teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


リコー表沙汰を避ける

 投稿者:米村  投稿日:2010年 5月15日(土)20時58分24秒
  2007年、僕が逮捕されればリコーの隠し事が地元マスコミで報道されると考えた。
そこでホームページに「リコーマイクロエレクトロニクス社長を殺す」と書いた。
すると逮捕されず「利用規約違反」ということで地元プロバイダーから退会処分になった。

プロバイダーの社長は「言わないでくれ」と前置きし裏話を教えてくれた。
リコーはプロバイダーを裁判所に訴えたそうだ。
僕を退会させ、和解し訴えを取り下げ事件にしなかったそうだ。

僕を訴え事件にしなかったのは、リコーは表沙汰を避けたかったためだろう。

http://tottori.jimdo.com/
 
 

馬鹿馬鹿しい理由でクビ

 投稿者:米村  投稿日:2009年10月26日(月)18時42分53秒
  鳥取市のリコーマイクロエレクトロニクスは「週休4日制」つまり「休みが多い!」
ことで週刊誌で騒がれた会社だ。

僕はリコーマイクロエレクトロニクスにアルバイトに行っていた。
サボっていたら「休みが多い!」と激怒されリコーのアルバイトをクビ同然で辞めた。
週刊誌が「休みが多い!」と話題にした会社から「休みが多い!」と激怒されたのである。

その後、鳥取三洋の構内にあるテスコという工場に勤め
一年半休まずに働いていた。

「休まずに働いているのはリコーに対する報復」という噂でテスコをクビになった。

世の中には馬鹿馬鹿しい噂を流し、信じる人もいるものだ。

リコーマイクロエレクトロニクスはこの馬鹿馬鹿しい人権侵害に弁護士までつけて揉み消し。

旧態然とした田舎での大手企業の人権侵害だから、地元の人は事情を知っていても事情を僕本人には教えてくれないのだ。
 

鳥取市の公的機関から大手企業の人権侵害を口止めされた

 投稿者:米村  投稿日:2009年10月26日(月)18時30分15秒
  「僕が鳥取市の誘致企業リコーマイクロエレクトロニクスに報復した」
という馬鹿馬鹿しい噂を流され、テスコという工場をクビになった。
クビになった直後、テスコの社長から泣きそうな声で雇用保険の書類を
取りに来るよう電話があった。噂は嘘だと知って後悔したのだろう。

雇用保険の手続きのため職安に行った。次長と相談した。

僕「笑い話としてしゃべってもいいですか?」
次長「聞きたくない!そんな話は誰も聞きたくない」
僕「高校の時の先生に相談しましょうか?」
次長「いけない。両親に相談しなさい」
僕「両親は事情を知らないから相談しても意味がない」
次長「事情は私が話してあげるから」

別れ際、次長は「しゃべるって誰にしゃべるんだ。こうなったのも種をまいたのは君なんだからな」と僕を睨みつけた。
 

鳥取三洋の矛盾

 投稿者:米村  投稿日:2009年10月25日(日)17時48分50秒
  僕がリコーマイクロエレクトロニクスに報復した」という噂で
鳥取三洋の下請けをクビになる直前気になることがある。

1993年鳥取三洋はラジオ体操を中断した。
中断は下請け工員僕のラジオ体操不参加の影響か?

鳥取三洋・担当者A氏「調べたけどラジオ体操は中断していませんよ」

その後、鳥取三洋・B氏「ラジオ体操中断は事実です。
ラジオ体操優良団体として全国表彰されたのも事実です」

その後、A氏「ラジオ体操は中断していません」
僕「Bさんが”中断した”と言っていましたよ。中断したでしょう?」
A氏「・・・答える必要はありません」

http://clover.45.kg/ricomicro/83.html
 

バレている

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月29日(火)07時34分27秒
  1993年「僕がリコーマイクロエレクトロニクスに報復した」
という噂でクビになった。

その半年後、G社という会社に道路の線引のアルバイトに行った。
ここではリコーのことは履歴書にも書いし、話してもない。
しかしアルバイトのSさんが「リコーのヤツに米村さんのこと聞いたら
”おぼえてない”だってさ」と言い
これを聞いた社員が「ハハハ」と笑っていた。
狭い鳥取市である程度リコーの件の噂が広がっているらしい。

その後、数年地元の人からおかしな態度を取られることがあったが
事情を問い詰めればよかった。
 

異常心理

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月27日(日)17時54分16秒
     <週刊誌の「休みが多い!」報道で異常心理が発生?>

僕は鳥取市の誘致企業リコーマイクロエレクトロニクスにアルバイトに行っていた。
リコーのアルバイトを「休みが多い!」と叱られクビ同然で辞めた。

その後、鳥取市のテスコという工場に勤め休まずに働いていた。
「休まずに働いているのはリコーに対する報復」という噂でテスコをクビになった。
直後、テスコの社長から雇用保険の書類をとりに来るよう泣きそうな声で電話があった。
噂は嘘だと知ったのだろう。

雇用保険の手続きのため職安に行った。
職安の次長と相談すると、口止めをされた。
職安と誘致企業リコーは連絡を取り合っていたようだ。

しかし噂は狭い鳥取市である程度広がっているようだ。

(リコーは操業開始当初週刊誌で「週休4日制
つまり「休みが多い!」と騒がれた会社だ。
週刊誌の「休みが多い!」報道で心理に歪が生じ
「僕が休まずに働いているのはリコーに対する報復」と言う人が現れたのでは?)
 

鳥取三洋に対する疑問

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月26日(土)23時15分45秒
  「僕が鳥取市のリコーマイクロエレクトロニクスに報復した」
という意味不明の噂で鳥取三洋の下請け工場をクビになった。
その噂を聞く直前気になることがあった。

1993年、鳥取最大の工場・鳥取三洋はラジオ体操を中断した。中断は下請けの工員僕のラジオ体操不参加の影響か?

----------------------------------
茨城県のAさんからのメール(2004/11/7)   Aさんはラジオ体操中断当時、鳥取市に住んでいたそうです。

・・・・・・先日の帰郷で、私の親類に幾つかの疑問点を聞いて見ました。
・・・・・・ラジオ体操については、やはり私のいとこが知っていました。
中止の決議は総務部?など当時の社員課で発案されたもののようで、どうもある人が体操をしないことが間接的に他の従業員に影響し、その人がしないなら自分もしない、というような雰囲気があったためだそうです。
・・・・・・当時はどこの会社もラジオ体操をやるのが普通の風潮としてあったようですが、このようにあえて世間にとらわれない社風作りを社長自らが考え、この議案が承認されたようです
。ただ、残念ながらそのある人が誰かははっきりしません。組み立て?の男の人、もしくは現場(と言っていました)の男の人で、三洋傘下の会社の工員、三洋の正社員ではないと。
人事部は、その人の真面目さを買い正規採用したいとも考えていた、との噂があったそうです。比較的若い男性のようです。・・・・・・
----------------------------------
余談だが鳥取三洋はラジオ体操中断5年後、ラジオ体操優良団体として全国表彰された。

http://clover.45.kg/ricomicro/83.html
 

リコーは表沙汰を避けた

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月23日(水)20時53分9秒
  「僕が鳥取市のリコーマイクロエレクトロニクスに報復した」
という噂でクビになった。

リコーマイクロエレクトロニクスは僕の訴えを黙殺。
地元の人に相談しても埒が明かない。

僕が逮捕されれば地元紙にも載り、田舎で問題が大きくなると思った。

そこで2007年2月ホームページに
「リコーマイクロエレクトロニクス現社長を殺す」と書いた。

リコーマイクロエレクトロニクスは僕を無視し
プロバイダーを裁判所に訴え、僕を退会させた後
プロバイダーと和解し訴えを取り下げ、事件にしなかった。
(プロバイダーの社長から電話で事情を聞いた)

僕を警察に通報すれば逮捕され、地元紙で報道されただろう。

リコーマイクロエレクトロニクスは田舎で噂が広がるのを避けたのだろう。
 

リコーの嘘

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月23日(水)10時56分35秒
  1990年7月、鳥取市のリコーマイクロエレクトロニクスのIさんから「休みが多い!」
と激怒され、リコーのアルバイトを辞めた。

1993年12月、テスコという会社で1年半休まずに働いていたら
「休まないのはリコーマイクロエレクトロニクスに対する報復だ」という意味不明の噂を流されクビになった。
雇用保険の手続きのため職安に行った。次長から口止めまがいのことを言われた。

1995年10月頃、リコーマイクロエレクトロニクスに苦情に行った。
1990年僕を叱ったIさんが出てきて
「君が辞めて以来君の話は聞いたことがないだがー」と言った。
僕がIさんを詰問していると、話をそらすように「職安の次長さんは何て言う名前だった~」ととぼけた口調で聞いた。職安の次長のことはIさんのことは言っていないのに、なぜ口止めをした次長のことが出てくるんだ???
 

田舎の職安の対応

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月23日(水)10時25分41秒
  「僕が鳥取市の大手企業リコーマイクロエレクトロニクスに報復した」という訳の分からない話をデッチ上げられ
鳥取三洋の下請けをクビになった。

その2年後仕事の探しをすると不可解な態度で断られることが続いた。

2年前職安の次長から口止めまがいのことを言われたが、職安に就職相談に行った。

窓口の職員に「相談に乗ってください」と言うと彼は近くの職員とゆずり合いをして僕と話そうとしない。
職員が「しばらくお待ちください」と言った。
離れた場所で電話を掛けた。電話を切った。
5分位してから電話が掛かってきた。
彼は電話で何かを話し電話を切ってやっと僕との相談が始まった。

僕の「2年前リコーと三洋とトラブルがあったが、その事で就職差別を受けているのではないか?」という趣旨の相談に
職員は「思い込み」を繰り返して話にならなかった。

自宅に帰ると父親(すでに死去)の様子がおかしい。
問い詰めると父親は身体をガタガタ震わせ
「リコーがいろんなことを言いまわして鳥取では就職できる状況でないと職安から電話が掛かって来た」と言った。
その後「鳥取では就職できる状況ではない」は事実でないことがわかったが・・・
何か問題があるのだろう。
 

周囲がカルト的のものに憑かれていたのでは?

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月23日(水)10時15分52秒
  「僕が鳥取市のリコーマイクロエレクトロニクスに報復した」という噂で
鳥取三洋の下請けのテスコという工場をクビになった。

その直前テスコの夜勤をしていた。三洋の昼の仕事に替わった。
ロッカーから300メートル位離れた現場にテスコから4~5人行かされた。
社長は僕に「襟がゆがんでいる」と注意した。
すぐに「弁当は持って来ているか?」と聞いた。「持って来ていません」と言うと
社長は300メートル位の距離を歩いてわざわざ弁当を取りに来てくれた。
「襟がゆがんでいる」と僕を注意したことで、僕に恐怖を感じ
わざわざ弁当を取りに行ったらしい。

同僚が僕に向かって直立不動の最敬礼の姿勢を2度取った。
昔天皇陛下に取ったような姿勢。

どうも悪い噂だけが流れたのではないらしい。
まるで僕がカルト教団の教祖にでもなったような気もしたが・・・
過去の僕の常識外れの言動によりマインドコントロールされ
周囲が異常な言動を取ったのでは?・・・
 

鳥取三洋・ラジオ体操優良団体全国表彰の栄光

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月23日(水)10時12分14秒
  1993年、鳥取最大の工場鳥取三洋はラジオ体操を中断した。


ラジオ体操中断は下請けの工員僕がラジオ体操をしなかったことの影響かもしれなさそうだ。
その4年後鳥取三洋は、不運にもラジオ体操優良団体として全国表彰の栄誉に輝いてしまった。
県表彰レベルでも数十年、1日も休まずラジオを続けたことが選考基準らしい。
全国表彰は凄い快挙なのである。

http://clover.45.kg/ricomicro/83.html
 

守衛は「内緒にしてください」と言った

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月23日(水)10時08分56秒
  「僕が鳥取市のリコーマイクロエレクトロニクスに報復した」
という意味不明の噂でクビになった。

会社に事情を聞くため何度電話しても
「分りかねます。失礼します」と電話を切り
担当者に取りつがない。

リコーマイクロエレクトロニクスに直接出向いた。
守衛は上の人から「帰ってくれ」と言われたそうだ。

守衛は「内緒にしてください」と言い
9年いるけど追い返したのは僕が初めてだそうだ。
守衛は会社のやっていることに
疑問を感じたのだろう。
 

小説『夢幻』の謎

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月23日(水)10時05分31秒
  「下っ端の僕が鳥取市の大手企業リコーマイクロエレクトロニクスに報復した」
という意味不明の噂でクビになった。

その半年後、地元紙日本海新聞に
顔なじみの女性の顔写真が載っている記事を見た。

第51回「コスモス文学新人賞受賞」
小説のタイトルは『夢幻』
「権力者を手玉に取った果心居士の話」

『夢幻』はリコーとの雲をつかむような話を題材にしたのでは?・・・

http://clover.45.kg/ricomicro/7.html
 

本社連絡のインパクト

 投稿者:米村  投稿日:2009年 9月20日(日)22時07分41秒
  1993年「僕がリコーマイクロエレクトロニクスに報復した」という噂を流され
テスコという工場をクビになった。

リコーマイクロエレクトロニクスに電話を掛けてもまともに相手にしてくれない。
1997年頃「本社に連絡しますよ」と電話を掛けると
女の子が「本社はうちです!本社は関係ありません!本社はうちです!」
と泣き叫ぶように嘆願した。

もちろん僕は東京のリコー本社に手紙を送った。

返事がないのでリコー本社に電話を掛けた。
「リコーマイクロエレクトロニクス?・・・ そんな会社ありませんよ」
「鳥取にあるでしょう!」
「ああ鳥取の。あれは別の会社ですよ」

気分が悪いのですぐにリコーマイクロエレクトロニクスに電話を掛けた。
「こっちは困っておりますですだが!本社もないと言っておりますでしょうが!」
と動揺した声。

最初誰だか分らなかったが、いつも電話に出るIさんとわかった。
Iさんは東京の本社連絡ですっかり動揺し声まで変わっていたようだ。
 

レンタル掲示板
/1