有限会社 ヒゴ・コーポレーション



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ] キーワード: ネットワークビジネス 異文化体験 情報交換


新着順:46/350


[329] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月31日(日)17時06分0秒 pa3d6d3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

2017/12/14『YOUは何しにアルゼンチンへ11』 今回初めてア国訪問にルフトハンザ・ドイツ航空(以下、LH)で西回りフランクフルート(以下;FRA)経由を利用。今迄19回、UA・DELTA航空などでニューヨーク、ニューアークなど北米経由が通例だったが、西回りを利用していろいろ気付き・違いが判明。
 1)通関・入国手続きがスムーズ、北米では通関員・入国管理スタッフの態度が横柄・傲慢。Welcomeという雰囲気ない。2)全コースドリンクはフリー。スパークリングワイン、ブランデーまであった。北米経由は一般的にUSAまではフリー、南米域内は有料(ビールUSD6, ワインUSD8など)3)全コース、日本人CAが同乗、北米経由はUSAまでは同乗、南米域内はいない。4)エコノミークラスに対する顧客満足度の高さ、機内とFRS空港両方での設備、スタッフのサービス水準の高さの違い。例;無料WI-FI,個々にAC電源付き等。5)LHは機内サービス、ビデオも邦画、日本語版など多かった。図らずも、本日ネットニュースでイギリスの航空サービス格付け会社スカイトラックスが、『世界で最も素晴らしいエコノミークラスを誇る航空会社』をランキング形式で発表。今回のLH利用は大正解!? 以下記事ご紹介:
【2017年のリストは日本を含むアジアの航空会社が独占していて、トップ20のうち15を占めている。同社によると、ランキングのトップに輝いた航空会社のエコノミークラスは「最先端のエコノミークラスに対する顧客満足度の高さ、機内と空港両方でのスタッフのサービス水準の高さが際立っている」という。航空会社のランキングと言うと、ビジネスクラスやファーストクラスが注目を集めがちだが、多くの消費者にとって重要なのはエコノミークラスだ。事実、搭乗客の大半がそこで時間を過ごしている。航空会社にとっても、エコノミークラスは、いかに正確に業務を遂行できるかが問われるところだ。
なぜなら、ビジネスクラスやファーストクラスに比べ、狭くて、サービスも少ないエコノミークラスでは、搭乗客にとってフライトが心地良いものになるか、惨めなものになるかは、紙一重だからだ。
座席の硬さがフライトの全てを決定づけることすらある。
ランキングは105カ国、1987万人の旅行者による評価をもとに作られた。世界320以上の航空会社を、搭乗手続きや座席の心地良さ、サービスの質といった49の指標で評価した。
リストはアジアの航空会社が独占している。トップ10のうち9を、トップ20のうち15を占めている。タイ国際航空が1位に輝き、北米の航空会社はトップ20入りを逃した。
スカイトラックスが選ぶ、世界で最も素晴らしいエコノミークラスを提供している航空会社を紹介しよう。10位 ルフトハンザ・ドイツ航空、9位 エバー航空、8位 全日本空輸(ANA)、7位 エミレーツ航空、6位 日本航空(JAL)、5位 シンガポール航空、4位 ガルーダ・インドネシア航空、3位 アシアナ航空、2位 カタール航空、1位 タイ国際航空】               終

http://higo-corp.com/newpage25.html


新着順:46/350


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.