝皇胤紹運録作母舞女〕。
   ┃
園城寺。大僧都。禅林院〔禅林寺〕)

   ┣  道伊(母同。園城寺)
   ┣  道縁(母同。仁和寺。一身阿闍梨)
   ┣  行超(母同尊円。延暦寺。権大僧都)
   ┣  春華門院(昇子内親王。一品。准三宮。母宜秋門院〔九条兼実女任子〕。順徳院准母。入八条院。
   ┃     建久6年8月13日(ユリウス暦:1195年9月18日)生〔月日は系図纂要・皇親系による〕。
   ┃     建久6年10月16日(ユリウス暦:1195年11月19日)為内親王〔女院小伝〕。
   ┃     建久7年4月16日(ユリウス暦:1196年5月15日)准三宮〔女院小伝〕。
   ┃     同年12月5日(ユリウス暦:1196年12月26日)入御八条院〔女院小伝〕。
   ┃     承元2年8月8日(ユリウス暦:1208年9月19日)為皇后宮〔女院小伝〕。
   ┃     承元3年4月25日(ユリウス暦:1209年5月30日)院号〔女院小伝〕。
   ┃     建暦元年11月8日(ユリウス暦:1211年12月14日)薨)
   ┣  嘉陽門院(礼子内親王。母坊門信清女〔女院記作同女坊門局〕。
   ┃     賀茂斎院。正治2(1200)年生〔女院小伝・女院記・系図纂要によるが、
   ┃     本朝皇胤紹運録・女院小伝の没年齢73歳から計算すると建仁元(1201)年〕。
   ┃     元久2年6月23日(ユリウス暦:1205年7月11日)為内親王〔女院小伝・女院記〕。
   ┃     同日為賀茂斎院〔女院小伝・女院記〕。准三宮〔女院記・系図纂要〕。
   ┃     建暦2年9月4日(ユリウス暦:1212年9月30日)退下依病〔女院小伝・女院記〕。
   ┃     建保2年6月10日(ユリウス暦:1214年7月18日)院号〔本朝皇胤紹運録・女院小伝・
   ┃     女院記・系図纂要・本朝女后名字抄〕。
   ┃     承久2年5月22日(ユリウス暦:1220年6月24日)為尼〔女院小伝。
   ┃     ※女院記・系図纂要作21日〕。法名真如性〔女院小伝・系図纂要〕。
   ┃     文永10年8月2日(ユリウス暦:1273年9月14日)薨〔本朝皇胤紹運録・女院小伝・系図纂要〕。
   ┃     号深草斎宮〔系図纂要〕)
   ┣  肅子内親王(斎宮。准后。号高辻斎宮。母少納言源信康女丹波局〔類聚大補任作兵衛局〕。
   ┃
建久7(1196)年生〔類聚大補任〕。

   ┃
正治元年12月28日(ユリウス暦:1200年1月16日)卜定〔類聚大補任。

   ┃
※系図纂要作14日〕。承元4(1210)年11月下座〔類聚大補任〕)

   ┣  皇女(※系図纂要による。元久2年12月21日(ユリウス暦:1206年1月31日)著袴。皇太后懐子養子)
   ┣  熈子内親王(斎宮。准三后。号深草斎宮。母舞女石、後右衛門督〔類聚大補任作母丹波局〕。
   ┃
建保3年3月14日(ユリウス暦:1215年4月14日)卜定〔類聚大補任〕)

   ┗  尊縁(※系図纂要による。落胤土御門通親の子となるとある)

無品。
号冷泉宮又兒嶋宮。
母坊門信清女西御方。

頼仁親王   ━  道乗(上乗院。東寺一長者。建保3(1215)年生。

 

前近衛中将助安と言う公家出身の人の位牌が鹿島山法寿院にある

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年10月28日(金)12時49分29秒
返信・引用 編集済
  鹿島山之城主前近衛中将藤原盛保 事)(佐久間孫九郎)

愛媛県伊予市中村台山

「東西北に横四間(約7m)余、深さ三間(約5.4m)ばかりの堀有り」(大洲秘録)
山頂南には天主の跡地があり、祠の礎石らしきものが残っている。
大洲旧記には、「左近衛中将藤原助安居る 大城なりしや 六町程へだてて堀の中家 中屋敷という所あり」と記されている。http://www.kotaro-iseki.net/sumizumi/09-iyo.html

室町時期の近衛中将助安(名)(佐久間孫九郎)の宮家の鬼瓦発見
伊予市前近衛中将助安 前右大臣とか使いますね。藤原助安は左近衛中将 南北朝期から、戦国時代には前近衛中将助安と言う公家出身の人の位牌が鹿島山法寿院にある。(伊予古城砦記より)

京都府立総合資料館 東寺百合文書WEB - 検索結果|東寺百合文書
永仁元年8月日(1293) 0×0mm
http://hyakugo.kyoto.jp/contents/detail.php?id=79&p=8

差出書:別当左近衛権中將藤原朝臣 右近衛権少将藤原朝臣 右近衛権少将藤原 右近衛権少将藤原朝臣 左兵衞佐藤原朝臣 知家事散位安倍朝臣 事書: 無品親王家庁下 山城国上桂庄官等 可早任御譲状旨、令藤原氏女子孫相伝、全七条院御忌日役当庄事 書止:庄家等宣承知、不可違失、故下 人名:四辻親王(無品親王) 藤原氏女 七条院 別当左近衛権中...




四辻宮家庁下文案
永仁元年8月日(1293) 0×0mm

可早任御譲状旨令藤原氏子孫相伝全七条院御忌日役当庄事

可早任御譲状旨令藤原氏子孫相伝全七条院御忌日役当庄事 書止:故下 人名:無品親王 七条院(藤原殖子) 藤原氏女 別当左近衛権中将藤原朝臣(栗田口中将房道) 右近衛権少将藤原朝臣(冷泉中将頼茂)近衛権少将藤原朝臣(冷泉少将教定) 右近衛権少将藤原朝臣(高倉中将範春) 左兵衛佐藤原朝臣(八条兵衛佐長任) 知家事散位安倍朝臣

地名 山城国上桂庄

七条院(藤原殖子)御忌日役/山城国上桂庄宮


児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎朝明助安(近衛中将助安)

佐久間為明子宗朝は甚九郎満盛 佐久間宗朝子朝明は甚九郎盛保?総五郎 孫五郎助安(近衛中将助安) 佐久間朝明子甚九郎朝次は弥平次 佐久間信晴====

鹿島城の城主・左近衛中将藤原盛保 藤原盛保は、『御替地古今集』には左近衛中将藤原“助安"と記されています。

藤原北家道隆流。尊卑分脈によれば、隆清と信清の子忠信が、 坊門流とあるが、いずれも室町・南北朝時代に断絶した。
家名の付し方は国史大系公卿補任の校訂に従う。

坊門家系図

信隆までの系図は、藤原氏北家Ⅸ・道隆子孫系図を参照。

藤原師輔  ━  兼家  ┳  道隆  ━  隆家  ━  経輔  ━  師信  ━  経忠  ━  信輔  ━  信隆  ⇒
   ┗  道長  [五摂家への流れ]

⇒  ┳  信定  ┳    信長   ━  隆清(延暦寺。律師)
   ┃     ┗  信継(或信経。猶子。侍従。従五位上)
   ┣  信清  ┳  忠信  ┳    基信   ┳  信宗(侍従。従五位上)
   ┃     ┃     ┃     ┗  女子(二条師忠室。兼基母)
   ┃     ┃     ┣    長信   ┳  信家  ⇒
   ┃     ┃     ┃     ┣  広信
   ┃     ┃     ┃     ┗  季信  ━  清房  ━  信春
   ┃     ┃     ┣  範信(侍従)
   ┃     ┃     ┣  信成(実藤原親兼男。水無瀬家嫡流)
   ┃     ┃     ┣  信朝(左少将正五位下)
   ┃     ┃     ┣  清乗
   ┃     ┃     ┗  女子
   ┃     ┣  忠清(中将。従四位上。尾張播磨等守。左兵衛佐。母同上)
   ┃     ┣    輔平   ┳  保平(侍従。母藤原範光女)
   ┃     ┃     ┗  教信(左中将〔系図纂要作左少将〕。正五位下。
   ┃     ┃           法名善忍房。母同)
   ┃     ┣    有信   ┳    信通   ━    信基   ━  信光
   ┃     ┃     ┣  忠玄(興福寺。法眼)
   ┃     ┃     ┣  女子(二条道良室)
   ┃     ┃     ┗  女子(一条家経母)
   ┃     ┣  清顕
   ┃     ┣  女子(四条隆衡室。隆親母。母藤原公保女)
   ┃     ┣  女子(後鳥羽院女房号坊門局。西御方。嘉陽門院・頼仁親王・道助法親王母)
   ┃     ┣  女子(源雅親室)
   ┃     ┣  女子(位子〔或住子。系図纂要作倍子〕。佐渡〔順徳〕院女房。従三位)
   ┃     ┣  女子(藤原伊時妻)
   ┃     ┣  女子(九条良輔室。母藤原定能女)
   ┃     ┣  女子(源実朝室。建久4(1193)年生。文永11年9月10日(ユリウス暦:1274年10月11日)入滅)
   ┃     ┣  女子(院女房別当局。持明院基行室)
   ┃     ┣  女子(永安門院母。母藤原定能女)
   ┃     ┣  女子
   ┃     ┗  女子
   ┣    長経   ┳  隆保
   ┃     ┗    隆経   ┳  隆氏
   ┃     ┗  家雅
   ┣  親輔  ┳  兼輔(右兵佐。正五位上)
   ┃     ┣  隆輔
   ┃     ┣  俊輔
   ┃     ┣  女子(松殿基嗣室)
   ┃     ┗  女子(葉室定嗣室)
   ┣  隆清  ┳  経清(侍従)
   ┃     ┣    清親   ━  基輔  ┳    俊輔   ┳  輔能
   ┃     ┃     ┃     ┣  俊親  ┳  親輔
   ┃     ┃     ┃     ┃     ┗  女子(新兵衛督。歌人)
   ┃     ┃     ┃     ┗  清忠  ┳  重隆
   ┃     ┃     ┃     ┗  親忠
   ┃     ┃     ┣  為輔  ┳  為季
   ┃     ┃     ┃     ┣  為名
   ┃     ┃     ┃     ┗    藤輔   ━  経清(或為輔子。家清為子。
   ┃     ┃     ┃
※系図纂要作為清、左中将)

   ┃     ┃     ┗  女子(風雅集作者。永福門院内侍。時号裡葉内侍)
   ┃     ┣  師清(淡路守。従五位下)
   ┃     ┣  女子(藤原実忠朝臣室)
   ┃     ┣    清時   ━  有清  ━  為清(左中将。※系図纂要作兼清、右中将)
   ┃     ┣  覚助(仁和寺。法印)
   ┃     ┗  清厳(或信清子。或実父長厳。母七条院女房)
   ┣  女子(殖子。七条院。高倉院妃。後高倉院〔守貞親王〕・後鳥羽院母。母藤原通基女休子。
   ┃     保元2(1157)年生〔女院記による。女院小伝の出家時年齢から計算すると
   ┃     保元3(1158)年〕。建久元年4月19日(ユリウス暦:1190年5月24日)叙従三位。同日准三后。同22日院号。
   ┃     元久2年11月18日(ユリウス暦:1205年12月29日)為尼〔女院記作8日〕。
   ┃     真如智。安貞2年9月16日(ユリウス暦:1228年10月15日)薨)
   ┣  隆毫(或隆亮、隆豪。仁和寺。相承院。法印。号大納言■■〔仁和寺諸院家記〕)
   ┗  女子(信子)

⇒  ┳    信顕   ┳  信良  ━  信行  ━  信藤  ━  信守
   ┃     ┣    清隆   ━    信平   ━    信実   ━  実房  ━  実光
   ┃     ┗  信定(猶子。実父信家)
   ┣  信雄(従五位上。右馬権頭)
   ┗  信兼  ━  家清  ┳  清継(出家)
   ┗  経清(或継清。実父坊門為輔?或坊門藤輔男)

藤原北家道隆流。尊卑分脈によれば、隆清と信清の子忠信が、 坊門流とあるが、いずれも室町・南北朝時代に断絶した。
家名の付し方は国史大系公卿補任の校訂に従う。

坊門家系図

信隆までの系図は、藤原氏北家Ⅸ・道隆子孫系図を参照。

藤原師輔  ━  兼家  ┳  道隆  ━  隆家  ━  経輔  ━  師信  ━  経忠  ━  信輔  ━  信隆  ⇒
   ┗  道長  [五摂家への流れ]

⇒  ┳  信定  ┳    信長   ━  隆清(延暦寺。律師)
   ┃     ┗  信継(或信経。猶子。侍従。従五位上)
   ┣  信清  ┳  忠信  ┳    基信   ┳  信宗(侍従。従五位上)
   ┃     ┃     ┃     ┗  女子(二条師忠室。兼基母)
   ┃     ┃     ┣    長信   ┳  信家  ⇒
   ┃     ┃     ┃     ┣  広信
   ┃     ┃     ┃     ┗  季信  ━  清房  ━  信春
   ┃     ┃     ┣  範信(侍従)
   ┃     ┃     ┣  信成(実藤原親兼男。水無瀬家嫡流)
   ┃     ┃     ┣  信朝(左少将正五位下)
   ┃     ┃     ┣  清乗
   ┃     ┃     ┗  女子
   ┃     ┣  忠清(中将。従四位上。尾張播磨等守。左兵衛佐。母同上)
   ┃     ┣    輔平   ┳  保平(侍従。母藤原範光女)
   ┃     ┃     ┗  教信(左中将〔系図纂要作左少将〕。正五位下。
   ┃     ┃           法名善忍房。母同)
   ┃     ┣    有信   ┳    信通   ━    信基   ━  信光
   ┃     ┃     ┣  忠玄(興福寺。法眼)
   ┃     ┃     ┣  女子(二条道良室)
   ┃     ┃     ┗  女子(一条家経母)
   ┃     ┣  清顕
   ┃     ┣  女子(四条隆衡室。隆親母。母藤原公保女)
   ┃     ┣  女子(後鳥羽院女房号坊門局。西御方。嘉陽門院・頼仁親王・道助法親王母)
   ┃     ┣  女子(源雅親室)
   ┃     ┣  女子(位子〔或住子。系図纂要作倍子〕。佐渡〔順徳〕院女房。従三位)
   ┃     ┣  女子(藤原伊時妻)
   ┃     ┣  女子(九条良輔室。母藤原定能女)
   ┃     ┣  女子(源実朝室。建久4(1193)年生。文永11年9月10日(ユリウス暦:1274年10月11日)入滅)
   ┃     ┣  女子(院女房別当局。持明院基行室)
   ┃     ┣  女子(永安門院母。母藤原定能女)
   ┃     ┣  女子
   ┃     ┗  女子
   ┣    長経   ┳  隆保
   ┃     ┗    隆経   ┳  隆氏
   ┃     ┗  家雅
   ┣  親輔  ┳  兼輔(右兵佐。正五位上)
   ┃     ┣  隆輔
   ┃     ┣  俊輔
   ┃     ┣  女子(松殿基嗣室)
   ┃     ┗  女子(葉室定嗣室)
   ┣  隆清  ┳  経清(侍従)
   ┃     ┣    清親   ━  基輔  ┳    俊輔   ┳  輔能
   ┃     ┃     ┃     ┣  俊親  ┳  親輔
   ┃     ┃     ┃     ┃     ┗  女子(新兵衛督。歌人)
   ┃     ┃     ┃     ┗  清忠  ┳  重隆
   ┃     ┃     ┃     ┗  親忠
   ┃     ┃     ┣  為輔  ┳  為季
   ┃     ┃     ┃     ┣  為名
   ┃     ┃     ┃     ┗    藤輔   ━  経清(或為輔子。家清為子。
   ┃     ┃     ┃
※系図纂要作為清、左中将)

   ┃     ┃     ┗  女子(風雅集作者。永福門院内侍。時号裡葉内侍)
   ┃     ┣  師清(淡路守。従五位下)
   ┃     ┣  女子(藤原実忠朝臣室)
   ┃     ┣    清時   ━  有清  ━  為清(左中将。※系図纂要作兼清、右中将)
   ┃     ┣  覚助(仁和寺。法印)
   ┃     ┗  清厳(或信清子。或実父長厳。母七条院女房)
   ┣  女子(殖子。七条院。高倉院妃。後高倉院〔守貞親王〕・後鳥羽院母。母藤原通基女休子。
   ┃     保元2(1157)年生〔女院記による。女院小伝の出家時年齢から計算すると
   ┃     保元3(1158)年〕。建久元年4月19日(ユリウス暦:1190年5月24日)叙従三位。同日准三后。同22日院号。
   ┃     元久2年11月18日(ユリウス暦:1205年12月29日)為尼〔女院記作8日〕。
   ┃     真如智。安貞2年9月16日(ユリウス暦:1228年10月15日)薨)
   ┣  隆毫(或隆亮、隆豪。仁和寺。相承院。法印。号大納言■■〔仁和寺諸院家記〕)
   ┗  女子(信子)

⇒  ┳    信顕   ┳  信良  ━  信行  ━  信藤  ━  信守
   ┃     ┣    清隆   ━    信平   ━    信実   ━  実房  ━  実光
   ┃     ┗  信定(猶子。実父信家)
   ┣  信雄(従五位上。右馬権頭)
   ┗  信兼  ━  家清  ┳  清継(出家)
   ┗  経清(或継清。実父坊門為輔?或坊門藤輔男)


 

これまでの考古学者バカとは、言い過ぎになるかも、ここでバカとは、馬と鹿の区別が解らない事の意とある

 投稿者:児島宮考古:研究室  投稿日:2016年10月 2日(日)06時11分12秒
返信・引用 編集済
  これまでの考古学者バカとは、言い過ぎになるかも、ここでバカとは、馬と鹿の区別が解らない事の意とある、
考古学者の日本の始まりは朝鮮半島からという、のはあまりにも不自然としかならない。
つまり、正しいのか間違いないか検討していないのが、考古学者の日本の始まりは朝鮮半島説。
これだと日本人は、須恵器は、五世紀後半に、朝鮮半島から持ち込まれている説。


卑弥呼の鏡を再現する
橿原考古学研究所のデジタルアー カイブを3Dデジタイズが革新する のように?
卑弥呼さえも起点を、解明していないのに、どうして、解明できるというのは不可解? 答えは出たというが間違いは、ないのか?検討していないのです。
ここに公表するというのは? 早まっているのでは?

日本人は、須恵器は、五世紀後半に、朝鮮半島から持ち込まれていると、しているのに、卑弥呼の鏡を再現するというのは、起点が間違っているとなる? 魏志倭人伝は中国の書物であって、起点は中国である、朝鮮半島ではない。
起点とは始まりの事を表し、無論中国から見た、観点になっている。
つまり卑弥呼の鏡は無論中国から見た、観点になっているのであり、須恵器も、起点は中国である。

邪馬台国は近畿と、いう橿原考古学研究所では、正解か、間違いかは、比べられていなで、一本にしている事にある。
奈良でも、奈良大学では、須恵器の大阪吹田陶邑の須恵器は、五世紀後半に、渡って来た陶工により、日本で最初につくられたとした一元説と二元説の北部九州の夜須の灰色硬質磁器の年代は、日本で最初につくられたとした夜須の灰色硬質磁器の年代は、弥生?まで遡ると、した、一元説と二元説は、比較がされている。
が皆さんは、どう思われるか?

やはり邪馬台国は近畿なのか?
児島宮考古:研究室では邪馬台、北部九州の夜須説の二元説で、奈良は一元説の半世紀後に、始まったとしている。
須恵器、児島宮考古:研究室では夜須の灰色硬質磁器の年代は、紀元前百十一年前~五十年前としている。
起点は、福建省屏山の平山の治城のビン越丑うが、日本の起点となり、ウガヤとした。神の始まりはこの越王の始まり、越王無予である。





 

東海中の日本とは、東海中の日本海里を指している。

 投稿者:児島宮考古学  投稿日:2016年 9月 3日(土)17時29分11秒
返信・引用 編集済
  東海中の日本とは、東海中の日本を指している。
韓国がこだわる日本海の「東海」表記
日本海』という呼称は、ロシアのクルゼンシュテルン(※)が1815年に出版した海図に由来する。
東海何里何歩で示されている。
東海は中国尖閣から、と、オガワサラ諸島からの、範囲と朝鮮半島竹島からの範囲の呼び名が、中国皇帝に、よりつけられていた。
東海は扶桑の国と記録されている。

神の国が嫌いな韓国であろう。
韓国には神が存在していないのか?日本に反抗心が、韓国は神無しとなる。反抗すればするほど、嫌われる。
神とは扶桑の国の名称。

日本も宗教時代に、なっているから、神が存在していない事になっている。
神はすべて八尾である。

中国伝説で東方のはてにある巨木(扶木・扶桑木・扶桑樹とも)である。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%B6%E6%A1%91
後世、扶桑・扶桑国は、中国における日本の異称となったが、それを受けて日本でも自国を扶桑国と呼ぶことがある。例えば『扶桑略記』は平安時代の私撰歴史書の一つである。

扶桑国の話は以前はなかったが、普通年間 (520年?527年)、扶桑国から来たと言う者の話を記す。(中略)
永元元年(499年)、扶桑国の僧慧深が荊州に来て言った。
「扶桑国は大漢国の東二万余里(8700km余)、中国の東方にある。「扶桑の木」が多いことからその名がある。扶桑の葉は桐に似て、生え始めはタケノコのようで、扶桑国人は食用にする。実は梨のようで赤く、その皮を績いで布にして衣類や綿にしたり屋根を葺いたりする。文字はあり、扶桑の皮でできた紙に書く。城郭はなく、兵士や武装はなく、戦争をしかけない。
南北2つの監獄があり、軽罪の者は南獄、重罪の者は北獄に入る。南獄には恩赦があるが北獄にはない。北獄では男女を番わせ、生まれた男児は8歳・女児は9歳で奴婢とし、罪人自身は一生出られない。貴人が有罪となれば、穴の中に座らせ、酒宴を開いて処刑し、その上に灰を撒く。初犯なら当人が責を受けるだけだが、再犯なら子と孫、三犯なら7世に及ぶ。
国王の名は乙祁。貴人(「祁貴人」が王の名の可能性あり)の第1位は大対盧、第2位は小対盧、第3位は納咄沙と呼ぶ。国王が行くときには鼓笛を従える。その衣の色は年により変わり、甲乙年は青、丙丁年は赤、戊己年は黄、庚辛年は白、壬癸年は黒である。
牛の角は非常に長く、20斛(540kg、1斛≒57kg)以上を運ぶ。馬車、牛車にくわえ、鹿車がある。中国人が牛を飼うように、扶桑国人は鹿を飼い、乳から乳製品を作る。桑、梨、フトモモがある。鉄はないが銅(青銅か)はあり、金銀はふんだんにある。市場では税金がかからない。
結婚するときは、婿が女の家へ行き、門外に建物を作り朝夕掃除する。女が喜ばなかったら取り壊し、喜べば成婚となる。結婚式は中国とほぼ同じである。
親の喪には7日間絶食する。祖父母は5日間、兄弟姉妹おじおばは3日間である。死者の霊を神像とし、朝夕拝む。(先王が死んで?)王の跡継ぎが立ったときには、3年間国事に関わらなかった。

この樹木が東海に生える伝説の「扶桑」の神樹なら、天帝の子の十個の太陽(十日)の住処であって太陽神に通じる。

かつて 日本国を「扶桑」とも 言ったそうですが、なぜ、扶桑と言ったのか、その由来をお教えください。
ネット辞書で調べましたら、(1)昔、中国で、東方の海中にあるという神木。日の昇る所という。
本朝造化篇」では、「和漢春秋」にみえる「或書」を引いて、「日本国者自大唐而新名也斯切韻曰和者東海中国也巳近日所出故曰日本也仍又号扶桑国也或書曰日本国者自大唐而新名也斯国自大唐東方万余里居于東極日出東方昇于扶桑已日本私記曰日本国 。
扶桑とは、中国の古い伝説で東海の日出る所にある。
日本, ふそう, 扶桑, 扶桑国 ( ふそうこく )

日本でも自国を扶桑国と呼ぶことがある。例えば『扶桑 ... 古くは『山海経』に見られるように、はるか東海上に立つ伝説上の巨木であり、そこから太陽が昇るとされていた。

日本でも自国を扶桑国と呼ぶことがある。例えば『扶桑 ... 古くは『山海経』に見られるように、はるか東海上に立つ伝説上の巨木であり、そこから太陽が昇るとされていた。

粟田真人はときの女帝・則天武后に好感をもって迎えられ、麟徳殿の盛宴に招かれたのみならず、司膳卿という名誉職まで授けられたそうだ。則天武后が粟田真人を評した言葉として「属文を解し、容止は温雅である」と伝えられている。このときの遣唐使に応対した唐側の興味深い記録が945年に編纂された『旧唐書』の倭国・日本伝にも、1060年に編纂された『新唐書』日本伝にも、それぞれ残されている。
『唐暦』には、「この歳、日本国その大臣朝臣真人を遣わし、方物を貢ぐ。日本国は倭国の別名なり」と記されている。大臣朝臣真人とは遣唐使節の執節使を務めた粟田真人(あわたのまひと、 ? - 719)のことである。
http://www.bell.jp/pancho/k_diary-2/2008_04_23.htm


 

レンタル掲示板
/7