有限会社 ヒゴ・コーポレーション



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ] キーワード: ネットワークビジネス 異文化体験 情報交換


新着順:27/328


[326] 海外ニュース更新

投稿者: 湘南OB 投稿日:2017年12月26日(火)17時35分48秒 pa3dbd3.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

『YOUは何しにアルゼンチンへ08』 2017/12/07 海外ビジネス歴50年、今までに訪問した世界の工場;約2,000社、指導した工場;約20社。私見・私観であるが成功している経営者の共通している『成功の5慣習』は、以下の通り。①誠実、真面目、謙虚である。②アドバイスやコメントを素直に聞き、すぐ行動する実行力がある。③常に前向き、積極的な経営姿勢と時代に合ったやり方に変革させていく気概とたゆまぬ努力を怠らない。(例;インターネット・人脈からの情報収集など)④従業員を大事にし、その力を十分に引き出せるような環境整備に努めている。従って、従業員との信頼関係ができており、従業員の会社への忠誠心・貢献度が高い。⑤環境に配慮し、地域社会と融合している。 成功・成長している工場はそう多くない。その中で今回のロサリオ・「K社(秤製造・販売業)」は数少ない成功企業の一つと言える。誤解を恐れず言えば、ア国人には珍しく時間・約束を守る。当社での“カイゼン、5S、成功する新製品開発”などアドバイスやコメントをすべて受け入れ、現在も継続して実行している。最近、ア国で初めて「キャシュレジスター(金銭登録機)」を開発、販売を始めた。また、この分野の日本企業がとの連携・協業を積極的に準備・推進している。また、いまだ勝ってこの工場以外に従業員を大事にしているところを見たことがない。工場内にクリニック、娯楽室(卓球台、トランポリンなど)、敷地内にサッカー場、家族を招待したBBQ(バーべキュー)やピクニックなど。従業員の離職率はほぼゼロ、他社からの転職希望者も多いと聞いた。最近、特に新たな「環境への配慮」の方針を打ち出した。2002年から続けている植林の他、広大な敷地内に【羊・馬】を放牧している。家畜専門に世話する牧童も雇用している。“なぜ?”と聞くと地域事自体や顧客への好印象・?の一環という。日本中小企業では、土地の広さや高価格、また、利益/率優先でまず無理と思われる。残念ながらK社のように土地、お金、気持ちの余裕がないのが実情である。続く。

http://higo-corp.com/newpage25a.html


新着順:27/328


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.