225系 新快速



カテゴリ:[ 鉄道/列車 ]


993件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1023] 関西地区落穂ひろい1-4

投稿者: 三田特派員 投稿日:2017年 7月24日(月)22時22分28秒 zaqb4dd6cba.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

(1-3からのつづき)

田原本から乗車した急行は大阪線への短絡線が分岐する新ノ口駅構内を徐行して直進し、ほどなく
大和八木駅に到着する。
出発後、徐行したまま次の八木西口に到着する。ここも新ノ口と同じく構内に大阪線への短絡線
ポイントがあるがこちら側の短絡線は、定期列車で使用されることはなく、回送車やイベント列車
が利用するのみである。
短絡線マニア?としては一度乗車して通過してみたいが、いまだ叶わぬ願いである。新ノ口側の短
絡線が出来るまではここでスイッチバックして大阪線と橿原線京都方面との直通運転を行っていた
らしいが、伊勢中川と同様である。

大和八木駅の南側に位置するにもかかわらず、駅名が「八木西口」であるのは、市街地を中心にし
て駅が西側にあるためか?
どうでも良いことが、やはり気になる。で、少し調べてみた。
現在の「八木西口」は開業時は高田方面からの終点として「大和八木」だったらしい。現在の短絡線
は本線の一部だったのだ。
その後、大阪線を桜井まで延長した時、現在の「大和八木」駅の位置に駅をつくり橿原線と直角交差
するように変えたみたいです。
よって、現在でも「大和八木」と「八木西口」は同じ構内扱いになっているらしく、「大和八木」ま
での定期券であれば、「八木西口」でも乗降可能になっているらしい。。。知らなかった!
それにしても、駅の位置関係的にやはり「西口」は納得いかない。駅の成り立ちを優先するのであれ
ば「八木南口」である。
品川駅の南にあるのに、地名を優先して駅名が「北品川」という京急の駅もある。(これまたどうでも
良いが・・・)

終点の橿原神宮前駅は、構内踏切もあり、なつかしい昭和の雰囲気を残している。
ここから南大阪線で古市に向かうはずだったが、ちょうど一時間後くらいに上りの「青の交響曲」がや
ってくることを知り、乗ってみたくなったので、時間的に折り返しが可能な吉野口まで向かうことにした。
全くの行き当たりばったりである。

予定とは全く逆方向の吉野行きに15分ほど乗車し、吉野口に着く。
吉野口駅はJR和歌山線との接続駅であるが、駅の管理主体がJR側になっているらしく、窓口もJR
管轄である。
こりゃ特急券の発券に苦労しそうだな?と恐る恐る窓口で「青の交響曲」の特急券発券を申し入れると、
ホームにある特急券自動券売機で購入してほしいとのこと。
向かったホームの券売機の画面には「青の交響曲」の選択が見当たらず、モニターの側面に「青の交響
曲」の指定券は発券できない旨、書いてある。予想通り、ややこしいことになった。
到着時刻も近づいていたし、JR駅員と押し問答している暇はなかったので、無券のまま乗車すること
にした。(良い子はマネしないようにネ!)

スマホで調べた停車駅の発券状況では、吉野口駅は券売機のみで特急券販売となっていたが、「青の交
響曲」の設定が券売機になされていないのはよろしくない。まあ、私のような変わり者は他にいないので、
想定していないということであろう。「青の交響曲」がまだ定着していないことを証明しているような
事実である。

吉野口から乗車した上りの「青の交響曲」は、ざっと見て70%くらいの入りか?
古市で乗り換えるには、尺土で下車する必要があるが、もったいない?ので、あべの橋まで乗ることにした。
やってきた車掌さんに事情を説明して(苦情ではなく、あくまでも事情!)、車補の特急券とデラックス券
が発券される。
親切にも、尺土(最終停車駅)を出発したら空席位置がわかります。それから案内しますので、それまでラ
ウンジに御着席願えますかとのこと。
乗務員さんの対応一つで気分も変わるものだ。無券での客の対応に慣れているのかもしれない。

ラウンジに座ると、何か飲みたくなるのは私にとって常識であり、カウンターのお姉さんに「吉野梨のハイ
ボール」を注文する。
頂いているうちに、尺土を出発し、車掌さんが案内にやってきた。「ハイボール」と「マドラー」を抱えた
まま3号車の座席に案内される。
座席はハイグレードであるが、リクライニング機能は付いていない。居眠りをせず景色を楽しんでください
との配慮かもしれない。
ああ、毎日こんな電車で通勤したい!
気分がすっかり出来上がってしまい。古市まで戻り長野線に乗る気力が失せたたため、あべの橋から直帰し
てしまった。拾うはずの落穂を拾えず、また次の回に持ち越しとなる。
(おわり)

写真上:ラウンジ(カウンターレディー美人ぞろい)
写真中:車掌さんに案内された4人用サロン席(占有して申し訳ない)
写真下:あべの橋にて 今日はもう1往復します




[1022] 関西地区落穂ひろい1-3

投稿者: 三田特派員 投稿日:2017年 7月22日(土)14時14分38秒 zaqb4dd6cba.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

(1-2からのつづき)

西田原本の改札をICOCAで通過し、駅前広場に出る。
広場の北西角に日通の事務所?があるが、この建物がかなり古い。昔の国鉄駅にはどこに
もあったような事務所であるが、祖母が長距離旅行の荷物をチッキで送っていたことを思
い出す。チッキは鉄道による手荷物の託送のことであるが、乗車券を提示することで割安
な料金で託送してくれていた。(日通の事務所を見たい方はグーグルで西田原本駅を、チッ
キの詳細を知りたい方は、ウイキペデイアで調べてください)
この事務所、記憶遺産?で残すことを推奨します。

橿原線の踏切を渡って、田原本駅の大和八木方面改札へ向かう。
橿原線の田原本駅は支線との接続駅とあって一応『急行』が停車する。
上り、下りとも行き先や列車種別は多くないが、なぜか、行先案内表示器がホームに設置
されている。これも記憶に残したいパタパタ式である。近鉄ではパタパタ式をまだ結構、
見かけるような気がするが、これも時代とともに消えてゆくものと思われる。
今回は、パタパタしているところを動画でも撮影した。まわりのお客さんから物好き的視線
を浴びせられたことは言うまでもない。
『パタパタ』って書いていたら、ひらけポンキッキの『パタパタママ』を思い出した。
これも記憶遺産かなぁ?

これから、先の予定はさしあたって無いのだが、近鉄長野線(古市-河内長野)に乗車
した記憶がないので、できれば行ってみようかと思っていた。(過去系になっている理由
は後でわかります)
したがって、このまま橿原神宮前へ行き、南大阪線に乗り換えて古市方面へ向かおうと思っ
ていた。(これも過去系)

(1-4につづく)

写真これだけ:パタパタ式 ほんまは動画を見てほしいです。
(そんな行先種別ありえへ~んとか、わくわくします。)



[1021] 関西地区落穂ひろい1-2

投稿者: 三田特派員 投稿日:2017年 7月22日(土)14時07分43秒 zaqb4dd6cba.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

(1-1からのつづき)

王寺駅は、親戚が大和高田にいる関係で、JRの乗換などでいつも利用しており、私にと
っては見慣れた駅であるが、近鉄同士の乗り換えは、当然初めて。
生駒線改札を出て、直進100mくらいの位置に田原本線の新王寺駅がある。
次の電車まで少し時間があったので、駅前のSEIYUで燃料補給を行う。なぜ、この場所に
SEIYUなのか?かなり疑問を感じる。ここが吉祥寺とか国分寺(なぜか寺のつく地名?)
だったらしっくり行くが、王寺(ここも寺がついていた!)なので、しっくり行くのは、
やっぱ『オークワ』かっ?。。。燃料補給で脱線しました。すみません。

11:14の西田原本行きに乗車する。
新王寺から西田原本のひとつ手前、黒田駅までが未乗区間である。
大学生の頃、生駒線でも走っていた820系をこの田原本線に撮りに来たことがあり、その
時、西田原本からひと区間だけ乗車した記憶がある。ちょうど、夏休みだったか、暑さが半
端なかったことと、撮影地近くの池に蓮の花が咲いていたことを記憶している。

さっきの生駒線に比べて、こちらのローカル色はかなり濃い。車両が古い8400系、お客さ
んが少ない、沿線の風景などの理由が挙げられるが、ローカル色を数値化することは容易で
はない。ただ、一番ローカル色を決定づけたのは、行き違いの時間待ちが長いことだった。
途中の箸尾(はしお)駅での交換は、相手側に何かあったのか?と思うほどなかなか来なか
った。

黒田駅付近で先ほどの蓮の池を探したがよくわからなかった。沿線風景はあまり変わって
いないように思えるが、京奈和道の立派な高架が線路をまたぐようになったことが、経年を
感じさせた。

終点の西田原本駅は、以前、橿原線から田原本線への直通イベント電車が運行されたときに
も訪問しており(2010年9月)、これは現代に近い事実である。

(1-3につづく)

写真上:新王寺駅
写真下:2010年9月の直通イベント電車 西田原本駅



[1020] 関西地区落穂ひろい1-1

投稿者: 三田特派員 投稿日:2017年 7月22日(土)14時02分49秒 zaqb4dd6cba.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

乗り鉄として、関西地区の乗車していない線区も残り少なくなってきた。
私鉄全線走破を目指すうえで、ケーブルカーも乗らんとアカンとか、やってるうちに
どんどんハードルが上がっており、自分で自分の首を絞めるとはこのことである。
乗車記録がすべて残っているJRと比べ、私鉄の場合、乗車した記憶?だけが頼りになっ
ている線区が多く、曖昧な点が多い。まあ、自己満足でやっているのでどうでも良いこと
ではある。
今回は、その記憶において乗車していない区間のある、近鉄の生駒線と田原本線に出かけて
来ました。
生駒線は1974年に小学校(当時4年生)の仲間と暗峠へハイキングに行くため、生駒から
元山上口(もとさんじょうぐち)まで乗車した記憶がはっきりある。ただ、元山上口から先、
王寺までの区間を乗車した記憶がない。

今回は、森ノ宮から地下鉄中央線-近鉄けいはんな線経由で生駒へアプローチ。生駒ケーブ
ルには乗車した記憶があるので、パスして、早速生駒線に乗車する。
43年前に乗車したときは、確か820系だったように思う、連結部の幌が急カーブを曲がる
たびにギイギイ音を立てていたことがなぜか頭に焼き付いている。
現在はワンマン仕様1021系の4連運転となっている。本線系統の車両と同じであり、昔、
820系が走っていたときのように、支線=2戦級≒中古車のイメージは全くない。

南生駒あたりまでは宅地開発が進み、線路も複線化されている。このあたりの住人は、本線
である奈良線へ直通運転してくれたら良いのにと思っているかもしれないが、本線へ4連
で乗入れたら、たとえ普通電車でも、瓢箪山とか東花園でスシ詰め状態になり、ヒンシュク
を買うこと間違いない。私には関係ないので、試しにやってみれば面白い。43年前の純粋?
な少年は、こんな意地悪なこと考えなかったはずなのに!近鉄さん、ごめんなさい。
生駒線と本線の接続が、生駒駅の西側でしかできないので、ホームで解併結できないのが、
最大の誤算のような気がする。例えるなら、JR可部線の横川駅みたいなもんだ。(また、
例えがわかりにくい?)可部線の電車は全列車本線に乗入れするが・・・

かつて、乗車した元山上口駅付近はローカル色が残っていて、昔来た時の面影もあった。
神鉄の藍那付近や、のせでんの妙見口付近の風景に似ている。がいやさんに『ここはどこ?
クイズ』出題されたら間違うかもしれない。

電車は裏生駒?を南下し、25分ほどで王寺へ着く。元山上口駅あたりから南側の駅では
乗車してくるお客さんのほうが多かった。

(1-2につづく)

写真上:生駒線王寺駅
写真下:同上 左側にはJR改札あり(プライバシー保護のため一部加工してます)



[1019] Re: 広島市vs大阪市

投稿者: 三田特派員 投稿日:2017年 7月20日(木)07時05分36秒 KD182251250008.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

タケちゃん、おはようございます。
遠征御苦労様でした。
後楽園までは、JR中央線を利用されたのでしょうか?
私も6月に上京したとき、丸ノ内線の後楽園駅に行きました。(野球観戦ではありませんでしたが)
ドームは、ずいぶん長いこと、行ってませんわ。

都市対抗野球、JRWは、福知山線事故のあと休部してましたが、復活してるみたいですね。
参加チームの企業みたら、JRとNTT以外、うちの会社のお客様ばかりです。



[1018] 広島市vs大阪市

投稿者: 悪い子タケ 投稿日:2017年 7月18日(火)22時44分24秒 p950254-ipngn200504kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

都市対抗野球に久しぶりに行ってきました。
広島市VS大阪市です。(JR西日本VSNTT西日本じゃなくて正式にはこの言い方??)

NTTグループ(と言っても現在は2チームだけ)はかなりの応援動員力がありますが、正直JRグループにはかないません。今回もNTT西は内野席までに収まっていましたが、JR西は外野まではみ出していました。

試合は序盤にNTT西が連打で効率よく4点取り、4-2で迎えた9表、ツーアウト12塁、あと一球でエースの完投勝利、となったところでの補強選手の逆転3ラン。裏はあっさり終わって、広島市の劇的な逆転勝利でした。9回もきわどい内野安打やきわどいボール判定など、まさに紙一重の攻防でした。

JR東日本はE5系のハリボテや鉄道唱歌の応援歌等があったので応援も楽しみにしてたのですが、巨大なイコちゃん(カモノハシ)が居ただけでちょっと残念でした。まあ広島市なんで新型の環状線とか新快速作る訳にもいかず、みずほも九州っぽいし、仕方ないかと考えていたのですが、トワイライト瑞風とかあかんかったのかな?

秋葉原を散策して、N700のひかりに乗って関西に戻りました。



[1017] 東海道昼特急1

投稿者: がいや 投稿日:2017年 7月 8日(土)10時11分53秒 p79035888.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

三田特派員様、お気遣いありがとうございます。
東京に来て約3か月、少しずつ東の情報を中心にUPしていきます。

悪い子タケ様、長距離通勤ご苦労様です。
当方は、単身のため関東ですが、
通勤時間はドアツードアで、30分強といったところです。
但し、人が多すぎて、通勤時間を2時間ぐらい早めても、
座れる状態にはなりません。


表題は、勿論、鉄道の特急名称ではありません。
大阪-東京間を昼間走行するJRの高速バスの名称です。
運行は、西日本JRバスと、JRバス関東が担当しており、
車輌は、夜行バスのドリーム号の、基本折り返し運用となっています。
乗務員は1名乗車で、途中、三ケ日ICにて交代となります。
(西日本JRバスの乗務員は、三ケ日IC以西のみ担当、
 JRバス関東の乗務員は、三ケ日IC以東のみ担当。
 ドリーム号も同様。)

大阪-東京間を昼間走行するJRの高速バスは
他に、下記のような高速バスが走っています。
・グレードの高い車輌を使った「グラン昼特急」
・4列シートで運賃が安い  「青春昼特急」
・中央道経由        「中央道昼特急」

当方、私用での帰省からの復路(平日)に、
大阪12:10発→バスタ新宿20:30着(終点は東京駅)の
東海道昼特急14号に乗車しました。
車輌は、西日本JRバス所属の三菱エアロクイーン
(2階建てバス)です。
この路線を乗車する目的として、
昼間に、名神・東名の景色を見たいと言うのがありましたが、
(夜行バスでは、何度か往復しているが、昼間は初めて)
この車輌に乗車するのも目的のひとつでした。

現在、国産の2階建てバスは製造されておりません。
(近年では、観光用に輸入車(はとバス)が導入されたのみ)
現在、ドリーム号や昼特急で使用されている2階建てバスも
走行距離が長い事もあり、数年後には、廃車されて
数を減らしてゆく運命となっています。
(最近は、高床であるメリットを生かして、スカイバス等の
 屋根なしバスに改造されて最後の勤めを行っている車輌も多い)

当方、事前に「早売1」にて運賃4600円で乗車券購入していましたが、
当日、大阪駅の券売機端末で検索してみますと、
2F、1A(2階、最前列、左側)が空いていましたので
急遽購入(運賃5400円+「早売1」のキャンセル料920円)しました。
尚、運賃は日によって変わる変動運賃となっており、
この日は、底値に近い運賃でした。

12:00過ぎ、大阪駅北口のJRバスターミナルに、バスが到着。
大きな荷物を預けて、中扉から車内に入り、2Fへ。
3列シートの、最前列左側のシートに腰を下ろしました。
夜行バスと同じ独立シートの為、シートピッチ、リクライニング角度
等は、通常の昼間用の高速バスシートの比ではありません。

写真上 大阪駅北口停車中の昼特急
写真中 バス乗車口(中央扉)
写真下 シート



[1016] 東海道昼特急2

投稿者: がいや 投稿日:2017年 7月 8日(土)10時11分14秒 p79035888.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

12:10大阪駅出発。新御堂を通り最初のバス停である
千里ニュータウン(桃山台)へ。その後、吹田ICより
名神高速道へ。

写真上 阪急百貨店
写真中 新御堂
写真下 吹田IC



[1015] 東海道昼特急3

投稿者: がいや 投稿日:2017年 7月 8日(土)10時10分38秒 p79035888.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

名神高槻・名神大山崎と停車して、
最後の乗車バス停である京都深草へ。
ネットでは、結構予約が入っていたはずでしたが、
実際に乗車したのは、12名前後でした。

写真上 高槻バス停
写真中 京都南手前新幹線そば
写真下 深草バス停



[1014] 東海道昼特急4

投稿者: がいや 投稿日:2017年 7月 8日(土)10時10分3秒 p79035888.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

運転手からアナウンスが、
「東名阪集中工事の為、亀山JCT-四日市JCT間が
 大渋滞しており、新名神高速を通らず、名神高速に
 迂回運転します。その関係で30分程度の遅れが予想されます」
との事。急ぐ旅でも無いので気にしませんでしたが・・・
大阪-京都-滋賀(多賀SAにて15分の休憩)-岐阜-愛知を走行。

写真上 多賀SAにて
写真中 愛知県へ
写真下 豊田JCT


レンタル掲示板
993件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.