teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:梵 季結  投稿日:2014年 6月 6日(金)16時35分29秒 KD113156247027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  -少し遡り新入生歓迎会前、早朝-

もー…もう朝かよ。どんだけこき使ってんだよ、本当。一変ストライキしてやろうか
(犯罪組織の一員として今日も今日とて命令が下され仕事の日々。今の己の状態にはやや厳しい朝日に照らされ、制服に着替え登校途中。仕事、バイトに学校とハードな毎日に嫌気が指すのも仕方ないと思う。けれどそうしないとお金なんて稼げず生活が出来なくなる訳で、愚痴を呟くが完全に思考は仕事の事を中心に回っていて。ふと、何か食べ物でも買おうかと店を探すべく見渡すと見覚えのある人物…。ああ確か指輪の…。割と最近の出来事だったからか思い出すの時間はかからず丁度持っていた指輪をポケットから取り出すとちょっとした悪戯のつもりで彼女に近づき声をかけて見て)
…あのこれ何処かで落としませんでしたか?前君が落としたの見て拾ったんです。大事な物だと思っていつか渡せてたらと思ってとっておいたの。
(喋り方や表情、親切な人だと思わせる様に装って呪いのかかった指輪を渡す。案の定そうしてやれば、これから災いがふりかかるとも知らず彼女は嬉しそうに笑み浮かべ大事そうに指輪を手にして。己は心中してやったり。大事な物落とすから悪いんだよ?簡単に人を信じるから…)
---渡せて良かった♪大事な物は無くしちゃ駄目ですよ?じゃあ。
(嬉しそうにする彼女を見ては、優しい人物と思わせる様に笑顔を浮かべて。早く君もこっち側の人間になればいいのに、なんて密かに思っては彼女が学校に行く姿を見送ってから己もその場を離れ)
 
 

外庭

 投稿者:園宮 アリス  投稿日:2013年 5月31日(金)16時38分39秒 KD182250031196.au-net.ne.jp
返信・引用
  キド兄>
″一変死んでこい″です。…いや、死ね。
(それは自分の感覚だろう。こっちは普通の人間なんだよ。野生児と違うんだよ。もともと絶叫マシンも苦手なタイプだ。ほんとに吃驚したんだから。しかもいきなり現れて強引に、怒らざる負えないだろう。全くずれた発言にムカッとしては冷たい一言を浴びせ。用事を尋ねれば何やらもじもじとしているではないか。目の前の人物は本当はコミュ症なんて知らないからちょっと言いすぎたかななんて心配になるが。は?何言っるんの?コレは愛の告白ってやつ?
てかそれしか考えられないよね?普通に買い物に付き合ってとかなら軽い一言で誘えるもんね。僕は無理だけど。変な汗かいてるし。違う意味で捉え、軽蔑した目で見やり一発腹にパンチを喰らわせようと拳を握って殴りかかろうとして。)
 

外庭

 投稿者:早見 鬼門  投稿日:2013年 5月30日(木)14時20分28秒 KD182250189020.au-net.ne.jp
返信・引用
  アリス>
あぁ、驚いたかー?まー三階から来たらそりゃ吃驚するかもしんねーな!絶叫マシンみてーでおもしかっただろ~
(此方の解釈としては、無視したイコール吃驚してどういう対応をして良いかわからなかった。だから、咄嗟に他人の振りをするしかなかった。コミュニケーション能力もお互い皆無と言っていいし。アリスは特別な存在なのでこうして心を開いて話しているだけであって。根本からずれた発言を、得意げに語ってみせて)
YO!?あ、用な...お、おぉ...そうか、そうだよな.....あー...と
(急に話を戻されれば、軽くパニックに陥ってしまい、ラッパーのような発声をしてしまい。はずかしそうに言いにくそうに、だくだくと汗が流れつつ何かを言おうとして...)
と、取りあえず。お、オレと、その、つ、つ、つ、....っ~~~!!オレと付き合ってくれっ!!(どーん)
 

混沌世界

 投稿者:ケイ  投稿日:2013年 5月30日(木)13時56分21秒 KD182250189020.au-net.ne.jp
返信・引用
  アゲハ>
......
(自分の言ったことに嘘偽りはない。何者にも従いたくない、しかし、こうすることで結果的に人間界で暮らしていくのには非常にやりやすい。だからこそ選んだ契約だ。この相手もお勉強だけ努力してきました、みたいな形だけの優等生ではなさそうだし、もし相手が此方を強制的に命令を下すことを選んだとしても異論はない。浅くため息をつけば、目を伏せ、相手の次の行動を静かに見守るように待ち)
...上等。その言葉待ってたぜ。ーーー"契約完了"
(承諾の言葉と、相手の名を聞けばギラッと鋭く瞳が紅に光帯びて、ニヒルに笑う表情と混沌の闇と酷く相応しく混ざり合っていて。本人の声がら出された言葉、名前が契約の証明。言霊となって、互いの精神に刻まれていく。宙に、魔族の言語で互いの名前と契約の情報がペンですらすら描いてるかのように紫ネオン色で浮かび上がる。大丈夫、この文字は読めずとも頭で理解できるような仕組みになっているから。ぱんっと柔らかい音が、文字に触れると同時に耳に響く。そして、"契約完了"と囁くように言葉零すと、薄紫色の光に包まれて、弾けるようにその光は消えて再び混沌の闇が訪れる。もう、取り返せない。どちらかが息絶えるか、此方が"赦す"までは。不安定だった魔力が安定していくのを感じる。これで、まともに動ける。こんな世界に同調して生きるのはまっぴらだ。同化していた身体が元に戻って行く。魔力が安定したおかげであろう。)
バーカ、こういう時に利用しなくてどうすんの?
(相手の言葉には納得だが、これでも女性の対応は有耶無耶にはしてはならないと言う心得はある。それにもう相手はパートナーなのだ。怪我されては此方が困る。擦り傷程度の傷ではなさそうだしな。ふっと柔らかく笑い、相手の怪我している箇所にそっと触れ、毒を吸い出してやる。低級悪魔のものとはいえ、放置しておくとあとが厄介だ。浅いうちに治療して置くのが吉だ。あとは傷が開かないようにするだけ。自身の服の裾をびりっと破いて、即席の布を巻いて解けないよう少しキツめに縛ってやり。)
さて、また変なのがくるまえに行くかー...。そういえば、それ制服だよね?
(緊張感のない気だるげな声で、ため息交じりに相手に向かって言えば、先を歩き始め。相手の服装を思い出しては、軽く後ろを振り返ってぽつりと疑問投げかけて。背後に悪魔が此方を狙っているのを知りながら。彼女の背後にも、同じくだ。ちょうど良いタイミングだ。雑談交えながら一つ暴れようじゃないか。)
俺もこれから入学予定なんだけど...
(多分違う学校だろうな。アゲハの横を一瞬で通り抜ければ、素手で紅色の爪を軽く振るい悪魔を切り裂いて)
 

外庭

 投稿者:園宮 アリス  投稿日:2013年 5月30日(木)01時32分51秒 KD113156247027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  キド兄>
そーゆ問題じゃないです。それは自業自得です、あんな馬鹿みたいな入り方したせいですからね!無視したくもなります
(早いとか遅いとか全くそういった問題じゃない。常識外れにも程がある行為だ。ここはジャングルでも森でも無いのだ、お前は猿か。私達のご先祖様は猿だけれどもさ。ピョンピョンと街を飛び回っているのは目の前の人位だろう。しかも意外に根にもつタイプらしい。先程無視した事について言われれば、頬を引っ張ってたのをやめ額にピシッとデコピンをしやり。普通に扉から入ってくれば、無視する事もなかったのにあんな派手な登場するからだ。人と接するのが嫌い、苦手で、ひっそりとしていたのに。目立つ行動取る方が悪い。ふんっとツンとしたまま言い返して)
それより、僕に何か用件があるんですね?
 

ファミレス

 投稿者:降織 稀  投稿日:2013年 5月30日(木)01時04分46秒 KD113156247027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  え…ほんとですか。?あ、あの俺男なんです…
(やっぱり自身が覚えてないだけであって、会ったことあるんだ。ほんの昔って…なんで俺覚えてないんだろう。変な事してなかっただろうか、うわー俺だけ覚えてないなんて嫌だな。自分 だけ記憶がないものだから今更その時変な事してかったか心配で変な手汗が出てきて。着替えをやっとできると思って待っていれば、何故か女性物のここの制服を差し出された。アレ…俺男なんだけれど。女子と間違われる筈も無いし、クエスチョンマークが頭に浮かび、キョトと制服を見て不思議そうに瞬いて。冗談とも知らずガチ返答。しかも見るからに男子と分かるのに男である事を告白して。その後の相手の言葉に)
…い、今のはわ、忘れて下さい…
(うわー、恥ずかしい。いや、そうだよね、分かるもんね普通に考えて。冗談だよね。恥ずかしくてだんだんと頬が赤く染まっていき、視線を泳がせて。)
 

外庭

 投稿者:早見 鬼門  投稿日:2013年 5月30日(木)00時22分40秒 p4163-adsao01sappo2-acca.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  アリス>
ぅらって、ほうひたイッつー...!!そ、そうしたほうが早いかなって思ったからよぉ
(良かれと思ってやったことだったのだが、 反応があまり宜しくない。というか完全にお説教食らってしまっている。馬鹿、嫌い。相手のその言葉に繊細なハートがぴきぴきと音をたててヒビをつけていく。頬を引っ張られ舌たらずに目に涙浮かべながら、相手を説得しようとするも勢い余って舌を噛んでしまい、怯みかけるも必死に言葉紡ぎ)
...しかも、シカトするし.......
(先程の相手の態度に、寂しさを覚え。再びその忘れかけていた痛みを思い出せば、俯きがちに口を尖らせ目に涙をためジッと相手を見て。まるで、相手が悪いかのような仕打ち。此方は至って純粋に感情をぶつけているだけなのだが、無意識だとしても小汚いやり方で)
 

混沌世界

 投稿者:宝生 蝶  投稿日:2013年 5月27日(月)15時30分9秒 KD182250028243.au-net.ne.jp
返信・引用
  けいくん>
じゃあ、けいくんの言う通り無理矢理聞き出そうかな?ーーーなんて。
分かりました。良いですよ?そういった割り切った関係でしたら私にとっても好都合ですので。私はアゲハと言います
(随分物騒なものいいな事だ。契約についての内容を聞いたのに、必要な情報は答えてくれない。代わりに無理矢理聞き出せだなんて。所々にヒントをいれてくれてるけれどさ、それを全て理解しろだなんて不可能なことじゃないか。それとも、私が無理矢理聞き出す様な人間に見えてしまっているのだろうか。確かにセクハラしたら殴りますって言っちゃったけれど。わざと、ニヤっと不気味な笑みを見せさもやりそうな雰囲気を醸し出すが、数秒後ふふっと優しい笑みに変わって。お互い只利用するのが目的。ただそれだけの明白で簡単な理由。そういった割り切った関係ならいいだろう。契約の承諾をしやり、自分の名を名乗って。)
後できちんと治療しますので大丈夫です。それに今気にしている場合ではないので。
 

ファミレス

 投稿者:夏目 明日香  投稿日:2013年 5月25日(土)18時00分6秒 KD182250180094.au-net.ne.jp
返信・引用
  レア君>
...。
(ミネちゃんと戯れている姿がとても微笑ましい。うーんやるなミネちゃん...アイドルの名は伊達じゃないね。ま俺が勝手にそう呼んでみただけなんだけど。一瞬で人の心を掴んだ。動物好きには堪らないおもてなしだろうな。その光景を鑑賞しているのをみて此方も癒されたいのだが、今の立場上それは叶わないだろう。替えの着替え...。丁度よいものがあれば良いのだが。もしないなら俺の私服使ってくれてもいいんだけどね、全然。と考えていた時に質問を投げかけられて。その時ようやく相手の方には此方との面識がないのだということに気が付き。あぁ!と、掌に拳をぽんっと打って。少しだけ間を置いてから言葉紡ぐためすぅと酸素を吸って)
...もう君は忘れてしまったかぁ。......うん、あるよ。
(自身の唇に人差し指をあてて、遠い記憶引き出し懐かしさに浸りつつ軽く虚空を見上げ。くるっと振り返りレアと視線をあわせれば柔らかく微笑み肯定し...。唇に添えていた指をそのまま相手の唇にそっと置き、"ほんの昔ね"と付け加えて。これ以上は秘密、と言葉にはしないもののくすっと笑って。)
あ!そーだそーだ!ちょっと待っててねー
(神秘的な空気が漂う中、ぶち壊すような弾んだ声音を響かせて。先程の時間がまるでなかったかのように。ちらっと視線の端に映るとあるモノが目に入れば、"それ"をすぐさま取りに行き。)
はい、替えの服。うちの自慢のフリフリ、可愛い制服で~す♪
(ジャーン、とキラキラした笑顔と、端と端を指をしっかり掴んで前に突き出しているのは、先程のミネが着ていた制服。当然女性用である。なんていうか、こういうこと一度やって見たかった。ちょっといじって困らせて、嘘ぴょーんみたいなやつ。)
なんてね、驚いたー?
 

混沌世界

 投稿者:ケイ  投稿日:2013年 5月23日(木)16時58分8秒 KD182250180098.au-net.ne.jp
返信・引用
  ふーん。ま、そう思うならそう思っとけばいんじゃね
(本気で返してるんだか、冗談で返してるんだか、兎に角細々としていて、でもやけにさっぱりしてるところはしていて。理解はできないものの、否定するつもりもない。ただ、変な奴だとは思う。彼女にとっては此方がぶっ飛んでるのだろうけど。一方的な意見をなすりつけるのは大好きだが、なすりつけられるのは嫌いだ。だから、肯定はしないが相手がそう判断したのなら勝手にさせれば良い。首の後ろに手を回して軽く捻りながら、さらっと返して。)
女の子と喧嘩すんのは趣味じゃないんで
(忠告を受ければ、それは忠告というより脅し文句に近い。薄い笑みを浮かべながら肩を竦めてみせ。)
んな難しいものじゃねーよ。アンタは自分の好きなように俺を利用すればいいし、俺もアンタを利用する。
(彼女の求めている回答では無いとしても、偉くアバウトに言う。長々と契約について話すのは面倒で性にあわないと考えたのも勿論そうなのだが、何よりもこの危機的状況を脱解するのが最優先事項と考えているからだ。今はただ、Yesという言葉が欲しい。)
ご不満か?それなら無理やりにでも、俺の名を呼んで聞き出せばいい。アンタは一方的に俺の名を知ってる。仮契約の段階でも一応通じるんじゃねーか?
(一つ一つ突拍子もない言葉だが、先程から何気に契約についての情報は与えている。それをすべて理解するのは困難な事で、彼女の態度も当然かもしれない。ただ、嫌味たらしい言葉遊びをしているわけではない。此方のやり口が気に入らないなら今、仮契約を結んでいるのを良い事に力でねじ伏せれば良いだけの話で。)
...面倒だけど、命令なら俺は従うしか無いんで
(そう気怠そうに首の裏を掻き。冗談抜きで相手がそうするのならばそうするしかない、とそっぽ向きながら。)
.....あ。傷、なんともないのか?
(相手が怪我をおっていたことをふと思い出して。そっとさりげなく尋ねてみて。)
 

レンタル掲示板
/11