有限会社 ヒゴ・コーポレーション



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ] キーワード: ネットワークビジネス 異文化体験 情報交換


353件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[327] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時37分6秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ09』 2017/12/10 今回のア国出張で日本出入国丁度100回目。これは目標・目的とした訳ではなく,振り替えて記録をみたらこの数字だったということ。会社社長や海外関係役員、旅行会社のスタッフならいざ知らず、一サラリーマンとしては多い方。しかし、その半分50回ほど、個人宅に招待されたことは大いなる誇り・自負するところ。なぜなら、海外出張での歓待・接待は会社のお金で一流のホテル/レストラン、特別専門店などが普通だから。個人宅での家庭/手作り料理を家族や親戚、友人と共にするのは、格別の感慨があります。それはお互いの信頼関係、余程親しくないと招いてくれないからです。今回の約2週間の旅行で3回家庭に招待されました。まず、ロサリオのA・C宅には3年ぶりの訪問。15年前、当地に駐在している頃は、殆ど毎週末呼ばれていました。美人3姉妹とそのボーイフレンドなどとよくランチを共にしました。約500㎡の敷地に「パテオ(中庭)」があり、そこでアサードが出来る間、ビール、ワインを飲みながらよく歓談したものです。ブエノスやコルドバからの友人たちも同行しても、いやな顔せず、私と同様に接してくれました。「Mi casa es tu casa(私の家はあなたの家)」という精神。今回、急なウイークデーでの訪問だったため、夫婦だけとの再会。早速、旦那は私の大好物「アサード」、奥さんは「サラダ・デザート」を手際よく準備。ここのアサードは出来立てで温かく、何よりも心がこもっていて最高!次にK社創業者宅に招待されました。50年前に夫婦でテスターやDC電源などを生産・販売したのがK社の始まり。数年前までは工場に毎日出勤、いろいろアドバイスやコメントをしていたが83歳になった現在は息子にすべて任せ、自宅での趣味の「精巧・精密機械」の制作に没頭、毎日を費やしている由。自宅にかなり本格的な工具・研磨機、穴明け機などを完備、実際に動く、蒸気機関車、車や汽車などを一つ一つ部品から作り上げている。テレビや新聞にもよく取り上げられている。同家親戚のドイツ人親子と隈なく見せてもらったが、説明するときの顔、目は少年のようにイキイキ輝いていたのが印象的。お金と時間、熱意・意欲がないと続かない高級な趣味と実感。
最後は、K社社長夫妻宅に招待されました。以前、ブエノスから出張時、また、カミさんが日本から旅行で来た時など投宿させたもらった場所。地上23階のマンションからは360度のパノラマ;眼下にパラナ河と地平線まで続く中洲の島々、ロサリオの摩天楼が一望。100インチのプロジェクター、AV設備、自分でも演奏するエレキ・ギター一式、そして、何よりも贅沢なのは「ミニジム設備」。激務の社長業、そして「ベジタリアン(採食主義者)」、自分の健康、元気を維持するためとはいえ、高価なジム用品を設置して、もくもくとトレーニングしている姿を想像、ほほえましく感じた。また、以前、ここで「テンプラ・パーティー」をして大好評だったのを懐かしく思い出した。続く

http://higo-corp.com/newpage25a.html




[326] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時35分48秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ08』 2017/12/07 海外ビジネス歴50年、今までに訪問した世界の工場;約2,000社、指導した工場;約20社。私見・私観であるが成功している経営者の共通している『成功の5慣習』は、以下の通り。①誠実、真面目、謙虚である。②アドバイスやコメントを素直に聞き、すぐ行動する実行力がある。③常に前向き、積極的な経営姿勢と時代に合ったやり方に変革させていく気概とたゆまぬ努力を怠らない。(例;インターネット・人脈からの情報収集など)④従業員を大事にし、その力を十分に引き出せるような環境整備に努めている。従って、従業員との信頼関係ができており、従業員の会社への忠誠心・貢献度が高い。⑤環境に配慮し、地域社会と融合している。 成功・成長している工場はそう多くない。その中で今回のロサリオ・「K社(秤製造・販売業)」は数少ない成功企業の一つと言える。誤解を恐れず言えば、ア国人には珍しく時間・約束を守る。当社での“カイゼン、5S、成功する新製品開発”などアドバイスやコメントをすべて受け入れ、現在も継続して実行している。最近、ア国で初めて「キャシュレジスター(金銭登録機)」を開発、販売を始めた。また、この分野の日本企業がとの連携・協業を積極的に準備・推進している。また、いまだ勝ってこの工場以外に従業員を大事にしているところを見たことがない。工場内にクリニック、娯楽室(卓球台、トランポリンなど)、敷地内にサッカー場、家族を招待したBBQ(バーべキュー)やピクニックなど。従業員の離職率はほぼゼロ、他社からの転職希望者も多いと聞いた。最近、特に新たな「環境への配慮」の方針を打ち出した。2002年から続けている植林の他、広大な敷地内に【羊・馬】を放牧している。家畜専門に世話する牧童も雇用している。“なぜ?”と聞くと地域事自体や顧客への好印象・?の一環という。日本中小企業では、土地の広さや高価格、また、利益/率優先でまず無理と思われる。残念ながらK社のように土地、お金、気持ちの余裕がないのが実情である。続く。

http://higo-corp.com/newpage25a.html



[325] (無題)

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時33分12秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ07』 2017/12/07 最終目的;三つのビッグイベント『K社創立50周年記念式典、副社長50歳誕生記念、そして社長夫妻結婚25周年記念式典』に参加。「アンデス・ワインの旅」3人も合同。放送大学・神奈川学習センター・放友会TK,TI両氏とロサリオ.アルゼンチンで再会。彼らとは2週間前「11月旅に行こう」で一緒だった。しかし、今まで2年余、日本国内ではいろいろな場所、場面で共に語り、杯を重ねている学友がまさか地球の裏、アルゼンチンで会うとは。まさに、奇跡、2度とない再会(!?) 早速、K社工場見学、社員食堂でランチ。(別途リポート予定)

イベントプログラムは以下のとおり;
【第1日】12月7日(金)16時~パーティー(従業員)K社ロビー
   同 上          21時~パーティー(招待者) 市内BAR
【第2日】12月8日(土)21時~パーティー(全員)Salon Gran Parana(ホテル)
【第3日】12月9日(日)13~ブッフェスタイルランチ(全員による)(プール)
              15~ プールでスイミングほか

第1日目は、午後4時終業、ロビーに全員集合。6か月掛けて準備・推進してきたイベントがア国風に少し遅れてスタート。いつものように軽快で歯切れ良い語り口の副社長の司会により、社長以下のスピーチを神妙に拝聴。現在従業員数75人、全員参加。当イベントは“従業員のための、従業員による、従業員のパーティ”メキシコやペル支店/支所から、またその他ウルグアイ、ベネズエラ、ブラジルなど8カ国からの代理店、優秀代理店から約100名が招待(特別招待日本含め)。夜は市内の有名で広大な「バー」での前夜祭パーティー。アンデス・ワインの旅」3人も参加。(別途リポート予定)

もっとも、感動的で感激したのは、私に「記念盾」贈呈されたこと。12年間、指導・支援してきたことへの感謝の意。どの分野の指導者にとって冥利、醍醐味は、自分が実行・実施ことへの「評価・感謝」と思う。それを小さな盾・文字でこのイベントの中で用意・準備してくれたことが何よりも嬉しい。日本の真下にあるア国との距離は、18,069Km(11,227マイル) 。乗り継ぎの待ち時間を入れると大体33時間。沢山のお金、時間そしてエネルギーを要してのア国来訪、そしてこの表彰。何にも代え難い記念品・贈呈品である。続く

http://higo-corp.com/newpage25a.html



[324] (無題)

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時30分30秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ06』 2017/12/05最終目的地・ロサリオに到着。3年振りの訪問。雨や雷鳴、土砂降りが多かったコルドバに比べ、当地は晴天が多く安定した気候。日中さすがに日差しは強いが、予想したほど暑くない。木陰や夜はひんやりとしたそよ風が心地よい。夜の8時過ぎまで明るい。至る所にあるオープンデッキのあるコーヒーショップやバー、レストランはビール・ワインを飲みながら歓談する市民でどこも満席。バス停まで迎えに来てくれたK社取締役と早速、街に繰り出した。サッカー・バルセロナ・メッシュがロサリオで経営しているレストラン「VIP」にて黒ビールで乾杯。久々の再会を祝った。因みに、知っている人もいると多いと思うが、メッシュはロサリオ出身。ロサリオに戻ってきたときは、必ず顔を見せるそうだ。
彼の話によると、街は夏休みの真っ盛り、人々の話題は、“今年の夏の休暇はどこに行くか?”でもちきりとか。断然トップは“ブラジル”、近くて安くて手ごろが受けているそうだ。なお、「潜水艦事故」は全く話題に出なかった(避けていた?)。当市も一見外観的には目立った変化は見当たらない。しかし、内面的には大きな変化が。2017年マクリ新大統領政権が本格始動、次々と改革を推進している。クリスチナ前大統領が全て;社会・経済・外交・政治を破壊、滅茶苦茶にした上、自分だけお金を搾取して逃げた「泥棒」だとみんなが激昂。全てがすぐうまくいかないとしても期待の大きさをひしひしと感じた。それだけ前がひどかったということだろう。事実、今回の訪問先K社も前政権下、部品の輸入禁止で製品が製造・販売できず従業員30人をリストラでしていき残った経緯がある。現在 80人に回復。今は輸入規制が緩和され、順調に回復中でメキシコ支店も継続して営業・サービス中。また、ア国で初めて「キャシュレジスター(金銭登録機;主に商店において商品販売額を計算、記録する機器)を開発・製造・販売したと意気軒高。去る7月、マクリ大統領と各代表閣僚一行は、中国での「一帯一路」会合に参加後、日本を訪問。その時、大統領講演と各分野における閣僚による「プレゼンテーションとパーテイ」(在日ア国大使館主催)に招待され参加した。その時、大統領の言葉;“前政権で逃げ出した日本企業ももう一度戻ってきて欲しい”という言葉が強く印象に残っている。また、来年ア国で開催されるの「G20サミット」に参加予定の安倍首相とマクリ大統領との首脳会談で両国の一層の経済発展が期待されている。長い暗いトンネルの中にいたア国もやっと明るい出口が見えてくるか、今後も注目していきたい。続く

http://higo-corp.com/newpage25a.html



[323] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月10日(日)05時14分47秒 200-42-22-167.dup.prima.net.ar  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ05』 2017/12/05 ア国国内旅行には、長距離バスが不可欠。日本のようにどこでも行ける新幹線、電車、地下鉄等ない。以前は鉄道もたくさん走っていたが、現在ではごく一部の路線を残して、すべて廃線に。その一方で、高速道路などのインフラが整備されることで、どんどん長距離バスが発達。今では、国内旅行はほとんどが飛行機と長距離バスによって移動することになる。ブエノスには、100以上、コルドバ 50以上のバス停がある。どこで発車するか、気を付けていないと乗り逃がすことに。
長距離バスのメリットはたくさんあるが、やはり一番はリーズナブルな値段。どこへ行くにも、飛行機の半分以下の金額で乗車できる。また、空港へ行って面倒な手続きするよりもバスの方が手軽だし、行き先も本数も多い。また、長距離バスのルートは日本以上に発達しているので、バスのグレードによっては食事が付いたりほぼ水平になるリクライニングシートがあったりと、きめ細かなサービスで意外に快適。今回のコルドバからロサリオまで550ペソ (約3,500円) 逆に、長距離バスのデメリットといえば、やはり膨大な時間がかかること。日本の7倍以上もの国土を持つアルゼンチンだけに、コルドバからロサリオまで飛行機なら1時間もかからないが、バスだと6.5時間(約500Km)も掛かった。小さい村や町を6ケ所も止まったためである、WI-FIがついていないため、ひたすら車窓からの雄大な風景を見たり、他の乗客と仲良くなったりと、バスならではの楽しみができた。手順はいたって簡単。ます、後輪上のトランクルームに荷物を預けると、照合用の荷札をくれるので一応盗難紛失の確率は低い。車両は1階1列と2列シート。1階最前部に出入口があり、そこに階段がある日本でも標準的な構造。この部分には給湯器とトイレがある。給湯器は3つの口があり、一つが水、二つがコーヒー。コーヒーは何故かはじめから砂糖がたっぷり入っている。私のようなブラック派には甘すぎるが「ノーチョイス」。ほか日本の感覚だとフットレストだが、ここではレッグレスト、コップ受けはあるが、テーブルはない。続く

http://higo-corp.com/newpage25.html



[322] (無題)

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月 7日(木)01時13分26秒 200-42-22-164.dup.prima.net.ar  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ03』2017/12/02  持つべきは『テニスの仲間』。3年振りに「テニスとアサード」。場所は2009年~ 2011年会員だった名門「コルドバ・ローンテニスクラブ」。月USD100会費はア国平均所得(USD800 ~900/m)から決して安くない。中企業経営者、医者、弁護士など富裕層が仲間。経済的、社会的、精神的、肉体的に余裕がある人ばかり。以前よりは常連の仲間は少なくなっているのは年と時の流れ。各人のテニス・スキル/レベルによってプレイメンバー・コートが決まり、メインコートのNo.1コートからスタートする。今回もNo.1コートで日系人(小児科医)とペアーに。毎回、大接戦だったが、我々日本組が修正能力を発揮して3 ? 0でア国人ペアーに完勝。終わった時、“サッカーはア国、テニスは日本?と皮肉を言ったら苦虫を噛み潰したような顔が印象的。その後は、手慣れた手順で、恒例の「アサードパーテイ」の準備に。買い出し係、火起こしと焼く担当、飲み物のオーダー係、場所設定など見事に組織的、迅速だ。実にア国人は、ことこのアサード料理に関しては、活き活きと楽しそうで、仕事とは大部違う。この間、ビジターはシャワーを浴び、出来るまで生ハム、サラミなどをつまみにビールや赤ワインを飲みながら待つのみ、ここだけの幸せ者!?

http://higo-corp.com/newpage25.html



[321] (無題)

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月 5日(火)18時22分21秒 200.69.199.101  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ02』 2017/12/01ブエノスアイレス市(以下、Bs As)に約1年前に来た時は、薄紫のハカランダの花は満開でした。が、今回少し時期が遅かった為、かなり花は散っていました。それでもまだあちらこちらで見ることが出来、ア国に来たのを実感します。毎年11月上旬、Bs As市の街が紫色に染まるのは、薄紫のハカランダの花が小枝の先にまで咲くからだそうです。この木が街路樹として植えられている通りは、あたり一面、紫のトンネルに一変し、日差しに美しく輝きます。英語ではジャカランダ。現地では「ハカランダ」と呼ばれています。グアラ二ー語では「香りのよい」という意味です。インターネット情報では、市内には10,975本のハカランダの樹があり、Bs As市では更に広場や道沿いに植える計画があるそうです。市に行く為、国際空港(EZEIZA)より国内空港(AEROPARQUE)に移動。待ち時間に空港内レストランで早速、「ミラネサ」を食する。ア国肉料理定番のひとつである「ミラネサ」は、牛肉を叩いて薄くし、衣を付けて揚げた“カツレツ”のようなもの。そのままでも十分塩味が効いていて美味しいのですが、ミラネサをサンドイッチにしたサンドイッチ・デ・ミラネサとビールで第2故郷の味を味わいました。

http://higo-corp.com/newpage25.html



[320] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月 5日(火)18時17分49秒 200.69.199.101  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ1』 2017/11/30 アルゼンチン国(以下、ア国)ロサリオ市(第3都市)K社は2005年JICA専門家として「中小企業振興プロジェクト」に参画した時、訪問した40社中3社のモデル企業に選定され、私が担当して以来の旧知の中。来日時には我が夫婦で京都・奈良・大阪を案内した。また、カミさんが訪アの度に自宅に泊めてもらうなど、既に10年余の家族ぐるみの付き合い。義理・人情・恩情がまだ残るア国人の代表格。素晴らしい人達との出会いに感謝。丁度1年前、JICA「日系社会連携調査団」の一員でア国訪れた時、遠路ロサリオ市(ブエノスより400㎞、車で約5時間)からわざわざ駆け付けてくれた。本人達は『ベジタリアン(菜食主義者)』だが、私の肉好きを知っていてブエノスで最も美味しくて有名なレストランで『アサード(チュラスコ)料理』に招待してくれた。平均すると1年から2年毎に会っている縁深い間柄。奇しくも今回“日本入出国100回目、アルゼンチン訪問20回目”の節目の海外出張・旅行。先日、とあるS社OB会でこの話をしたら、“盛田昭夫元社長は、何倍も行っている”と言う人が。私はいちサラリーマンとして多い方ではと言いたかったのだが。また、初めて西回りのア国訪問。実は、通例の北米経由の便が取れず「ルフトハンザ航空」でのフランクフルト」経由に。航空機はこれまた懐かしい「ボーイング747」。昔、S社現役時代海外出張でよく搭乗した2階建てジヤンボ。(当時は毎回ビジネスクラスだったが)最近では珍しいエコノミークラスでのフリードリンク(スパークリングワイン、ビール、赤ワイン、ブランデーなど)でつい飲み過ぎた30時間のフライト。

http://higo-corp.com/newpage20a.html



[319] 国内ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年11月26日(日)14時22分40秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

2017/11/18 『湘南ABIC会(NPO法人・国際社会貢献センター)』は、大船、藤沢、茅ケ崎、平塚在住の湘南メンバーの集まり。お食事とお酒を楽しみながらの気楽な懇談の場として約3年前に発足。平均年に2~3回開催。今年は去る2月に続いて2回目。今回、会員の紹介により、学校経営者。企業向け自己発見、表現力・コミュニケーション・マナー・マネジメント・リーダーシップ研修などの事業を展開している女性実業家が初参加。今日もさいたま市でのFMラジオ局放送の仕事を終え参加。また、従来の参加者は、作家・著作業、資格取得講座講師、男声合唱団員、大学仏語講師など夫々分野で活動中。いつもながら、参加者の経験談や現状、かつ、ワールドワイドな話題、美味な本格的中華料理、紹興酒で時間が経つのが早い。さらに、今回、ばりばりのキャリアーウーマンの初参加により、一段と話題が広がり、楽しい会に。そして、個人的にも、以前、このメンバーの一人から、埼玉県上尾市S大学・非常勤講師の紹介も。この会における人の出会いに改めて人脈の大事と実感。次回、私が幹事で平塚にて3月末~4月初めに開催予定。

http://higo-corp.com/newpage20a.html



[318] (無題)

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年11月23日(木)14時26分28秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

1. 2017/11/16 第5回CDEK例会・スペイン語圏研究発表『懐かしのベネズエラ(Nostálgico Venesuela)』会員SM氏発表。1982年~1983年にかけて勤務(建設関係)したベネズエラについて最新情報と古い記憶と絡め発表。当時の主な状況;1983年2月 通貨見直し(大幅切り下げ)で債務支払問題に直面。庶民の実質生活レベルは、急激に低下。1999年にウーゴ・チャベスがベネズエラの大統領に就任。10数年の事実上の独裁政権、反米主義、反新自由主義。左翼社会主義ポピュリズム路線で、貧困層からは支持され、富裕層の激しい反発を招く。ボリバル革命を唱えて国名に「ボリバル」を挿入。2014年、チャベス亡き後のVenezuelaは、さらに、不況、混迷に入っている。アメリカへの反抗と報復により、経済破綻の危機。仕事;(ミッション;設備の近代化)
多国籍人との協働環境下、建設における生産性:かなり低い(当時の日本に比べ)残業はほとんどしない。ペイデーは支給前に早くから長い列、受領後即帰宅,職種別労働組合(Trade Union)の力が強く、監督者にはストレス(訴えられたらFired!), 地域組織によるゼネラル・ストライキ多発等々・・・丁度S社現地工場にてカラーテレビの生産が始まり、何回も3~5か月長期出張していた時期と重なり懐かしく思い出しながら拝聴。s親睦会での牡蛎オイル焼きが美味。

http://higo-corp.com/newpage20a.html


レンタル掲示板
353件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.