有限会社 ヒゴ・コーポレーション



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ] キーワード: ネットワークビジネス 異文化体験 情報交換


349件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[333] 国内ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2018年 1月22日(月)11時57分43秒 pa3d6d3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

20180121 早朝のテレビニュースで“西部邁 自殺か?のニュースにびっくり。セミナー受講記録によれば、約24年前(1994年6月)『日本の文明に成熟はあるの』という演題を聴講。西部氏(評論家)は、1939年、北海道生まれ(78歳)。東大経済学部卒、同大大学院修士課程修了。元東大教授。60年安保闘争の際には全学連の指導層におり、後に保守派の論客として活躍。大衆化や米国流の経済思想をテレビや雑誌などで鋭く批判していた。講演後の懇親会でビールを飲みながら趣味のプロ野球の話などを気さくに気取らず歓談したのを懐かしく思い出した。当時、まさか、自殺するような人には見えなかったが、最近の日本に絶望したのか。自分が興味ある人なら、時間、お金とエネルギーをかけできるだけ相手に会いに行く。セミナーや講演に参加して、直接話を聞くことで、より多くのことを学ぶ主義の私にとって、2016年4月死去した「竹内宏(エコノミスト)」に続く悲報。合掌

http://higo-corp.com/newpage25a.html




[332] 国内ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2018年 1月18日(木)18時31分8秒 pa3d6d3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

2018/01/17 放送大学・神奈川学習センター・放友会・『ワインを愉しむ会(DVC: Disfruta de Vino Club)幹事会&新年会』を、「ワイン酒場 ガブリシャス(GabuLicious) 横浜西口鶴屋町店」開催(参加者;7名)。当店は、横浜駅徒歩1分の好立地、お洒落でゆったりした大人の隠れ家的空間で、カジュアルにワインと料理(例;生ハム/紫キャベツとクルミのコールスロー とろーりチーズのマッシュポテト 、ョップドサラダ 、フライドポテト 塩昆布&バター 、当店特製 煮込み 、チキンステーキ シャリアピンソース 、本日ピザ)を楽しみました。当会が発足して3年目になりました。大体3ケ月に1回のペース、今迄8回開催済み。参加者最高は18名、平均15名前後。ワイン愛好家は確実に増えています。本年度開催月日を決定。参加の近況や将来計画など歓談、アツという間の3時間でした。

http://higo-corp.com/newpage20a.html



[331] 国内ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2018年 1月17日(水)14時57分57秒 pa3d6d3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

2018/01/14 放送大学・神奈川学習センターには学生団体『サークル協議会』があります。現在、中国語学習会、韓国語同好会、うえるかむ(英語)、スペイン語研究会の語学サークルなど10団体が所属。当スペイン語研究会(以下、CDEK)も昨年8月発足・入会、最も新しいサークルメンバー。学生共通の興味・関心あるテーマ、趣味、自己啓発などの目的でグル-プを結成。新規会員募集、成果発表、講演・セミナー開催、イベント参加など学習センターと共に活動中。本協議会入会で新しい出会い・交流が誕生。先日、本年度最初の会合・新年会があり参加。1次会は「中華料理店」、2次会は「カラオケバー」。メンバーはみな人生経験豊富、更にいろいろな専門分野を極めようと勉強を継続している多士済々。今年も『人は希望ある限り若い!』をモットーに、いつまでも好奇心を失わず刺激的に過ごしたいと存じます。

http://higo-corp.com/newpage20a.html



[330] 国内ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2018年 1月17日(水)14時56分26秒 pa3d6d3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

2018/01/13  昨年(2017/01/15)と同様、横浜国立大学学生寮・大岡インターナショナルレジデンス(以下 大岡IR)に滞在中の外国人留学生、研究者(約200名)に対し、日本文化『NEW YEAR EXPERIENCES(お正月体験会)』開催、参加者約70名(留学生約35名)。日本のお正月に家庭で食されるおせち料理、お雑煮やぜんざいなど、また、同時に、日本文化であるお茶席とけん玉、駒回しなども用意。体験した留学生達に大好評だった。世界的に有名な日本人A教授をたよって「国際法律学」を学びにフランスからきた女性、将来起業家を目指すスリランカ男性、経営・マネージメントを学ぶエチオピアから来た人等々若く熱意ある留学生との交流ができた。加えて日本の良いところ、悪いところなど貴重な意見も聞けた。最近来日した留学生はあと2年~3年滞在する人が多く、日本のいろいろなところに行きたいと熱く語っていたのが印象的。本企画の目的・目標であった居住者間の交流、大岡IRと放送大学神奈川学習センターの利用者間の交流、日本と他国の文化の共有を図れた。今回は神奈川学習センター所長と有志(国際交流グループ・リーダー肥後)のほか、同センター語学サークル;中国語学習会、韓国語同好会、スペイン語研究会、同窓会員等、昨年より幅広いメンバーが共同参加。今後の「交際交流会」活動の方向性が出てこれからが楽しみに。

http://higo-corp.com/newpage20a.html



[329] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月31日(日)17時06分0秒 pa3d6d3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

2017/12/14『YOUは何しにアルゼンチンへ11』 今回初めてア国訪問にルフトハンザ・ドイツ航空(以下、LH)で西回りフランクフルート(以下;FRA)経由を利用。今迄19回、UA・DELTA航空などでニューヨーク、ニューアークなど北米経由が通例だったが、西回りを利用していろいろ気付き・違いが判明。
 1)通関・入国手続きがスムーズ、北米では通関員・入国管理スタッフの態度が横柄・傲慢。Welcomeという雰囲気ない。2)全コースドリンクはフリー。スパークリングワイン、ブランデーまであった。北米経由は一般的にUSAまではフリー、南米域内は有料(ビールUSD6, ワインUSD8など)3)全コース、日本人CAが同乗、北米経由はUSAまでは同乗、南米域内はいない。4)エコノミークラスに対する顧客満足度の高さ、機内とFRS空港両方での設備、スタッフのサービス水準の高さの違い。例;無料WI-FI,個々にAC電源付き等。5)LHは機内サービス、ビデオも邦画、日本語版など多かった。図らずも、本日ネットニュースでイギリスの航空サービス格付け会社スカイトラックスが、『世界で最も素晴らしいエコノミークラスを誇る航空会社』をランキング形式で発表。今回のLH利用は大正解!? 以下記事ご紹介:
【2017年のリストは日本を含むアジアの航空会社が独占していて、トップ20のうち15を占めている。同社によると、ランキングのトップに輝いた航空会社のエコノミークラスは「最先端のエコノミークラスに対する顧客満足度の高さ、機内と空港両方でのスタッフのサービス水準の高さが際立っている」という。航空会社のランキングと言うと、ビジネスクラスやファーストクラスが注目を集めがちだが、多くの消費者にとって重要なのはエコノミークラスだ。事実、搭乗客の大半がそこで時間を過ごしている。航空会社にとっても、エコノミークラスは、いかに正確に業務を遂行できるかが問われるところだ。
なぜなら、ビジネスクラスやファーストクラスに比べ、狭くて、サービスも少ないエコノミークラスでは、搭乗客にとってフライトが心地良いものになるか、惨めなものになるかは、紙一重だからだ。
座席の硬さがフライトの全てを決定づけることすらある。
ランキングは105カ国、1987万人の旅行者による評価をもとに作られた。世界320以上の航空会社を、搭乗手続きや座席の心地良さ、サービスの質といった49の指標で評価した。
リストはアジアの航空会社が独占している。トップ10のうち9を、トップ20のうち15を占めている。タイ国際航空が1位に輝き、北米の航空会社はトップ20入りを逃した。
スカイトラックスが選ぶ、世界で最も素晴らしいエコノミークラスを提供している航空会社を紹介しよう。10位 ルフトハンザ・ドイツ航空、9位 エバー航空、8位 全日本空輸(ANA)、7位 エミレーツ航空、6位 日本航空(JAL)、5位 シンガポール航空、4位 ガルーダ・インドネシア航空、3位 アシアナ航空、2位 カタール航空、1位 タイ国際航空】               終

http://higo-corp.com/newpage25.html



[328] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月30日(土)11時19分24秒 pa3d6d3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ10』 2017/12/11 旅の醍醐味は、何回行っても新しい発見や出会いがあること。そして、もう一つはその土地の郷土料理を堪能すること。どの国・土地にも名物や美味しいものがありますが、私にはア国料理ほど、おいしいと思う料理はありません。今回も牛肉料理ほか美味しいものをたくさん食べました。その一端をご紹介いたします、
■ミラネサ
ミラネサも肉料理の定番のひとつ。これは、牛肉を叩いて薄くし、衣を付けて揚げたカツレツのようなもの。そのままでも十分塩味が効いていて美味しいのですが、コルドバの小さなレストランで食べたトマトソースとチーズをのせたミラネサ・アロス(ごはん)が日本のカツレツ定食風?で美味でした。
■エンパナーダ
軽食の中でもっともポピュラーなのが、エンパナーダ。半月型の衣に包まれたミートパイのようなもので、カルネ(牛挽肉)、ポジョ(鶏肉)、ハモン・イ・ケソ(ハム&チーズ)などが一般的。専門店に行けば、ウミータ(トウモロコシ&クリームソース)や、チャンピニョン(マッシュルーム)、ベヒタレス(野菜)など数多くの種類を取りそろえています。オーブンで焼くアル・オルノと、揚げるフリータの2種類の調理法があり、店によって違います。本格的なレストランでは、オードブル代わりに出てくることもあります。今回はK社長夫妻宅で頂きました。
■パク
ア国では食用魚として、スルビ;なまずのような形で河の深いとこに棲む魚。少し黄色色を帯びた身で、脂ののったおいしい魚。トルーチャ;パタゴニアの川ではトルーチャ(マス)がありますが、私はいつも焼いたパク【南米: ラプラタ・ボリビアに生息する魚。カラシン科の淡水魚・河魚の一種; メテイニス(ピラニアに似ている)を食べます。川魚特有の臭さ、匂いはなく白身のさっぱりした味が好きです。レストランでは、Hay pacú(パク有り)とわざわざ表示しているほど貴重です。


http://higo-corp.com/newpage25.html



[327] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時37分6秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ09』 2017/12/10 今回のア国出張で日本出入国丁度100回目。これは目標・目的とした訳ではなく,振り替えて記録をみたらこの数字だったということ。会社社長や海外関係役員、旅行会社のスタッフならいざ知らず、一サラリーマンとしては多い方。しかし、その半分50回ほど、個人宅に招待されたことは大いなる誇り・自負するところ。なぜなら、海外出張での歓待・接待は会社のお金で一流のホテル/レストラン、特別専門店などが普通だから。個人宅での家庭/手作り料理を家族や親戚、友人と共にするのは、格別の感慨があります。それはお互いの信頼関係、余程親しくないと招いてくれないからです。今回の約2週間の旅行で3回家庭に招待されました。まず、ロサリオのA・C宅には3年ぶりの訪問。15年前、当地に駐在している頃は、殆ど毎週末呼ばれていました。美人3姉妹とそのボーイフレンドなどとよくランチを共にしました。約500㎡の敷地に「パテオ(中庭)」があり、そこでアサードが出来る間、ビール、ワインを飲みながらよく歓談したものです。ブエノスやコルドバからの友人たちも同行しても、いやな顔せず、私と同様に接してくれました。「Mi casa es tu casa(私の家はあなたの家)」という精神。今回、急なウイークデーでの訪問だったため、夫婦だけとの再会。早速、旦那は私の大好物「アサード」、奥さんは「サラダ・デザート」を手際よく準備。ここのアサードは出来立てで温かく、何よりも心がこもっていて最高!次にK社創業者宅に招待されました。50年前に夫婦でテスターやDC電源などを生産・販売したのがK社の始まり。数年前までは工場に毎日出勤、いろいろアドバイスやコメントをしていたが83歳になった現在は息子にすべて任せ、自宅での趣味の「精巧・精密機械」の制作に没頭、毎日を費やしている由。自宅にかなり本格的な工具・研磨機、穴明け機などを完備、実際に動く、蒸気機関車、車や汽車などを一つ一つ部品から作り上げている。テレビや新聞にもよく取り上げられている。同家親戚のドイツ人親子と隈なく見せてもらったが、説明するときの顔、目は少年のようにイキイキ輝いていたのが印象的。お金と時間、熱意・意欲がないと続かない高級な趣味と実感。
最後は、K社社長夫妻宅に招待されました。以前、ブエノスから出張時、また、カミさんが日本から旅行で来た時など投宿させたもらった場所。地上23階のマンションからは360度のパノラマ;眼下にパラナ河と地平線まで続く中洲の島々、ロサリオの摩天楼が一望。100インチのプロジェクター、AV設備、自分でも演奏するエレキ・ギター一式、そして、何よりも贅沢なのは「ミニジム設備」。激務の社長業、そして「ベジタリアン(採食主義者)」、自分の健康、元気を維持するためとはいえ、高価なジム用品を設置して、もくもくとトレーニングしている姿を想像、ほほえましく感じた。また、以前、ここで「テンプラ・パーティー」をして大好評だったのを懐かしく思い出した。続く

http://higo-corp.com/newpage25a.html



[326] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時35分48秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ08』 2017/12/07 海外ビジネス歴50年、今までに訪問した世界の工場;約2,000社、指導した工場;約20社。私見・私観であるが成功している経営者の共通している『成功の5慣習』は、以下の通り。①誠実、真面目、謙虚である。②アドバイスやコメントを素直に聞き、すぐ行動する実行力がある。③常に前向き、積極的な経営姿勢と時代に合ったやり方に変革させていく気概とたゆまぬ努力を怠らない。(例;インターネット・人脈からの情報収集など)④従業員を大事にし、その力を十分に引き出せるような環境整備に努めている。従って、従業員との信頼関係ができており、従業員の会社への忠誠心・貢献度が高い。⑤環境に配慮し、地域社会と融合している。 成功・成長している工場はそう多くない。その中で今回のロサリオ・「K社(秤製造・販売業)」は数少ない成功企業の一つと言える。誤解を恐れず言えば、ア国人には珍しく時間・約束を守る。当社での“カイゼン、5S、成功する新製品開発”などアドバイスやコメントをすべて受け入れ、現在も継続して実行している。最近、ア国で初めて「キャシュレジスター(金銭登録機)」を開発、販売を始めた。また、この分野の日本企業がとの連携・協業を積極的に準備・推進している。また、いまだ勝ってこの工場以外に従業員を大事にしているところを見たことがない。工場内にクリニック、娯楽室(卓球台、トランポリンなど)、敷地内にサッカー場、家族を招待したBBQ(バーべキュー)やピクニックなど。従業員の離職率はほぼゼロ、他社からの転職希望者も多いと聞いた。最近、特に新たな「環境への配慮」の方針を打ち出した。2002年から続けている植林の他、広大な敷地内に【羊・馬】を放牧している。家畜専門に世話する牧童も雇用している。“なぜ?”と聞くと地域事自体や顧客への好印象・?の一環という。日本中小企業では、土地の広さや高価格、また、利益/率優先でまず無理と思われる。残念ながらK社のように土地、お金、気持ちの余裕がないのが実情である。続く。

http://higo-corp.com/newpage25a.html



[325] (無題)

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時33分12秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ07』 2017/12/07 最終目的;三つのビッグイベント『K社創立50周年記念式典、副社長50歳誕生記念、そして社長夫妻結婚25周年記念式典』に参加。「アンデス・ワインの旅」3人も合同。放送大学・神奈川学習センター・放友会TK,TI両氏とロサリオ.アルゼンチンで再会。彼らとは2週間前「11月旅に行こう」で一緒だった。しかし、今まで2年余、日本国内ではいろいろな場所、場面で共に語り、杯を重ねている学友がまさか地球の裏、アルゼンチンで会うとは。まさに、奇跡、2度とない再会(!?) 早速、K社工場見学、社員食堂でランチ。(別途リポート予定)

イベントプログラムは以下のとおり;
【第1日】12月7日(金)16時~パーティー(従業員)K社ロビー
   同 上          21時~パーティー(招待者) 市内BAR
【第2日】12月8日(土)21時~パーティー(全員)Salon Gran Parana(ホテル)
【第3日】12月9日(日)13~ブッフェスタイルランチ(全員による)(プール)
              15~ プールでスイミングほか

第1日目は、午後4時終業、ロビーに全員集合。6か月掛けて準備・推進してきたイベントがア国風に少し遅れてスタート。いつものように軽快で歯切れ良い語り口の副社長の司会により、社長以下のスピーチを神妙に拝聴。現在従業員数75人、全員参加。当イベントは“従業員のための、従業員による、従業員のパーティ”メキシコやペル支店/支所から、またその他ウルグアイ、ベネズエラ、ブラジルなど8カ国からの代理店、優秀代理店から約100名が招待(特別招待日本含め)。夜は市内の有名で広大な「バー」での前夜祭パーティー。アンデス・ワインの旅」3人も参加。(別途リポート予定)

もっとも、感動的で感激したのは、私に「記念盾」贈呈されたこと。12年間、指導・支援してきたことへの感謝の意。どの分野の指導者にとって冥利、醍醐味は、自分が実行・実施ことへの「評価・感謝」と思う。それを小さな盾・文字でこのイベントの中で用意・準備してくれたことが何よりも嬉しい。日本の真下にあるア国との距離は、18,069Km(11,227マイル) 。乗り継ぎの待ち時間を入れると大体33時間。沢山のお金、時間そしてエネルギーを要してのア国来訪、そしてこの表彰。何にも代え難い記念品・贈呈品である。続く

http://higo-corp.com/newpage25a.html



[324] (無題)

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時30分30秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ06』 2017/12/05最終目的地・ロサリオに到着。3年振りの訪問。雨や雷鳴、土砂降りが多かったコルドバに比べ、当地は晴天が多く安定した気候。日中さすがに日差しは強いが、予想したほど暑くない。木陰や夜はひんやりとしたそよ風が心地よい。夜の8時過ぎまで明るい。至る所にあるオープンデッキのあるコーヒーショップやバー、レストランはビール・ワインを飲みながら歓談する市民でどこも満席。バス停まで迎えに来てくれたK社取締役と早速、街に繰り出した。サッカー・バルセロナ・メッシュがロサリオで経営しているレストラン「VIP」にて黒ビールで乾杯。久々の再会を祝った。因みに、知っている人もいると多いと思うが、メッシュはロサリオ出身。ロサリオに戻ってきたときは、必ず顔を見せるそうだ。
彼の話によると、街は夏休みの真っ盛り、人々の話題は、“今年の夏の休暇はどこに行くか?”でもちきりとか。断然トップは“ブラジル”、近くて安くて手ごろが受けているそうだ。なお、「潜水艦事故」は全く話題に出なかった(避けていた?)。当市も一見外観的には目立った変化は見当たらない。しかし、内面的には大きな変化が。2017年マクリ新大統領政権が本格始動、次々と改革を推進している。クリスチナ前大統領が全て;社会・経済・外交・政治を破壊、滅茶苦茶にした上、自分だけお金を搾取して逃げた「泥棒」だとみんなが激昂。全てがすぐうまくいかないとしても期待の大きさをひしひしと感じた。それだけ前がひどかったということだろう。事実、今回の訪問先K社も前政権下、部品の輸入禁止で製品が製造・販売できず従業員30人をリストラでしていき残った経緯がある。現在 80人に回復。今は輸入規制が緩和され、順調に回復中でメキシコ支店も継続して営業・サービス中。また、ア国で初めて「キャシュレジスター(金銭登録機;主に商店において商品販売額を計算、記録する機器)を開発・製造・販売したと意気軒高。去る7月、マクリ大統領と各代表閣僚一行は、中国での「一帯一路」会合に参加後、日本を訪問。その時、大統領講演と各分野における閣僚による「プレゼンテーションとパーテイ」(在日ア国大使館主催)に招待され参加した。その時、大統領の言葉;“前政権で逃げ出した日本企業ももう一度戻ってきて欲しい”という言葉が強く印象に残っている。また、来年ア国で開催されるの「G20サミット」に参加予定の安倍首相とマクリ大統領との首脳会談で両国の一層の経済発展が期待されている。長い暗いトンネルの中にいたア国もやっと明るい出口が見えてくるか、今後も注目していきたい。続く

http://higo-corp.com/newpage25a.html


レンタル掲示板
349件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.